ギアーズオブウォー3 レビュー

 本日は、ギアーズオブウォー3(以下、GoW3)のレビューです。
 今のところ、キャンペーンとマルチプレイヤーしかやってないんで、主にその二つの話をしたいと思います。

 正直に申し上げますと、僕自身の中ではGoW3の期待度は、バトルフィールド3やスカイリムのそれ以下でした。もちろん、ギアーズは大好きなのですが、PVやプレイ動画を見ても、それほど気分が盛り上がらなかった自分がいました。それだけ、バトルフィールド3やスカイリムの方がインパクトがあったというわけでもありますが……GoW3は、購入はするものの、そんなにやらないかな?といった感じでした。

 で、実際にプレイしてみると……すみません、ギアーズ舐めてましたw

 本作は、確かにGoWなのですが、GoW2の延長線上ではなく、新たな領域に踏み込んだ、そんな感じがしました。グラフィックはGoW2でも綺麗だったのに、今回は、更に上の段階へレベルアップしており、驚かされるものがありました。ランサーのチェーンソーを起動するモーション、爆発のエフェクト等の細かい点もより魅力的なものになっていました。少なくとも、前作と大して変りない、なんて評価は付けれませんねw
 もちろん、新しい武器も追加されており、これらで敵を吹き飛ばすことを楽しみにしていた方は多いのではないでしょうか?基本的な武器には、クセは強いものの威力のあるレトロランサー、それからハイリスクハイリターンのソードオフショットガンが追加され、これらは対戦等で初期装備として選ぶことも可能。選択肢が増え、戦いの幅が広がしました。
 そして、敵を一撃で倒す程の威力を持つ大型兵器ワンショットによるキルは実に爽快ですし、二足歩行型のロボットに乗ってマシンガンをぶっ放したり、ミサイル連射したりと大暴れすることも出来ます。中には、マルチャーの連射力を上回る強力な武器も登場しますが、この武器は、相方にリロードを手伝ってもらう必要がある、といったリスクもあります。銃をぶっ放している方は楽しいでしょうけど、必死にリロードしている側は地味だろうなぁw

 キャンペーンも内容の濃いものになっておりまして、とにかく最後まで飽きない。キャンペーン目当てで買っても十分に楽しめると思いますよb
 今回は、ローカストだけでなく、ランベントが敵として登場します。前作で判明している段階では、光るローカスト程度の存在でしたが、本作では、爆発したり、変異したりとローカストとは全く異なった敵であると言えます。撃ったら爆発するという性質は厄介ですが、一方で快感でもありますw
 一方、ローカストは、ライトマス爆弾にハシントの水没と二度も酷い目にあっているため、かつての脅威は失われつつありますが、それでも厄介な存在であることに変わりはありません。GoW2で登場したローカストは殆ど出てきますし、新種のローカストも登場。一見、劣化ランベントに見えますが、そんなことはありません。恐れ知らずで突っ込んで来るランベントとは異なり、ローカストは狡猾なので様々な手段でマーカス達を苦しめてきます。
 ローカストとランベントの差別化がきちんと行われているため、本作に登場する敵の数は、シリーズ最大数だと言えます。これが飽きない理由の一つでもありますね。

 本作をプレイしていてギアーズは、台詞も優れていることを改めて思い知らされました。「あー、プランBは、なんだ?」「あ?んなもんねぇよ」等のコントのようなやり取りから、「集まれ!」等の台詞に分類されないものまで印象に残りやすいというwもちろん、本作でも数多くの名台詞が生まれることでしょう。
 知らない人からしてみれば、ギアーズはマッチョで厳ついおっさん達が人類のために戦うという、いかにもアメリカが好きそうな作品だと思うかもしれませんし、そのせいで敬遠されておられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ギアーズは意外にも親しみやすい一面を持ち合わせています。それが、数々の名台詞を生み出す結果になったのでしょうし、本作が愛されている理由でもあるのでしょう。
 ちなみに、本作のAct1では、過去作へのオーマジュとも取れる台詞やシチュエーションが多数用意されています。一番ウケたのは、カーマインがヘッドショットを受けるシーンでしょうかwさすがエピック、分かってらっしゃるw

 ギアーズは決してシナリオ重視ではなく、むしろシンプルでご都合主義な所があり、突っ込み所が多い作品なのですが、今作で扱っているテーマは深みがあり、考えさせられるものがあります。
 本作は、ギアーズ三部作の最終章であり、ローカスト、そしてランベントと決着をつけることが目的となるわけですが、一方で、人類、特にCOGが犯してきた罪を突きつけられる場面に何度も遭遇します。COGは、人類のために命懸けで戦っているにもかかわらず、何故責められなくてはならないのか?扱うテーマは、とても重たいものです。
 また、人間ドラマもより深みのあるものになっています。マーカスとアダムの親子の絆が中心の本作ですが、ドムの苦悩も描かれており、かつてはスターだったコールの物語にも注目ですよb

 GoW3は、マルチプレイヤーも大幅に面白くなっています。
 特に、チームデスマッチの採用が大きいでしょう。これまでは、ウォーゾーンなりエクスキューションといったものが、それに相当するルールだったのですが、これらは、一度キルされたら次のラウンドが始まるまで復活できない、という仕様でした。つまり、初心者はすぐキルされ、上級者だけが楽しく遊べる感じでした。しかし、チームデスマッチは、チーム全体で復活出来る回数は決まっていますが、一度死んでも蘇れるため、初心者でも楽しめる内容となりました。
 マップの印象も変わっており、雰囲気的には、コールオブデューティーみたいな感じですねwこれまでは、明らかに対戦用のマップ、って感じの雰囲気でしたが、今回は、市街戦なら本当に街の中で戦っているような感じがしていいですねbこれにGoW特有の緊張感(敵が背後から襲って来る、至近距離での撃ちあい等)が相まってかなり面白くなっています。

 ちなみに、日本語版のGoW2は、隔離サーバーであり、アジア版でやってもホストとの距離が遠すぎると回戦が悪かったり、とあまり恵まれた環境とは言えませんでした。隔離であっても根強いファンのおかげで意外とマッチしやすかったりするのですが、一方、殆どがベテランプレイヤーばかりで初心者は入り辛く、やってみてもミンチにされるばかりで面白さが分かる前に辞められた方は多いかと思われます。
 しかし、今作は全世界のプレイヤーと遊ぶことが出来、ホスト制を廃止したそうなので回線も良好。実力的にもベテランプレイヤーだけでなく、不慣れな人や実力が同等の人もいらっしゃるので、対戦はあまり慣れてない僕でも活躍の機会に恵まれ、楽しく遊ぶことが出来ました。

 キャンペーンとマルチプレイヤーで既に満足している僕ですが、ホードやビーストも面白いとのことなので、とても楽しみです。
 Halo Reach並みに充実している本作ですが、Haloがオフだけでは十分に楽しめないのに対し、こちらは全くそんなことはない分、オススメ度としてはこちらの方が高いかもしれません。
 ファンはもちろん買うべきですが、Xbox360を持っているのであれば、初めての人でも買って損はないかと思います。とにかくオススメですねb

Gears of War 3 (通常版)【CEROレーティング「Z」】Gears of War 3 (通常版)【CEROレーティング「Z」】
(2011/09/22)
Xbox 360

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる