ホワイトランからリフテンへ

 今日もスカイリムのお話です。そろそろスカイリムのカテゴリーを作った方がいいのかもしれないと思っております。

 新しくキャラクターを作ってからプレイ時間が60に達しました。作り直す前は大体50時間程度やっていましたので、併せると100時間以上になるわけです。しかし、やれることはまだまだありますし、随分と長い間プレイしているものだ……といった感覚もないですw

 スカイリムでは、住宅が購入できるわけですが、今まではホワイトランのお家を利用していました。所々継ぎ接ぎのようなものが見られ、言ってしまえばボロ小屋なのですが、温かみのある雰囲気がまさに我が家といった感じです。スカイリムは寒い地方が多いのですが、それだけに家を温める囲炉裏が冒険者を心身共に癒してくれると言った所でしょうか。
 また、物語を進めていれば、人気者のリディアちゃんが従者としてお家にやって来ます。冒険に連れて行くことは可能なのですが、残念ながら、結婚は申し込めませんwしかも、リディア専用の自室があるにも関わらず、何故かプレイヤーの部屋で過ごしていることが多いというw大抵パンかじってますねw
 首長の命令でプレイヤーの従者となったリディアですが、冒険に連れて行って貰えず、暇そうにしている彼女を見ていると、自分の職務や人生について自問自答しているのではないかと想像が膨らんでしまいますw
 あとは、自宅をアップグレードすれば、料理用のお鍋や錬金が出来る作業台も用意されます。

 ホワイトランは、スカイリムの中でも良い所だと思います。
 バトルボーン家の一部の連中や人を見下すナゼーム等腹立たしい隣人もいるにはいますが、それ以外は基本問題ないかと。それから、偉大な鍛冶屋、エオルンド・グレイメーンの愛想の悪さが気に食わないこともありますが、余計な事さえ尋ねたりしなければ気分を悪くすることはないでしょうw
 首長のバルグリーフも名前の前に「偉大な~」と付くだけあって尊敬に値する人物だと言えます。常にホワイトランの住民のことを気に掛けており、リバーウッドに危険が迫っていることを報告すると即座に対応。リバーウッドに兵を配置することは、他の領土を刺激することになりますが、彼は迷うことなく人命を最優先するべきだと判断したのです。部下のことを大切にしている点も好印象ですb
 そして、スカイリムで最も尊敬されている同胞団の本拠地、ジョルバスクもここにあります。まあ、あるからと言って別にどうというわけではないのでしょうけどw

 機能的な面で評価すると、武器&防具職人が3人もいるため、お目当ての武器、防具がなかった場合、もしくは、取引限度額を超えてしまった場合でもわざわざ別の街に移動する必要がない点が助かりますね。
 それから、インゴットを作成する溶鉱炉があるのもポイントです。街によっては、これが無くて不便だったりするんですよねwもちろん、砥石、作業台、なめし皮の棚もあります。
 あとは、細かいことなのですが、タロスの祠が建物外にあることもポイントです。何らかの疫病にかかった時、ロードが入る建物内にわざわざ入る必要がなく、すぐに治療できるわけです。
 問題点は、アルケイン付呪器でしょうか。これは、首長のお屋敷ドラゴンズリーチ内にあるのですが、そこに行くまでに若干距離があるため、これはちょっと不便です。

 ホワイトランは、なかなか住み心地が良かったのですが、さすがに飽きてきたので、お引越しすることにしました。行く先は、リフテンです。

 リフテンは、自然に囲まれたのどかな場所なのですが、一方で盗賊ギルドの本拠地がここにありまして、最悪なのが、悪名高いブラック・ブライア家がここに住んでいることでしょうか。
 ブラック・ブライア家の連中を始めとし、問題のある人が多いですし、自分のことで手一杯な者が目立ちます。一方でこの町を何とかしたいと思う人々もいますし、鍛冶屋のバリマンド様を始めとし、好感が持てる人物もいました。それから、首長お抱えのウィザードは、フォールアウト並みの超個性キャラなので必見ですw
 首長は、あまり有能とは言えないかもしれませんが、犯罪を取り締まろうとする姿勢を見せている辺りは、評価出来ると思います。
 あと、ホワイトランでは見かけることがなかったアルゴニアンが住んでいる点は個人的にポイントでした。オブリビオンでは掠れ声だったのですが、今回、吹き替えになって落ち着きのある声になりました。女性アルゴニアンは、前作と似たようなもんですがw

 肝心のリフテンのお家ですが、ホワイトランの家に比べてもかなり広々としていますし、機能面でも勝っています。
 何よりも大きいのが、アルケイン付呪器が置かれていることでしょうか。これを利用するためにわざわざ首長のお屋敷に行く必要がなくなったため、大変便利だと言えます。
 また、マネキンが用意されており、これに鎧を装備させて飾ることが出来ます。更に武器を飾る場所が用意されているのもポイント。旅先で手に入れた貴重な武具を飾れば自己満足が得られることでしょうw
 現在、マネキンに黒檀シリーズとドワーフシリーズを装備させて飾っております。オブリビオンの時の鎧のデザインは、最悪そのものでしたが、今回は洗練されているので見栄えも良いですねbもっとマネキンをください(ぁ
 入口の玄関の他に、裏口も用意されていまして、ここから直接スカイリムに出ることが出来ます。また、そこから見渡せる湖も絶景だと言えます。
 一応、庭も用意されており、ここで錬金術用の素材をいくらか入手することが出来ます。種類は割と豊富です。ニワトリも二羽くらい居た気がしますが、本当に自分の所有物なのか疑わしいので、こいつを絞めて食べて良いのかは分かりませんw
 あとは、ホワイトランと同様に従者が付いてきます。従者のイオナは、料理したり、椅子に座ったりして一日を過ごしていますが、やはり自室で過ごすことはないようですw

 リフテンの自宅は、ホワイトランのそれと比べても遥かに優れており、もうあっちに戻ることはないだろうと思いましたw
 ちなみに、マルカルスの方でも自宅を購入したのですが、こっちは、マネキンの他に展示箱が用意されており、テーブルには常に豪華なお食事が置かれているのですが、逆にきらびやか過ぎて落ち着けませんし、しかも、従者がオッサンというwまあ、今のところリフテンで十分ですねw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる