MHXX 二つ名狩猟記録 荒鉤爪ティガレックス編 1~10

 今日の話題は、『荒鉤爪ティガレックス』です。

 前回、儘滅刃ディノバルドのクエストを1~10までクリアし、防具も作成しましたので、今度は、荒鉤爪ティガレックスに挑むことにしました。
 ただ、相手は、多くのハンターを苦戦させたあのティガレックスの二つ名。ディノバルド同様に厳しい戦いが待ち受けていることは、容易に想像出来ます。
 ちなみに、今回もオフライン&上位装備かつオトモ二匹付きでの攻略となります。

 では、早速、荒鉤爪ティガレックスの特徴について書いていきたいと思います。

 ティガレックスと言えば、ブレスなどの小細工は使用せず、肉弾戦オンリーで襲ってくるド直球なモンスターなわけですが、特に、強い当たり判定を持つ突進が厄介でした。
 では、荒鉤爪はというと、肉弾戦で攻めて来る点は一緒ですが、意外と突進の頻度はそれほどでもなく、その二つ名の通り、爪を使った攻撃を多く仕掛けて来るため、ほぼ別のモンスターに仕上がっていると言えます。
 また、やたらと地面を揺らしてハンターを拘束してくるため、耐震スキル無しだと厳しい戦いを強いられることは、言うまでもないでしょう。
 そして、無属性のクセに攻撃力が滅茶苦茶高く、大技を受ければ即死、運よく生き残っても瀕死、当然、二発被弾すればキャンプ送り、と凄まじいパワーを誇ります。
 しかも、爪の部分は、切れ味ゲージ白であっても弾かれるなど、厄介な肉質を持っています。リーチが長めの武器だと、頭を攻撃したつもりが爪に当たって弾かれてしまい、そのまま反撃を受ける、なんてこともあり得ます。
 体力も二つ名モンスターの中で最も高いため、ガンガン攻めていかないと無駄に時間が掛かるのも厄介な点だと言えますね。

 続いて荒鉤爪の攻略のポイント。

 まず、荒鉤爪と戦う際には、耐震スキルは、不可欠だと言えます。
 荒鉤爪は、怒り状態になると、地面を揺らしながら突進、というか、歩行する行動を頻繁に行う様になりますが、この後に、岩飛ばしや噛みつき、そして、後述する大技に繋げてくるため、揺れで拘束されてしまうと、これらの攻撃の被弾率が上がり、危険だと言えます。しかし、耐震スキルさえつけていれば、揺れを完全に無効化出来ますので次の行動も簡単に避けることが出来ます。
 ちなみに、耐震スキルは、所謂5スロスキルですので、容易に発動させることが出来ますよ。

 地ならし歩行からの攻撃で気を付けなくてはならないのが、地面に爪を叩きつけ、大きく抉る大技でしょうか。叩きつけの一撃は、凄まじい威力ですが、その後、水蒸気が発生している際には、揺れが発生し、フィニッシュに地面を大きく抉って広範囲を攻撃してきます。
 ダメージが凄まじく、叩き付けで八割くらいは、持っていかれるため、絶対に食らいたくない技ですが、幸い、叩きつけ自体大振りなので見てからの回避は余裕ですし、その後の広範囲に渡る地面を抉る技も、耐震スキルさえあれば拘束されることなく攻撃の範囲外に出ることが出来ます。
 しかも、基本隙だらけなので、攻撃のチャンスでもあります。後ろ足なり、攻撃に使ってない側の手なりをガンガン叩けます。

 バインドボイスも強化されていまして、特に、息を大きく吸い込んでからのバインドボイスは、凄まじい攻撃力を持っています。しかも、位置を変えて続けて放ってくる場合もありまして、この時、一回目のバインドボイスで拘束されてしまうと、かなりの確率で被弾してしまいます。
 もちろん高級耳栓があれば二回目も回避できますが、僕の場合なかったので、息を大きく吸い込んだ時には、範囲外まで離れるか、荒鉤爪の背後に回り込むなどしてやり過ごす、あるいは、狩技の絶対回避で避けるようにしました。
 また、被弾したとしても、その後、威嚇行動が確定で入るため、慌てずに回復薬グレードを使って体勢を整えられます。もちろん、上手く躱すことが出来れば、攻撃のチャンスが得られます。

 そして、使用頻度は少ないものの、もっとも回避が難しいのが、連続突進からのスライディング岩飛ばしでしょうか。勝手に命名しましたが、まあ、実際そんな感じの攻撃なんでw
 これは、荒鉤爪が突進を二~三回行った後に仕掛けてくる技ですが、荒鉤爪が滑り込みながら腕を大きく振るい、岩を飛ばしてくる大技なのです。腕の攻撃が当たれば大ダメージは免れませんし、腕の攻撃を避けられたとしても、岩が飛んでくるため油断は出来ません。
 とにかく、腕の攻撃範囲が広すぎるため、とてもじゃないですが、抜刀状態での回避は、かなり困難を極めます。岩も飛んで来ますしね。ですので、荒鉤爪が突進を始めたら納刀し、緊急回避で避けるのが一番よいやり方だと言えそうです。

 例え耐震スキルがあってもかなりの強敵ですが、他の二つ名同様に弱点があります。
 それは、怒り状態の際には、腕の肉質が柔らかくなる、ということ。爪は、相変わらず硬いままですが、腕を攻撃し続けて部位破壊すれば爪も壊れるため、怒り時には、積極的に狙いたい所。もちろん、転倒も狙えるので、いいことづくめ!
 また、体力が高いとは言え、ティガレックス原種のように突進を繰り返すことはあまりなく、それ故に、荒鉤爪に張り付きながら戦うことが出来るわけです。攻撃のチャンスも多いため、恐れずにガンガン攻めていきたいところですね。特に後ろ足は、比較的安全なので、そこを攻め続けて転倒を狙いたいところです。
 ちなみに、二つ名とは言え、疲労状態になって無防備になることもありますので、その辺を踏まえると、儘滅刃よりは、隙が多いと言えますね。

 お次は、準備編。

 今回も操虫棍で挑みましたが、折角、儘滅刃の武器を作成したので、『燼滅旋ヘルダイト』を担いでいきました。攻撃力200、切れ味白、会心率5%、とこの段階でもなかなかの業物ですが、爆破属性が36もある上、二つ名武器の特徴である、狩技ゲージが溜まりやすいというメリットまであります。強い!苦労して作った甲斐があったな。
 ただ、切れ味が白まであると言っても結構短いので、業物のスキルを発動させて長持ちするようにしました。

 一方、防具については、儘滅刃一式……ではなく、ガムートS一式で挑みました。二つ名相手では、ガムート一式では、厳しいのでは?と思いきや、意外と荒鉤爪との相性は良かったりします。
 まず、耐震スキルがデフォルトで付いていますし、荒鉤爪のクエストの中には、寒冷地での狩猟もあるため、その場合、北風の狩人のスキルが役立ちます。これは、ホットドリンクが要らなくなるだけでなく、寒冷地では、攻撃力も上がるため、実質、火力スキルでもあるんですよね。更に、寒冷地でクーラードリングを飲めば、上昇量は、攻撃力大を発動させた時と同じだそうです。まあ、狩場が旧砂漠だった場合は、ほぼ死にスキルですし、そもそも、ガムート一式のあのモコモコな格好だと熱すぎて熱中症になりそうw
 また、破壊王も地味に便利なスキルだと言えます。操虫棍だと、頭を狙った際に結構な頻度で爪に当たって弾かれてしまうのですが、爪さえさっさと破壊してしまえば、その心配もなくなります。
 ちなみに、防御力は、レベル7まで強化して551はあるので、荒鉤爪相手でも十分な数値だと思います。まあ、本音を言えば、もう少し欲しいかなってところですがw

 とりあえず、この装備で1~10まで進めましたが、火力面では申し分なく、時間に悩まされるケースは、殆どありませんでした。防具に関してもガムート一式自体、四天王装備の中では最も防御力が高いため、これで十分クリアできます。ただ、序盤はともかく、9、10になると怒り時に起き攻めされるとほぼ確実にキャンプ送りなんで、なかなかスリリングだったと言えますw

 準備が整ったところで、いよいよ荒鉤爪のクエストに挑戦していきましょう。

 荒鉤爪狩猟依頼1
 雪山での荒鉤爪の狩猟。初見の時は、スライディング岩飛ばしが見切れず、ガチで頭の中が???状態でしたが、まあ、それが以外は、問題なかったと思います。事前に耐震スキルが必須であることを知ったおかげですね。(まあ、僕の場合、寒い所には、ガムート一式がデフォだったんで、知らなくても問題なかった気がしますがw)

 荒鉤爪捕獲依頼2
 今度は、原生林が狩場ですが、北風の狩人は、死にスキルとなりますw
 4のマップは、高低差やなだらかな坂の多い傾向にありますが、原生林は、比較的戦い易く、狭すぎるエリアなんかもないため、楽なクエストだと言えます。ただ、ドスランポスが意外と邪魔w コイツの飛び掛かりの精度は異様に高いため、妨害されまくります。さっさとこやし玉で退散してもらいました。

 荒鉤爪狩猟依頼3
 塔の秘境で荒鉤爪とドスゲネポスの同時狩猟。
 この組み合わせを見た時、真っ先に想定した最悪なシナリオは、ドスゲネポスの引っ掻きで麻痺させられた後、荒鉤爪に腕をぶち込まれてキャンプ送りにされるビジョンでした。
 まあ、麻痺してもすぐにドスゲネポスが攻撃してくれることが多かったので、そのケースに陥ることは、ありませんでしたが、いずれにせよ、そうなった場合は、運が悪かったと諦めるしかないw
 もし、麻痺を無効化できるならそうした方が良いかも。飛び掛かりは厄介ですが、事故率は大幅に減るのは間違いない。

 荒鉤爪狩猟依頼4
 旧砂漠で荒鉤爪連続二頭の狩猟です。時間に関しては、そんなに心配するほど切羽つまったものではありませんでしたが、狩場が旧砂漠というのがネックですね。
 荒鉤爪は、1、4、10辺りを移動しますが、4、10は、狭いフィールドなので、起き攻めを受けやすいんですよね。特に10で戦うのは超危険! ここでは、一度でも被弾したらキャンプ送りが確定するほど起き攻めを受けやすく、そもそも滅茶苦茶戦いにくいんですよね。こやし玉で余所に行って貰うのも手かも。
 ちなみに、起き攻め対策としては、もし、吹っ飛ばされた時には、慌ててすぐに起き上がるのではなく、寝たままじっと待つのも一つの手。実は、寝ている間は、無敵の状態なため、起き攻めをやり過ごすには一番良い方法だったりします。

 荒鉤爪狩猟依頼5
 原生林で荒鉤爪単体狩猟。2よりも強い個体ですが、まあ、それ以外変わりないので楽勝でしょうb

 荒鉤爪狩猟依頼6
 荒鉤爪を2頭以上狩るか、その後に配信されるネコタクチケットの納品でクリア。狩場が雪山なので、北風の狩人の真価が発揮されることもあり、時間的にも十分に余裕があります。まあ、狭いエリアがないわけではないのですが、旧砂漠ほどじゃないんで、あっちよりは、断然戦い易かったかなw

 荒鉤爪狩猟依頼7
 極圏で荒鉤爪と二つ名クエスト名物となったドスファンゴの狩猟。言うまでもなく、ドスファンゴの妨害がウザいw
 ただ、極圏自体かなり広々としていますし、北風の狩人で火力も挙げられるので、狩場としては、これ以上に無い好条件だと言えます。起き攻めされる心配もあまりないため、ドスファンゴが鬱陶しい以外は、問題ない気がします。

 荒鉤爪捕獲依頼8
 ソロでやる場合、アイテムが十分過ぎる程支給されるので、持ち込み禁止は、あまりデメリットと感じる要素ではありませんし、捕獲も寝静まった頃に罠を仕掛ければ簡単です。時間も十分にあります。
 しかし、問題は、やはり狩場が旧砂漠である点。しかも、8ともなれば、荒鉤爪の攻撃力もかなり上がっており、起き攻めされるとまず助からないため、いつも以上に慎重に挑む必要がありました。まあ、応急薬グレードは、幾らでもありますし、回復薬は、ケチらずにガンガン使っていった方がいいでしょうね。

 荒鉤爪狩猟依頼9
 恐らく、荒鉤爪最難関のクエスト。他の二つ名における二頭連続狩猟クエストは、ソロでやる場合、大抵は、時間がギリギリ間に合うかどうかの戦いであるため、その点で難易度が高かったりするのですが、荒鉤爪に関しては、意外と時間は、余裕がある方です。
 しかし、ここまでくると荒鉤爪の攻撃力も凄まじいことになっている上、何よりもここが旧砂漠であることが難易度を一気に押し上げていると言えます。つまり、タイムアップよりも普通に3乙する可能性の方が高いわけですね。
 とにかく、腕の叩きつけ、バインドボイス、スライディング岩飛ばしなどの大技を一発でも食らったらエリアチェンジして逃げるくらい慎重に立ち回った方がいいでしょうし、起き攻めを受けやすい10で戦うのは、避けた方がいいでしょう。
 幸い、荒鉤爪は、こちらが攻撃を仕掛けるチャンスはいくらでもあり、時間的には、十分に余裕があるため、慎重すぎるくらいでもちゃんと間に合うと思います。

 荒鉤爪狩猟依頼10
 極圏で荒鉤爪とティガレックス原種の同時狩猟。儘滅刃10の時と同様に、最初は、荒鉤爪単体ですが、15分経過でティガレックス原種が降りて来る仕組みです。二体が合流すれば、まともに戦えないことは、目に見えているわけですが…・…
 一見難しそうなクエストですが、実は、荒鉤爪単体で15分というのは、かなーり余裕がありまして、ヘルダイトと北風の狩人の組み合わせなら、10分針で倒せちゃったりしますw そもそも、極圏自体、かなり広いフィールドなので、旧砂漠みたいに起き攻めされる心配もそこまでないですし、攻撃もかなり避けやすく、疲労状態の回復もないため、一方的にボコボコに出来るチャンスが多々あるなど、ぶっちゃけ、「これ本当にラストでいいの?」ってくらいのボーナスクエストだと言えますw
 荒鉤爪を倒したら、後は、ティガレックスを狩猟するだけ。ただ、コイツは、広々とした極圏を突進で縦横無尽に動き回るため、追い掛けるのが大変だったりしますw そういう意味では、意外と原種の方が苦戦させられるかもしれませんね。

 荒鉤爪自体強敵ですが、クエストの難易度自体は、儘滅刃に比べると大分楽かなぁ、と思いました。二頭連続も急かされる内容じゃないですし、10の二頭同時も理不尽な内容ではないですしね。
 確かに旧砂漠での狩猟は厳しいものとなりますが、それは、荒鉤爪自身の強さが要因でもあると思いますし、そういう意味では、どれもやり応えのあるクエストだったと思います。是非、チャレンジしてみてください。

 さて、荒鉤爪に挑戦したのは、単純な腕試しという理由だけでなく、ズバリ防具が欲しかったからですねw 女性ハンターだとワイルドでセクシーですからね。そりゃ、気にならないわけがないじゃないか、と(((
 もちろん、見た目だけじゃなくて、実用性もちゃんとあります。発動するスキルは、抜刀斬りの会心率が+100%になる「抜刀術(技)」、部位破壊が容易になる「破壊王」、そして、回復薬などの使用が高速化する「早食い+2」とあらゆる咆哮をガードしてくれる「高級耳栓」です。これに溜めの時間が短縮される「集中」を付ければ、大剣使いにピッタリの装備になるわけですね。
 MHXXでは、操虫棍ばかり使っていましたが、実は、3Gの頃は、大剣使いだったんで、久々に大剣を担ぎたくなった時には、これを着て狩りに行っていますb
 ちなみに、破壊王ってあんまり積極的に付けていくようなスキルじゃないと思いますが、部位破壊することで肉質が柔らかくなったりするので、そういう場合は、実質火力スキルだと言えますし、モンスターの中には、部位破壊することが攻略する上で重要な要素となっている場合も多いため、個人的には、なかなか有用なスキルだと考えています。
 あと、早食い+2に関しても、モンスターの僅かな隙の間でも回復薬が使えるってのは、言うまでもなく便利だと言えます。まあ、これも優先して付ける様なスキルでもないかもしれませんが、でも、あればやっぱり便利かなw

 一方、武器に関しては、作る予定がなかったのですが、後々、ハンマーが必要になったので、「鉤爪槌(荒虎丸)」を作りました。
 攻撃力200、斬れ味白、会心率10%と、良い感じの性能ですが、一方、儘滅刃のハンマーと性能が近い上、あっちは、会心率が5%低い代わりに爆破がつくので、コイツよりもあっちの方がいいんかな?と思ったりw
 ただ、実際に使ってみて、攻撃力は、十分にあると感じられました。まあ、ハンマーに付いている属性なんてオマケですしね……知らんけど(((

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (4)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる