E3 次世代は、怒涛の良作ラッシュの予感!

 本日の話題は、もちろん、E3のプレカンファレンスについてです。

 マイクロソフトの発表は何とか全部見れたのですが、EAとUBIは、夜中だったのでさすがにパスwソニーは、生中継が見れなかったり、動画が途中で止まったりと散々トラブルに巻き込まれたので、とぎれとぎれでしか見えてませんw
 まあ、それでもファミ通等で注目タイトルやその動画なんかをまとめてくれているので、別にタイムリーに見る必要はなかったのかもしれませんがw

 さて、早速ですが、個人的に気になったタイトルをピックアップしていきたいと思います。

 ・コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア
 時代が進み過ぎて、SF色が更に加速したコール オブ デューティですが、遂にビーム兵器っぽいものまで出て来ましたw
 今回は、誰も見たことがないような装備が次々と登場し、近年、マンネリ化しつつあるミリタリーアクションに革命を起こす内容になっていると言えます。まあ、逆に斬新過ぎて、付いて行けないって人もいるとは思いますがw
 また、アクション面では、ジェットパックのようなものが登場し、今まで以上に地形の移動に幅が出来そうですね。ウォールランがあるかどうかはまだ分かりませんがw

 ・Forza Horizon 2
 オープンワールドタイプのレースゲームですが、美しいグラフィックはもちろん、Forza Motorsportシリーズのようなリアルな挙動が体感できるのも本作の魅力。今回は、天候の概念が追加された他、前作では、道路上しか走れませんでしたが、コースアウトして草原や荒れ地などを走破することも可能になる等、車で移動出来る範囲が広がったと言えます。
 前作はまだ未クリアですが、この手のゲームは、クリアしてしまうのが勿体なくて、一気に進めたりはしないんですよねwなので、ちまちまと進めています。個人的には、Forza Motorsportより、こっちの方が好きかなw そして、その続編が出たことは、素直に嬉しいと思っています。

 ・Evolve
 レフト4デッドを開発したチームの作品。今回も、4人で協力プレイしながら進めるタイプのゲームのようですが、敵側のクリチャーも操作出来るらしく、圧倒的なパワーで4人組を追い詰めていくプレイも楽しめるようです。
 レフト4デッドは、フレさんと随分と遊びましたが、Evolveも皆で遊んでみたいですね。

 ・Assassin's Creed: Unity
 今回は、協力プレイにも対応しているらしく、4人でターゲットを追い詰めるところが紹介されました。門番を倒すと、外に集まっていた民衆が一気に押し寄せたりするなど、攻略の上で使えそうな要素も見られました。
 動画では、手際よくやっていましたが、実際にフレ同士で遊ぶとなると、必ず、足を引っ張る奴が出てくるでしょうねwしかし、それが面白い!そのあと、あたふたしながら火消しに走るのが協力プレイならではの醍醐味でしょうかw

 ・ドラゴンエイジ: インクイジション
 ドラゴンエイジの新作。実は、このシリーズ遊んだことないんですが、今回からプレイしてみようと思っていますw
 ファンタジー系のRPGと言えば、僕の中ではTESですが、美しい世界や手強そうなクリチャー等、TESにはない魅力も感じられましたし、是非遊んでみたいと思いました。

 ・Sunset Overdrive
 ラチェット&クランクを開発したチームが製作したそうです。電線の上を滑る等、何かとインファマスが連想させられますが、実際は別物でしょうw
 犯罪組織やミュータントと戦って町の平和を守るオープンワールドタイプのアクションゲームのようですが、個性的な武器や派手でポップなエフェクトが魅力的だと言えます。やっていて楽しくなってくるゲームだと思います。
 また、アクションとしても面白そうで、街中をアスレチックのように移動出来る点も爽快感がありそうですね。

 ・Dead Rising 3(DLC・Super Ultra Dead Rising 3 Arcade Remix Hyper Edition EX Plus Alpha)
 デッドライジングと言えば、馬鹿ゲーとしての側面(?)もあるわけですが、そのお馬鹿さを更に加速させるのがこのDLCだと言えます。
 導入すると、もれなく、カプコンのあんなキャラやこんなキャラになりきることが出来、波動拳でゾンビを吹き飛ばすなどやりたい放題できる模様w巨大なベガゾンビも登場する等、もう何でもアリのお祭り騒ぎ。そして、タイトル無駄に長いwww

 ・Fable Legends
 待ちに待ったFableの新作ですが、今回は、それぞれ能力の違う4人でチームを組んで冒険するアクションゲームになる模様。Fableのアクションと言えば、何とも微妙なのが正直な感想なのですが、見た感じでは意外としっかり作り込まれてますし、何よりも協力プレイが生かされたアクションが魅力的に感じました。
 しかし、最も注目すべきは、プレイヤー自身がヴィランとなって英雄達の邪魔をすることも可能な模様。マップに魔物や仕掛けを配置することが出来るため、プレイヤーに狡猾さが求められることになりそうです。

 ・Halo: The Master Chief Collection
 残念ながら、Halo5の発売は、来年となりましたが、その代り、1~4の全てが入ったお得なソフトが発売されるようです。しかも、2に関しては、HDリマスターされており、旧作とリマスター版をボタン一つで切り替えることも出来るそうです。見比べながら遊ぶのも面白いかもしれません。
 また、Halo 5 Guardiansに関するコンセプトムービーが公開されましたが、果たして、あの細身のスパルタンは一体何者なんでしょうね?wマスターチーフの後継者とかそういうのもあり得そうですが、2のように、二人の物語が同時に進んでいくような感じになるのかな。

 ・Inside
 フィル・スペンサー氏お気に入りのLIMBOの続編(?)
 ホラーテイストが加速しており、不気味さが前作よりもさらに増したように見えます。物語や世界観もとても気になる内容でしたので、是非、プレイしてみたいところですね。

 ・Rise of the Tomb Raider
 トゥーム・レイダーの新作。今回も、若い頃のララさんのお話のようです。なんか、バットマンビギンズみたいに、リブートという扱いになるんじゃないかと思うんですがw
 コンセプトムービーの紹介のみで、ゲームの詳細については触れられませんでしたが、新しい情報に期待したい所。そして、いい加減に手つかずの前作をプレイしませんとw

 ・ウィッチャー3 ワイルドハント
 北欧で人気のダークファンタジーをゲーム化した作品。美しいグラフィックはもちろんですが、人間の醜さや残酷さ等、闇の部分に対する容赦のない描写、そして、目的のためには、かつての敵とも協力し、時には仲間さえも裏切る、そんなダークで濃厚なシナリオを堪能することが出来ます。また、ブラックユーモアやジョークも満載ですw
 一方、アクション面の作りが甘く、システムが難解すぎるといったこともある等、惜しい点もありました。3になってこの点がどれだけ改善されているのかがこの作品を評価する際のポイントとなりそうです。

 ・Phantom Dust
 超能力を使った格闘アクションのようです。初代箱の時に発売されたタイトルのようなのですが、僕は、持ってなかったので知りませんでしたw
 今回は、紹介ムービーだけでしたが、対戦前の町が崩壊していく様子など、クールで格好良いと思いますね。

 ・Tom Clancy's The Division
 崩壊したニューヨークを舞台としたオープンワールドタイプのアクションゲーム。協力プレイにも対応しているようです。
 今回、実際にプレイしている様子が紹介されていましたが、操作感はスプリンターセルに近いんじゃないかなと思います。また、ハイテクなガジェットなんかも数多く登場していてワクワクさせられますね。
 それにしても、UBIソフトは最近、オープンワールドタイプのゲームが多いですねwまあ、UBIだけに限らず、他社でも増えてきていますし、いよいよ、この手のゲームがメインとなる時代がやって来たのかなと思いますね。

 ・SCALEBOUND
 プラチナゲームスの神谷氏が手掛ける新作アクションゲーム。銀髪、背負った巨大な剣、ヘッドホン、と言えば、ダンテですが、デビルメイクライの新作ではないようですw
 今回は、コンセプトムービーのみの紹介でしたが、巨大なモンスター相手に戦うアクションゲームのようです。また、見ている限りでは、ドラゴンは味方のようですが、もしかすると、コイツと共闘しながら戦うアクションなのかもしれませんね。
 また、剣で斬った相手の装甲を奪い、自分の鎧として身に纏う等、敵の能力を奪う要素もあるのかもしれません。いずれにせよ、アクションゲーム好きの方は、本作に対する期待は、相当高いんじゃないでしょうか。もちろん、僕も大いに期待していますb

 ・Crackdown(日本題、ライオットアクト)
 オープンワールドタイプのクライムアクションゲーム。もう続編なんて出ることはないと思っていましたが、遂に新作が発表されました。
 今回は、コンセプトムービーのみの紹介でしたが、プレイヤーは超人的な能力を備えたエージェントとなり、初代のようにギャングを倒していくタイプのゲームになるようです。それにしても、ギャングを倒すのに、建物ごと壊すとはw実際にここまでダイナミックなことが作中でも出来るのだとしたら、それはそれで楽しそうではありますけどww

 ・The Order: 1886
 GOWを開発したサンタモニカが手掛けるということで個人的に注目しております。ゲームとしては、カバーアクションが出来るTPSとなる模様ですが、そうなると、ギアーズと比べられるのは避けられない気がしますw
 とは言え、登場人物の衣装がとても格好良いですし、中世のロンドンを舞台に、SFチックな武器を持って戦う等、アートとしては非常に惹かれるものがありますので、是非、プレイしてみたい所ではあります。

 ・Bloodborne
 フロムソフトウェアとSCEJのタッグで開発するようです。この組み合わせと言えば、デモンズソウルですが、果たして、それに並ぶ名作が誕生するのか?期待したい所です。
 かなりダークな世界観が印象的でしたが、今回はホラーゲームでも作るのでしょうかw現段階では、どのようなゲームが完成するのか分かりません。新情報待ちですね。

 ・Destiny
 Haloでお馴染みのBungieが開発するFPS。今回の発表で白色PS4との同梱版が発売されることが決定したようです。
 ゲームを実際にプレイしている様子は、前回のE3でも紹介されましたが、まだ発売されてないというのが驚きですねwまあ、それだけ内容が濃いってことなんでしょう。実際、開発費は500億ととんでもない額ですしw

 ・Battlefield: Hardline
 バトルフィールドの新作ですが、今回は、警察vs犯罪者という構造のようです。対戦ルールもバトルフィールド伝統のコンクエストが採用されるわけですが、パトカーや白バイ、そして、銀行強盗なんかで良く見かける(?)バンが走り回る等、それっぽくアレンジされているようですw
 また、ジップラインを使った移動なんかもあるようです。CoDはジェットパック、BFはジップライン……これも、タイタンフォールの影響なんですかね?w

 ・バットマンアーカムナイト
 オープンワールドタイプのクライムアクションゲーム。版権物のゲームでありながらも、その完成度の高さで評価を受けている本作ですが、今回は、バットモービルに乗って実際に街中を走れるなど、かなりパワーアップしているようです。
 バットモービル道路以外の場所でも走れる非常にパワフルなマシンのようですが、戦車形態になって破壊しまくることも出来るようです。また、モービルを加速した勢いを利用して飛び出し、そこからグライドに移るなど、切り替えの早いアクションが魅力的に思えました。
 また、これまでは建物内に入る度にロードが入りましたが、今回はシームレスの模様。とにかく、次世代を感じさせる素晴らしい作品になることは間違いなさそうですね。

 ・アンチャーテッド4
 今回はコンセプトムービーのみの紹介でしたし、内容的にもこれだけではどんな物語になるのか想像がつきませんねwとりあえず、舞台が無人島のジャングルっぽいということだけはw

 ・ファークライ4
 今回は、ヒマラヤの奥地かなんかだったと思いますが、とにかく、ハチャメチャ度が増し、馬鹿ゲー路線を進んでいるのでは?と思ってしまいましたw
 車両を運転しながら銃撃したり、並走している車に乗り込んでジャックしたりといったアクションが真新しいと感じました。また、今度は像が登場するようですが、こいつ、かなり強いらしく、暴れ出したら敵を次々と倒していましたw前作も、野生動物が異様に強かったわけですが、今回は、それを上回ってしまうかもしれませんねw

 ・TOM CLANCY'S RAINBOW SIX SIEGE
 対テロの特殊部隊の活躍を描いた作品、レインボーシックスの新作。テロ組織との銃撃戦はもちろんありますが、人質を取り、部屋に立てこもった犯罪者達を相手に、如何にして先手を取るか作戦を考えるといった知略的な要素が魅力でもあります。
 今回は、マルチプレイヤーが公開されましたが、特殊部隊側と強盗側とに分かれて対戦するようです。強盗側は、バリケードを築きあげたりして襲撃に備えますが、特殊部隊側は、まず、カメラなどを使って情報を収集、それを基に作戦を立て、突入するようです。ベガスらしい対戦ルールだと思いますし、これは是非とも体験してみたいですね。ただ、特殊部隊側は、味方と意思疎通が出来ないとグダグダになりそうですが、英語が話せない僕みたいなプレイヤーのためにも、簡易チャットやマーキングといったものが充実していればいいですねw

 大体こんな所でしょうか。
 今回のE3は非常に充実した内容だったと言えますね。特にマイクロソフトの発表が凄かったと言えます。とにかく、怒涛のソフトラインナップでしたからねw前回、あまり紹介してなかった分、批判されてましたし、その反省でしょうかねw
 さて、日本では、Xboxoneが9月に発売されるようですが、今回発表されたタイトルの中には、9~10月発売というものもありました。本体と同時に、一体何本のソフトを買わなきゃならんのだw今のうちに貯金しておく必要があるかもしれませんねw

 最後は、任天堂の発表ですが、こちらは、去年と同じく岩田社長が直接紹介するのではないかと思います。
 果たして、どんなサプライズが待っているのか、今からとても楽しみにしています。もちろん、当ブログでも任天堂の発表についての感想も書いていく予定です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる