クライシス2 最高峰のグラフィックと超人的アクションを体感せよ



世界最高峰のグラフィックと評される本作ですが、PC版に比べると確かに見劣りしますが、Xbox360のレベルでも十分に綺麗と呼べるレベル。戦場での臨場感はもちろん、難しいとされる水の描写も見事なものです。Xbox360も、まだまだ可能性を秘めていると思いましたね。

 ちなみに、本作は発売日の翌日に買いに行ったのですが、Xbox360版はどこの店でも売り切れ状態。まあ、元々Xbox360のソフトってこういうこと多いんですが、注目作でしかも新作でこの状態となると、なかなかの人気振りが伺えます。

 本作は、着用することで超人的な身体能力を得ることが出来るナノスーツを使ったアクションが魅力的でして、スピード違反のチケットを受け取る位の速さ(?)でダッシュ出来ますし、一回の跳躍で建物の二階まで登る事も出来ます。もちろん、車を蹴って吹き飛ばしたり、敵兵やエイリアンを持ち上げて投げ飛ばしたりと、なかなか爽快ですb
 また、本作の目玉とも言えるのが、アーマー強化と光学迷彩。アーマーを起動すれば、NYの高層ビルから落ちても生存出来ますし、光学迷彩を使えば、姿を消すことも出来ます。(ちなみに、これらのモードの起動時に声が入るわけですが、前作は若本さんがやっていたそうですw)
 ただし、これらの身体能力の強化は、あくまでもスーツのエネルギーが続くまで。エネルギー切れを起こすと、その辺の兵士と何ら変わりなくなってしまうので注意が必要です。
 どことなく、Halo reachのアーマーアビリティに似てなくもないですがwまあ、バランスも良く取れてますし、結構良いシステムだと思います。

 もちろん、シングルプレイとマルチプレイの両方が用意されています。個人的には、マルチプレイに期待していたわけですが、シングルプレイも魅力的な内容でした。それは、物語が始まってからの冒頭から感じられるものでして、潜水艦が撃沈され、そこから脱出するシーンがリアルに描かれていたため、臨場感と緊迫感がありました。本作は、グラフィックの綺麗さだけでなく、こういった演出面も魅力的だと言えます。
 肝心のゲーム部分に関しては、敵を倒すだけでなく、ステルスで敵をやり過ごしたり、不意を突いて攻撃したりなど、ステルスアクションゲームの要素も含まれており、更に広大なマップのお陰で攻略の自由度が高い点も魅力的でした。プレイするたびに新たな発見があることは間違いないですし、シングルプレイだけでも十分に遊べそうです。ただ、シナリオが意外と長く、途中だれてしまう人も出そうな気がしますねw
 ストーリーに関しては、描かれるのはエイリアンとの戦いだけでなく、人間側も必ずしも一枚岩ではなく、そこが本作のシナリオを盛り上げる要素になっていることは間違いありません。そして、終盤になると衝撃の真実が明かされる仕組みになっています。よく出来た脚本だと思います。

 ちなみに、僕自身は、シングルプレイよりも真っ先にマルチプレイを始めたのですが、感覚としては、コールオブデューティに似ていますが、そこにHalo reachの要素を組み込んだ感じでしょうか。大体、CoD:Halo=2:1って感じです。もちろん、若干の違いはありますので、CoDと同じ感覚でプレイ出来るかと言えば、そうでもないようです。
 基本的には、射撃の腕前よりも、スーツを上手く使いこなして上手く立ち回ることがポイントになりそうです。スーツの使い方は、アーマーを使って敵の攻撃を真正面から受けながら戦うか、ステルスで不意を突いて戦うかといった二択になりそうな感じもありましたが、ダッシュとジャンプを駆使して機動力を重視した戦い方をするプレイヤーも見かけることなどから、意外と奥が深いと言えそうです。
 まあ、そんなにやり込んでないのもありますが、ボコボコにされる試合とそこそこの活躍が見込める試合があって、なかなか安定しませんw上手くなるには、負け続けたり、最低なスコアを獲得したりしても決して挫けることなく、プレイし続けるしかなさそうですw

 グラフィックで話題になった本作ですが、シングルプレイもマルチプレイも充実していますので、SF要素やFPSが好きな方にはオススメです。

クライシス 2クライシス 2
(2011/04/01)
Xbox 360

商品詳細を見る


クライシス 2クライシス 2
(2011/04/01)
PlayStation 3

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる