ここは何処でしょうか? サンタに誘拐された!

 今の所心折れることなく順調に進んでいますが、物語も終盤に差し掛かった辺りまで来ました、多分w
 ヤーナムの空には赤い月が浮かび、狩人の夢ではいよいよって感じのBGMが流れ始めたんでクライマックスが近づいているとは思うのですが、だとしたら今作は意外と短いのかな?と思ってしまいますねw プレイ中は凄く楽しい時間を過ごしているわけですが、それだけにいつものクリアしたくない病が発動しそうな気がしますw
 ただ、自動生成の聖杯ダンジョンによるやり込み要素がありますし、今後、DLCによる追加ダンジョンなんかがあるかもしれませんので、それに期待したい所ですね。
 
 今回は、旧市街に入った所からスタートです。

 ・ヤーナム旧市街
 見放された町ということもあってか、崩れかけた建物には、草木が生い茂っている上、既に理性を失った住人のなれの果てが辺りを徘徊しています。また、ここに足を踏み入れた時、何者かが引き返すよう警告をしてきます。さもなければ……
 ここに登場する敵は、武器も持っていないため、そこまで強くはないのですが、数が多く、背景や各オブジェクトに上手く身を隠しているため、奇襲を受けやすいのが特徴ですね。それから、頭から布を被った奴は、攻撃に毒があるため、ちょっと厄介ですが、まあ大したことないでしょう。
 これだけなら楽勝なんですが、少し先へ進むと、なんと、弾丸の嵐が飛んでくるではありませんか! これは、先程の警告してきた男、古狩人デュラの仕業であり、彼は、時計台の上からガトリング砲で狙撃してくるのです。弾丸を凌ぐには、急いで身を隠す必要がありますし、開けた場所に出た際は、走り抜けなくてはなりません。そんな中で雑魚の相手もしなくてはならないので、厄介なことは言うまでもありませんw
 ただ、敵を安全な場所に上手く誘き寄せて倒す、といった具合に慎重に進めば、それほど苦労する場所ではないですね。しかも、さすがに時計台の足元までは銃撃してこないので、とりあえず、そこまで行けば一安心といった所でしょうか。まあ、その後がなかなか厳しいわけですがw

 時計台の足元まで辿り着くと、今度は、デュラとは別の狩人が襲ってきます。ノコギリ鉈と獣狩りの短銃といったスタンダードな狩人です。ちなみに、こいつは、プレイヤーが一定のエリアに足を踏み入れると凄い勢いで襲って来るのですが、そこから離れると凄い勢いで戻っていきますw しかも、後ろ向き移動ww 結構シュールだったんで、しばらく遊んでました(((
 VS狩人は、ガスコイン神父の時に既に経験済みでしたが、やはり手強い相手であることに変わりなく、攻撃を回避して上手く反撃したり、パリィを狙ったりといった基本的な戦術で戦うしかありません。しかも、相手も回復してくるので攻撃の手を緩めるわけにもいきません。もしかしたら、ガチでやり合うよりは、戻っていく修正を利用してせこく戦った方が、賢明だったのかもしれませんがw

 狩人を倒した後は、デュラに仕返ししてやりたい所ですが、その前に、ショートカットの開通か灯りを点したかったので今はスルーし、更に先へと進むことにしました。
 奥には、何やら怪しげな教会がありますが、ここでは、大量の敵に襲われます。まあ、一体一体が大して強くないんで、数が多いと言っても問題ありませんでしたがw
 それよりも、天井裏のアイテム回収の方が苦戦しましたね。何せ、狭い梁の上を渡ったり、ダッシュジャンプを駆使しなくれはならないのですから。もちろん、一回落ちましたとも( で、結局拾えたのも使者用のコスチュームアイテムというw しかもあんまり可愛くなく、むしろ不気味さが増すというw (ちなみに、今はシルクハットを被せてあげてます)

 不気味な教会を抜けた先には、更に下へと続く道があり、今度は、街の中に出ます。そこには、獣が徘徊しているのですが、こいつらが強敵であることは言うまでもなく、一回ここでやられてしまいましたw ここまで行くのが結構面倒なんですが、実は、デュラの銃撃を受けるエリアにいる雑魚は全てスルーして行けるため、以降は、それで突破していくことにしました。
 獣を倒しながら更に先へと進んだところで、ようやく、ショートカットが開通できました。今回は、ちょっと長かったですね。そして更に奥へと進むと、いよいよボス戦となります。が、その前に、デュラとの決着を付けようと思いました。

 輸血液と水銀弾を十分に準備し、いざ、古狩人デュラに挑むことに。デュラは、パイルハンマーと散弾銃の使い手であり、パリィも狙って来る強敵。しかも、パイルハンマーの強攻撃は、隙が大きいものの、当たれば恐らく殆どの狩人が一撃という脅威の性能。コイツに勝つのは至難だと言えます。
 何度か挑戦したものの、プレイヤーとしてのスキルはもちろんですが、レベルが十分でないこともあってなかなか勝てません。ですが、何かの拍子で足を滑らせ、落下していってくれたので、それで決着がつきましたw まあ、勝ちは勝ちですよね?w ちなみに、落下死した場合、アイテムが取れなくなっていると思うのですが、この場合、一旦ゲームを終了し、再ロードすれば、ガトリング砲の近くにアイテムが移動しているみたいです。

 ・聖杯教会
 古狩人デュラを倒した所でいよいよボスに挑戦することにしました。ここに居るボスは、血に渇いた獣といういかにも凶暴そうな奴でして、実際、かなりアグレッシブに攻めてきますw ただ、聖職者の獣やガスコイン神父を退けたプレイヤーであれば、攻撃も上手く回避出来ると思いますし、パリィも狙っていけると思います。
 しかし、コイツの強さは、そこではなく、体力が減った際、攻撃に状態異常(毒だったかな?)が付加されることでしょうか。つまり、立て続けに攻撃を受け続ければ、状態異常による継続ダメージでゴリゴリ減らされ、そのまま死に至ることもあるわけです。しかも、体力が残り少なくなった際、状態異常の蓄積量が一気に増えるため、一回の攻撃で毒が発動することも。これに対抗するためにも、白い丸薬は必ず持っていくべきでしょう。
 ちなみに、僕自身、毒が蓄積しゲージがMAXになった時に初めて状態異常になるということを知らなかったため、毒を受ける度に丸薬を使ってました。当然、量が足りなくなりましたw
 ただ、毒に対してしっかりと対策していれば、後は、落ち着いて攻撃を回避し、1~2発分の反撃をしていけば、何とかなる相手だとは思います。まあ、実際は、何度も死んだんで、かなり手強い相手だったのは間違いないわけですがw

 ・ヤーナム聖堂街
 次はどこに行ったらいいのか、さっぱり分からなかったのですが、あれこれ探索しているうちに、ヤーナム聖堂街に新しい道が開けていることに気が付きました。老婆の居る方とは反対方向の扉が開いていたので、そこから先に進むことに。
 エレベーターで上へと上がっていくと、いきなり、車椅子の群集にガトリング方をぶっ放されますw すぐさま回避し、後ろに回り込んでボコボコにしてやった後、更に先へと進むと、今度は、高所から銃撃され、かつ、正面からは、剣を持った群衆が襲ってきました。そのまま相手をすると、狙撃されていまいますので、一旦引いて剣持ち群衆を片付け、先へと進むことに。
 やっぱりこういう敵の組み合わせと地形によって難所を形成するってやり方がいいですよね。デモンズソウルの時は、特にそうだったのですが、その良さが本作にも引き継がれていてうれしい限りですw
 次は、建物内へと入り、群衆や大男を倒しながら上へと登って行ったのですが、ここにも開かずの扉がありました。どこかで鍵を手に入れなくてはならないのでしょうか。少なくとも、別のルートを探る必要があります。

 同じ建物内を探索していると、地下へと続く道がありまして、そこを下りていくことに。ただ、そこには、階段等はなく、大きな縦穴がポカンとあいていて、所々に梁や申し訳程度の足場があるくらいです。つまり、この不安定な足場を慎重に下りていく必要があるわけですね。一気にやってしまうと、落下死してしまうから繊細な操作が求められます。まあ、お約束ですが、一度、下の足場に着地できずにそのまま落下死してしまいましたが(
 何とか降りて、扉の前にいる獣を倒して先へと進みます。

 扉を開くと住宅街のような場所に出ることが出来ましたが、ここにも群衆の姿がありました。しかも犬を連れていたため、面倒臭いのは言うまでもありません。別に戦って何とかなる相手ではあるのですが、万が一というのもありますし、もし死んだ場合、またあの大穴を降りて行かなくてはならないため、出来れば交戦は避けたい所。
 幸い、迂回出来るようでしたので、そっちを進んでみたのですが、そこには見慣れない男が突っ立っていました。背の高いこの不気味な男は、こっちに背を向けていたので素通りできそうでしたが、好奇心から戦ってみることに。攻撃力が非常に高かったのですが、動きは見切れないわけではないため、これなら何とか勝てる……と思いきや、いきなりパワーアップしたのです。これは勝ち目ないなと思って引き返すものの、どこまでも追って来るではありませんか! ところが、建物内に入った所、その入り口に引っ掛かった為、一方的にボコボコにして倒してやりましたw お前、しゃがんだら入れるだろ?と突っ込むのはナシでしょう、うん(
 それにしても、もし、あのまま群衆と交戦していたなら、あの背の高い男が乱入してきて死んでいたかもしれません。つまり、迂回するのが正解だったわけですね。何気にこういう慎重さが攻略のカギなのかもしれませんね。

 更に先へと進んでみると、そこにはアイテムがありましたが、またしても見慣れない敵が。今度は、随分と小柄な男のようですが、この類のゲームの経験上、こういう敵こそ非常に危険だったりするわけですが、とは言え、こいつをどうにかしない限りアイテムはゲットでき無さそうだったので、戦ってみることに。
 まあ、予想通りというべきか、非常に強い敵でして、何か魔法のようなものを使ってこちらの動きを封じた後、早足でこっちに近づいてきました。これは、嫌な予感しかしないw 男の頭頂部から何やら触手のようなものが出現し、それをこっちの頭にぶっ刺して何か吸い取り出したのです。(ちなみに、啓蒙を奪う攻撃のようですw)その攻撃を何とか耐えきったものの、既に体力が残り僅かだったため、起き上がり直後に攻撃を食らって死亡しましたw こいつ、マジで怖いわww
 この強敵に打ち勝つには、当然、魔法で拘束されないよう気を付けるべきなのですが、斧を変形させて、なるべく間合いを保ちながら戦うことにしました。それで何とか勝てましたが、コイツとは二度と戦いたくない、そう思いましたw

 次のエリアに出てショートカットを開通させると、ちょうど、老婆の居る教会に辿り着くことが出来ました。ここで一旦態勢を整え、探索を再開しようとしたのですが、なんと、そこに居ない筈の敵が出現していたのです。そいつは、さっき出会ったあの背の高い男でしたが、手には袋を持っています。(通称サンタと呼ばれる気がするw)
 さっきと同じ戦法は使えなかったのでガチでやり合うしかありませんでしたが、相手の攻撃力は恐ろしく高く、負けてしまいました。ところが、ゲームオーバーにはならず、意外な展開を迎えることに……

 ・隠れ町ヤハグル
 何か変な所に連れてこられたようですw 地下牢に閉じ込められていたものの、何故か武器等は没収されていませんでした。随分と間抜けですねw
 牢の中には、ヤーナム市街の群集達が捕まっていましたが、彼らは、何故ここに集められているのでしょうか? 気になるところですが、今は、とにかくここから脱出したい所。ただ、あちこちにさっきの背の高い男が徘徊していたため、容易には出られなさそうです。もちろん、武器を持っているので戦うことも出来ましたが、彼らの強さは十分に理解しているため、あまり賢明な判断とは言えません。なので、交戦は避けつつ、先へと進んでみましたが、何とか灯りを見つけ、そこからファストトラベルをして脱出しました。
 ここは後々探索することになるのでしょうか? いずれにせよ、まだまだ先の話なんでしょうけど。

 ・ヤーナム聖堂街
 何か想定外のトラブルに巻き込まれてしまいましたが、気を取り直して探索を再開することに。
 今度は、聖堂街の上の方へと向かっていくみたいですが、その道中、医療協会の使いや大男がいるため、彼らを何とかしつつ、先へと進む必要がありました。敵の配置も嫌らしく、大男が巡回しているルートに銃を持った使いが居るなど、正面からの突破は厳しそうです。なので、まずは、ゲートを使って大男を隔離し、次に使いを誘き寄せて順番に倒していきます。まあ、セオリー通りですねw
 大聖堂の前には、何か怪しげなオーラを纏った棒を持った使いが二人いましたが、コイツの攻撃を受けると、発狂の状態異常が蓄積され、これがMAXになると大ダメージを受けるみたいです。油断ならない相手ですが、攻撃をしっかりと回避して背後に回り込んでしまえば問題なしb

 ・大聖堂
 中から女の人が祈っている声が聞こえてきますが、絶対にボス戦あるだろうw と思って一旦引き返し、しっかりと準備を整えてから突入しました。案の定、ボスでした(
 教区長エミーリアは、聖職者の獣の強化版のようなボスでして、距離が離れると衝撃波を放って来たり、体力を回復したりと結構厄介な相手です。ってか、普通に強いw
 ただ、これまでにこの手の獣との戦闘は十分に経験済みだったので、相手の攻撃にも十分に反応出来ました。彼らと対峙した時と同様に、攻撃をしっかりと回避し、隙を見せた時に反撃する、といったパターンで何とか削っていきます。また、回復されると厄介なことになるので、そのモーションを見せたら、すかさず攻撃を仕掛けて中断させます。衝撃波は横に回避し、すかさず接近して反撃。
 手強い相手だったとは言え、まあ、前述した通り、獣との戦いは慣れてきましたし、何とか、一回も死なずに倒すことが出来ました。ボスを初見で倒したのは、これが初めてですねw

 大聖堂では、そこに祭られている者の記憶を見ることが出来ましたが、この中には、先へと進むための重要なメッセージが隠されていたようです。そもそも、このオッサンがどこに向かっているのかが未だによく分かりませんが、まあ、とりあえず行けるとこに向かってそこで獣を狩るのが狩人たるものの使命なのでしょうw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる