MHXX 二つ名狩猟記録 黒炎王リオレウス編 1~10

 前回の流れからして、今回のターゲットは、宝纏……と思いきや、まさかの黒炎王リオレウスです。
 実は、宝纏の攻略も進めていたのですが、やっぱり、上位における最適解とでも言うべき黒炎王一式の装備が欲しいなと思いまして、先にこっちを攻略することにしたわけです。
  ちなみに、黒炎王自体は、フレンドさんと協力して狩るつもりだったのですが、レベル7で大苦戦し、一応クリアはしたものの、一度失敗してしまったんですよね。楽をするつもりが、あまりにも不甲斐ない戦いをしてしまったので、先にソロで攻略して慣れておこうと思ったわけです。

 黒炎王は、上位で挑める二つ名モンスターの中でも指折りの強さを誇っていまして、クエスト自体の難易度も相まって、攻略がもっとも難しい二つ名モンスターとして名前が上がる程でした。
 一方、リオレイア希少種やショウグンギザミ獰猛化個体と並ぶ悪名高いモンスターとしても知られており、その理由として挙げられるのが、黒炎王自体、頻繁に空中に飛び立つため、操虫棍以外の剣士装備では、攻撃のチャンスが殆どないことでしょうか。とにかく、これといった隙が無く、ほぼ一方的に攻められ続けることになるため、そう思ってしまうのも無理はないのかもしれません。
 しかし、黒炎王から作り出せる防具が非常に強力であることから、もっとも挑む価値のある二つ名モンスターであるとも言えます。厄介な相手ではありますが、是非、攻略しておきたいところですね。

 さて、黒炎王とは、どのようなモンスターなのでしょうか?

 基本的な攻撃パターンは、原種とほぼ一緒なのですが、空中からの攻撃が更に激しくなり、頻繁にハンターの側面に回り込み、ブレスや噛みつき、そして、強襲などで追い詰めてきます。
 更に、吐き出すブレスの範囲も拡大しており、ただのブレスでも原種のチャージブレス並みの範囲を誇っており、特に強力なものは、時間差でテオ・テスカトル並みのスーパーノヴァを引き起こすレベルにまで達しています。攻撃範囲には、ドーム状に熱が発生しているので、避けるのは、容易なのですが、熱源に近づくだけで体力が減る上、爆発するまでの間も、黒炎王は、普通に動き回るので、むしろ、二つのことを同時に気にしなければならないため、厄介な技だと言えます。しかも、狭い所で放たれると、ハンター側が動ける範囲がかなり限られてくるため、その中で黒炎王の攻撃を凌ぐのは、厳しいと言わざるを得ません。
 他には、爪には、原種の毒よりもさらに強力な猛毒が仕込まれていたり、見た目以上に攻撃範囲が広い三連噛みつき、そして、原種でもやってきた怒り咆哮後のバックジャンプブレスなども厄介だと言えます。
 まあ、引っ掻きや強襲に関しては、何故か原種よりもホーミング力が落ちていますし、バックジャンプブレスに関しては、原種と違って咆哮による拘束が解けた後に仕掛けてくるので、その分だけ良心的だと言えますがw

 原種と比べても相当な強化が施された黒炎王は、攻撃を避けるだけでも大変ですが、更に厄介なことに、紫毒姫とは違い、隙が殆どないんですよね。
 まず、黒炎王は、殆ど地上にいません。とにかく、頻繁に空中に飛び立ち、優位なポジションからハンターを追い詰めて来るのです。しかも、レベルが上がってくると、滞空時間が長くなり、ますます攻撃のチャンスが減ってしまうのです。
 また、翼の骨格が発達しているためか、閃光玉を使っても落とすことは出来ず、原種のように一方的に嵌めることも出来なくなっています。
 では、地上にいる僅かな時間が攻撃のチャンス、かと思いきや、お馴染みの尻尾回転や三連噛みつきのような隙の無い攻撃を仕掛けてくるため、近づくのも危険だと言えます。
 とにかく、攻撃のチャンスがないのです。しかもそのクセの体力も結構高いため、もし、何も対策せずに挑んでしまうと、狩猟に時間が掛かる上、最悪、タイムアップすることだってあり得るのです。

 もちろん、黒炎王にも弱点はあります。
 閃光玉は通用しませんが、それは、あくまでも翼が完全な状態である時のみ。どちらかの翼を部位破壊してやれば、原種同様に閃光玉が通じるようになるため、黒炎王をボトボト落とすことが出来るのです。もちろん、怒り時でも通用します。しかも、頻繁に飛び立つという性質上、そのチャンスは、いくらでも巡ってくるため、翼さえ破壊してしまえば、あとは、ワンサイドゲームに持ち込むことが出来る、と言えますね。

 問題は、翼の破壊ですが、幸い、耐久値は、そんなに高くないので、簡単に圧し折ることが出来るのですが、何せ、攻撃のチャンスがあまりない黒炎王が相手ですから、まず、ここで苦戦させられるのは、目に見えていると言えます。
 エリアルスタイルの操虫棍であれば、黒炎王が飛んでいようが距離が離れていようが、一気に近づいて空中攻撃を叩き込める他、乗りまで狙えるため、これでダウンさせ、その隙に翼を破壊してしまうのが、一番手っ取り早いと言えます。万が一、破壊し損ねたとしても、空中攻撃を続けていれば、そのうち破壊出来ると思いますし、二回目の乗りに賭けるのもいいでしょう。
 ただし、黒炎王は、乗った後の攻防戦でかなり暴れるため、ダウンを狙い難い部類に入ります。特に怒り状態だとかなりシビアになるため、耳栓や乗り名人のスキルを発動させておかないと、失敗することの方が多いくらいです。なので、これらの対策をしていない場合は、非怒り状態に乗るようにした方がいいかもしれません。

 まとめると、黒炎王は、乗りダウン→翼破壊→閃光玉の流れで狩ることが出来ます。
 ただ、まあ、正直この手で勝てるとは言え、折角のアクションゲームなのですから、もうちょっと、こう、どうにかならないものなのか、と思ってしまいますよねw モンスターの激しい攻撃を見切り、避けつつ、隙を突いて反撃、そして、転倒などのチャンスで大技を仕掛ける、という流れがモンハンのアクション面での醍醐味だと思いますが、黒炎王の場合は、一方的に攻撃するか、されるか、でしかありませんからね。
 また、乗りに関してもエリアル操虫棍だからどうにでもなるわけですが、もし、他の武器だとどうなんだろう?と考えると、多分、厳しいだろうなとは、容易に想像がつきます。
 黒炎王が悪名高いモンスターのうちの一体とされるのは、全体的に隙が殆どなく、攻略するにも閃光玉漬けが安定、かつ、有効な武器もかなり限られるためであると考えられます。まあ、そりゃ不満も出るわな、と。
 個人的には、黒炎王の火炎弾がより強力になり、空中戦を得意とするコンセプトは好きですし、翼破壊後に閃光玉が効くようになる、という部位破壊が有効に働くギミックは、面白くてアリだと思いますが、せめて、降りてきた時くらい、隙だらけであって欲しかった、それなら誰にも文句言われなかったんじゃないか、なんて思いますねw

 なんか、黒炎王の特徴を紹介するはずが、不満点ばかりを挙げてしまいましたがw
 とりあえず、次は、準備編です。

 黒炎王の攻撃の大半は、火炎弾やブレスによるものですので、出来れば、火耐性の高い防具を身に着けたい所。ぶっちゃけ、一番良いのは、火耐性が25もあり、咆哮や風圧まで防げてしまう黒炎王一式なのですが、持ってるはずもないので、儘滅刃一式で妥協しました。
 後は、乗りダウンで失敗したら後が面倒なんで、乗り名人のスキルを発動させておきました。また、レベル10では、紫毒姫も登場するため、この時は、乗り名人ではなく、毒無効の方を付けています。

 武器に関しては、黒炎王に対して有効な操虫棍で挑みます。ってか、他に選択肢があるとは思えませんw もしかしたら、エリアル大剣も良い感じに戦えるのかもしれませんが、乗りの狙いやすさで言えば、操虫棍が最も有効な武器でしょう。
 また、黒炎王は、龍属性に弱いため、『THEワンダー』を担いでいきます。龍属性の操虫棍と言えば、アルイノもありますが、斬れ味+2が付く儘滅刃一式なら、ワンダーの方が火力が出るんじゃないかと思っています。実際の所は、知りませんw ただ、最後まで乗り切ったので、火力は、これで十分に出ていると思います。

 スタイルは、もちろん、エリアル。幸い、黒炎王の場合、咄嗟に回避しなければならないという攻撃が少ないため、エリアルスタイルの弱点である咄嗟に回避が出来ない点もそこまで気になりません。むしろ、長距離ジャンプで接近、離脱が容易に行えるだけでなく、相手が飛んでいても果敢に攻めていけるため、やはり、対黒炎王においては、エリアル操虫棍がもっとも相性が良い気がしますね。(まあ、あくまでも剣士の話であって、ガンナーならもっと楽に狩れるのかもしれませんがw)

 持ち物に関しては、閃光玉は必須レベルですが、いくらあっても足りないため、調合分まで持ち込みます。猛毒対策に漢方薬も必要ですね。
 それからオトモに閃光爆弾の技を付けておくと、稀に叩き落してくれますが、乗りダウン中に怯ませて邪魔をすることもあるので、一長一短だと言えます。まあ、要らんな(

 それでは、準備が整ったところで、早速、黒炎王のクエストに挑戦していきましょう。

 黒炎王狩猟依頼1
 森丘にて、黒炎王一頭の狩猟です。
 森丘自体狭いフィールドが多く、黒炎王のスーパーノヴァに巻き込まれやすいのですが、まあ、レベル1なんで現段階では、それほど脅威ではないと言えました。
 また、飛び立つ頻度は、原種以上とは言え、滞空時間は短めなので、まだ攻撃のチャンスはいくらかある方です。この時は、これがあそこまで面倒なモンスターになるなんて、夢にも思わなかったなぁ(遠い目

 黒炎王捕獲依頼2
 遺跡平原で黒炎王の捕獲。強さは、前回と大差ないですが、問題は、フィールドが遺跡平原であること。そう、ここは、高低差の激しいマップでして、操虫棍では、エキスの回収がかなり面倒なんですよね。ただ、相手は、一頭だけですので、もしエキスの採取に手間取っても、時間的には、余裕がありますね。

 黒炎王狩猟依頼3
 孤島にて黒炎王とリオレイアの狩猟。二つ名と原種という組み合わせではありますが、リオ夫妻と同様に片方のピンチに駆けつけるようになっています。黒炎王を相手にしている間に乱入されると面倒なので、先にリオレイアを倒してしまった方が楽ですね。幸い、体力もそんなにないので、すぐに片付くと思います。

 黒炎王狩猟依頼4
 お馴染みのネコタク式クエストですが、いつもとは違って6ではなく、4で行われるという珍しいパターン。もちろん、1~3のチケットも手に入ります。
 狩場は、かなり戦い易い火山であるものの、二頭以上狩る必要があるため、一頭相手に閃光玉を使い切ってしまうと、後が苦しくなることも。無駄に投げず、確実に当てていきたい所。

 黒炎王狩猟依頼5
 遺跡平原にて黒炎王一頭の狩猟。これまでの個体よりパワーアップしており、かつ、狩場も高低差の激しい遺跡平原となれば、なかなかの難易度となります。そして、とにかく、エキスが回収し辛いw 操虫棍って高低差に強いように見えて、むしろ、他の武器より戦い辛かったりするんですよね。

 黒炎王狩猟依頼6
 森丘にて黒炎王とライゼクスの狩猟。乱入されると面倒なので、こやし玉を準備し、ネコ飯でこやしの達人を発動させておきたい所。
 また、当然ながら黒炎王も1の時より強くなっており、狭い森丘のフィールドで放たれるスーパーノヴァが脅威となるはず。ライゼクスもそれなりに強化されているため要注意。(というか、こいつにまさかの一乙させられたというw)

 黒炎王狩猟依頼7
 一つ目の難所。地底火山にて黒炎王の捕獲クエストですが、二つ名名物、アイテム持ち込み禁止の制限があります。本来ならソロでは、あまり関係のない制限なのですが、黒炎王の場合は別。何故なら、閃光玉の支給数まで限られているからです。とにかく、数的には十分とは言えないため、必然的に、閃光玉抜きで黒炎王と戦わなくてはならないんですよね。
 しかも、狩場は、悪名高い地底火山。幸い、黒炎王自体は、そこそこ戦いやすいフィールドに移動してくれるのですが、高低差の激しい所に行ってしまうと、やはりエキスの回収が困難になるんですよね。
 とにかく、閃光玉は、確実に当てていきたい所ですし、乗りも積極的に狙い、出来る限り、チャンスを多く作っていきたい所です。逆に閃光玉も乗りも失敗しまくった場合は、まさかのタイムアップもあり得るため、素直にクエストリタイアした方がいいかも。
 まあ、MHXXの場合、アイテムお届け隊を利用すれば、閃光玉を最大4つまで支給してくれるため、ある程度は、楽になっていますが、MHXの仕様のままだと、きっと悲鳴を上げていただろうなぁ……

 黒炎王狩猟依頼8
 塔の秘境にて黒炎王とドスファンゴの同時狩猟。まあ、閃光玉がたっぷり使えるので7に比べると易しめですし、普段はウザイドスファンゴもこれでピヨらせることが出来るのですが、問題は、折角乗りダウンに成功したのに、ドスファンゴに邪魔されてしまい、翼の破壊が出来なかった場合でしょうか。
 この事故を防ぐためにも、まずは、真っ先にドスファンゴから片付けておき、その後に、黒炎王の翼破壊を狙った方が確実だと言えます。

 黒炎王狩猟依頼9
 恐らく、ソロにおける黒炎王最難関のクエスト。内容は、古代林にて黒炎王の連続二頭の狩猟ですが、タイムアップの危険性が高い非常に厳しいクエストだと言えます。
 まず、黒炎王自体、隙が少ない癖に体力が高いという特徴があり、それは、例え連続狩猟の個体であったとしても実感できるレベルのタフさなのです。そして、狩場が古代林であることも製作者の悪意すら感じずにはいられません。古代林自体、広々としていて戦い易いフィールドではあるのですが、南東にある9、10、11に行くためには、必ず8を経由しなければならない構造上、移動に時間が掛かるんですよね。しかも、当然のように黒炎王は、空を飛んで10まで移動するため、この場合、8→9→10と経由する必要があるのです。とーっても面倒です。
 さらにこのクエストが難しいとされているもう一つの理由としては、閃光玉の不足に陥り易いことも挙げられます。閃光玉は、調合分も含めて15個まで持ち込むことが出来ますが、一頭当たりに7、8個で十分かと言われると、そんなわけありません。支給品の数も含めてようやく足りるレベルだと言えます。なので、捕獲依頼7同様に、黒炎王に確実に閃光玉を当てる技術が必要になってくるわけですね。もし、外しまくった場合は、時間的に厳しくなることは目に見えているので、一旦、仕切り直した方がいいかもしれません。
 もちろん、スキルなどで出来る限り火力を高めるという選択肢もありますが、それで激変するほどの効果は望めないと思いますので、基本的には、立ち回りの改善、主に、閃光玉をほぼ確実に当てられるよう練習しておいた方がいいかもしれません……とか言いつつ、外しまくってもクリアに至れたのですが、それでも残り数秒とか超ギリギリだったので、余裕を持ってクリアしたい場合は、やっぱり閃光玉の投擲技術を磨いてから挑むべきでしょうね。

 黒炎王狩猟依頼10
 最後の難関、塔の秘境にて、なんと、紫毒姫と黒炎王の同時狩猟。違う種類の二つ名モンスターが同時に出現するというのは、上位の段階では、このクエストのみとなっています。もう、見るからに難しそうですが、実際、かなり厳しいクエストです。
 最初は、紫毒姫一体のみですが、コイツを狩猟するか、10分経過するかで黒炎王が降りてきます。もちろん、紫毒姫自体もかなりの強敵ですので、10分以内に討伐できる程甘くはないでしょう。つまり、必然的に、二頭同時に相手しなければならないわけですね。
 紫毒姫自体は、前回全てのクエストをクリア済みだったので、その時と同じく、毒無効のスキルを発動させておき、まずは、乗りダウンを狙い、尻尾の部位破壊を済ませることを優先しました。こうなれば、紫毒姫の脅威は格段と下がるため、仮に黒炎王が降りてきたとしても、猛毒に悩まされることはないハズ……と思っていたのですが、二頭同時となるとさすがに厳しく、攻撃のチャンスが殆ど見つかりませんでした。まあ、儘滅刃&原種や白疾風×2ほど理不尽な感じはなかったのですが、それでも厳しいことに変わりはなく、特にオトモが二匹ともダウンした時は、もはや絶望するしかなかったですね。
 とりあえず、エキスの回収自体は簡単なので、太刀や双剣と違って火力の維持は容易な方でした。後は、幅跳びジャンプで接近、離脱を繰り返し、ダウンを取れたら攻撃を叩き込む、を繰り返し、何とか紫毒姫を撃破。ここまで来れば、後は、セオリー通りに黒炎王を倒すだけ。まあ、紫毒姫を倒した段階で結構時間が経過していると、タイムアップの危険性もあるのですが、それでも9に比べると時間的には、余裕があるので、慌てずに撃破。
 これにて、黒炎王のクエストを全制覇したわけですが、もうやりたくない、というのが本音でしたねw しかし、黒炎王一式を揃えるためには、またチャレンジしなくては、ならないというw
 ただ、二回目の挑戦の時は、けむり玉での分断が上手く行ったので、比較的楽に狩ることが出来ました。まあ、あくまでも上手く行った時の話なんで、基本的には、二頭同時に相手することを覚悟しなければならないクエストですね。とは言え、一見無理ゲーのように見えて、意外となんとかなるものなんで、ソロで挑む場合もそこまで尻込みするようなクエストじゃないと思います。むしろ、白疾風二頭とかの方がよっぽど絶望的でしたしw

 黒炎王自体厄介なモンスターですし、クエストの難易度も高いなど、二つ名の中でも攻略が難しい部類に入ると思われますが、それでも見返りは大きく、黒炎王一式装備は、その苦労に似合った性能を誇っていると言えます。
 まず、防御力は、581と高く、儘滅刃一式や荒鉤爪一式に比べると低いとは言え、その差は、たったの10ですし、上位では十分過ぎる性能だと言えます。また、火耐性は25もあるため、意外と面倒な火やられも無効化することが出来ます。(逆にその他の耐性が全くなく雷は-10、龍に至っては-15とデメリットもありますが)
 そして、特筆すべきは、豪華なスキルラインナップ! まずは、モンスターの咆哮をチャンスに変えることの出来る「高級耳栓」、次に弱点に攻撃を当てた際にクリティカルが出やすい「弱点特攻」、そして、あらゆる風圧を無効化できる「風圧(大)」と単純に火力を上げることの出来る「攻撃力UP(大)」を内包した「黒炎王の魂」が発動します。火力が上がるだけでなく、攻撃のチャンスも増えるため、とにかく狩猟時間を短縮したい人向け、というか、剣士なら何にでもOKな上位における最強装備だと言えます。斬れ味のスキルは付きませんし、スロ穴もありませんので発動は困難ですが、一方で最初から切れ味白の武器はいくらかありますし、中でも儘滅刃から作れる武器が強力なので、それと組み合わせれば、非常に高い火力を実現出来る筈です。
 まあ、最強と言っても、大剣はブラック一式か荒鉤爪一式、双剣は桐花一式、太刀は儘滅刃一式辺りが最適だと思われるので、一概にそうとは言い切れないのかもしれませんがw
 とはいえ、性能的にもスキル的にも申し分なく、出来れば、儘滅刃に挑む前に作っておきたかった装備ですね。
 そして、紫毒姫、黒炎王、そして、儘滅刃と強力な二つ名を制覇した今、この装備を着ていく機会って実はあんまり残っていないことに気付くのであった(ぁ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる