E3 2016年 期待の新作が続々!

 今年もE3の時期がやってまいりました。
 E3と言えば、ゲーム業界最大のビッグイベントなわけですが、期待することと言えば、今後発売される最新のゲーム情報でしょう。しかし、殆どの情報が各メーカーからのあらかじめの告知やリークによって出尽くしていたため、サプライズ要素に関しては、あまり期待は出来ませんでした。
 しかし、重要なのは、気になる新作の詳しい情報と、実機によるプレイ映像であり、いつ出るかも分からない作品のコンセプトムービーなどではありません。そう言う意味では、去年は、本当に酷かったw
 しかし、今年のE3は、気になる新作が豊富でしたし、プレイアブル出展も多かったので、なかなか充実した内容だったのではないでしょうか。

 さて、本日の話題は、今年のE3にて発表された最新作や新情報について、個人的に気になるものを幾つか挙げていきたいと思います。

 ・Titanfall 2
 個人的に最もハマったFPSの最新作が遂にお披露目となりました。
 Titanfallは、ウォールランやダブルジャンプなどによる立体的かつスピード感のあるアクションと、タイタンに搭乗した際の敵を一方的に蹂躙できる爽快感、そして、タイタン同士の迫力ある戦闘が魅力的な作品でした。しかし、何よりも革新的だったのは、やはりAI兵士『ミニオン』の存在でしょうか。これにより、初心者でもチームに貢献できるようになっただけでなく、試合に勝つには、積極的にミニオンを狩っていく必要があるため、FPSで嫌われがちなキャンパーの一掃に貢献したと言えます。
 そんなFPSの革命児であるTitanfallの続編となれば、期待できないわけがありません。

 2では、待望のシングルプレイ要モードが搭載されるらしく、これにより、オンライン専用ということで敬遠していたシューターにもTitanfallを楽しんで貰えるのではないかと期待しています。
 タイタンについては、コアから必殺のビームを発射したり、遂に剣を振り回すようになっただけでなく、衝撃波まで放つことが出来るなど、かなり日本人好みな要素が多数追加されている模様です。これだけで、かなりテンションが上がりますねw
 また、スライディングやグラップリングといったものが追加されたことで、アクションの幅が広がったと言えます。特に、グラップリングは、高所への素早い移動に使えるだけでなく、タイタンへの急接近にも使えそうですし、戦いの幅が大きく広がりそうです。

 ちなみに、Titanfall 2は、今から予約することも出来るようですが、DL版を予約し、是非とも発売日にプレイしたいところですね。
 あと、Titanfallは、動き回りながら撃つ場面が多いので、発売までにXboxOneのエリートコントローラーを買っておきたい所です。パドル操作があるのとないのとでは、随分と違いが出てきそうですし。

 ・Battlefield 1
 今度のバトルフィールドの最新作は、第一次世界大戦がテーマというだけでかなり話題を集めたと思われる本作。戦場がどのようなものになるのか、今から楽しみですね。特に、飛行船の存在が気になりますねw
 このシリーズは、チームへ貢献する手段が多く用意されていまして、それ故にガチのシューターじゃなくても、気軽に参加出るのが魅力的だと言えます。もちろん、同じ戦場に一度に64人もの兵士が入り乱れる大規模な戦闘を楽しめるのも本作の魅力ですし、Titanfallと並んでやり込んでいきたいと思いますね。

 ・The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition
 遂にスカイリムが次世代機でも遊べるようになりました。今でも時々遊びたくなる名作ですし、もちろん、本作の購入も予定しています。そして、本ブログでもスカイリムに関する記事をまた書くかもしれませんw 今度は、スクリーンショットも載せようかなw
 ただ、実績コンプ済み&ほぼ全てのダンジョンとクエストをクリア済みなんで、実際に遊ぶとしても、何して遊ぼうかなという感じですがw まあ、MODも対応予定だそうですので、そっちに期待かな。
 あとは、ドラゴンと吸血鬼の襲撃頻度をどうにかして貰えればいいのですがねw

 ・Gears of War 4
 今回は、戦場において敵にも味方にもなり得る、惑星ミラの天候について触れられていましたが、吹き荒ぶ風の表現も素晴らしいのですが、これを戦術的に活用できるというのが、ギアーズにおける革命的な要素となりそうですね。
 また、新しい武器も幾つか登場しましたが、個人的には、敵を銃口に貼り付け、吹っ飛ばす奴を使ってみたいですねw
 ちなみに、本作は、国内での発売が絶望的になったようですが、一方で、海外版には、日本語字幕が用意されているようですので、プレイするのに問題はなさそうです。まあ、吹き替えが素晴らしかっただけに、是非とも国内でも発売して欲しかったのですが……それにしても、何故、DOOMがOKで、ギアーズは、ダメなんでしょうかね? なにか表現以外の問題があるんじゃないかと勘繰ってしまいますね。

 ・ReCore
 本作は、稲船氏とメトロイドプライムに関わった元スタッフが開発する新規IPなのですが、紹介動画を見る限り、ロボットと協力して戦ったり、謎を解いたりするアクションシューターのようです。
 スラスターを使ったダッシュ、ダブルジャンプ、そしてグラップリングを使ったアクションは、見ているだけでも実際にキャラクターを動かしてみたいと思えるような内容でしたし、本作に対する期待が一気に高まりまたね。
 あとは、ロボットと協力することで、アクションの幅も広がるようなので、そこにも期待したいところです。

 ・Dead Rising 4
 カプコンを代表するゾンビパラダイスアクションゲームの最新作が発売されることになりました。
 今度は、フランクさんが復活する模様で、前作にも増してハチャメチャ度が上がっている気がしますw 特に、パワードスーツ的なものを纏い、コンクリートブロックを振り回す姿は、もはやなんでもあり感が滲み出ていていいですねw

 ・Scalebound
 良質なアクションゲームを次々と生み出してきたプラチナゲームスが手掛ける最新作『Scalebound』のプレイアブル動画も紹介されました。今回は、巨大なモンスターに対して、4人と4頭のドラゴンで立ち向かう、マルチプレイの様子が映し出されていましたが、剣と盾、それから弓で挑むあたり、デビルメイクライやベヨネッタのようなスタイリッシュなアクションではなく、結構地に足の着いた内容っぽいですねw とは言え、スケールの大きさは、凄まじいの一言ですし、こういった大物を狩るのが本作の魅力なんでしょうね。
 また、武器の種類も色々用意されているようでした。どんな武器が登場するのか、楽しみですね。

 ・Forza Horizon 3
 MSは、ここの所一年置きのサイクルでForzaシリーズの最新作を出していましたので、多分来るだろうとは思っていましたが、まあ、案の定来ましたねw
 今作の舞台は、オーストラリアのようで、浜辺やジャングルそして、高層ビルが立ち並ぶ美しい市街地を自由に走ることが出来るようです。グラフィックの美しさに目を惹かれましたが、ロケーションの豊富さも本作の魅力なんでしょうね。
 別に車好きというわけじゃないんですが、Forza Horizonは、たまに遊びたくなるタイトルなんで今作も購入予定ですね。

 ・XboxOneS & Project Scorpio
 XboxOneにも遂に新型が登場しましたが、本体の大きさは、従来の40%カット、ハードディスクは、大容量の2TBという仕様のようですが、気になるお値段は、299$という驚きの安さ! なんか技術の進歩の速さに驚かされますねw
 しかし、これは、前置きに過ぎませんでした。
 真打は、Haloに登場するUNCの地上戦における最強の兵器、『スコーピオ』にちなんで名づけられたと思われる『Project Scorpio』の方でした。
 位置づけとしては、XboxOneの4K対応のハイスペック版のようですが、公開された一部のスペックからしても、次世代機と称しても差し支えない程のモンスターマシンのようです。どうせ値段も相当高いんじゃないかと思ってしまいますが、XboxOneSで299$を実現したMSなら従来の据え置きゲーム機の価格帯で出してくる可能性はあり得なくもないでしょうねw

 ・God of War
 遂にGod of Warの最新作がお披露目となりました。しかも、イメージ映像などではなく、実際にプレイした内容です。
 新作の主人公は、これまで通りクレイトスさんのようです。前作3で実は生き延びているんじゃないか?と思わせぶりなシーンがあったわけですが、やはり死んでなかったようです。
 また、今作のテーマは、ギリシャ神話から北欧神話に移っているようでして、これまでの派手な世界観ではなく、質素なものになっているようです。武器に関しても、世界観に合わせて斧になっていましたw
 気になったのは、God of Warは、これまでカメラ固定だったのですが、今作では、クレイトスに追従し、自由に動かせるものに変わっていることでした。これは、本シリーズにおいて一番の革命的な要素だと言えますし、従来のアクションとは、違ったものになることは必然的だと言えます。まあ、God of War自体、マンネリ化が指摘されていたシリーズですし、これくらいの大胆な変革は、必要だったということなんでしょうねw

 ・ポケットモンスター サン&ムーン
 Zではなく、まさかの最新作ということで多くのファンを驚かせたポケモンの新作ですが、その情報が公開されました。
 今作の舞台は、4つの島と1つの人工島から成り立つ、アローラ地方。恐らく、ハワイがモデルだと思われますが、この自然豊かな土地を冒険することがメインなのか、従来の見下ろし型のカメラではなく、主人公を追っていくタイプのものとなっていました。また、地形の起伏も激しく、より立体的なマップになったと言えますね。
 また、キャラクターの等身が上がった他、相手トレーナーとのバトル時もカット絵だけでなく、3Dモデルも用意されているなど、中々気合が入っていますw
 ポケモン新作と言えば、新しいポケモンとの出会いも楽しみの一つですが、アローラ地方を冒険する楽しみもあるんじゃないかと期待しています。そして、実際に本作を手に取った人たちにとって、忘れられない冒険と発見が待っていると良いですね。
 ちなみに、僕は、モクローちゃんを選ぶ予定です(ぁ

 ・ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド
 話題作が勢揃いする中、今年も任天堂がやってくれました!
 ついに、ゼルダの伝説の最新作の情報が公開されたわけですが、何故、彼らが映像によるプレゼンテーションではなく、実際にスタッフに遊ばせて紹介することにしたのか、よく分かる内容だったと言えます。
 本作は、シリーズで初めてのオープンワールドを採用し、かつ、これまでのゼルダの当たり前を見直す、といったことをコンセプトとしているようです。

 リンクは、謎の女性の声(なんとボイス付き!)で目を覚まし、眠っていた遺跡から外の世界に出るのですが、そこには、これまで見たことに無い程に広い世界が待っていました。
 今作では、この広い世界を自由に冒険することが出来るらしく、崖から飛び降り、グライダーで滑空したり、木や岩山を上ったりすることも出来るようになっていました。もちろん、その先にアイテムが落ちていたり、お宝が眠っていたりといった要素があるため、探索のし甲斐がありそうです。他には、盾をスノーボードにして雪山を滑っていく様子も映されていましたが、こういうことも出来るとなると、意味もなく雪山を登りたくなりますねw

 本作では、RPGのように武器や防具を装備するシステムが採用されているらしく、アイテム収集の楽しみがありそうです。また、武器も剣だけでなく、その辺に刺さっている斧を装備したり、敵から奪った棍棒を装備することも出来るようです。ユニークなのは、骸骨の腕(しかも動いている!)を装備することも出来るという点w 他にもネタ武器が多数用意されているのかもしれませんw

 敵との戦闘では、これまでのヒット&アウェイのスタイルを採用していますが、上手く回避したり、盾で弾いたりすると、時の流れが遅くなり、攻撃のチャンスが生まれるようです。
 また、しゃがみ移動でこっそり忍び寄るステルスアクションの他、高所から岩を転がして一気に敵を殲滅させたりといったことも出来るため、敵を倒すといっても、その手段は、多く、自由度の高い内容になっていると言えました。

 物語の時系列としては、まだ不明ではありますが、そこは、かつて栄えた文明の面影を残した風化した世界であり、雄大でありながらも何処か哀愁の漂う世界観となっているようです。この世界で何が起きたのかを突き止めるのが、本作の目的なのかもしれませんね。

 ゼルダ初のオープンワールドということですが、序盤の段階でも既に遊べる要素が盛り沢山に詰め込まれていまして、是非とも早く遊んでみたいと思えるような内容だったと言えます。来年の発売が待ち遠しいですね。

 今回のE3では、気になるタイトルが続々と発表されたものの、一方で、出費が激しくなりそうですねw そして、積みゲーも更に増えていくのだろうという懸念もありますねw
 とは言え、これらの新作が発売されるその日が今から待ち遠しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる