MHXX 二つ名狩猟記録 白疾風ナルガクルガ編 1~10

 今日の話題は、『白疾風ナルガクルガ』です。

 ナルガクルガと言えば、素早い動きでハンターを翻弄しつつ、尻尾叩きつけなどの強烈な一撃を持ち合わせた強敵なのですが、コイツの狩りは、神掛かったBGM(個人的に一番好きな曲)と相まって楽しかったりしますね。まあ、良モンスという奴です。
 一方、3Gにおけるナルガクルガ希少種のような悪夢のような個体もいるわけでして、今回の白疾風もあそこまで戦い辛い相手ではないとは言え、なかなかの曲者だったりします。しかも、クエスト自体も厄介なものが幾つかあったため、コイツの攻略に関しては、予想以上に苦戦させられました。
 今日は、そんな難敵、白疾風を攻略していきたいと思います。

 さて、まずは、白疾風の特徴について書いていきます。

 白疾風は、モーション自体、ナルガクルガと大きな違いはありませんが、尻尾を振るった攻撃を行った際に、斬撃が飛ぶという特徴があります。これが非常に厄介でして、白疾風の強さは、この点に集約されていると言っても過言ではありません。
 斬撃は、尻尾を振る動作、尻尾回転、そして、尻尾叩きつけの動作の際に発生しますが、当たり判定が一瞬である一方、かなり遠くまで届くという特徴があります。さらに、当たれば一定の確率で裂傷状態となりますが、尻尾叩きつけの際に発生した斬撃は、確定で裂傷状態にさせられます。
 ナルガクルガ自体、攻撃を避ける際に回避を多用しなければならないため、もし、裂傷状態になってしまった場合、そのまま戦闘を続行することが極めて困難になることは、言うまでもありません。

 また、厄介なことに、白疾風は、頻繁にハンターとの距離を置くようにバックジャンプを繰り返し、そこから斬撃を飛ばしてチクチクと攻めて来るのです。白疾風をひたすら追い掛け回すことになるため、攻撃のチャンスがなかなか見当たらず、その上、斬撃の回避も容易ではないため、慣れないうちは、まともに戦うことすら出来ません。
 ちなみに、尻尾振りの際の斬撃は、よく見ると斜めになっているため、上がっている方に避ければ簡単に避けることが出来ますが、見分けがつくまでは、苦労させられると思います。

 もし、何も対策をしていなければ、相手のペースに翻弄され続け、何も出来ないままキャンプ送りにされるかもしれません。しかし、対策され取っていれば、比較的楽に狩ることの出来る相手だとも言えますので、準備はしっかりと整えておきたい所です。

 というわけで、今回は、準備から入ります。

 白疾風を攻略する上で欠かせないスキルは、『裂傷無効』でしょう。裂傷状態になった場合、サシミウオを飲み込むか、しゃがめば治るとは言え、いずれも隙を晒すことになるため、出来れば、無効化してしまった方が狩りが快適になると言えます。これさえあれば、斬撃を何度受けようとも裂傷状態になる心配はなくなり、白疾風における脅威の一つが消えます。
 次に不可欠なのは、白疾風は、『ブシドースタイル』推奨ということでしょうか。ブシドーは、言うまでもなく回避の無敵時間が長く、更にそこからダッシュで距離を詰められるメリットがあります。これによって、白疾風の斬撃を躱すことで、一気に距離を詰めることが出来るので、逃げ回られても追いつくことが出来るわけですね。
 この二つさえ押さえておけば、後は、なんでもいいと思います。

 僕が、対白疾風の為に用意した防具は、ディノS一式とジンオウガの太刀『王牙刀(伏雷)』でした。
 ちなみに、いつもは、操虫棍を使っているのですが、ブシドーの場合、虫を呼び戻せないという問題点があるため、それはさすがに使いにくいんじゃないかと思って太刀を担ぐことにしたわけです。太刀自体は、2Gの時にこればっかり使ってたので、操作は問題ない……と思いきや、あの時とかなり仕様が変わっていたので戸惑ってしまったものですw
 白疾風自体、そこまで火力の高いモンスターじゃないため、まあ、何回かキャンプ送りにされたとは言え、この装備でなんとかレベル9までは、クリアすることが出来ました。
 しかし、10になると、尻尾叩きつけの斬撃だけでも8割くらいごっそり持っていかれるため、かなり厳しいと感じ、儘滅刃一式に切り替えてみました。最も、コイツは、スロ穴がない関係上、裂傷無効のスキルが付けられないというデメリットがありました。まあ、それでも防御力が上がったことで、少しは楽になり、何とかクリアすることは出来ました。

 しかし、白疾風の防具を作りたかったので、10をクリアした時点で終わり、という訳にはいかず。また、再戦する必要があったのです。なので少しでも楽したいと考え、武器と防具の見直しを行いました。
 そして、辿り着いた答えが、桐花一式とキリンの双剣『双雷剣キリン』でした。ちなみに、双剣とかまるで使ったことなかったのですが、まあ、適当でも何とかなるだろうw

 桐花一式は、製作が楽な一方、二つ名装備に匹敵する防御力を持ち、しかも、スキルが優秀なことで人気があります。しかも、スロ穴まであるので、裂傷無効も問題なく付けられます。
 双雷剣キリンは、これまた製作が楽な割に強力な双剣なのですが、攻撃力は160と低いものの、属性値が34もあり、防御力+16の特典付き。更に、切れ味も長めの白でスロット穴も二つも開いているなど、まさに至れり尽くせりな武器なわけです。桐花一式との相性の良さは、言うまでもありません。
 発動させたスキルは、雷属性攻撃強化+1(あんまり要らなかったかもw)、裂傷無効、連撃の心得、会心撃「属性」、超会心です。火力に関しては、十分過ぎるくらいに出ましたし、むしろ、白疾風が頻繁に怯んでくれるので、なかなか爽快感がありました。
 対白疾風に関しては、これが最終調整版ですね。

 次は、白疾風の攻略のポイントです。

 まず、ブシドー前提での攻略となりますが、斬撃の回避は、これで問題なく対処できます。
 そうなると厄介になって来るのが、尻尾叩きつけ→大回転、あるいは、尻尾叩きつけ×2の対処でしょうか。もし、尻尾叩きつけをジャスト回避してしまうと、大回転と二回目の叩きつけの回避が間に合わないため、ブシドー殺しの技と言われています。かといって一回目の叩きつけを歩いて回避、なんて甘いことは通用しませんので、一回目から回避推奨、もし、ジャスト回避が発動してしまったら、急いで横に走るのが安定するかな、と思いますね。
 ただし、ブシドー双剣であれば、ジャスト回避後のステップ回避で間に合うため、容易に回避することが出来るはず。まあ、間近で尻尾叩きつけをやられた場合、何が何だか分からずで被弾した、なんてことは、結構ありましたがw

 続いて厄介なのは、これは、ナルガクルガ原種でも言えることですが、回り込み→飛び掛かりの連携攻撃でしょうか。カメラの外に移動してからの攻撃であるため、結構被弾しやすい攻撃だったりします。とりあえず、回り込まれたら回避、で対処できますが、たまに、回り込み→溜め→飛び掛かり、とディレイを掛けてくるため、一筋縄ではいきません。まあ、その場合、もう一回転がればいいわけですし、いずれにせよ、転がっておけば問題ないかとw
 個人的には、この攻撃が苦手でして、僕の体調が万全でない時、特に寝起きとか、夜眠たい時とかだと、大抵、回避のタイミングが合わず、被弾しまくってキャンプ送りってことが多いんですよねw 以上、どうでもいい話でした(

 他には、原種に無かった攻撃として、棘を遥か上空に飛ばし、それが、三回続けて降って来るという技がありますが、落ちて来るポイントに影が映りますので、回避自体は、簡単だと言えます。しかし、この隙に回復薬を……と考えていたら、被弾してそこから立て続けに、なんてパターンがよくあるので、一見隙があるように見えますが、アイテムの使用は、控えた方が良さそうです。

 立ち回りに関しては、とにかく距離を取りたがる白疾風ですが、距離を取った後は、ほぼ尻尾を振って斬撃を飛ばしてくるので、飛んで来た斬撃をジャスト回避すれば、一気に距離を詰めることが出来ます。
 また、尻尾叩きつけの回避に上手く成功すれば、その後は、攻撃し放題であるため、太刀であれば、気刃無双斬りを当てるチャンスですし、双剣なら鬼人ゲージを溜めることが出来ます。
 白疾風自体、体力がそこまで高いわけではないため、うまく立ち回って火力をキープ出来れば、ごく短時間で狩り終えることが出来ると思います。まあ、僕は、下手くそなんで、並み程度の速度でしたが(((

 基本的な攻略のポイントを抑えた所で、いよいよクエストの攻略です。

 白疾風狩猟依頼1
 特に何も対策をせずに挑んだ白疾風戦。結果、思う様に戦えず、キャンプ送りは免れたとは言え、課題の残る内容に。とにかく、コイツは、スタイルやスキルで対策を取っていないと、まともに戦えませんw

 白疾風捕獲依頼2
 強さ自体は前回と変わり映えしませんし、狩場も古代林なので戦いやすいと言えますが、問題は、白疾風自体、体力が低く、調子に乗ってガンガン攻めてしまうと、倒してしまうということ。そして、体力が減ってもなかなか寝ないという厄介な特徴もあります。痺れを切らせて罠を仕掛けても、白疾風は、直進する行動を殆ど行わないため、罠にかかる前にエリア移動してしまった、なんてことも。
 白疾風は、弱った際、まずは、一旦9に飛んでから、11に向かい、そこでウロウロしてからようやく眠りに就くみたいです。千里眼の薬があると、様子が分かり易くていいかも。とにかく、動いている時に罠に掛けるのは無駄になることが多いので、寝るまで辛抱強く待つのが一番です。

 白疾風狩猟依頼3
 孤島にて、白疾風の連続2頭の狩猟です。非常に戦いやすい狩場である上、白疾風自体すぐに倒せるモンスターであるため、時間切れの心配もありません。楽勝ですb

 白疾風狩猟依頼4
 渓流で白疾風とナルガクルガ原種の狩猟です。これまた戦い易い狩り場ですし、合流されてもこやし玉を投げれば解決するので、まあ、これも問題ないでしょう。

 白疾風狩猟依頼5
 古代林で白疾風の狩猟ですが、少し強くなっています。ただ、火力もそんなに上がってませんし、まあ、問題ないでしょうw

 白疾風狩猟依頼6
 二頭以上狩猟してタイムアップ、あるいは、ネコタクチケットの納品でクリアのお馴染みのクエスト。狩場も孤島ですし、ボーナスステージみたいなもんですね。

 白疾風捕獲依頼7
 古代林にて、アイテム持ち込み禁止の捕獲クエストですが、ソロだとアイテムが十分過ぎるくらいに支給品ボックスに入ってますので、そこまで苦戦はしないと思います。
 ただ、罠は、二つしかありませんので、失敗は、あまりしたくありません。もっとも、前回の捕獲クエストと同じく、辛抱強く待てば11で眠りにつくので、寝ている隙に罠を仕掛けるのが確実です。
 千里眼の薬はありませんが、オトモに『モンスター探知の術』のスキルを付け、かつペイントボールがついた状態であれば、寝たかどうかを確認することが出来ますよ。

 白疾風狩猟依頼8
 渓流にて白疾風とタマミツネの狩猟ですが、クエスト補正でタマミツネも結構強くなっています。とは言え、ここまで難なく来れたなら苦戦するクエストではないかな?w

 白疾風狩猟依頼9
 渓流にて今度は、ドボルベルクが登場します。言うまでもなく、コイツは、かなりタフなモンスターであるため、ここに来て初めてタイムアップの可能性が出てきます。しかも、白疾風もかなり強くなっていまして、特に尻尾叩きつけの威力が凄まじいことになっています。その上、ドボルベルクがやたらと合流してくるため、咆哮で拘束されている間に尻尾叩きつけを受けた、なんて最悪な事態も十分に考えられます。そういうこともあって、意外と難易度の高いクエストだったりします。
 幸い、ドボルベルク自体、白疾風の弱点である雷属性の通りも悪くないため、火力不足で時間切れになった、といったことはありませんでした。ただ、双剣だと主にカメラ的な意味で結構戦い難かったので、その点は、ちょっと面倒でしたねw

 白疾風狩猟依頼10
 最後は、塔の秘境にて白疾風二体の狩猟。一体目討伐後、あるいは、10分後に二体目が合流する仕組みです。恐らく、白疾風の体力であれば、10分以内に倒すことは出来ると思われますが……
 塔の秘境自体、かなり広々しているため、白疾風に逃げられるとブシドースタイルでも追い掛けるのが大変だったりします。しかも、その点でイライラしていると被弾率が上がり、その結果、碌にダメージを与えられず、二体目に合流されて悲惨な目に遭ったり。
 白疾風を二体同時に相手するのは、さすがに厳しいと言わざるを得ません。何故なら、白疾風の斬撃は、かなりの距離まで飛んでくるため、横槍を入れられやすいわけです。特に尻尾叩きつけの際に発生した斬撃だと体力をゴッソリ持っていかれますのでこうなるとモドリ玉で戻って体勢を整え直す他あり得ません。しかも、太刀や双剣の場合、攻撃し続けないと火力を維持できないものの、二体同時となると殆ど隙が見当たらないため、それすら困難になります。とにかく、正気の沙汰じゃないくらい劣勢に立たされるわけですね。
 それでも何とか隙を突いてダメージを与えていき、ようやく一体目を倒すことが出来ましたが、あとは、一対一、正確に言えば、こっちは、オトモが二匹付きますが、こうなると、いつも通り戦えばいいわけですね。
 とにかく、合流された時の難易度は、他の二つ名と比べても頭一つ抜けて厳しい戦いを強いられるので、何としてでも合流される前に最初の一体を片付けておきたい所ですね。僕自身、やたらと被弾していたこともあり、それが原因でタイムロスとなっていたので、上手く立ち回って被弾を最小限に抑えることが出来れば、双剣なら十分に間に合うんじゃないかと思います。

 序盤は、白疾風の対策をしっかりと取っていれば楽なクエストが続きますが、9、10の二つ、特に10は、非常に難易度の高いクエストだったと思います。正直、もう二度とやりたくないw
 そもそも、裂傷無効のスキルがなかったり、ブシドー以外のスタイルだったり、双剣や太刀以外の武器だったりしたら、もっと苦戦させられたんじゃないかと考えると、白疾風自体、実は、二つ名の中でも相当上に来る強さなんじゃないか、とか思ったりしますw まあ、前回戦った荒鉤爪も耐震があったからこそ勝てたようなもんなので、そもそも、二つ名モンスターというもの自体、アクションの腕前だけでなく、しっかりと対策と準備を行うことでようやく勝てる相手なんでしょうね。
 また、今回、太刀や双剣といったこれまで使ってこなかった武器に触れることも出来たので、なかなか楽しかったんじゃないかと思います。これを機に色んな武器を使ってみたいですね。(まあ、ガンナーに関しては、防具を使いまわし出来ないから一切触れずに終わりそうですけどw)

 さて、白疾風に関しても防具を作ってみたのですが、スキルは、超会心、回避距離UP、そして、回避性能+2と見切り+3を内包した白疾風の魂が発動します。なんでしょう、この神がかった組み合わせはw 回避もばっちり、しかも、火力まで補強してくれるなんて、最高じゃないですか! MHXの時は、スラッシュアックス使いに人気があったんでしょうね。
 しかし、肝心の防御力は、たったの461! 桐花一式より100近くも低く、ミツネS一式の471にすら負けています。ここまで低いと、二つ名相手だと、とにかく、何が何でも被弾しないよう立ち回るしかないでしょうね。まあ、僕は、怖くて着ていけませんねw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (4)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる