MHXX 二つ名狩猟記録 隻眼イャンガルルガ編 1~10

 今回は、隻眼イャンガルルガのクエストを攻略していきます。

 イャンガルルガは、イャンクックとリオレイアを組み合わせたような動きが特徴のモンスターですが、異様に精度の高い嘴の攻撃を繰り出したり、尻尾を回転させたり、更には、ノーモーション突進を繰り出したりなど、とにかく攻撃が激しく、近寄り辛い事もあって、苦手な人も多かったと思われます。
 今作では、そんなイャンガルルガにも獰猛化個体が登場し、厄介さが更に増したワケですが、そこに追い打ちを掛けるように二つ名個体まで登場したのです。ただでさえ厄介なイャンガルルガの二つ名ともなれば、手に負えない強さになっているに違いない、誰もがそう思ったことでしょう。
 ところが、イャンガルルガの二つ名「隻眼」は、新たな攻撃パターンが幾つか追加されており、猛毒が劇毒にランクアップされるなど、確かにパワーアップしているのですが、実際に戦ってみると、思いの外隙が多く、原種よりも戦い易いモンスターになっていると言えます。そして、他の二つ名が原種よりも一回り大きいのに対し、隻眼は何故か小さくなっていますw
 また、攻撃力も二つ名の中では控え目な方ですし、クエストも理不尽なものがなく、かつ、製作できる防具も優秀なので、二つ名入門としては、最適なモンスターとも言えます。まあ、僕は、儘滅刃から入りましたが、素直にコイツからにしておけばよかったと若干後悔しています(

 隻眼は、原種と比べて攻撃パターンが豊富に追加されているのが特徴ですが、まず一つ目は、一歩下がってからの二連突進。威力はそこまで高くないとは言え、ホーミング性能が高いので被弾しやすいのですが、僅かな予備動作さえ見逃さなければ十分に対処できるハズです。まあ、この辺は、何度も戦っているうちに分かるようになると思います。
 
 跳躍からの嘴叩きつけも被弾しやすい技の一つです。これは、二、三回繰り返してくることがある上、レベルの高い個体だと、突き刺した嘴をショベルのように動かし、岩盤を掘り返す大技に繋げて来ることがあります。範囲はそこそこ広く、しかも結構威力が高いため、要注意です。
 この攻撃を仕掛けて来る最中には、反撃をせずに、逃げに徹した方が無難だと言えます。

 次にサマーソルト→方向転換してからの滑空→サマーソルトのコンボ。結構な頻度で使ってくるため、隻眼との戦いでは、サマーソルトを避けたからと言って回復薬を使ったりしない方が良いでしょう。
 他には、風圧&咆哮付きのバックジャンプ→滑空→サマーソルトのコンボなどもあります。後ろに下がったら次にサマーソルトを仕掛けて来ると分かっていれば、避けるのは容易な筈です。
 ちなみに、隻眼のサマーソルトに当たると、劇毒状態になってしまい、ゴリゴリと体力を減らされていきます。しかも、レベル1から既に劇毒なので注意。幸い、紫毒姫ほど長い時間続きませんし、そもそも、サマーソルトさえ避けてしまえば、劇毒に悩まされることもないでしょう。

 最後に隻眼の大技、長い溜め動作からの長距離ダッシュ。隻眼の使う技の中で最も威力が大きく、しかもホーミング性能が高いため、抜刀時のローリング程度では、回避が間に合わないこともあります。幸い、溜めの動作は長めなのですぐに見分けは付くはずですし、急いで納刀すれば、緊急回避も間に合うはずです。

 とりあえず、この四つにさえ気を付けていれば、隻眼は、倒したも同然だと言えます。幸い、殆どの攻撃パターンに予備動作があるので、それを見極めることが勝利へのカギという訳ですね。
 また、隻眼は、頻繁に三連ブレスを使う傾向にあるのですが、この行動パターンの最中は、言うまでもなく攻撃のチャンスです。他には、転倒しやすかったり、すぐに疲労したりと意外と隙だらけなんで、普段は、回避に集中し、隙を見せた時に攻撃を叩き込むやり方でも十分に倒せると思われます。

 お次は、隻眼を倒すために準備に入ります……って、まあ、このスキルは必須、とか、この耐性は上げておいた方が良い、とかそういうのがあんまりないんで、正直、何でもいいと思いますw

 ちなみに、僕は、前回折角作った黒炎王の防具一式を試したかったので、それプラス儘滅旋ヘルダイトを担いで挑みました。
 火耐性も25もあって火炎ブレスも大した脅威になりませんし(そもそも滅多に当たらないけどw)、咆哮も防げるので攻撃のチャンスが広がり、かつ、頭を狙えるチャンスが多いモンスターでもあるため、弱点特攻も有効に働きます。ついでに風圧も防げるので、直後に飛んで来るサマーソルトの被弾率も減るというメリットもありますね。
 まあ、間違いなく対隻眼としては、申し分ない性能なわけですが、そもそも、黒炎王一式揃えている頃には、隻眼のクエストを終えてしまっている人の方が多い気がしますw

 さて、いよいよ隻眼のクエストを攻略していきます。

 隻眼狩猟依頼1
 森丘にて隻眼一頭の狩猟。まあ、問題ないですねw

 隻眼捕獲依頼2
 今度は、地底火山にて隻眼の捕獲となりますが、幸い、隻眼は、比較的戦い易いエリアを移動してくれるため、地底火山による難易度の上昇は、ほぼ無いと言ってもいいでしょう。むしろ、攻撃し過ぎてうっかり倒してしまうことがあるため、捕獲の見極めを付けておくと確実かも。

 隻眼狩猟依頼3
 古代林にて隻眼二体の狩猟。古代林自体平坦で広いフィールドばかりですし、隻眼の体力も低いため、タイムアップの心配もありません。要は、簡単なクエストです。

 隻眼狩猟依頼4
 森丘にて隻眼とイャンガルルガ原種のクエスト。どちらかと言えば、原種の方が戦い辛い相手であるため、こっちで苦戦することはあるかもしれませんが、それくらいです。

 隻眼狩猟依頼5
 古代林にて隻眼の狩猟ですが、リオレイアの乱入もあります。一応、パワーアップしているはずなのですが、そこまで違いは、感じられないかもしれません。

 隻眼狩猟依頼6
 地底火山にて、お馴染みのネコタク式クエストです。時間的にも余裕なのでここも楽勝……と言いたい所ですが、この辺りから嘴叩きつけ→岩盤掘りの大技を使ってくるため、それだけには、注意を。基本的に低火力の隻眼ですが、この技だけは、侮れない威力を誇ります。

 隻眼捕獲依頼7
 地底火山にて、お馴染みのアイテム持ち込み禁止で行われる捕獲クエスト。ソロだとアイテムがたっぷりありますので楽勝でしょう。ただし、ウラガンキンに乱入されることがあるので、ネコ飯でこやしの達人を発動させておくのと、倒してしまわないように捕獲の見極めを備えておけば、完璧です。

 隻眼狩猟依頼8
 森丘にて隻眼とライゼクスの同時狩猟。こやしの達人があると楽なクエストです。

 隻眼狩猟依頼9
 古代林にて隻眼と今度はナルガクルガの同時狩猟。同じくこやしの達人があると楽です。

 隻眼狩猟依頼10
 最後は、塔の秘境にて隻眼二頭の狩猟クエストです。まずは、一頭だけですが、コイツを倒すか10分が経過すると、もう一頭が現れるといういつもの奴です。
 上手い人なら10分前に倒し切ることが出来るかもしれませんが、まあ、仮に合流されても滅茶苦茶難易度が上がるわけでもないため、この手のクエストの中では、楽な方だと言えます。

 こうして振り返ってみても、これといった難所が無く、隻眼の倒し方さえ分かっていれば、本当にスムーズに進めていける内容だなと思いますねw まあ、さすがに10は、それなりの難易度ですが、理不尽なレベルじゃないので、二つ名の中でもかなり簡単に制覇できると思います。
 最初の挑戦の時は、フレさんと一緒に制覇したのですが、まあ、二人掛かりだとあっという間でしたねw その後、ソロで全クエストに挑みましたが、それでも難なく突破出来たんで、二つ名は、コイツから攻略していくことを勧められるのも頷けます。

 一方、製作できる防具は、とても優秀なんで、クエストを制覇する価値は、十分にあると言えます。
 気になる性能は、まず、防御力は、571と黒炎王より20低いとは言え、獰猛化個体、二つ名、古龍が相手でも十分な防御力だと言えます。そして、何気に雷耐性が高いのもポイント。このレベル帯の防具で高い雷耐性を持つ防具って限られてきますし、それだけで十分に価値があると言えますね。
 スキルに関しても攻防共に無駄がなく、攻撃面では、片手剣や双剣などの手数武器にピッタリな「連撃の心得」、モンスターが怒り状態の際に攻撃力と会心率が上昇する「挑戦者+2」でしっかりと火力が出せますし、即死を防ぐ「根性」や気絶を無効化する「気絶無効」も強敵相手の際にあると嬉しいスキルだと言えます。
 ちなみに、G級では、これに加えてキャンプ送りにされるたびに強化されていく「不屈」が備わるため、ソロで攻略するプレイヤーたちの間では、密かに人気があるとかないとか。

 とりあえず、作っておいて損はないと思い一式揃えてみたのですが、現段階で既に黒炎王、荒鉤爪、そして、儘滅刃と他にも優秀な防具があるため、隻眼を着ていくのは、G級になってから……と思っていたのですが、この後、戦うことになる、ある強力な二つ名モンスターを倒すために必要な性能を備えていることに気が付き、早くも出番が回ってくることになったのです。まあ、そいつとの戦いは、上位二つ名の中では、最後になりますが、その時までお楽しみに(ぁ

 また、防具だけでなく、オトモ用の武器も優秀でして、その名も「隻眼Sネコ羽扇」は、ブーメラン特化&毒属性20と非常に強力なものとなっています。サポート行動である貫通ブーメランと併用すれば、ガンガン毒属性を蓄積してくれるため、二匹共に持たせると、かなりの頻度で毒状態にしてくれます。毒に弱いモンスターが相手の時は、十分なダメージソースとなっている、ハズ。

 さて、隻眼のクエストを制覇したことで、上位に残っている二つ名は、残り三体となりました。武器や防具は、特に作る予定がなかったので、クエストを一通りクリアするだけですが、消化試合と呼ぶには、まだ早すぎます。
 紅兜は、原種からは想像も出来ない程に超強化が施されており、岩穿は、終盤においてあらゆる二つ名クエストの中でも屈指の難易度を誇るものが待ち受けており、そして、金雷公は、荒鉤爪同様にクエストの難易度自体がコイツ自身の強さに直結している強敵です。
 果たして、クリアできるのか? 不安がある一方、コイツらに挑むことが楽しみだったのもまた事実。やっぱり、強いモンスターと戦うことも、モンハンの醍醐味ですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる