過疎ルール、パイロットハンターで遊んでみた

 Gen10に到達したので、タイタンフォールは引退……と考えていましたが、未だにちょくちょく遊んでますw
 引退を考えていた時期は、発売から大分経つので消耗戦以外のルールでは過疎が目立っていたのですが、最近フレさんと一緒に遊んだ時は、、EAアクセスのVaultに追加されたらしく、いつもの倍以上の人口に増えていましたw
 ちなみに、EAアクセスというのは、月、もしくは年単位での支払いが発生する定額サービスでして、最新タイトルを発売日前に遊べたり、デジタルコンテンツの割引を受けられたり、Vault内の人気タイトルをDLして遊んだりすることが出来るそうです。

 さて、もしやるのであれば、実績コンプを目指そう!ということでやっておりますが、まあ、キルゼムオールとかフィーバーが鬼門ですし、どちらも何百時間とプレイした今でも獲れてないくらいなんで、無理かもしれませんw まあ、とりあえず、獲れそうなものだけ獲っておこうって感じですかねw
 というわけで、まずは、50連勝系の実績の獲得を目指し、一番怠そうなパイロットハンターから挑戦してみることにしましたb

 パイロットハンターは、初期からリストに載っていたルールなのですが、あまり人気がないため、PC版ではルールそのものが削除されてしまったそうですw 一応、Xbox One版では、実績があるため、まだ存在はしていますが、ピーク時でも100人いたら多い方というくらい過疎っていますw なので、これ関連の実績を獲得したい人は、人が減る前に獲っておく必要があるわけですねw

 ちなみに、パイロットハンターのルールは、消耗戦とほぼ同じではあるものの、ミニオンやタイタンキルは、カウントされず、パイロットを倒した数だけがカウントされるというもので、先に50人倒したチームが勝ちです。
 パイロットのキルしかスコアに反映されないため、上級者向けのルールと言えるのですが、その分、腕の立つプレイヤーが揃っていると思いますし、ギリギリの勝負なんかもあって思ったよりは面白いです。
 ただ、あの広いマップの中、たった6人のパイロットを探し出さなくてはならないため、必然的に、ゲームの流れが遅くなり、スコアが50に達する前にタイムオーバーする、というケースが多々あります。これは、何も敵味方合わせて6人くらいで試合が始まった時だけでなく、12人揃った場合でもあり得る話ですw このテンポの悪さと、あまり消耗戦と変わり映えしない点から人気が無いのだと思われます。

 パイロットハンターならでは、といった点を強いてあげるのであれば、一試合で10キル、多いときには20キルも出来るため、爽快感がないわけではないのですが、所詮は、結果を見てニヤニヤしているだけですからねw もちろん、楽しくないってことはないのですが、これやるなら消耗戦で遊んだ方がいいんじゃないか? となるわけで、やはり、パイロットハンターならではの魅力はあまりにも乏しいと言えます。
 キルデス差が直接結果に繋がることもあって初心者にも優しくありません。そういったことも相まって過疎ルールとなってしまったのではないかと思われますw

 さて、それでも何らかの理由(主に実績狙いだと思いますがw)でパイロットハンターを遊ぶ方に幾つかアドバイスを残しておこうと思います。
 まず、このルールでは、いくらミニオンやタイタンを撃破してもチームのポイントになりませんので、パイロットを最優先で倒さなくてはなりません。もちろん、デスは相手チームに貢献するだけなので、これも抑える必要があります。つまり、対パイロット戦のスキルが求められるというわけですね。

 理論上では、キルレシオが1を上回れば、チームに貢献したことになりますが、デスを恐れて引き籠ったり、芋ったりするのは、あまりお勧めしません。タイタンにおいては、一か所に留まる行為は身を危険にさらすだけなので、常に移動しながら戦う必要があります。動き回っているパイロットを狙い撃つのは容易ではありません。よって、パルクルールを駆使した高速移動で動き回り、獲物を探すスタイルの方が多くの敵を狩れるだけでなく、結果的にデスも抑えられるはずです。

 ミニオンキルは、スコアに関わらないものの、タイタンのビルドタイマー短縮には繋がるため、ある程度は狩っておいた方が良いと思います。タイタンを降下出来るようになったらすぐに呼んで、パイロットを蹂躙してやりましょう。
 オススメの武器は、XO-16 チェインガン、アークキャノン、トリプルスレット辺りでしょうか。チェインガンは、高所に陣取るパイロットをキル出来ますし、アークキャノンやトリプルスレットは、室内に逃げ込んだパイロットを狩れます。

 タイタンロードアウトの第二弾キットは、よほどのこだわりが無い限りは、オートイジェクトをオススメします。もしくは、第一弾キットのニュークリアイジェクトでもいいでしょう。これらを付けておけば、ドゥーム状態になっても処刑キルされることはなくなり、結果的にデスを抑えることが出来ます。
 ただし、室内でニュークリアが発動した際、高確率で自分も死ぬので、マップによっては、ニュークリアを外した方が良い場合もあります。

 敵タイタンは、破壊してもスコアにはなりませんが、かといって、放っておくとこっちが不利になるので、見かけたら出来るだけ破壊した方が良いでしょう。ただし、パイロットで挑むとかなりの確率で返り討ちに遭うので、ミニオンを狩るなどしてタイタンを呼んでから挑んだ方が良いと思います。

 バーンカードは、マップハック、もしくは、衛星通信があれば、かなり有利に戦える筈です。まあ、このカードが強力なのは、パイロットハンターに限ったことではないのですがw

 大体こんなところでしょうか。
 とは言え、消耗戦と殆ど変らないルールなんで、消耗戦のノウハウがそのまま役立つとは思いますw

 パイロットハンターの実績も48%まで達し、残り半分といった所まではいきました。すべてを見た者、もしくは、専門家系の実績獲得のためには、あと、ラグーン、ウォーゲームズ、そして、サンドトラップでマッチすればいいだけですね。
 まあ、思ったよりは楽しいですし、決して苦行ではないのですが、本音を言えば、ラスト・タイタン・スタンディングやキャプチャー・ザ・フラッグ等の消耗戦とは全く違った楽しさのあるルールで早く遊びたいですねw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる