待ちに待った、Nintendo Switchが発売だぁ!!

 遂に、待望のゲームハード、『Nintendo Switch』が発売されました!

 予約開始初日の段階で初回生産分が売り切れ、その後もちょくちょく予約が再開されたりしたものの、いざ、発売日を迎えた時には、速攻で売り切れという。凄まじい人気ですねw
 やっぱり、皆、スイッチのことがそれだけ気になっているってことなんですよね。据え置き機でありながらも携帯機としても遊べ、かつ外出先でもコントローラーをお裾分けすることで、そこでも皆でワイワイ遊べる……まさに、任天堂の強みを凝縮した、素晴らしいゲーム機だと言えます。何よりも、CMとかでも楽しそうに遊んでいる姿を見て、「あ、僕も遊んでみたい」と思わせられるような、そんな魅力があると言えますね。

 ちなみに、僕は、予約に出遅れたとは言え、その後何とか挽回し、無事、確保することが出来ました。

IMG_0170a.jpg

 ドーン!

 ポンデライオンのバスタオルは、気にしないでください。(((

 まず、箱から出して思ったのが、超コンパクト!ってこと。
 Wiiでも相当な小ささに驚かされたものですが、スイッチは、その衝撃を軽く上回りますねw
 スイッチには、携帯ハードとしても持ち歩けるというコンセプトがありますし、任天堂自身、ゲームハードは、「置かせて貰っている」という認識ですので、あまりスペースを占有しないサイズに収めた、というわけですね。
 もっとも、小さいと言っても、マシンパワー自体は、WiiUを越えているそうなので、任天堂の技術の進歩には、驚かされるばかりです。

 IMG_0173a.jpg

 WiiUゲームパッドと比べてもこのサイズ!
 映し方の角度が悪く、スイッチの方が大きく見えますが、実際には、ゲームパッドより一回り小さい感じで、厚さは、スイッチの方がかなり薄いです。体感、ゲムパの半分くらい?
 もちろん、重さもそこまで重くなく、ソファや布団の上でゴロゴロしながらゲームパッドの画面だけで遊んでいたプレイヤーも、スイッチでは、同じようなスタイルで遊ぶことが出来ますよ。
 
IMG_0172a.jpg

 ジョイコンを取っ払うと、これくらいの大きさに!
 初代3DSと比べても……まあ、そもそも、同じ形状をしていないんで、比較の意味はないかもしれませんw とりあえず、携帯ハード並みにコンパクトになる、ということで、これなら通勤時などのちょっとした時間に取り出して遊んだり、なんてことも出来そうです。
 今の所、DLタイトルのみですが、『VOEZ』というタッチ操作のみで遊べるタイトルが出ています。このタイトルは、所謂『音ゲー』なんですが、元々、スマホタイトルだったものを移植したものだそうです。もしかしたら、今後も、スマホでリリースされている作品が続々とスイッチに参戦するのかもしれませんね。

 ちなみに、ソフトについては、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』を購入しました。もちろん、限定版で御座います。

 IMG_0174a.jpg

 本作は、任天堂が誇るAAAタイトルでありますが、発売前に既に体験された人たちからも好評でして、何よりも遊んでいる姿が凄く楽しそう、というのが印象的だったと言えます。
 何をするにも自由、何処へ行くのにも自由、まさに、オープンワールドの魅力が詰まったゲームであります。木に登ったり、イノシシを追い掛けたり、ボコブリン相手に悪戯したり……あれ? これどういうゲームだっけ? 多分、世界中のリンクたちが冒険の目的なんてそっちのけで勝手気ままに遊んでいると思いますw
 気になった方は、是非、遊んでみてください。

 IMG_0175a.jpg

 さらに、本作は、アミーボにも対応していまして、このように専用のものも発売されています。
 アミーボ自体、初期の頃は、「うん、まあこんなものか」位のそこその出来栄えって感じでしたが、ここ最近は、クオリティも向上していまして、ファンも唸らせる必須アイテムとなりつつあります。つまり、飾ってよし、というわけですね。

 ゲームに関しては、後は、スイッチ内のオンラインストア『e-shop』で『スーパーボンバーマンR』、『VOEZ』、『空飛ぶブンブンバーン』、『ブラスターマスターゼロ』を買いました。
 スーパーボンバーマンRについては、本当は、店頭で買う予定だったのですが、見事に売り切れていまして……やはり、久々の復活ということで気になっていた人は多かったようです。

 ロンチタイトルについては、物足りない感は否めませんし、せめて『マリオカート8デラックス』でもあれば、印象も違ったんだろうなと思いますが、まあそれも4月には発売されますし、今年中に『ARMS』、『スプラトゥーン2』、『ゼノブレイド2』、そして、任天堂の看板キャラであるマリオが活躍する『マリオオデッセイ』と任天堂タイトルだけでも超豪華なラインナップが待ち構えていますので、今後については、何も心配ないと言えます。
 むしろ、スイッチのこれからが凄く楽しみになってきましたし、これからどんどんタイトルが充実し、e-shopも賑やかになってくれると嬉しいですね。個人的には、3DSでのインディーズ漁りがとても楽しかったので、インディーズタイトルが増えることにも期待したいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる