ブレスオブザワイルドの面白さは、登山にあり!

 ブレスオブザワイルドのプレイ時間も遂に150時間を越えたそうですが、未だにゼルダ姫のことは、放ったらかしです(
 ついでに、ブログの更新も放ったらかしでしたね(ぁ

 ブレスオブザワイルド(以下、BoW)の冒険は、何故こんなにも楽しいのか? その要因の一つは、『登る』ことにある、ということで、今日の話題は、本作における登山についての話です。

 ゼルダの伝説において、登るというアクション自体は、当然ながら64時代の時のオカリナからありました。しかし、BoWの場合は、祠内や神獣内等の古代建造物以外は、何処でも登れてしまう、という点では、かなり革命的だと言えます。
 何処でも登れると言っても、登るアクションそのものには、スタミナの消費が伴い、がんばりゲージが空になると、それ以上登れない、という状況に陥ってしまいますし、ハイラルの中でも目立つくらいの山であれば、山頂付近は、寒く、防寒着がないとダメージを受けてしまうので近寄れない、といった制限もあるには、あります。しかし、スタミナを回復する素材を使った料理を作れば、がんばりゲージが空になる前に回復することで、登山を続けることが出来ますし、寒さも序盤で貰える防寒着を着たり、料理でカバーできます。つまり、実質、冒険を開始して、始まりの台地を抜けた時点で、何処にでも行けるし、何処にでも登れる、というわけです。
 これまでのゼルダや他のオープンワールド作品では、高所は、エリア制限における一つの手法であり、物語を進めるか、あるいは、何らかのアイテムを手に入れることで、ようやく登れるようになる、といったケースが殆どでしたが、BoWでは、実質、そういった制限が存在しないと言えます。
 もちろん、がんばりゲージが少ない間は、高い山を登るには、工夫が必要だと言えます。出来るだけなだらかな面を選んで登ればゲージの消費を抑えられますし、所々、休憩ポイントが用意されている場合もあるので、そこでゲージを回復させるのもいいでしょう。他には、隣の山からパラセールで飛び、途中から登り始める、といった手段もありでしょうし、そもそも、回り道をして他のルートを探すのもいいでしょう。そういったことをあれこれ考えるのも本作の醍醐味だと言えます。
 登山するだけでも楽しいのは、どこでも登れるという自由度の高さと、山を攻略するというゲームとしての面白さがあるからなんだと思います。

 ちなみに、他のオープンワールド作品になりますが、アサシンクリードでも建物であればどこでも登ったりすることが出来ましたし、入り組んだ市街地でも、屋根伝いを移動すれば、素早く目的地に辿り着けたり、ビューポイントと呼ばれる高い所に登れば、そこから周囲のマップを解放する、なんて要素もありました。
 しかし、アサシンクリードにおける登るというアクションは、あくまでも目的を達成するための手段でしかなく、登ったからといってそこにお宝があるわけでもありませんし、一際高い高所であるビューポイントであっても、絶景を楽しむこと以外に魅力があるとは言えません。それに、ビューポイントは、一回登ったらそれっきりなパターンが殆どだと思われます。
 BoWでは、高所に登り、そこからパラセールで滑空する、といった目的のための手段の他に、登った先にコログが隠れていたり、そこから周囲の景色を見渡して、祠などの気になるロケーションを見つけたり等の様々な『発見』がある点が、アサシンクリードとの違いだと言えます。
 しかも、BoWにおける気になるロケーションというのは、特徴的な外観をしているが故に視覚的にハッキリするものでして、もし、遠くで暗闇に包まれた森を見つけたり、あるいは、箱型の超巨大な建造物を見つけたりしたら、やっぱり気になりますよね? それが新たな冒険の始まりとなるわけですね。
 また、急な斜面であれば、盾サーフィンで滑り下りる、なんて楽しみ方も出来ますし、それが無意味な行為であったとしても、ついやってしまうのは、BoWあるあるだと思いますw

 大きな山やシーカータワーだけでなく、もちろん、その辺に生えている木やちょっとした段差、崩壊した建物なんかも登れますし、コログは、そんな所にも隠れていたりします。(何せハイラル内には、800匹のコログがいるそうなので、本当にあちこちに隠れていますw)
 木に登れば、そこに生えている果物を採れたりしますが、大きな木であれば、シカやイノシシなどを狩る際に、そこから周囲を見渡したり、身を隠したり、といったことに使えそうです。
 また、魔物との戦闘でも高所を陣取ることには大きな意味がありまして、敵地の様子を探り、戦術を練ったりするのはもちろん、空中から強襲を仕掛けることも出来ます。空中で武器を振れば下突きとなって、着地の際に発生した衝撃波で敵を一気に吹っ飛ばせますし、空中で弓を構えれば、時間の流れがスローになり、その隙に弓を素早く射てヘッドショッドで次々と始末したり、といった華麗な戦い方も出来ます。もちろん、相手が気付かない程の高さを陣取れたなら、そこから一方的にバクダンでも投げて慌てふためく様子を眺めるのも楽しいかもしれませんw たまに転がしてくださいと言わんばかりに岩が置かれていることもあるので、その場合は、転がしてやるのもいいでしょうね。
 高い位置に陣取る、ということは、戦闘面を有利にすることにもなるので、ここでも登ることに意味が出て来るわけですね。

 こうして考察してみると、BoWにおける登るというアクションは、本作のゲームにおける根幹だと言っても過言ではないくらい、深く根差されていることが分かります。
 BoWにおける登山は、単なる移動の手段ではなく、そのものがゲームであり、かつ、登頂した暁には、何かしらの新たな発見があり、また新たな登山に挑戦することになる……この好循環がプレイヤーに冒険しているという感覚を途切れることなく与え続けているのでしょうね。そして、この冒険しているという感覚こそが、BoWが面白い理由でもあるのでしょう。
 ゼルダの伝説シリーズは、冒険することの楽しさをゲーム化したアクションアドベンチャーなわけですが、BoWは、それを突き詰めた結果生み出されたゲームだと言えますね。

 もっとも、登山は、BoWにおける面白さの要因の一つでしかなく、他にも様々な要因があると考えられます。しかもそれぞれが独立したものではなく、絶妙に絡み合っているからこその面白さだと思いますので、次回は、登山以外の要因に目を向けて考察してみたいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる