二週目の冒険は、マスターモードでチャレンジしよう。

 本日の話題は、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの高難易度モード、『マスターモード』についてです。

 マスターモードは、DLCの一つ、剣の試練に収録されている、所謂ハードモードに相当するコンテンツなのですが、魔物のレベルが一段階上がった挙句、自動回復までしやがるという厄介なモードです。とにかく、武器が壊れまくるので、ノーマルの時のように、片っ端から魔物の巣を襲う余裕はないですw
 一方、ハイラルのあちこちで上空を陣取っている魔物を見かけるようになりますが、大抵、特殊な矢やエンチャントされた宝箱がセットですので、この点は、ノーマルにはなかったメリットだと言えます。

 さて、所詮は、ただのハードモードだろう? みたいに考えていたのですが、実際にこのモードに挑戦してみた所、予想以上に厳しく、とにかく、手持ちの武器がいつ無くなるか、ビクビクしながら進めなくてはなりませんでした。しかも、序盤から青ボコブリンが出てくるのが普通で、本体、中盤くらいで出てくるレベルの黒もしれっと混じっているような状況ですので、魔物との戦闘もなるべく避ける必要がありましたし、しかし、そうすると武器の調達はどうするのか? というジレンマもあるわけです。
 とはいえ、既にノーマルで一通りはクリア済みですので、知識はそれなりに備わっている状態なわけです。なので、マスターモードをクリアするために……というよりは、このより過酷な環境と化したハイラルで生きていくためには、どすうればいいのか? 何を準備すればいいのか? そのことを簡単にまとめてみました。

 ・まず、やるべきこと

 何よりも優先しておきたいのは、大妖精の解放でしょうか。序盤の段階でいきなり黒ボコブリンとかがいるため、こいつらの攻撃で即死しないためにも、防具を強化しておく必要があるわけです。
 このゲーム自体、始まりの台地を抜け出せば何処にでも行けるため、とりあえず、馬を捕まえて、各地の大妖精を解放していく旅から始めていくのがいいでしょう。ちなみに、タバンタ大橋馬宿では、お供え用の500ルピーが貰えるので、是非とも活用するべきです。
 最後の大妖精は、1万ルピーも必要になるため、後々でもいいかもしれません。とりあえず、三人の大妖精を解放しておけば、四体の神獣攻略までなら十分な強化が得られます。


 ・ポーチの拡張

 ポーチの拡張は、何よりも武器を優先すべきでしょう。マスターモードでは、とにかく武器が壊れまくるので、出来るだけ多くの武器をストックしておきたい所。次に弓を拡張しておきたいところですが、盾に関しては、そんなにたくさんいらないので、一番後にしてもいいと思います。


 ・揃えておくといい防具

 ハイリアシリーズ……主に他の防具が揃うまでの繋ぎ。

 リトシリーズ……ヘブラ山、ゲルド高地、ラネール山、そして、ゲルド砂漠(夜)など、あると探索が楽になる場面が多いため、早い段階で入手したい所。

 熱砂シリーズ……主にゲルド砂漠(昼)とかなり限定的ですし、淑女シリーズでも同じ効果が得られるのですが、こっちは、防御力を上げていけるため、実用性は上だと言えます。まあ、砂漠には、ライネルがいないんで、淑女でも十分だぜって人もいるかもしれませんがw

 ラバーシリーズ……雷を無効化できる超優秀な防具。これ一式あれば、敵の雷攻撃はノーダメージ、フロドラにも安全に近づける上、雷雨に見舞われても金属装備を外す必要がないなど、メリットが多々あります。入手場所は、レイクサイド馬宿のクエスト、その近くのコーラル湖の祠(カッシーワのクエスト)、そして、雷の台地の試練です。

 耐火シリーズ……主にデスマウンテンの探索に必須ですが、更にセットボーナスで火無効が付くので、オルドラに安全に近づける他、ライネルの炎なども無効化出来てしまいます。なかなか優秀。

 ゾーラシリーズ……川や湖を速く泳げる上、加速した際のスタミナ消費も抑えられるため、水中の移動が快適になります。更に鎧には、滝を登る能力が備わっているため、ゾーラの里周辺や樹海の探索が楽になります。ちなみに、一式揃えるのに一切ルピーを消費しなくて済むのもメリット。

 忍びシリーズ……ステルスプレイ御用達の防具。マスターモードでは、出来れば戦闘を避けたい場面が多いため、役立つ場面が多いハズ。夜中にコッソリと魔物の巣に忍び込み、寝ている隙を突いて、武器だけを奪っていくことも出来ます。

 蛮族&古代兵装シリーズ……どちらも非常に強力な性能を持つため、ライネルやガーディアンといった強敵と戦う際には、是非、揃えておきたい防具ではありますが、一方、強化するための素材が入手し辛いのが難点。入手や強化は、必然的に、終盤以降になるかと思われます。 


 ・素材&食材の入手場所

 フィローネ地方……樹海では、マックスドリアン、ツルギバナナ、ツルギソウといった有用な食材がたくさん手に入るので、早い段階で訪れたい所。更に、ウオトリー村では、ツルギダイ、近くの浜辺では、ツルギガニが手に入ります。まさに食材の宝庫!

 ゾーラの里……里の中では、シノビタニシ、その付近では、シノビダケなどが手に入ります。もちろん、魚系の食材も豊富。また、ダルブル橋からゾーラの里に至るまでの道のりでは、弓矢で攻撃してくるリザルフォスが多数いるので、矢も結構な数が集まるはず。

 アッカレ地方……木が密集している辺りでは、ビリビリダケが、アッカレ湖の滝周辺では、マックスバスが採れます。マックスバスに関しては、食材として使うよりは、ゾーラ防具一式の強化のために残しておいた方が良いかも。ちなみに、アッカレ古代研究所周辺では、モリブリンが多数生息しているため、素材が欲しい場合は、狩場にもなります。

 デスマウンテン……耐火装備の強化に必要なヒケシアゲハとヒケシトカゲが手に入る他、鉱床が数多く点在するため、ルピー稼ぎのために採掘するのもいいかもしれません。特に夜鉱石は、ボロボロ手に入る割になかなかの値で売れるため、換金素材としては、優秀だと言えます。

 ヘブラ山脈……アイスキース、アイスリザルフォス、アイスチュチュといった魔物の素材が欲しい場合に訪れるといいでしょう。ちなみに、アイスリザルフォスは、炎の矢で一撃で倒せる割に、結構いい武器や盾を持っていたりするので、武器集めにも適した場所だと言えます。

 ゲルド砂漠……シビレリザルフォス、エレキ―ス、エレキチュチュといった魔物の素材の他、ビリビリフルーツやビリビリハーブなども手に入ります。また、モルドラジークからは、武器などが手に入るので、それ目当てで狩るのもいいかも。


 ・武器の調達先

 ヒノックス(黒)……ヒノックスは、剣や弓などの武器を三つくらい首からぶら下げているため、コイツを狩ることで武器を集めることが出来ます。ちなみに、ウルボザの怒りがあれば、ちょうど三発で沈みますので、武器を無駄に消耗させずに倒すことが出来ます。

 ハイラル城……かなり手強い魔物があちこちに巣くう危険な場所ですが、一方、見返りも大きく、様々な種類の武器を手に入れることが出来ます。もし、マスターソードがあれば、常時攻撃が2倍の状態になりますので、強敵も撃破しやすくなります。更に、マスターソードは、自動修復機能付きですので、これ一本に頼れば、無駄に武器を消耗させずに探索することが出来るわけです。

 魔物の巣……ウルボザの怒りもマスターソードも持ってない段階では、魔物の巣を襲撃して武器を手に入れるしかありませんが、かといって、武器が欲しいのに、武器の耐久値を減らし、挙句壊してしまうのも考え物。なので、夜になるまで待ち、魔物たちが無防備な姿で寝ている間にコッソリと忍び寄って、取れるだけ取って去って行くのがいいでしょう。
 他には、雷の矢、サンダーロッドなどで電撃を浴びせれば武器を落としてくれるので、それを奪って逃げるのもアリ。


 ・神獣と英傑の加護

 ミファーの祈り……ハートが0になっても全快してくれる上、更にハートの上限が限界を超えるという頼もしい加護。特に序盤~中盤は、思わぬ一撃を貰って即死することがあるので、保険として手に入れておきたい所です。
 出来れば真っ先に手に入れておきたいところですが、ゾーラの里に辿り着くまでの道中は、雷の矢を容赦なく浴びせてくるリザルフォス軍団がいますし、水のカースガノンもなかなかの強敵であるため、序盤に攻略するには、少々厳しいかも。
 とりあえず、ラバー一式さえあれば雷の矢など全く効かなくなりますので、しっかりと準備してから里に向かいたい所です。

 リーバルの猛り……上昇気流に乗って一気に上空へと飛び立てるため、崖のぼりが楽になる他、魔物たちの要塞を上から攻めたり、敵の大群から逃げる時に使ったり、など、とても使い勝手のいい加護です。
 リトの村までの道のりは、結構遠いとは言え、馬を使えば魔物に邪魔されることなく辿り着けますし、風のカースガノンもそこまで強くないため、一番最初に挑むのもいいかもしれません。

 ダルケルの護り……ZRを押している間は、リンクを守るシールドが張り巡らされ、魔物が攻撃してくると、自動的に弾き返し、隙を作ることが出来ます。必然的に攻撃を受けにくくなりますし、両手が塞がるような武器でも身を護れるため、強敵との戦いが続くマスターモードでは、非常に頼もしい加護だと言えます。
 デスマウンテンは、かなり険しい道のりですし、ヴァ・ルーダニア戦では、黒モリブリンが登場するため、なかなか手強いのですが、一方、火のカースガノンは、正直、かなり弱いのでクリア自体は、簡単な方だと言えます。

 ウルボザの怒り……発動までの隙が大きいものの、広範囲に雷を落とし、大ダメージ&長時間痺れさせることが出来る等、非常に強力な加護。ヒノックス黒も三連発で沈みますし、ライネルですら強引に隙を作り出せるなど、とにかく強いです。出来る限り武器を消耗せずに戦いたいマスターモードでは、是非とも欲しい加護です。
 しかし、その入手に関しては、どの加護よりも難しく、その最大の壁として立ちはだかるのが、やはり雷のカースガノンでしょうか。隙が少なく、動きが見切り難い強敵ですが、マスターモードでは、自動回復によってみるみると体力を回復してくるので、手持ちの武器の攻撃力が低いと、ジリ貧になって手詰まりになる可能性も……防具は、ラバーシリーズ一式を揃え、武器は、マスターソードを用意し、マックス飯や火力アップ飯を用意しておくべきでしょう。


 僕自身は、まだ四体の神獣を解放した所までしか進めていませんが、後は、のんびりとハイラル各地を巡りながら、最終決戦に備えていく予定です。
 マスターモードは、確かに序盤こそ武器不足で厳しかったのですが、そんな中で、魔物との戦闘を出来るだけ避けつつ、武器を手に入れる方法を学んだり、色々と物が揃ってきたりしたところで少しづつ楽になっていき、むしろ、今は、程よい手応えを感じながら楽しく遊べていると思います。それに、ノーマルの時以上にサバイバルしている感じがあって面白いんですよねw

 一週目をクリア済みの方は、是非とも、マスターモードにもチャレンジしてみてください。ノーマルの時には気が付かなかった、このゲームの魅力を知ることが出来ると思いますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (4)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる