閃乱カグラ 第一章

 閃乱カグラのプレイ日記を書くことにしました。まあ、日記というより回想ですがw
 ちなみに、写真&動画の類は、張らない予定ですので、妄想……じゃなくて、想像しながら読んでいただければと(ぁ

 まず、誤解の無いように、閃乱カグラを購入した動機について話さなくてはなりません。
 閃乱カグラは、おっぱいゲーとして知られていると思うのですが、Amazonで様々な方のレビューを見ている限り、爽快なアクションが楽しめるとのこと。そう、僕は、アクションゲームとして買ったのです!アクションゲーム大好き!……ごめんなさい、嘘つきました。おっぱいが目当てでです(ぁ
 もうね、画面から飛び出すおっぱいとか笑うしかないねw3DSについては、閃乱カグラを始めとして、エロ方面も開拓されていきそうですねw

 プレイ日記に入る前に操作キャラとなる少女達&オマケ(?)を紹介したいと思います。

 ・飛鳥(CV:原田ひとみ)
 おっぱいのデカさはもちろんですが、明るい性格が魅力的。この類のキャラは、安定の人気があると思いますw
 考えてみれば、忍転身(いわゆる衣装チェンジ)の時に唯一恥ずかしそうにしているキャラ。服装敗れたときはもちろんですが、色んなところで照れてくれるのですよ、可愛いですよねb……そして、俺はエロオヤジかw
 個人的に、交代時の「ハイッ!」って返事するところがツボwとりわけ変な声で言っているわけでもないですし、普通の返事なんですが、なんか妙に印象に残るw
 戦闘では、左右長さの違う脇差を使って戦うのですが、性能的には平均的でしょうか。

 ・斑鳩(CV:今井麻美)
 クラス委員でおとなしい性格。しかし、怒らせると怖い……はず。他のメンバー達もそうそうたる巨乳ですが、斑鳩さんはその中でもトップクラス!揺れます、揺れまくります!そして、競泳着を着た時のスタイルは抜群で、鼻血ものです(ぁ
 飛燕というセフィロスのマサムネ並みの長さを持つ刀を高速で振り回すため、敵の殲滅能力はピカイチ!しかし、お嬢様なためか、非常に打たれ弱いため、命駆(服を脱ぐことで防御を犠牲にし、攻撃力や速度を高める)で戦いを挑むと敵を滅多切りにしているはずなのに、あっさりやられることもw
 また、戦闘中になるとハイになるらしく、「ヤッハー!」とか「まだまだ♪」とか叫びながら攻撃しますwこの壊れっぷりが普段とのギャップがあって面白かったりしますねw

 ・葛城(CV:小林ゆう)
 公式イラスト見ている限り、見た目は可愛らしい女の子なんですが、実は、男勝りな性格wまた、部員にセクハラすることが生き甲斐であり、その様は、最早だたのオッサンであるw
 また、忍転身後の服装は制服なのですが、着崩しまくっているので非常にエロいw
 言うまでもなく巨乳なのですが、パンチラ要因でもあります。葛城さんは、動きが激しいためスカートの中がチラチラ見えます。特に、秘伝忍法に関しては、ブレイクダンスしながら蹴りをお見舞いする技なのですが、その時、スカートの中が見えるアングルで止まる(しかも三回も)等、若干しつこい感は否定出来ませんwごめんなさい、僕は、おっぱいには興味あってもパンチラには興味ないんです(ぁ
 戦闘時は、足技で戦うわけですが、スピードよりも一撃一撃の重みがあるパワータイプ。力強い一撃で敵をブッ飛ばすことに爽快感があるのですb

 ・柳生(CV:水橋かおり)
 最近、色んな作品で女の子で眼帯付けているキャラを見かけるのですが、需要あるんでしょうかwそんな眼帯少女です。言うまでもなく巨乳ではありますが、エロ要素は少なめなので初心な方にお勧めです(ぁ
 自称オレであまり愛想のないクールな性格なのですが、女の子というより男の子っぽいwまた、全体的にエロさよりも格好良さが前面に出たキャラであるため、そこに魅力を感じた方もいるはず。僕もその一人だ(ぁ
 戦闘時には、番傘を振り回して敵を攻撃するのですが、開いた時は刃になり、先端から弾丸的なものを打ち出して遠距離攻撃出来たりと万能過ぎますw攻撃力、リーチ、スピードも優れていますし、能力も全体的に高水準でまとまっている……気がするので、恐らく五人の中で最も良い成績を出しやすいんじゃないでしょうか。
 ちなみに、雲雀ちゃんと一緒にいることが多いのですが、果たして……

 ・雲雀(CV:井口裕香)
 やはり巨乳なのですが、いわゆるドジッ娘って奴です。そして、忍転身後の格好は、長袖のジャージにブルマ姿なのですが……悪いな、俺はロリコンじゃねぇんだorz
 設定によれば諜報活動を得意としているそうですが、作中でもそういった描写がなく、むしろ失敗ばかりしている気がするので疑わしい所w
 僕自身、こういうタイプの女の子はあんまり好きじゃないんですが、しかし、本作では、雲雀ちゃんの成長模様が描かれており、一生懸命な彼女をつい応援したくなりました。
 戦闘時には、ネコパンチやらポカポカ叩きまくったりとキュートさ全開のスタイル。他のキャラがスタイリッシュなのに対して、雲雀ちゃんだけ浮きまくってますwまた、秘伝忍法では、雲に乗った謎の生き物(ウサギらしいw)が登場し、それに乗って突撃するというものwそのウサギがまた不細工なのですが、まあ最近こういうの流行ってますしねw

 ・霧夜先生(CV:藤原啓治)
 操作キャラではありません。そもそも、中の人から分かるように男の方ですw
 飛鳥達の先生というわけですが、常に冷静で頼れる先生といった所でしょうか。しかし、物語がシリアスな展開になり、この時、他の生徒たちに話しかけるとその話をしてくれるのに、霧夜先生に話しかけてみると、全く関係のないゲームのシステム的なことを話しだしたりと、結構KYだったりするw

 皆さんはどの子がお好みでしょうか?何?霧夜先生が良いだと?

 閃乱カグラを購入したものの、若干の後悔があった点は否定出来ません。何故かというと、僕自身、アニメ的なノリが苦手でして、また登場人物が女の子ばっかりというのも苦手でした。
 3DSを起動し、ゲームをスタートさせるとOPのアニメが流れるのですが、そこでもうやめようかと思ってしまったりwもちろん、アニメの完成度はなかなかのものですし、挿入歌も入ってるから好きな人は、好きなんでしょうね……好きな人はね(ぁ

 じゃあ、なんで買ったんや!と突っ込まれそうですがw

 しかし、実際にプレイして時間が経つにつれこういうのは慣れてくるもの。Z区分のゲーム、デッドライジングやアサシンクリードを始めてプレイした時と同じですねb(ぁ

 第一章は、チュートリアル的なものでして、少女達の日常生活などが描かれるなど、まあ、とてものんびりとした章ですw

 皆が絶賛していたアクションですが、ボタン連打で何とかなってしまう部分はありますが、敵を空中に浮かせてそこから連撃をお見舞いしたり、秘伝忍法を間に入れたりといったことも出来るため、活用しない手はない。まあ、いかに格好よく戦えるかを追求し、それを楽しむゲームって所でしょうかw
 もちろん、爽快感も抜群!大勢の敵を滅多切りにし、100以上ものコンボを叩き出せるのは痛快!また、画面の手前や奥にいる敵に対してもわざわざそこに行かずとも攻撃が届いたり、敵の弱攻撃程度では怯まないなど、爽快感の妨げになる要素が少ない点も評価出来るでしょう。
 まあ、一方で、敵が殆ど案山子だったりする点はさすがに気になりますがw

 ちなみに、第一章に出てくる敵は、殆どが不良ということですが、分かりやすく言えばレディースの皆様ですw
 スカートの丈が長かったり、武器に木刀やヨーヨーを使ったりと「お前らスケバン刑事かw」と思わず突っ込みたくなりましたwまた、図体のデカい不良も登場するのですが、こいつの断末魔が「ひでぶ」……デブ繋がりでしょうかwなんか時代の古さを感じますが、これオッサン向けのゲームなんでしょうかw
 また、背景に関しても突っ込みどころ満載w「おにぎり全品0円」とか小学生でも思いつきそうなギャグがあるなと思いきや、よく見ると※があって、読めないくらいの小さな字で注意書きがありましたw「ただし賞味期限切れ」とか書いてそうですねw結構細かいですが、大半はくだらないものばかりwまあ、そこがいいんですがw

 それから、衣装の着せ替えなんかも出来るのですが……第一章では、着せ替える衣装が無いですねwというわけで、おっぱいでも揺らして遊びますb葛城さんにセクハラ禁止って言われそうですね(ぁ
 それにしても、なぜ更衣室は3Dにしなかったんだ!(ぁ

 ちなみに、ミッションによっては、開始前に短編小説のようなものが挿入されている場合があるのですが、これがなかなか良かったりします。文章は長すぎず簡潔にまとまっていますし、シナリオも胸打つものがあります……文章が長ったらしくシナリオが平凡な三流作家の僕とは大違いですねorz……見習いたいものです。

 第一章では、飛鳥と葛城さんのお話があるわけですが、飛鳥に関しては、野球部の少年(鈴木君)にいきなり告白されるというお話。貴様、俺の飛鳥に手を出すんじゃねぇ(ぁ
 普通に考えたら知らない人に告白されたら「あなたのことよく知りません」的なことを言ってふってやるのが良いと思うのですが、そこを真剣に考えてしまうのが飛鳥。生徒達も何故か盛り上がってますし、「そうはならんやろっw」って感じでしたが、まあ、お話に関しては結論も含めて悪くありませんでした。それにしても、野球部で鈴木君って、お前はイチローかww
 一方、葛城さんに関しては、行方不明の愛犬チョコのお話と日常に刺激が足りないことに対する不満についてでした。強い奴と戦いたいようですが、果たしてその理由とは……まあ、そんな感じです。葛城さんのお話には、続きがありそうですね。

 第一章は、蛇女の連中が登場して終了します。物語的には、第二章から本番というわけですね。次回は、飛鳥達のライバルとなる蛇女の紹介を含め、第二章の日記(回想)を書きたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる