ポケットモンスターX・Yの感想・まとめ

 ポケットモンスターX・Yについて、感想や思うことなどをまとめてみました。
 今回は、ネタバレを含みますので、まだクリアされておられない方などは、ご注意くださいませ。

 ・3Dで描かれる新たな世界

 恐らく、今作における最大の特徴とも言えるのが、伝統的なドッドグラフィックから3D描写へ変更されたことでしょうか。3Dの世界になったとは言え、ポケモンスタジアムのような感じではなく、今までのドッドの世界の雰囲気を残しつつの変化であるため、過去作から遊んできたプレイヤーも違和感なく新しい世界に浸れるのではないかと思います。むしろ、3D化されたことでポケモンが良く動くようになりましたので、今まで以上に一匹一匹に愛着が沸きます。

 3D化されたことで、演出面も高まり、迫力のあるバトルが楽しめるようになりましたが、一方で、テンポが落ちてしまうのではないか?と少なからず心配しておりましたが、実際には、かなりスムーズに進行しますので、思ったよりも快適です。イメージとしては、ポケモンスタジアムのような演出重視のバトルではなく、従来のポケモンバトルのテンポで進行し、特定の技のみカットインが入る感じです。

 3D化されたのは、バトルだけでなく、街や道路、そしてダンジョン等のフィールドについても3D化されています。殆どのフィールドが従来の見下ろしタイプではありますが、斜めにも移動出来るようになった点は大きいかもしれません。ただ、人に話しかけるには、ちゃんと向き合う必要があるため、慣れるまで少し苦労するかもしれません。

 また、ミアレシティや輝きの洞窟等は、従来の見下ろしタイプではなく、主人公の後ろにカメラが固定される所謂三人称視点となっています。試みとしては面白いと思うのですが、一方、カメラは自分で動かすことが出来ず、しかもグルグル回るので、慣れてない人は、3D酔いしてしまうかもしれません。特にミアレシティはただでさえ迷いやすい構造をしているため、余計にストレスを感じてしまいました。(とは言え、ミアレシティ自体は、探索すれば色々な発見があるので、そういう意味では、魅力的なロケーションだと言えます)

 ・メガシンカ

 発表された時は、何じゃそりゃ!wwと悪い意味で驚いたものですが、メガシンカの仕組みを知るにつれ、これが中々面白いシステムであることが分かりました。
 メガシンカは、単なる進化の延長線上ではなく、全く次元の違うものであると言えます。メガシンカすると大幅にパワーアップするわけですが、他には、次のような特徴があります。

 ・メガシンカするには、専用のアイテム(~ナイト)を持たせる必要がある。
 ・メガシンカ出来るのは、バトル中のみ。
 ・一回のバトルにつき一匹だけしかメガシンカさせることが出来ない。
 ・中には、大幅な強化と引き換えに、一部のパラメータが下がったり、タイプ、特性が変わるポケモンもいる。
 ・メガシンカは、トレーナーの任意のタイミングで行える。(ちなみに、メガシンカを選んだターンに技を選ぶことも出来る)
 ・メガシンカを選ぶと、ターンの初めにメガシンカすることが出来る。
 ・メガシンカを選んだターンは、メガシンカする前の素早さが適応される。

 これらの特徴を踏まえると、とりあえずメガシンカさせるのではなく、ポケモンによっては、タイミングが重要なことが分かります。また、メガシンカ用のアイテムを持たせる必要があるため、それによってきあいのタスキやいのちのたま等のアイテムを持たせることが出いないといったデメリットもあります。
 ポケモンによっては、メガシンカすることでガラリと性質が変わってしまうものもいるため、技構成等についても、メガシンカ前と同じというわけにはいかないかもしれません。
 作中でも言われていますが、バトルで勝つためには、メガシンカをしない、という選択肢も重要になってくるのではないかと思います。
 とは言え、メガシンカすることで非常に強力なパワーを得ることが出来るため、これを利用しないわけにはいかないでしょう。
 今作のXYでは、メガシンカの特徴をよく理解し、上手く立ち回ることが勝利へのカギとなりそうです。

 ・フェアリータイプの登場

 フェアリータイプの登場は、メガシンカと並んでこれからの対戦環境に大きな影響を与える要素と言えるでしょう。
 フェアリータイプの技は、ドラゴン、格闘、悪に効果抜群であり、一方で、鋼、毒、炎に対しては今一つとなっております。また、フェアリータイプ自体は、なんとドラゴン技を無効化してしまい、他には、格闘、虫、悪に対して抵抗を持っています。弱点に関しては、毒、鋼となっております。
 これまでは、ドラゴン、格闘がかなりの猛威を振るっており、その調整のために導入されたのがフェアリーだと言えますが、一方、毒、鋼等、範囲の狭さからあまり使われなかった技の活躍に期待が掛かります。
 また、鋼タイプにも調整が加えられており、これまでゴースト、悪に対して抵抗を持っていた鋼ですが、今回では等倍となりました。これによって、鉄壁を誇っていたドータクンやメタグロスの弱点が二つ増えることになります。もっとも、鋼はフェアリータイプへの抵抗を手に入れたので、弱体化されたかどうかは、現段階では何とも言えないかもしれません。

 ・新しいポケモン

 パッケージモンスターとなる、ゼルネアス、イベルタルはもちろん、ハリマロン、フォッコ、ケロマツ等新たな御三家も加わり、他にもフェアリータイプを中心に様々なポケモンが追加されております。とは言え、追加された数は、今までと比べても随分と控えめであると言えます。
 しかし、旧作のポケモンが数多く登場するため、シナリオクリアまでに手に入るポケモンだけでも400種類を越えており、それにより物足りなさはそんなに感じませんでした。

 残念だと言えるのは、今作で追加された伝説のポケモンがあまりにも少ないこと。いつもは、サンダー、ファイヤー、フリーザーのように、三匹の伝説のポケモン(所謂、準伝説ポケモン)が登場するのですが、今作では、それに相当するポケモンが一切登場しません。
 クリア後にとある伝説のポケモンが登場するのですが、こいつがまた妙な奴だと言えます。ポジション的には、恐らく、ゼルネアスやイベルタルと何らかの関係を持つポケモンだと思われますが、その割に彼らと比べて能力が低く、実質、こいつが準伝説ポケモンとなるわけですが……いずれにせよ、この謎のポケモンの正体については、次回のスピンオフ作品を待つしかないのかもしれません。

 もちろん、伝説のポケモンに関しては、今後、イベントでの配信などが行われる可能性があります。ですが、通常のプレイで手に入る新しい伝説のポケモンは、シリーズ中最も少ないと言えます。
 ただ、その代りに、二種類のメガシンカを持つミュウツーが登場しますので、まあ、それで良しとしましょうw

 新しいポケモンでお気に入りとなると、やはり、最初に選んだハリマロン、それから進化後のハリボーグ、ブリガロンなんかですかね。対戦でもまだ注目されていないようですが、意外と強そうなので是非育ててみたい所。
 ガチゴラスも殿堂入りパーティーのうちの一匹でしたが、意外と打たれ弱く、名前通りのガチ性能ではありませんでしたが、技のバリエーションが豊富であり、範囲の広さが強みとなりそうなので、こいつも是非育てたいです。
 他には、フォルムチェンジを上手く使いこなすことで脅威の戦闘能力を発揮するギルガルド、悪、エスパーという独特な組み合わせと、あまのじゃくによるばかぢから連打が強いカラマネロ、フェアリーと渡り合える毒&ドラゴンタイプであるドラミドロ、可愛い600族として注目を集めているヌメルゴン、伏兵として活躍出来そうなクレッフィ、そして、大きさによって能力が変わるというパンプジン辺りが気になりますね。
 メガシンカに関しては、どれも魅力的ですし、出来れば、全種類試してみたい所です。

 ・シナリオ

 前作BWでは、ポケモンにおけるタブーに触れたシナリオが話題となり、今までとは違った物語の展開に驚かされたものでした。
 一方、今回のポケモンは、どちらかと言えば、従来の路線を維持したものとなっており、真新しさには欠けている点は否めません。もっとも、表現力の向上もあってか、キャラクター一人一人の魅力は、今まで以上に高まっていると言えます。

 ジムリーダーのコルニは、物語において非常に重要な役割を果たしており、メガシンカを使いこなすトレーナー同士のバトルは、作中でもかなり盛り上がる展開だったと言えます。
 旅の行く先々で会う先輩トレーナー達も、序盤の方はそれ以上でもそれ以下でもなかったのですが、フレア団との戦いの中で変装(しかもバレバレ)して主人公を助けたりするなど、とても可愛かったですw
 今回のフレア団のボスに関しても、高い理想と熱い情熱の持ち主であり、人々の生活に役立つ様々な機械を開発をしてきた実績の持ち主であるなど、今までの悪役と比べるとちょっと異質だと言えます。また、悪役というのは、常に世の中に疑問を投げかける存在でもあるわけでして、その役割も十分果たしていたといえるのではないでしょうか。最も、彼自身が何故あのような考えに至ったのかについては、あまり多くは語られておらず、その辺りは、想像で補うか、スピンオフ作品に期待するしかないかもしれません。
 作中のテーマは、今作が全世界同時に発売されるといったこともあってか、我々人類の共通の課題である平和について考えさせられる内容だったと言えます。AZは、登場回数こそ少ないものの、物語の中心的な存在であり、エンディングでは思わず涙が出そうになりました。

 今作のシナリオは、あまり多くを語らず、プレイヤーの想像に委ねている部分が大きいと言えます。近年のポケモンにおけるシナリオは、複雑かつ難解になりつつありましたので、それを簡素化しようとしたのではないかと考えております。
 とは言え、勧善懲悪の分かり易いシナリオではなく、テーマとしても深く考えさせられるものだと言えますので、子供だけでなく、大人でも楽しめるものだと言えます。

 物語としては良かったんですが、気になった点としては、パッケージモンスターである彼らの扱いがあまり良くなかった点でしょうかw本来ならゼルネアス、イベルタルが持つそれぞれの能力が物語に影響するはずなのですが、実際、そういった場面があったかと言えば、無かった気がしますw彼らの役割は、破壊兵器を起動するためのエネルギーでしかないというwしかも、主人公に助けを求めてくるなど、何とも情けないですw
 ポケモンに関しては、どちらかと言えば、伝説のポケモンよりもメガシンカの方が重要な意味を持っていた気がします。そう考えると、パッケージモンスターは、ゼルネアスやイベルタルよりも、メガシンカしたポケモンを載せた方がしっくり来るのでは?と思ってしまいました。

 伝説のポケモンと同じくらい不遇の扱いと言えば、四天王やチャンピオンもそうでしょうかwチャンピオンに関しては、ポケモンをメガシンカさせることが出来るトレーナーということで、その座に相応しい人物だったと言えますが、それだけに、もう少しシナリオに絡ませても良かったんじゃないかと思いました。
 チャンピオンの正体は、対峙する直前まで分からないというのが伝統的ではありますが、メガシンカを使いこなす強力なトレーナーとして登場させることで、もしかすると、この人がチャンピオンなのかもしれないなと本能的に感じさせる演出になりますし、それはそれで盛り上がるんじゃないかと思います。今回は、どちらかと言えば、消去法で正体が明らかになる感じでしたしwそれはちょっと寂しいかな、とw
 四天王については、一人だけその存在を早い段階で知ることが出来たみたいですが、他については、全く知らない人ばかり。一方、それぞれが強い個性を持っているので、彼らのことをもっと知りたかった、というのが本音でしょうかwシナリオ中での登場が無理でも、クリア後に登場させる、なんてのも面白かったかも。

 ・お洒落を楽しむ

 これまでは、何か新しい要素が追加されたとしても、それはポケモンに関することばかりでプレイヤーが操作する主人公に関するものは、あまりなかった気がします。
 しかし、今作では、主人公の見た目を変えることが出来まして、しかも、これが思った以上に魅力的な要素だったりするのです。
 各町には、ブティックが存在し、そこで、服を買うことが出来るのですが、帽子、トップス、ボトム、靴下、靴、バッグ、帽子飾り、(女の子の場合、ワンピースもある)等、細かく用意されているのが特徴だと言えます。更に、髪を切ったり、カラーコンタクトで目の色を変えたりといろいろいじれるので、自分だけの主人公をカスタマイズすることが出来るわけです。
 また、各店で買えるアイテムは、日によって内容が変わるため、実際のショッピングのように、お店に足を運ぶ楽しみもあると言えます。
 最早、ポケモンと何も関係のない要素ではありますが、これはこれで結構楽しかったりします。僕の場合、新しい街による度にまずブティックがあるかどうかを確認し、そこで気に入ったアイテムがあれば、多少、無理してでも買ったものですw

 ・俺の嫁的な要素

 比較的どうでも良い要素ですが、今作に登場するモブキャラクターは、全体的に美人さんが多い気がしますw個人的には、エリートよりエリートっぽい格好良くて素敵なポケモンレンジャー♀、大人の色香漂うおとなのお姉さんとウェイトレス、そして、お洒落かつキュートなふりそで(小麦肌&黒髪ツインテール)等がお気に入りですかねwまた、一部のファンの間では、オカルトマニアが可愛いと好評のようですw特に、独り立ちした子が人気あるんじゃないかと思っております(ぁ
 男性陣なんかは、ダンディでナイスミドルなベテラントレーナー♂、キザでいかにもエリートっぽいエリートトレーナー♂、紳士的でありながらいい感じに緩んだギャルソンなんかが格好良いですね。そして、我らがやまおとこも気合の入ったタッチで描かれていますb……まあ、正直に言うと、彼の顔を見ると、どうしても笑いがこみあげてきますがw

 ・育成関連

 今回は、初心者でも上級者への道を歩めるように、スパトレと呼ばれる要素が追加されました。ミニゲームに挑戦したり、サンドバッグを叩くことで、各パラメーターの基礎ポイントを上げることが出来る、というものです。
 これまでのポケモンでは、基礎ポイントの存在は、隠しパラメーターのようなものであり、ゲーム中に確認することは出来ませんでした。ですが、それが視覚化されたことで、初心者でも世の中の猛者と渡り合える強いポケモンを育てることが出来るようになったのです。

 ここからは、少し踏み込んだ話をします。

 ポケモンにおける育成関連は、拘ろうとすればそれだけハードルが高くなり、一匹のポケモンを育てるだけでも何十時間と費やしてしまうことがあります。しかし、今回は、その手間を大幅に縮小する要素が多々登場しました。
 まず、タマゴグループ不明のポケモン(ゼルネアスのような伝説のポケモンやリオルのようなベイビィポケモン)に関しては、必ず3Vのポケモンが出るようになっているそうですし、フレンドサファリでゲット出来るポケモンでも2Vとなっているようです。また、ポケトレで連鎖を続ければ、60連鎖程で3Vのポケモンが確定する模様……まあ、そこまで続けるのが非常に困難ですがw
 また、ゲームフリークの増田さんの話によれば、親にあかいいとを持たせると、両親から5つのパラメーターを子に引き継がせることが出来るそうです。
 他には、夢特性を♂でも引き継がせることが出来るようになったり、♀でも遺伝技を引き継がせることが出来るようになったり、とくせいカプセルというアイテムを使って特性を変更することが出来るようになりました。(ただし、夢特性への変更は出来ないよう)

 僕もかつては上級者への道を歩み始めたものの、次第に面倒になっていき、途中で挫折してしまったものですが、今回は、比較的楽にポケモンを育てることが出来そうなので、これを機に対戦界に復帰したいと思うようになりました。
 また、育成に手間が掛からない分、色々試してみるのもいいでしょうし、浮いた時間は、パーティーの構成等を考察する時間に割けるのもいいですね。


 今作については、全く不満点が無かったわけじゃないのですが、それでも、そんなことが些細に思えるくらい魅力的な内容になっていると言えます。シナリオをクリアするだけでもこんなに楽しめたのは、今回が初めてじゃないでしょうか。
 特に魅力的に思えたのが、やはり3D化した点でしょうか。これによって、ポケモン達が活躍する姿を楽しむことが出来るようになったわけですし。いつかは、手塩に掛けたポケモン達が活躍する姿を拝みたいものです。
 それから、メガシンカも個人的には、魅力的な要素だと思います。ドラクエにおける伝説の勇者だったり、スカイリムにおけるドラゴンボーンだったり、こういった特別な力ってのはやっぱり魅力的に感じますねw 対戦においても、このメガシンカをどう使いこなすのかを考えるのも楽しそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる