ダークソウル3 シリーズの集大成にして最高峰

 ダークソウル3をクリアしましたので、そのレビューです。

 その前に、まずは、ダークソウルってどんなゲームなのか? おさらいしてみましょう。

 ダークソウルと言えば、鬼畜ゲー、もしくは、死にゲーとして有名ですが、一方で、アクションRPGとしての面白さを追求したゲームでして、例えるなら担々麺の様な、辛さの中に旨さがある味わい深い作品でもあります。

 高難易度と言われる理由としては、道中の雑魚敵相手でも死ぬ可能性がある、待ち伏せや罠などによる初見殺し、そして、各々のエリアの最後に待ち受ける凄まじい火力を持つ強力なボスなどが挙げられます。これらの理由により、先に進もうと思っても一筋縄ではいかず、とにかく死にまくります。
 しかも、一度でも篝火(チェックポイント)で休むと、折角倒した敵も復活してしまいますし、死んだらそれまでに得たソウル(RPGでいう経験値のようなもの)も全て失ってしまいます。
 こうした厳しい仕様から、ダークソウルをプレイした多くの冒険者が「心が折れそうだ」と思ったはずです。

 しかし、一方で救いもあります。
 まず、本作には、ショートカットの要素がありまして、それを開通させておけば、次に挑戦する際には、同じ道を通る必要がなくなります。
 また、失ったソウルは、次に挑戦する際、死んだ場所に戻ることで取り戻すことが出来ます。なので、一回死んだからと言って諦めることはありません。ただ、取り戻すのにも失敗した場合、今度こそロストしてしまいますが、死因がハッキリしていれば、次は、回避することが出来るはずです。なので、殆どの場合、無事に取り戻せるわけですね。
 そして、これは、当然と言えば当然ですが、拾ったアイテムは、死んだからといって失うことはありません。なので、危険な場所に置かれているアイテムも回収してしまえば、次は、同じ危険を冒す必要がなくなるため、篝火を拠点として周囲を探索するのもいいかもしれません。

 このように、高難易度でありながらも、少しずつ前進することが出来るため、最後まで諦めなければ、必ずクリアできる仕様となっています。本作は、格ゲーやFPSのような、特別なスキルなんて必要ありません。強いて言えば、心折れずにいられることだけが、クリアに必要なものだと言えます。

 もちろん、そうは言っても、やはり何処かで心を折られてしまうかもしれません。
 特にボス戦については、一方的に攻めることが出来ず、攻撃をしっかり避けて反撃しなければ、勝ち目はありません。なので、アクション慣れしていない場合、詰む可能性もあり得ます。
 ですが、本作は、アクションゲームではなく、RPGであることが救いでもあります。もし、ボスに勝てないのであれば、レベルを上げたり、装備を強化してリベンジすればいいのです。キャラクターを強化した分、余裕を持って対処できるようになりますので、どんな強敵であったとしても、必ず倒すことが出来るはずです。逆に「あ、この程度なんだ」と思えてしまうくらいです。もちろん、少しでも手応えを求めるなら、レベルを抑えて挑むことを推奨します。まあ、本作の難易度は、自身の強化で調整することが出来る、というわけですね。

 それでも心折られる冒険者もいるかもしれません。
 ですが、ダークソウルをプレイしている冒険者は、世界中に大勢いますし、彼らの協力を得ることも出来ます。
 オンラインに繋いでいれば、他の冒険者が残したメッセージが地面に表示されるようになります。それは、ヒントであったり、励ましの言葉であったり、時には、センスのあるメッセージなんかもあって、思わず笑ったり。冒険しているのが一人だけではないと分かれば、自然ともうちょっと頑張ろう、という気持ちにもなってくるものです。
 また、時折、他の冒険者の様子が幻影として見えたりもしますが、それが思わぬヒントになる場合も。地面に遺された血痕を調べれば、冒険者の死因が再現されるので、強敵や罠の発見にも役立ちます。
 こうした緩い繋がりもダークソウルの魅力でして、一人ではなく、皆で攻略する、という一体感が得られるわけですね。もちろん、これらは、ネタバレの要素も含みますので、自力でじっくりと攻略に臨みたい場合は、オフラインでプレイすることを推奨します。

 オンライン要素としては、他にも協力プレイにも対応しています。
 召喚サインを出しておけば、それに応じたプレイヤーが自分の世界にやって来て、一緒に冒険することが出来ます。二人で冒険すれば、当然、ダンジョンの攻略もグンと楽になりますし、ボス戦だって有利に立ち回れます。クリアに行き詰った際の救済措置ではありますが、単純に、共闘したいというプレイヤー向けの要素でもあります。また、見知らぬプレイヤーと遊ぶのは、ちょっと敷居が高いな、という人は、NPCを召喚しましょう。
 一方、ダンジョンを冒険していると、侵入を受ける場合もあります。侵入者は、プレイヤーを狩ろうとしてきますので、逃げ切るか、迎撃するかのどちらかを迫られます。逃げ切る場合は、ボス部屋に入ればそれ以上は追ってきません。迎撃する場合は、全力で立ち向かいましょう。侵入者は、人間が操作したキャラであるため、当然、NPCと比べて動きも複雑ですし、容易に倒せる相手ではありません。しかも、侵入者は、敵を味方に付けることが出来るため、侵入された側は、基本的には、不利な状況に立たされます。なので、協力者を召喚し、迎撃するのが一番の対策法だと言えそうです。
 ちなみに、稀に戯れ目的で侵入してくる人もいますし、ショートカットを開通していく親切な人もいるとの噂です。

 ダークソウルに対して、難しいゲームだという印象を抱いておられる方は多いと思われますが、このように多くの救済措置が用意されていますので、実際には、諦めなければ、誰でもクリアすることが可能な内容となっています。
 それに、前述した通り、ダークソウルの魅力は、何も難易度が高いことだけではなく、自由度の高いキャラメイク&育成、探索し甲斐のあるマップ、そして、深みのある世界観なども魅力的だと言えます。

 RPGと言えば、日本においては、レベルアップの要素があって、戦闘とシナリオをメインに据えたゲームというイメージがありますが、本来の意味は、ロールプレイ、すなわち、「役割を演じる」ゲームのことを指します。
 ダークソウルの主人公の設定は、不死であること以外、あまり多くが語られておらず、プレイヤーがそれぞれ自由に設定を与えることが出来ます。例えば、秘宝を求めてこの地にやって来た探検家でもいいですし、禁忌を犯し、居場所を失ったが故にこの地に流れ着いた魔術師、でもいいわけです。また、イベントの中には、プレイヤーに選択を迫られる時もありますが、自分の中で、悪人であるか、善人であるか、そもそも、人と関わる気がない、など簡単な判断基準を決めておけば、迷うこともないかもしれません。
 こうしたロールプレイを楽しめるのも、ダークソウルの魅力であると言えますね。

 もちろん、レベルを上げて育成するといった要素にも力が入っていまして、これもダークソウルの面白さでもあります。
 敵を倒すと経験値に当たるソウルが手に入りますが、これを一定値まで集めると、レベルを上げることが出来ます。この時、好きなパラメーターを一つ選んで上昇させることが出来るわけです。
 パラメーターは、作品によって異なりますが、体力、持久力、力、技量、理力、信仰といった基本的なものは、共通しています。体力を上げれば、その分HPが上がって死ににくくなりますし、力、もしくは、技量を上げれば、攻撃した際のダメージを上げることが出来ます。理力、信仰などは、魔法や奇跡といったパワーを使いたい場合に上げておくといいでしょう。
 育成のパターンは、人それぞれですし、上げた能力によって、キャラクターの性能が大幅に変わることは、言うまでもありません。重装備で身を包んだ戦士、敵の攻撃を軽やかに躱し、反撃する剣士、そして、魔法を中心に戦う魔術師、といった具合に、様々な育成方針が考えられます。中には、力を極端に上げ、それ以外は、全く上げない、といったピーキーな性能に育てる猛者もいるかもしれません。逆に全部上げてしまった結果、器用貧乏になって逆に苦しくなった、という失敗例もなくはないでしょう。どう育てるかは、あなた次第なのです。
 そして、育てた方向によって性能がガラリと変わるわけですから、当然、攻略する際の立ち回りなども大きく変わってくるわけですね。これによって、同じダンジョンでも、違ったキャラで挑めば、全く手応えが異なるわけですから、周回プレイをする楽しみもあるわけです。

 ダンジョンの攻略もRPGとしては、欠かせない要素だと言えます。
 配置された敵を倒すだけが魅力ではありません。やはり、お宝の存在も気になるところですよね。ダークソウルのダンジョンには、あちこちに宝が散りばめられていまして、簡単に手に入るものから、危険を冒さないと手に入らないもの、中には、隠し部屋であったり、どうやって辿り着けるのか見当もつかないような場所に置かれている場合もあります。
 これらを探し当てるためには、隅々まで探索しなければなりません。ですが、その過程が楽しいのです。そして、苦労して手に入れたアイテムが自分にとって有用なものだった場合、素直に嬉しくなるものです。
 中には、イベントの過程で手に入る貴重品などもありますが、基本的には、落ちている物、特に、到達しづらい場所に置かれているアイテム程レアなケースが多いため、探索のし甲斐があると言えます。

 ダークソウルの世界観は、タイトルから察することが出来ると思いますが、実際、かなり暗く、陰鬱な雰囲気が漂っています。不気味な敵や気持ちの悪い敵もいっぱい出てきますし、登場人物たちも、何処か狂気じみています。ですが、そんな中に不思議と魅力が感じられるのも本作の魅力だと言えます。まあ、こればかりは、実際にプレイしてみて頂かないと伝わり辛いものがありますが、少なくとも、一見、不気味な見た目をした奴がいたとしても、そいつと接しているうちに、妙に愛着が湧いてきた……なんて経験は、ダークソウルをプレイしていたら日常茶飯事的にあることだと言えますw
 また、ダークソウルの物語は、基本的に、あまり多くを語らない内容となっているため、ゲームの目的が分かり辛い、という難点もありますが、逆に言えば、その辺りは、プレイヤーの想像に任せているとも言えます。ただ、世界観などは、アイテム欄の説明などで知ることが出来るので、そこからさまざまな設定や物語を推測して楽しむというのも本作の愉しみ方だと言えます。ネット上では、不死達による考察と熱い議論が交わされていますので、調べてみると、面白いかもしれません。

 ダークソウルは、シナリオよりも、RPGとしての面白さを追求した作品であり、いわば、古き良き時代のゲームを現代に蘇らせた貴重な作品であると言えます。一方で、緩い繋がりをテーマとしたオンラインシステムは、革命的なものであり、現在も多くのゲームに影響を与え続けています。
 難易度と自由度の高さから敷居の高さは、否めませんが、ダンジョンを冒険する楽しさや、強敵を打ち倒した時の達成感など、このゲームでしか味わえない感動もあるのも確かですので、是非、プレイしてみて欲しい所です。


 さて、そんなダークソウルの新作、「ダークソウル3」についてですが、本作は、ソウルシリーズの集大成であり、その完成度についても、シリーズ最高峰の出来栄えである、と僕は評します。

 本作のプレイ動画が公開された時、やはり、その美しく進化したグラフィックに目を奪われました。ブラッドボーンと同様にディテールに拘った美しいものになっていまして、国内産のゲームの中では、一、二、を争うクオリティであると言えます。フロムソフトウェアと言えば、ゲーム性やシステム重視でグラフィックは二の次、といった印象を抱いていましたが、それは、既に過去の評価であると思ったものです。
 ダークソウル3の舞台、ロスリックは、既に崩壊が進んでいる世界でして、空は、黄昏時の様な黄色がかったものになっています。黄昏と言えば、終末を連想させられるわけですが、実際、地面が陥落し、町が丸ごと闇の中に堕ちようとしてる光景を目の当たりにすることになるでしょう。そして、フロムソフトウェアは、そういった終末を迎えようとする世界をダイナミックに描き、実際に冒険できる舞台としてプレイヤーに提供しているのです。
 また、ダークソウルのタイトルに似合わず、思わず、スクショを撮りたくなるような…・…というか、実際に撮ってしまった美しいロケーションも存在します。

 進化したのは、グラフィックだけではなく、プレイヤーの動きもより機敏なものになりました。これまでは、もっさりとした感じがあったと思うのですが、3になってキビキビと動けるようになったため、アクションゲーマーも満足できるものになったと言えます。
 それに伴って敵の攻撃速度も上がっていまして、特に、ボスは、かなり容赦のない攻撃を仕掛けて来るようになったため、これまで以上にアクションゲームの腕が必要になったと言えます。しかも、攻撃パターンもかなり豊富に用意されているなど、全体的に手応えが増しています。
 ただ、ダークソウル3の回避アクションは、前後の隙のあるローリングであるため、隙の少ないステップ重視のブラッドボーン程アクションに特化した内容ではなく、そもそも、盾があるため、例えアクションゲームが苦手であっても、何とか勝てるバランスだと言えます。

 ゲームシステム面では、戦技と新たに「FP」が追加されました。
 戦技は、所謂、必殺技の様なものですが、武器や盾などに設定されています。パリィやシールドバッシュなどお馴染みのものから、構えからの突き、もしくは、切り上げの二択から選べるもの、矢を一度に三本放つものなどがあります。これらは、攻略の際には、使わなくても別に問題ありませんが、対人戦では、戦略の幅を広げるという意味で重要な要素になりそうです。また、後半に手に入るユニーク武器の中には、必殺技と呼べるような派手な戦技も用意されています。
 FPは、他のRPGでいうMPみたいなものでして、魔法や戦技を使用することで消費していき、灰のエスト瓶を使うことでFPを回復することが出来ます。ちなみに、エスト瓶と灰のエスト瓶は、振り分けることが可能になっていまして、例えば、両方合わせて十本まで持てる状態であれば、エスト瓶五本と灰のエスト瓶五本、あるいは、エスト瓶十本と灰のエスト瓶0本といった調整が出来ます。灰のエスト瓶を大量に持ち歩けば、魔法や戦技を使い放題になるわけですが、一方で、回復出来る回数が少なくなるため、それが良いかどうかは、装備している魔法の種類やプレイヤーの腕次第ということになります。

 あとは、細かい点になりますが、武器の強化についても選択肢の幅が増えまして、炎や雷属性の付けられるのはもちろん、力、技量、魔力、信仰の補正を強化することも出来るようになりました。これによって、技量戦士なのに大剣を持つことが出来たりもしますし、魔法使いでも剣で戦うことが出来るわけですね。ただし、ユニーク武器など一部の武器は、こういった強化が出来ないようです、残念。
 また、防具の強化が廃止され、防御力は、体力のパラメーターを上げることで伸びる仕組みに変更されました。つまり、防具を強化する必要がなくなったため、これまで以上に、防具の選択肢が増え、見た目にも拘れるようになったとも言えます。なので、ガンガンおしゃれを楽しみましょう。僕自身、見た目重視の防具でクリアできたんで、性能なんて気にしなくても何とかなる筈ですw

 更に、見た目を気にするプレイヤーには、朗報があります。今回は、なんと、亡者顔でプレイする必要がなくなりました。というのも、死んでも亡者にならなくなったからです。無印と2は、死んだら顔も体も亡者になってしまっていましたので、折角頑張ってキャラメイクしても、あまり意味が無かったり、露出度の高い服を着せたら酷い見た目になったり、といった悲劇がありました。
 ですが、3では、死んでもHPが減って召喚できなくなるだけで、亡者になることはないので、キャラメイクしたそのままの顔で冒険を楽しむことが出来ます。もちろん、グラフィックの進化に伴い、美人キャラも作りやすくなりましたので、是非、気合を入れて作ってみましょう。

 3になってから多くの追加要素と変更点がありましたが、本作をシリーズ最高峰と評価できる最大の理由は、やはり、絶妙なゲームバランスでしょうか。
 正直言って、ダークソウル無印と2は、開発側が高難易度を意識しすぎて、悪意のある内容になってしまった点が否めません。無印では、狭い通路に強敵を配置し、2では、集団に襲わせるという理不尽な調整が目立ちました。また、ボリュームは、十分にあったのですが、後半に突入した辺りで中弛みし、「まだあるの?勘弁してくれ」という気持ちにさせられたものです。これでは、周回プレイする気さえ起きません。
 ですが、3に関しては、難易度の高さは相変わらずですが、そういった悪意の感じられる物は殆どなく、個の強さ以上に、敵の配置などでプレイヤーを苦しめた、デモンズソウルの様な神がかったゲームバランスであると言えます。また、ボリュームも無印や2ほど長くはなく、かといってデモンズソウル程短くはない、程よい長さに設定されていると感じられました。それでも、一つのダンジョンにおける内容は、充実したものでして、最後の最後までプレイヤーを苦しめ、同時に楽しませてくれる、攻略し甲斐のある内容になっていると言えます。

 また、本シリーズのこれまでを振り返ってみても、3ほど親切なタイトルはなかったと言えます。それくらい、気配りが行き届いているんですよねw
 ショートカットや篝火などは、適度な間隔で配置されているため、そこに辿り着くまでが長すぎて、再挑戦時にやる気が起きない、なんてことも少なかったですし、ダンジョンの探索は、従来通り自由度の高いものですが、進行ルートは、そこまで枝分かれしていないため、次行くべき場所が分からなくなった、なんてことも少なかったです。しかも、まだ訪れる場所でない場所に到達すると、親切にも「引き返せ」なんてメッセージが表示されますしw
 メッセージに関しては、これだけに限らず、攻略のヒントとなるものがあちこちに残されているなど、プレイヤーが行き詰らないように配慮されていると言えます。なので、2の土の塔における風車みたいに、それに気づくまで何時間も彷徨っていた、なんてことは、まずなくなりました。

 そして、ボス戦についても、全体的に手応えが増していまして、その戦い方も実に様々だと言えます。
 前述した通り、攻撃パターンが実に多彩になっていまして、単純に背後に回り込んでいれば勝てる……なんてものではなくなりました。まあ、背後に回り込むということ自体は、通用する戦術ではありますがw
 また、全てのボスが、体力を半分に削るか、ゼロにすることで第二段階に移行し、大幅なパワーアップを遂げるか、そもそも、攻撃パターン自体が変わるボスもいます。中には、思わぬ展開になるボス戦も……
 ボスの数自体は、無印と2に比べれば少ないと思いますが、その分、一戦一戦がより面白くなっていますし、手に汗握る戦いを楽しむことが出来ます。まあ、無印と2は、言うまでもなく、理不尽なボスがいましたので、多ければいいってもんではないですねw その分、3は、理不尽さがなくなり、本当にうまく調整したなと感心させられました。まあ、単純にメチャクチャ強いボスが居て心折られそうになりましたがw 正攻法だから許しますw

 3は、ダークソウルシリーズの集大成であると言いましたが、これまで遊んでくれたファンのためのメッセージも所々に残されています。
 それは、シリーズお馴染みの要素であったり、思わずニヤリとしてしまうようなものだったりするわけですが、ダークソウルの前身、デモンズソウルのネタも仕組んでいる辺り、中々粋なことをするなと思いましたw 意図しているかどうかは分かりませんが、となるダンジョンの雰囲気や、ラストダンジョンの敵の配置などは、デモンズソウルのプレイヤーなら何となく懐かしく感じられるかもしれませんw
 そして、最後の最後、これまでのシリーズをプレイしてきたファンへの素敵なサプライズも用意されていました。それが何であるかは、是非、自分の目で確かめて頂きたいところです。

 進化したグラフィックや軽快に動かせるようになったキャラクターはもちろんのこと、デモンズソウルの再来とも呼べる絶妙なゲームバランス、そして、高難易度の裏に隠された親切な仕様、これらの要素を踏まえると、ダークソウル3は、シリーズで最も出来の良い作品であると評することが出来ます。なので、シリーズファンはもちろんのこと、本記事を読んで、ダークソウルに興味を持って頂いた方は、これを機に是非、手に取ってみては、如何でしょうか?

 ただ、唯一、問題があるとすれば、それは、最序盤のボスが異様に強い事でしょうかw
 そのボスは、チュートリアルで一通りの操作を覚えた直後にいきなり戦うことになるのですが、体力の多さ、攻撃力の高さ、リーチの長さ、そして、まさかの第二形態という絶望、など、チュートリアル後のボスとは思えない程の強敵ですw そのくせ、エスト瓶は、たった三つしか持っていませんw
 しかも、この段階では、武器強化やレベルアップなんて出来ませんし、白霊(協力プレイヤー)を召喚することも出来ません。なので、自力で頑張って倒すしかありませんw
 恐らく、多くの不死が、ここで文字通り門前払いを食らったと思いますが、彼は、この先に進む覚悟があるかどうか、試しているのかもしれません。実際、コイツを倒せるくらいの実力があれば、何とかクリアまで辿り着けると思いますw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる