締め切りが迫ってきました

 締め切りが迫ってきたので、さすがにゲームをやっている場合ではないwというわけで、執筆活動も追い込みの段階に入りました。
 一応、お話も書き終えましたし、ページ数もなんとか規格内に収めました。全部で20ページ以上、単行本に換算すると40ページ分くらい削除しました。
 削れる場所なんてどこにもないぜ、なんて思っていたのですが、いざ見直してみると、結構、無駄が多かったですねw中には、個人的に気に入っている場面もあったのですが、冷静になってみると、「この場面、本当に必要か?」と思うようになり、結局、消したりもしました。
 自分が面白いと思ったことを詰め込むだけでなく、全体のバランスも考える必要もあるわけですね。なんか、とある受賞者の受け売りみたいですが(ぁ

 締め切り間近であるにもかかわらず、ライトノベルってどんなものなんだろう?もしくは、どうあるべきなんだろう?って思うことがあります。
 それを知りたければ買って読めよと言われそうですが、他人のラノベを読んであまりにも面白かったらかなり悔しい思いをするので読みません!(ぁ
 あと、手に取って買い辛いってのもありますねw特に、表紙がキャピキャピしているとねw

 一応、自分の中のイメージとしては、学園モノでハーレムで、マッタリしていて、時にバトルしたり、電波受信したり、意外にもシリアスな展開になったり……まあ、そんな感じだと思っています。分からんね(ぁ
 最近の受賞作品の紹介文などを見ていても、大体そんな感じの作品が多く、僕のような素人からすれば全部一緒じゃないか?と思うわけです。もちろん、中身は全然違うでしょうし、その作品ならではの個性があったり、文章も人それぞれのはずです。しかし、大まかに分ければ、方向性は、ほぼ一緒なのではないか、と思うわけです。

 ガチのミリタリー物や時代物がラノベ読者の中高生の間で流行るかと言われれば疑わしいですし、そもそもライトじゃないので、そういうのを求めるならラノベ以外を読め、ってことになりそうですが、僕自身は、そういうのもアリなんじゃないかと思うわけです。
 ゲームでも中高生の皆がポケモンやモンハンをやっているわけではないですし、中には、グランドセフトオートやギアーズオブウォーをプレイする人もいるでしょう。それと同じです。例え流行りものでなかったとしても、需要はあるというわけです。

 今回、僕が書いた作品は、女の子は多めですが、ハーレムかと言われればそうでもないですし、そもそも恋愛要素があるのかすら疑わしいというwとは言え、僕自身が持つライトノベルのイメージには近づけてみたつもりです……意図的にやったんじゃなくて、気が付いたらそうなってたって感じですが(ぁ
 恐らく、次回作も同じ傾向の作品を書くと思います。もちろん、扱う題材は違うと思いますが。また、より個性的な登場人物を生み出そうとも企んでおります。
 しかし、いずれは、学園モノでもなく、ハーレムでもない、コアでシリアスな内容の作品を書きたいと思っております。もちろん、読みやすくする工夫は必要です。真面目なキャラばかりだと本当に大人向けになってしまうので、個性の強い方々に登場していただくことで親しみやすい作品に仕上げるのが一番でしょうか。色々試行錯誤する必要がありますね。

 そんな先のことよりも、今書いている作品を完成させないと駄目ですねw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる