契約マラソン完了!

 本日の話題は、ダークソウル3の契約マラソンについてです。

 実績コンプを目指す際、魔術、奇跡、呪術、指輪のコンプが必要となるわけですが、その中には、契約ランクを上げることによって手に入る報酬も含まれています。
 なので、今作においても、契約ランクを上げるためのアイテムを収集する必要がありまして、そのために、雑魚を狩り続けたり、オンライン要素に挑戦したりしなければなりません。
 正直、契約アイテムのドロップ率は、総じて低いため、運が悪ければ一つの契約を終えるだけでも10時間以上掛かる場合もありますので中々の苦行です。一方、オンラインについても、なかなかマッチングしなかったり、そもそも難易度が高かったりとこちらも効率よく稼げるものではありません。
 つまり、実績コンプまでの道のりは、非常に険しく、折れない心が必要なわけですね。そこまでして何が得られるのかと言えば、まあ、単なる自己満足でしかありませんが、それでも挑戦したくなるのが実績厨の性なのです(ぁ

 というわけで、契約マラソンに取り組むことにしました。
 敵からのドロップを狙う場合は、運を上げておく必要があるのですが、僕の場合、貪欲な金の蛇の指輪、結晶古老の刺剣、錆びついた銅貨を使って251と低いですw ただ、幾ら運を上げても出ない時は出ないそうなので、気休め程度にしかならないのかもしれません。まあ、251でも何とか終えたので、問題ないと思いますw
 ちなみに、僕自身は、XboxOne版でプレイしていますので、オンライン要素に関しては、PS4やPC版の事情とは、かなり異なっていると思います。

 ・太陽の戦士
 黄金色に輝く霊体となり、ホストの世界のボスを協力して倒せば、太陽メダルが獲得できます。あるいは、太陽の戦士の契約を付けた状態で赤い瞳のオーブ、もしくは、赤いサインろう石を使って侵入し、ホストを倒すことでも貰えます。
 他には、ロスリック騎士からもドロップしますが、ボスを倒していった方が早いと思います。

 実績コンプまでには、これを30個も捧げる必要があります。なので、30回もボス戦をこなす必要があるのですが、一人で挑むよりは、遥かに早く片付きますし、結構楽しく遊べるのでそこまで苦には感じませんでした。
 ボスに関しては、冷たい谷のボルドが一番楽だと思いますが、まあ、コイツばかりだと作業感が半端ないと思ったので、主に後半に出て来るボスのお手伝いをしました。
 また、XboxOne版ということでマッチングするかどうか不安でしたが、地域外マッチングをありに設定しておけば、問題なくマッチングするようです。ただ、たまに凄くラグいw

 ・暗月の剣
 暗月の剣の契約を装備していると、青教が闇霊に襲われた時、護衛として呼び出されます。そして、闇霊を倒せば、約定の証が貰えますが、別に自分がトドメを刺す必要は無いので、駆けつけた時にはホストが闇霊を片付けていた、なんてことになっても貰えたりしますw
 なので、かなり楽な部類なのですが、問題は、現在とてもマッチングし辛く、なかなか呼ばれることがない、ということでしょうかw こればかりは、呼ばれるまで攻略なりマラソンなりして気長に待つしかありません。(一応、放置しておけば、そのうち集まるかもしれませんが、明らかなマナー違反なので、止めておくべきでしょう)

 お呼ばれする機会が殆どないため、約定の証を集めるためには、ほぼマラソン必須なわけですが、銀騎士からのドロップが非常に渋く、にもかかわらず30個も集める必要があります。一説には、1000体以上狩る覚悟が必要だとまで言われています。しかも、これは大袈裟でもなんでもなく、実際に、それ程までに険しい道のりなのです。

 とりあえず、暗月の剣の契約を装備しておき、銀騎士狩りを続けるのが効率が良いと思われます。もしくは、暗月待ちの間に、他のマラソンに挑戦しておいた方が銀騎士狩りの数が減ってある程度楽になるかもしれません。
 いずれにせよ、根気が必要なわけですね。

 ・積む者
 暗月の剣と並んで厳しいのがこの積む者でしょうか。契約ランクを上げるためには、紫霊として侵入し、指定された数の霊体もしくは、ホストを倒すことで枷の椎骨が手に入りますので、これを捧げる必要があります。そして、実績コンプのためには、これも30個集める必要があります。

 紫霊とは、狂った闇霊と呼ばれるように、白霊、闇霊問わず、全てに襲い掛かることが出来る霊体なのですが、それ故に必然的に皆が敵となり、まさに修羅の道とも言える契約だと言えます。が、実際は、闇霊仲良く共闘してホスト勢に挑むことになると思いますw まあ、そうしないとお互いに孤軍奮闘になりますからねw
 また、敵MOBは普通に味方につけられるため、殆ど闇霊と同じ感覚でプレイすることが出来ます。

 僕自身は、ソウルシリーズは、ブラッドボーンも含めて全てプレイ済みですが、侵入経験は、ゼロだったんですよねw ということもあって、返り討ちに会うことが多く、闇霊の嫌われっぷりを知って心が折れそうになりましたw ただ、侵入先が運よく一人だけだったりした場合は、比較的楽に倒せますし、相手が複数であったとしても、敵MOBを上手く活用すれば、何とか目的を果たすことが出来たりもしました。
 敗れた後、散々煽られたものの、次に侵入した時に同じ相手にバッタリと出会い、今度は、キッチリとリベンジを果たせたときは、ちょっと嬉しかったりw

 何度か侵入してみて思ったのは、とにかく、スタミナが重要だなってことでしょうかw 奇襲が上手く行ってもいざトドメだ! という時に限ってスタミナが切れたり、分が悪くなって逃走しようとしたら、背後から襲われたり、なんてことが多々ありましたので、スタミナは、多ければ多い程、優位に立てるんじゃないかと思いますねw

 侵入の他には、篝火『法王サリヴァーン』の後の広間で道場に参加するのもいいかもしれません。道場は、国内限定のルールかと思いきや、海外でも盛んなようですw
 サインを残しておけば、誰かが拾ってくれますので、後は、一対一で戦って勝てば枷の椎骨が手に入ります。(ただし、諦めの悪い相手に立て続けに呼ばれて気まずくなる場合もw)
 僕がオーブで侵入した際には、道場をやっていましたが、乱闘をやっていることもあると思いますので、侵入するのもいいかもしれません。

 ただ、敵対プレイだけで枷の椎骨を30個も集めきる実力はなかったので、結局は、カーサスの地下墓に潜って黙々とマラソンをすることにw
 大髑髏を狩り続ければいいのですが、こいつ等は、動きが読みづらく、たまに粗ぶったりするんで、中々苦戦させられました。しかも例の如く、ドロップ率は渋いというw こればっかりは、運が絡むので、淡々とこなし続けるしかないのかもしれません。

 ・ロザリアの指
 闇霊として侵入し、ホストを倒せば、青ざめた舌が手に入りますので、これを捧げていきます。ただし、生まれ変わりに使用した場合は、カウントされないようです。
 攻略中に三つくらい手に入りますし、ダークレイスからのドロップ率も悪くないため、集めることは、簡単だと思います。しかも、実績コンプのためには、たった10個でノルマ達成なので、とても楽でしたw

 ・ファランの番人
 この契約を装備していると、磔の森に何者かが足を踏み入れた際、番人として召喚されます。ホストを倒せば、狼血の剣草が手に入ります。
 ちなみに、侵入とは違って、こっちは、最大三人まで呼び出されますし、敵MOBも味方になるため、狩りをするような感覚で遊ぶことが出来ます。森の中は、広々としており、その中からホストを探すのは大変ですが、敵MOBの生存状況や足音などの情報を頼りにすることで見つけ出すことが出来るはずです。もちろん、仲間と手分けして探すのも有効な手だと言えます。
 ホストを見つけた場合は、仲間と協力して追い詰めるか、敵MOBを上手く活用しましょう。ひとり身のホストからすればたまったもんじゃないですが、狩る側としては、中々楽しかったりしますw 逆に、白霊を呼んでこの難所の攻略に臨むのも面白いかもしれません。(昔、皆で遊んだL4Dのマルチプレイを思い出しますねw)

 基本的には、番人側が有利なので、成功率は高いと言えますが、そこまで頻繁に呼ばれるものではないため、基本的には、攻略やマラソンしながら待つのが良さそうです。
 ちなみに、磔の森自体、訪れるのが序盤の方なので、低レベル帯でなければマッチングしないと言われていますが、僕自身は、レベル120くらいでもぼちぼち呼ばれたんで、まあ、周回プレイ相手ならこれくらいあっても問題なくマッチングするようです。

 マラソンする場合は、ファラン城塞の篝火『城塞跡』から逆走したところにグルーが三体固まっていますので、こいつらを倒しては、篝火に戻る、を繰り返せば集まると思います。が、ドロップ率は、かなり低く、しかも30個集めなくてはならないので、根気が必要だと言えます。
 ちなみに、この短い距離であっても、番人としてお呼ばれすることはありますが、丁度、篝火の休憩とタイミングが重なってしまうと、セッションに失敗するようですw

 暗月の剣や積む者に比べるとまだ楽ですが、それでも30個のノルマは、厳しく感じられましたね。

 ・神喰らいの守り手
 神喰らいの守り手は、アノールロンド周辺に誰かが足を踏み入れた際に守り手として召喚され、ホストを倒せば任務完了となり、人の淀みが手に入ります。この辺りは、対人で賑わっているため、マッチングに困ることはないですし、ノルマも10個とかなり楽です。
 ドロップを狙う場合は、深みの主教を倒していけばそのうち手に入りますが、数も多い上、簡単に倒せるため、10個なんてあっという間に集まると思います。楽勝ですねw

 ちなみに、僕自身、地域外マッチングをなしに設定していたにもかかわらず、神喰らいの守り手二人に追われたことがあるのですが、あれは、相当キツイですねw 建物内に逃げ込めばゴールかと思いきや、それ以降も追ってきますし、しかも、敵MOBの攻撃も容赦ないですし、散々ですw 螺旋階段のある仕掛けの所まで逃げ込んだものの、そこもゴールじゃないらしく、結局、二人相手に戦うことに。運よく返り討ちに出来たとはいえ、もうあんな思いは二度と御免ですw(平和に過ごすためにXboxOne版を買ったというのにw)
 あと、逃走する際には、やはりスタミナバーの長さがモノを言いますねw 今作で最も重要なステータスは、間違いなくスタミナですb

 という訳で、無事に契約ランクを上げ終わりましたが、まあ、大変ですねw これだけで30~40時間は掛かったんじゃないかな?w
 暗月の剣と積む者の二つが非常に厳しく、次いで、太陽の戦士とファランの番人、逆に、ロザリアの指と神喰らいの守り手は、楽勝だと言えます。ただ、積む者に関しては、フレンドと協力することが出来るなら、早く終えることが出来るようです。
 とにかくドロップが渋いんで、暗月の剣やファランの番人のマッチングが改善されるまでは、手を出さないのがいいかもしれません。それに、今後、ドロップ率自体も下がる可能性も十分にあり得ますしw

 マラソン自体は、得るものは何もなく、ただ時間だけが失われた感があって、まさに不毛だったと思いますが、この契約ランクを上げる過程において、普段あまり遊んだことのないオンライン要素に触れることが出来たので、まあ、全くの時間の無駄だったかと言われれば、そうでもなく、むしろ、楽しい時間を過ごせたのではないか、と思いました。一人で黙々とクリアするのも楽しいのですが、今後は、協力プレイや対人プレイも積極的に遊んでみようかなと思う様になりました。

 て、なんか前回の記事と似たような結論に至った気がしますが、まあ、オンライン楽しいよ、ってことで(((

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる