フェスで得たものは、スーパーサザエだけじゃない

 フェスに参加してみました。
 今回のお題は、ごはん vs パン !
 ちなみに、僕はごはん派に票を入れましたが、ドーナッツとかハンバーガーがアリだったら悩み所ですね(((

 フェスは、土曜日の18時~日曜日の18時までの間に開催されましたが、始まる前にハイカラシティの広場に行くと、見慣れぬトラックが二台止まっていました。フェスの準備中だったようですね。フェスが始まったらガラリと雰囲気が変わるのではなく、こういった準備中の様子もちゃんと再現されているのはいいですね。いよいよ始まるんだなって感じでワクワクしますしw

 そして、遂にフェスの時間がやってきました!
 とは言え、18時ではなく、21時頃からの参加でしたがw

 フェスの会場は、とても賑やかでした。
 二台のトラックの上にステージが出現し、そこでシオカラーズのアオリとホタルが歌っていました。ステージの下には、フェスのTシャツを着たインクリングたちが集まり、盛り上がっています。また、ミーバースの投稿がこれでもかと張り巡らされていまして、それがネオンサインのようになっているんですよねw 会場の雰囲気はとても良く、フェス感がとても出ていたと思います。しばらくの間この中に存在していたい、そんな気持ちにさせられたものですw

 フェス中は、ナワバリバトルしか出来ませんが、いつもとは違って、ごはん派とパン派に分かれてバトルをすることになります。つまり、いつもならさっきまで仲間だった奴が、次の試合では敵になったり、といったことが起きていましたが、今回だけは、同じ派閥であればずっと味方であるというわけですね。強い人とチームを組めたときは安心感がありますし、そうでなかったとしても、一緒に頑張ろうって気持ちになりますし、何にせよ、いつもと違った感じでバトルを楽しめますw

 また、フェスには、称号がありまして、これは、フェスポイントを溜めることで上げていくことが出来ます。フェスポイントは、試合中に400p獲得すれば2ポイント貰えまして、かつ、試合に勝てば+3ポイント貰えるのです。そして、フェスポイントが一定値まで溜まると、新しい称号が貰えるというわけですね。
 ちなみに、称号は、ふつうの~、まことの~、スーパー~、カリスマ~、そして、えいえんの~と5段階まであります。スーパーからカリスマに到達するまでに50ポイントも溜める必要があったので、カリスマが最高ランクかな?と思いきや、まさか、えいえんまであるとはw ちなみに、カリスマからえいえんまでは、99ポイントも溜めなくてはなりませんw

 ちなみに、フェス終了後、貴重品であるスーパーサザエが貰えるわけですが、称号によって貰える数が違うそうです。スーパーサザエは、ダウニーに渡すことでギアのスロット数を増やしたり、別のスキルに変えたりといったことに必要となってくるため、沢山あっても困りませんし、むしろたくさん欲しい所。というわけで、えいえんまで目指すことにしましたw

 とにかくひたすらバトルをこなしていけばいいのですが、フェス中は、マッチングがし辛いという問題があったため、まさかの時間との勝負になりましたw
 マッチングの方式としては、まず、同じ派閥同士でチームを組み、その後に、敵チームを検索してバトル開始、といった流れになります。ランダムで放り込んでいたいつものスタイルとは違い、これだけでもマッチングに時間が掛かることは言うまでもありません。分かる人には分かると思いますが、CoDとHaloの違いくらいですかねw
 しかも、もし、自分の派閥と相手の派閥に人数差があった場合、更にマッチングが困難になることは言うまでもありません。実際、今回はパン派の方が少なかったようでして、ごはん派がなかなかマッチング出来ない事態が起きていたようです。(まあ、結果を見る限り、思ったよりは差が無かったみたいですが、それでもこれだけの影響が出た模様です)
 更に、ごはんvsパンというお題から察することが出来ると思いますが、恐らく、フェス中は、日本国内だけでマッチメイキングが行われていたものと思われます。実際、海外勢の姿は見かけませんでしたし。となると、必然的にプレイ人口が少なくなりますし、余計にマッチングし辛くなるわけですね。
 なので、折角チームが集まっても、相手が全く見つからず、ゲームが開始されない→解散、という流れも少なくありませんでした。せめて、お題に関しては、世界共通のものにすれば、マッチングのし辛さは少しくらい解消されるかな? とは思います。

 土曜の21時から日曜の0時くらいまでプレイして、何とかカリスマまで辿り着いたのですが、この辺りで力尽きたので、残りは日曜日に持ち越すことに。しかし、その日は、都合により16時からしか遊べなかったので、残り2時間で何とかえいえんまで辿り着く必要がありました。何とかなるだろうと思いきや、辿り着くかどうかかなりギリギリだったんで、夜更かししてでもフェスポイントを稼いでおけば良かったと後悔したものですw

 とにかく、効率良くポイントを稼ぐ必要があったのですが、そのためには、勝ち続けるしかありません。なので、得意武器である.52ガロンデコで参戦し、なるべく強い人と組んでバトルに挑むことにしました。
 もちろん、チームが組めた時点でランクの低い人がいたらリセットして途中離脱する……なんてマナーの悪いことはしてませんw スプラトゥーンの仕様上、そういうことは出来ない筈なのですが、中には、リセットしてでも抜ける方がいまして、そのおかげで、3vs4の不利な状況で始まった試合が二回ほどありましたw こうなると、いくら頑張っても数で押し切られてもうどうしようもなかったですねw というわけで、敵チームがなかなか見つからなかったり、チームメンバーが気に入らなかったりしても途中で抜けないで欲しいと思いますねw

 僕の場合は、実際にバトルをしてみて、このメンバーなら勝てそうだと思えばそのまま続け、ちょっとこれは厳しいな、と感じたらやめるを選択して離脱、といった感じでチーム探しを続けました。ただ、チームを組んだ際、一人くらい強い人がいれば、それだけで十分に勝てる見込みがありましたので、そこまでチームをコロコロ変える必要はなかったですねw 変える場合は、対戦相手が見つからず、タイムアウトによる強制解散の時くらいだったと思いますw

 チームメンバーにも恵まれたこともあってか、思ったよりも順調にフェスポイントを稼ぐことが出来ましたが、最大の壁は、やはりマッチングのし辛さでしょうかw そのため、17時50分くらいの段階で94ポイントと間に合うか、間に合わないか、かなり際どい状況でしたw
 フェス終了まで残り僅か。出来てもあと一試合分だと思いますし、ノルマである99ポイントに達するためには、5ポイント必要……つまり、何が何でも勝たなければならなかったのです。

 最後に組んだチームメンバーに関しては、ランク20のプレイヤーはいませんでしたし、まだ始めたばかりといった感じの方もいらっしゃいました。しかも、僕以外皆わかばシューターw もちろん、わかばシューターは初期武器のクセにかなり優秀な部類ですが、こうも偏ってしまうとどうなってしまうのか、不安で仕方がありませんでした。そして、実際に試合がはじまると、やはりというか押されてましたねw
 明らかに敵チームの方が実力が上でしたし、これはもう無理かもしれんと半ば諦めかけたものでしたが、やはりえいえんにまで達し、フェスを制したいという思いは強かったので、何とか勝ち筋を見出そうと頑張ってみました。また、味方も頑張ってくれたおかげで、何とかギリギリの試合までは持ち込めたと思います。そして、結果は、まさかの勝利!ww
 こうして、フェス終了間際の戦いを制し、えいえんのごはんボーイの称号をゲットすることが出来たのです。いやぁ、嬉しかったなぁw

 フェスを振り返ってみて、もし、最後に組んだチームが実力者揃いで安定のある勝利だった場合、ここまでの喜びが得られただろうか? と思います。
 あのギリギリの状況で、勝てるかどうかも分からない、むしろ、勝ち目は薄い戦いを皆で何とか頑張って制した……これは、とても意味のあるものだったと思います。もちろん、実力者同士で組んで、敵チームに手も足も出させないワンサイドゲームというのもそれはそれで爽快なんですが、今回のバトルで得たような喜びには到底及ばないと断言できます。

 むかし、スプリンターセルブラックリストのco-opプレイで明らかに下手なプレイヤーと組まされ、何度も何度もリトライする羽目になったのですが、その時、僕は、そのプレイヤーが爆発物好きなことを知り、むしろ、その点に頼ることで何とか乗り切ろうとしました。実際、それが役立った場面は何度もあったのです。ラストのシーンでは、向こうも僕を頼ってくれるようになりましたし、その結果、クリアにまで至ったという経験がありました。あの時に得た嬉しさと達成感は何物にも代えがたかったと言えます。

 対戦でも協力プレイでもそうですが、勝ちにこだわってしまうと、どうしても、上手い人と組みたいと思うようになり、逆に下手な奴は来るな、といった考えになりがちです。ですが、それで勝ったとしても、その試合に意味はあるのだろうか?と思うわけですね。
 僕自身は、基本的にどんな奴と組むことになってもあまり気にしないタイプだと思います。仮にチームのメンバーが初心者だらけだったとしても、その分を自分が頑張ってカバーすればいいわけですし、負けたら、じゃあ、自分は何が出来たのだろうか? どうすればもっとチームに貢献できたのだろうか? と考えるようにしています。

 今回は、勝ちにこだわってしまったせいで自分のポリシーすら曲げてしまいかねなかったわけですが、最後の試合で、それは誤りであると気付かされました。
 どんなメンバーであったとしても、必ず勝ち筋はあると思いますし、やっぱり、自分がどう立ち回ればチームを勝利に導けるかを考えることが大切なんだと思います。そうやって得たものは大きいと思いますしね。
 対戦とは熱中するものですし、やるからには勝ちたいと思うものですが、大前提である楽しく遊ぶということを忘れてはならないと思います。何にせよ、折角のフェスなのだから、楽しまなきゃ損ですよってことですねw

 ただ、スーパーサザエはやっぱり欲しいですし、次回のフェスでもえいえんの~を目指してフェスポイント稼ぎに励んでいると思いますw まあ、今度は、時間に余裕を持って気長に稼いでいきたいと思いますw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる