閃乱カグラ 第四章

 第四章は、最終決戦に向けての準備といった所ですが、ここで飛鳥達は、新たな技を身に着けることになります。
 今回は、その紹介ですb

 ・飛鳥
 焔が陽の超秘伝忍法書を手にしたのに対し、飛鳥は陰の超秘伝忍法書を使って対抗することになります。
 カットシーンでは、刀をテンポ良く三回振るうのですが、あとは、広範囲の滅多切り!爽快感抜群の技ですが、エロ要素は全くと言っていいほどないので、そっちへの期待はしない方が良いでしょう(ぁ

 ・斑鳩
 斑鳩の長所はスピード。よって、一つ一つの動きから無駄を省き、最小限の動きで敵を倒す術を学びます。
 まず、飛燕に炎を纏いますが、斑鳩が刀を振るうと、それは炎の龍となって敵に襲い掛かります。最初から持っている技が滅多切りなのに対し、こちらはたったの二振り。無駄がなくなったのは確かですが、若干迫力に欠けるのも事実。
 しかし強いですbそして、全くエロくない(ぁ

 ・葛城
 葛城の長所は言うまでもなくパワーですが、岩を蹴り砕けるようになれば誰にも止められなくなるだろうとのこと。
 そんな葛城が至った結論がドリルキック。これで岩を掘削するのでしょうかwまあ、確かに岩を蹴り砕いてはいますが、なんか納得できないw
 そして、やっぱりエロくありません(ぁ

 ・柳生
 柳生は、より多数の敵を相手にする場合の技を習得するべく特訓を開始します。
 技の内容は、柳生が飛び上がり、巨大な氷の塊と共に降ってくるという大技。広範囲でかつ高威力という相変わらず高性能な技です。
 言うまでもなくスカートの中が覗けるのですが、それでも全くエロさを感じさせない至って真面目な技です(ぁ

 ・雲雀
 特訓を開始する前、雲雀の前に春花がやって来ます。ちょっかいを掛けに来たというよりは、むしろ激励しに来た感じです。この二人の間にある問題は既に解決している気もするのですが、それでも戦う運命にあるようです。
 雲雀が修得したのは、まさかの巨大化wウルトラマンですね。まあ、巨大化するのは三分以下ですがwそして、巨大化したのは体だけでなく気も大きくなったらしく、踏んじゃうよ~?とS気が目覚めますw敵を見下す目つきもSの証ですねw
 下からのアングルなので見放題なわけですが、エロさよりもユニークさが勝ってしまっているので、やっぱりエロいとは思えません(ぁ

 結論:新しい技はエロくない(ぁ

 第四章は、展開的には落ち着いているのですが、挿入されているお話は二つとも良いお話でした。

 まずは、葛城のお話。
 ある日のこと、葛城の元に行方不明になっていた愛犬チョコが姿を現します。歓喜する葛城。しかし、チョコは、そんな葛城をどこかへ案内したいようです。
 チョコが向かった先は、田舎にある一軒家なのですが、そこには、葛城の両親がひっそりと暮らしていました。葛城は捨て子だった……というわけではなく、別れて暮らしているのにはちゃんと理由があります。
 両親は、忍の任務で失敗し、汚名を着せられていまいますが、その影響が我が子にも及ばないようにと葛城を置いて逃亡生活を送っていたわけです。
 そんな葛城は、いつしか忍の世界で認められ、両親の汚名を晴らしたいと思うようになったわけです。つまり、葛城がひたすら強さを求めるその動機は、決して不純なものではなく、両親を思ってのことだったわけです。
 結局、葛城は今は両親には会えないとチョコに言い残し、その場を去っていきます。いつかは、一緒に暮らせる日が来るといいですね。

 次は、飛鳥と焔のお話。
 最終決戦が迫る中、飛鳥と焔はバッタリと出会います。お互い敵同士ではありますが、何を思ったのか、飛鳥は一緒にご飯を食べようと焔を誘います。
 で、結局、なんだかんだで飯を食べに行くことになったのですが、行先は飛鳥の祖父(半蔵)が大将をやっているお寿司屋さん。半蔵は、蛇女の生徒がやって来たことに驚きつつも寿司を出します。
 戦闘スタイルからして荒くれ者の焔ですが、食事中は意外にも上品で、言葉に出さずとも半蔵の出す寿司の味にもご満悦の様子。焔にも意外な一面があったようです。
 この時、焔は、自分の夢を語りますが、生きている実感が欲しいという、まあ、何とも曖昧なものwしかも、何故か飛鳥は感心してしまうというwとはいえ、これは夢の内容に感心したというわけではなく、目標をしっかりと持っていることに感心したといった所でした。一方、飛鳥は、自分の目標が未だに分からずにいます。果たして、この戦いの果てにそれを見出すことが出来るのでしょうか?
 飛鳥と焔は、立場が一緒であれば良きライバルであると同時に友達同士にもなれたかもしれません。そう思うと、この二人は本当に戦わなくてはならないのだろうか?そんな疑問を抱くと共に、これらかの決戦で両者の間に悲劇が起こらぬよう、祈るばかりでした。

 そんなこともあって、数週間、(数か月だったかな?)放ったままでした(ぁ
 先に進むのが怖いってこういうのを言うんですねw

 次回、第五章、いよいよ最終決戦です。
 果たして、両者の運命や如何に……

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる