時のオカリナから3DSが始まる

 今回は、ゼルダの伝説 時のオカリナ3Dのお話です。
 僕自身、ゼルダの伝説が凄い好きでして、時のオカリナは六回以上はクリアしたものです。なので、3DSで発売されたリメイク版は、せいぜい3DSの性能を推し量るためのソフトでしかない、と思っていたのですが、いやいや、そんなことは全く無く、かなり熱中しておりますw時のオカリナは、元々の完成度が高く(特にアクション面)、シナリオや台詞もシンプルでありながら魅力的で意外と深みのあるものだったので、数年経っても色あせないのでしょう。クラシックって奴ですねb

 リメイク版というのは、原作を超えることはあまりなく、逆に酷くなることが多い気がするのですが、本作に関しては、原作を大切にしつつ、問題点を改善した、と言った感じでしょうか。もちろん、ファンサービスも欠かしていません。

 原作を大切にしていると感じた点としては、まず、BGMでしょうか。時のオカリナには、後のシリーズでも採用されているような名曲が多く、この要素は非常に重要だと言えます。それで、実際どうなのかと言いますと、BGMの音質は限りなく64時代のものに近く、この点で不満が出ることはまずあり得ないというくらい忠実です。(まあ、SEの方で若干違う点がありますが、これはどうでもいいw)
 後は、難易度関連で心配される方もいらっしゃると思われますが、心配要りません。スタルフォスのジャンプ斬りで、しっかりハート2つ分奪われますのでご安心をw

 時のオカリナは謎解きがあまりにも難しく、公式サイトで攻略情報を載せてしまうほどだったのですが、シーカーストーンなるヒントが貰える物体(?)が追加されましたので、詰まることも殆ど無くなったと言えます。あと、分かり難かった謎に関しても、ナヴィが的確なヒントを出してくれたり、気付きにくい所もデモ中の映像等で教えてくれたりするようになっているなど、ちょっとした気配りも追加されています。
 それから、ヘビィブーツの着脱に関しては、原作では非常に面倒臭く、そのせいで水の神殿が嫌いになった方は少なくないと思われます。しかし、リメイク版では、ヘビィブーツもアイテム扱いとなったため、ボタン、もしくはタッチパネルを押すだけで着脱が可能になり、水の神殿攻略が楽しくなること間違い無しですb

 リメイク版で重要な要素の一つと言えるのが、やはり追加要素でしょうか。本作の一番の目玉は何と言っても、裏ゼルダが収録されていることでしょうか。裏ゼルダは、風のタクトの予約特典として配られたのですが、基本非売品ですし、入手は困難。よって、未プレイの方は多いかと思われます。それが本作に収録されていると言うのですから、これはもう喜ぶしかないでしょう。また、裏ゼルダは、全編通してミラーモード、更にダメージが二倍になるといった予約特典の時とは違う要素もあるので、一度プレイされた方でも違った感じでプレイ出来るかもしれません。
 他には、倒したボスともう一度戦えるという要素も追加されたようです。巨大なボスとの戦闘は、時のオカリナの魅力でもありましたし、これはファンにとっては凄く嬉しい要素だと思います。

 ところで、話は少し逸れますが、携帯ゲーム機に3D映像を採用するって正直どうなんだ?と思われている方は多いかと思われます。3D映像を採用することにより、映像に奥行きが生まれ、自分がその場にいるような臨場感を味わうことが出来ますが、大画面でプレイ出来る据え置きタイプのハードなら、迫力のある映像を楽しむことが出来るわけです。一方、携帯ゲーム機は画面が小さいので、迫力がある……とは言い難いかもしれません。
 ここ最近、3DSでも色んなゲームが発売されたのですが、3Dの深度が浅かったり、そもそも3Dの意味があるのか?というものばかりだった気がします。しかし、時のオカリナは、指標を示してくれたと言えます。3D映像の深度をMAXにすれば、自身がハイラルにいるかのような感覚になりますし、携帯ゲーム機であるため、ハイラルを身近に感じることが出来ました。恐らく、任天堂は、3Dの迫力の映像を携帯ゲーム機で再現したかったのではなく、こうした身近に感じられる映像を提供するために、3Dという選択肢を採ったのだと思いました。
 3D映像の魅力を知るためには、最も適したゲームだと言えますので、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 3DSと言えば立体映像ですが、もう一つ、ジャイロセンサーも忘れてはいけません。これをオンにした状態でプレイすると、例えばパチンコを構えた状態で本体を動かすと、それに合わせて画面内の視点も移動するようになっています。360度回転するのに自分自身も360度回転しなくてはならないということはありませんが、プレイヤーとリンクが一体になったような感じでプレイ出来るので、これは正直に凄いと思いました。人によっては、弓矢で狙いをつけやすくなったという方もいらっしゃるようです。まあ、体を動かす必要があるので、ゴロゴロしながら、もしくは電車の中では出来ませんがw

 かなり細かい点でも、例えば、マロンの家に彼女が描いたと思われるイラストが何枚か飾られていたり、ゴロンの里の壁画にドドンゴらしきものが追加されていたりと、細かいところも作りこまれています。
 グラフィックもポリゴン数が増えたことで全体的にカクカクしていた感じが無くなり、登場人物やモンスターがよりリアルに描かれています。もちろん、今、時のオカリナをプレイすると、動くたびにチラチラしてやり難く感じるかもしれませんが、本作はかなり滑らかに動くので、目にも優しいです。まあ3Dにすると違う点で厳しいですけどねw
 パッと見た感じでは、そこまで大きな変化は無いので、あくまでも原作を大切にしつつのグラフィックの向上だと言えます。

 本作は、ただのリメイクではなく、これがゼルダの新作だ!と言っても疑いようの無いくらい高い完成度を誇っています。なので、原作をプレイした人はもちろんですが、新規の方に是非ともプレイして貰いたい作品であります。というか、そういう人が凄く羨ましいですw
 また、裏ゼルダやポイントをクラブニンテンドーに登録することでオリジナルサウンドトラックが貰えてしまうという、何とも豪華な仕様!気前良すぎですw

 後々、3DSでムジュラの仮面のリメイクなんかが出たら嬉しいと思いますが、やっぱり新作やりたいです。その作品は、時のオカリナに負けないくらいの魅力を持ったゼルダであって欲しいと思いますね。

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3Dゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
(2011/06/16)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる