スカイウォードソードの剣アクション

 バットマンの実績コンプはまだですが、一息付いたのでゼルダの伝説を始めることにしましたb

 最近、Xbox360のHD画質に慣れてしまったため、Wiiでゲームをプレイするのが結構辛いです。画面のザラつきが気になりますし、チカチカして目が痛いというか……ゼノブレイドをプレイした時もそんな感じでしたね。まあ、あれはさらにきつかったですけどw
 ゲームが面白ければグラフィックなんてどうでも良くなる……とまでいきませんし、気にならないと言えばうそになりますが、まあなんというか、慣れてきて普通にプレイ出来るようになるって感じですかね。自分でも何言っているのか分からん(ぁ
 しかし、ゼノブレイドもなんだかんだで100時間以上はプレイしましたし、内容が面白ければ多少の不満点があっても続くもんなのですb

 ゼルダの伝説は、時のオカリナから始めましたが、その後に他のシリーズにも手を出し、今のところ全シリーズを制覇しておりますb……ゲーム&ウォッチやサテラビューのは除いて(ぁ
 スカイウォードソードに関しては、Wiiリモコンでの操作には別に抵抗ないのですが、画質がHDじゃないというだけで若干の抵抗はありました。それでもゼルダの伝説は、シリーズ通して面白いですし、今回も裏切らないだろうという確信がありました。

 今作で恐らく目玉となる点は、プレイヤーが持つWiiリモコンとリンクが持つ剣が一体化していることでしょう。プレイヤーがWiiリモコンを縦に振れば、リンクも剣を縦に振る。横に振れば、横に振る……と、まさにプレイヤー自身がリンクになったかのように、プレイヤーの動作がリンクに直接伝わるようになったわけです。
 しかも驚いたことに、Wiiリモコンを捻ってみると、リンク自身も剣を捻るのです。この動作が役立つわけでは無いと思いますが、そこまで細かい動きまで検出している点は、評価するべきでしょう。

 実際プレイしてみて、いざ剣を振り回してみると……これが結構難しいw
 こちら意図した通りにリンクが動いてくれないのか、それとも、プレイヤー自身がちゃんと振れていないのか(横に振っているつもりが、実は斜め気味だったりとか)原因は分かりませんが、とにかく難しく、まず、これに慣れるのに時間が掛かります。人によっては挫折するかもしれませんし、熱狂的なファンは、今までのようなボタンでの操作を希望するかもしれません。僕自身もかなり苦戦させられ、心が折れそうになりました。

 しかし、だからと言ってこのシステムは最悪だ!なんて評価を下すつもりはありません。大半のゲームは、ルールが分かれば楽しくなるものです。
 物語を進めて行くと、完璧とまではいきませんが、操作にも慣れてきて敵との戦いが楽しくなってきました。今作は、パッケージの裏側にも書いてある通り、敵との駆け引きがポイントでして、間合いの熱い戦いが楽しめることが分かったからです。
 アクションゲームの大半は、敵をバサバサ倒し、コンボを決めたりすることに爽快感を見出すことが出来ますが、ゼルダの伝説は、時のオカリナから間合いを重視した戦闘に面白さを見出したと言えます。まあ、古い作品で言えば、リンクの冒険から間合いを重視した戦闘は存在したと言えますがw

 スカイウォードソードでは、時のオカリナのシステムを更に進化させ、今度は剣の振り分けを自在に出来るようにすることで、より間合いの熱い戦いへとなったのです。
 今までは、敵のガードはオンかオフのどちらかしかありませんでした。しかし、本作では、敵がガードをしていても、剣の振り分けによって切り崩すことが出来るようになったのです。
 例えば敵が鉈を横に構えていた場合、縦斬りでは防がれてしまいますが、横斬りはそのまま当たるといった感じです。しかも、縦、横だけでなく、斜めに切れますし、この斜めに関しても右下から左上、右上から左下と自在に攻撃出来るのがポイントです。

 恐らく、時のオカリナのシステムをそのまま進化させただけでは、いずれ限界に当たっていたと思います。実際、続編である風のタクトやトワイライトプリンセスでは、様々なアクションが登場しましたが、基本は時のオカリナから変わっていません。盾や回避アクションで敵の攻撃を防ぎ、敵が隙を見せたら攻撃の繰り返しです。
 つまり、スカイウォードソードのシステムは、その壁を打ち砕き、ゼルダの伝説のアクションを次の段階へと進めたわけです。
 もちろん、ボタン操作に比べると正確性に欠けるため、一概にスカイウォードソードのシステムの方が優れているとは言えないかもしれませんが、後々、Wiiリモコンの性能も上がるのだとすれば、最早、時のオカリナにあったようなシステムは過去のものとなるでしょうし、もしかしたら、単調になりがちなアクションゲームに革命をもたらすかもしれません。

 物語はまだ序盤ですし、これからどんな強敵が登場するのでしょうか。そして、そんな強敵と剣を交えるのが今から楽しみで仕方がありません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

突然のコメント、失礼いたします。
私はこちら⇒http://blju.net/
で無料オンラインゲームサイトをやっているfarrといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はメールを送ってくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒http://zeskywardsword.blog.fc2.com/
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる