GODZILLA is come back !

 GODZILLAを観てきましたので、その感想です。
 ネタバレは避けるようにしますが、うっかり漏らすかもしれませんのであしからず(ぁ

 今年の夏は、マレフィセントを始めとして注目の映画が多数揃っているわけですが、やはり本命はGODZILLAでしょうか。映画館で流れるCMを見て、あのゴジラの咆哮を耳にした時、「まさにゴジラだ!」と興奮し、それ以降、上映される日をずっと楽しみにしていました。
 一方、ハリウッド×ゴジラと言えば、前科があるわけでして、不安があったことも否めませんw とにかく、あれは酷かった。ゴジラというよりは、ただのTレックスですし、それをアメリカが御自慢の武力で叩きのめす、そんな怪獣愛もヘッタクレもないクソみたいな映画でしたね。あと、アナウンサーかレポーターか忘れましたが、彼女の身勝手な行動にも腹が立った。いや、本当に酷い映画だった……
 しかし、あの頃に比べると、海外における日本文化への理解も大分深まってきていますし、それらは、ゲームやコミック、そして映画などでも日本文化へのリスペクトが見られるようになりました。最近では、パシフィック・リムなんかが良く出来ていたと思います。シナリオはともかく、日本の特撮映画のような魅力を持った作品だったと言えました。
 また、GODZILLAは、海外でも既に成功していると知り、もしかすると、今度こそ、僕が子供の頃に見たあの興奮を与えてくれたゴジラが帰って来るんじゃないか? と期待も高まっていきました。

 さて、そんな期待と不安が入り混じった今回のGODZILLAなのですが、内容としては、ハリウッド級のスケールで蘇ったゴジラ、といった所でしょうか。もう、ゴジラが海から出現し、咆哮を放つシーンを観ただけで感極まって泣きそうになったくらいですw 何故なら、紛れも無く、僕が知っているあのゴジラだったからです。
 とにかく、本作はゴジラへの愛がひしひしと伝わるものでして、高層ビル程もあるゴジラの巨体やダイナミックな動きは迫力満点! また、どちらかと言えば、ドラマ寄りの内容になっていてゴジラよりも主人公を含めた人類の方が出番が多かったわけですが、むしろ、人類の視点でゴジラを観ることで、ゴジラの怖さってのがよく演出できていたんじゃないかと思います。
 ゴジラと言えば、町を破壊する様子も一つの見どころなわけですが、今回もとにかく大暴れで破壊しまくります! ゴジラが去った後の町の様はとても衝撃的なものだったと言えます。

 ここからは、少し真面目な話になります。

 ゴジラは反核をテーマとしており、町を破壊していく様は、まさに大災害そのものだと言えます。日本で生まれた怪獣だからこそ、このような存在になったのだと言えますね。つまり、この点を踏まえていなければ、いくら優れた怪獣映画であったとしても、それはゴジラではないのです。
 GODZILLAにおいても、作中で反核を訴えるメッセージが何度も発せられていました。それは、核兵器だけでなく、原子力発電に対してもです。アメリカではスリーマイル島において、そして、日本では、東北大震災の際に、福島の原子力発電所にて悲惨な事故が起きてしまいました。本作を観た人たちが、少しでも核の恐ろしさについて理解してくれれば、そんな思いが伝わるようですし、日本人である以上、僕も真剣に向き合う必要があるのだと感じさせられました。

 少し気になる点もあります。ゴジラは、そういった核の恐ろしさが怪獣と化したものであるのですが、GODZILLAにおいても反核のメッセージが込められているものの、そのメッセンジャーとなるのが、ゴジラ自身ではなく、別のモノ、といった点は賛否が分かれるところかもしれません。

 ゴジラは災害の化身でもあるわけですが、作中においても、人類があれこれと抵抗をこころみるものの、大した成果を挙げることが出来ない場面が多々見られます。自然の力の前では、人類は無力だというのでしょうか。渡辺謙さんが演じる芹沢猪四郎博士の台詞が何とも印象深かったです。
 また、東北における津波についても触れており、海から押し寄せてくる津波が、人々を飲み込んでいくシーンもありました。映画の内容とは言え、目の前で起きていることが現実のように思えて、とても恐ろしいものに感じました。このシーンについては、日本ではカットした方が良かったのでは? と思いましたが、逆に、日本で上映するからこそ必要なシーンだといった意見も聞かれます。いずれにせよ、津波を含め、地震や台風といった日本に住んでいる以上、起こり得る大災害として認識し、向き合わなければならないと思いました。

 GODZILLAについては、日本で生まれたゴジラとハリウッドの共演であり、その結果、ゴジラ史に残るような傑作が誕生したのではないか? まあ、そう言うと大袈裟に聞こえてしまうかもしれませんが、とにかく、良かったと思います。特に、クライマックスのシーンは、大興奮間違い無しでしょう。ゴジラ好きなら是非、観に行くべきです!
 しかし、これ一作だけで終わり、ってのは勿体ないので、続編なんかも是非制作して頂きたいと思いますねw 次は、メカゴジラ辺りでしょうかw ただ、メカゴジラを出してしまうと、ちょっと浮いてしまう気がしますけどw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる