ボーダーランズのジャンルは、RPSと呼ぶことにしよう(何

 ボーダーランズ2を始めましたb

 本シリーズは、RPGとFPSの良さを併せ持っていまして、その名もロールプレイングシューターという新しいジャンルを確立したゲームでもあります。
 プレイヤーはVoltハンターの一人となり、報酬と引き換えに人々の頼みを聞きながら物語を進めて行くわけです。人々の頼みを聞く……と言えば、作業臭がプンプンするわけですが、確かに、ボーダーランズのクエストは、中身が薄く、作業的だと思いますwストーリーもあってないようなものですしw
 しかし、だからと言ってクソゲーであると判断するべきではありません。本シリーズは、ストーリーやムービー等の演出面が薄い代わりに、ゲームとしての部分、つまり、RPGとして、もしくはFPSとしての魅力をしっかりおさえていると言えます。

 ボーダーランズにおけるRPGとしての魅力は、キャラクターの成長、そして、何百万種類も存在する武器だと言えます。

 まず、殆どのRPGでは、ゲームを始める前に、戦士、魔法使い、盗賊、弓使いといったクラスを選択することになるのですが、ボーダーランズにおいても4つのクラスから選択することになります。当然、個性が全く異なってきますので、選んだクラスによってプレイスタイルが大きく変わります。
 また、同じクラスであっても成長のさせ方、つまりスキルの割り振り方によっては、全く性質の違ったキャラクターになります。例えば、射撃ダメージやリロード速度を重点的に強化することで銃撃戦に特化したり、それぞれのクラスが持つアビリティの魅力を最大限に引き出したり、もしくは、何でも出来る万能タイプにすることも出来ますが、当然、器用貧乏になってしまいます。
 4つのクラスとスキルの割り振りだけでかなり個性を変えることが出来ますので、周回プレイにも耐え得るシステムだと言えます。ちなみに、スキルに関してはポイントを振り直すことも出来るため、そこまで難しく考えなくてもいいかもしれません。

 次に、何百万種類もある銃ですが、これに関してはMMORPGによく見られるそれと似たようなものだと言えます。
 ピストル、ショットガン、アサルトライフル、といった銃の種類はもちろんですが、ダメージ、反動、精度といった細かい違いもあり、中にはエレメンタル属性が付属したものや、特殊な性能を秘めたものもあります。また、メーカーによって違いもあるため、この何百万種類という文句が偽りでないことは確かです。
 そのため、自分に適した武器を見つけるのはなかなか大変ではありますが、それだけに見つかった時の喜びは大きいでしょうし、愛着も沸くというものです。

 他には、シールドやグレネードといったものにも違いがあり、MOD、レリックといった要素もあるため、プレイヤーが育てたキャラクターは唯一無二となるわけです。
 手塩に掛けたキャラクターを他のプレイヤーにも自慢したくなると思いますが、幸い、本シリーズはオンライン協力プレイにも対応しています。また、どちらが真のVoltハンターであるかを証明したければ、決闘を申し込むことも出来ますよ。

 RPGにおけるゲーム部分の良し悪しを決める際、よく戦闘システムについて挙げられることが多いと思われますが、僕自身は、この育成の要素にこそ面白さが詰まっていると思っております。
 例えば、ドラゴンクエストにおいては、モンスターと戦っている時よりも、街で武器を変え揃えている時の方がワクワクしないでしょうか?
 もちろん、個人差はあると思いますが、少なくともキャラクターの育成に魅力を感じているのであれば、ボーダーランズは大変魅力的なタイトルだと言えそうです。

 ボーダーランズにおけるFPSとしての魅力はどういったものでしょうか?

 FPSと一括りに言っても、ミリタリー系、撃ちまくり系、といったように様々な種類が存在します。ボーダーランズにおいては、撃ちまくり系に当てはまると思いますが、このタイプにおいて重要な要素とはどういったものでしょうか。
 撃ちまくり系で重視されるのは、テンポの良さだと思われます。出てくる敵を次から次へと倒すことで爽快感が得られるというワケです。ただし、敵があまりにもあっけなくやられてしまうと手応えが感じられないでしょうし、かと言って頑丈過ぎるとテンポが悪くなります。この辺りが難しい点だと言えます。
 ボーダーランズにおいては、キャラクターのレベルや武器の性能に依存するところが大きく、それによって苦戦するかどうかが決まってしまいますが、十分なレベルに達していれば、テンポよく倒していくことが出来ると思います。
 敵は、比較的たくさん出て来ますので、豊富な弾丸を撃ちまくったり、狙い撃ちするだけでなく、グレネードと各キャラの持つアビリティ等も駆使して倒していく必要があります。こうすることで、一度にたくさんの敵を同時に相手にすることが可能となり、上手く立ち回れば敵を次々と倒していけますので爽快感も得られます。

 その他のFPSタイトルに比べると銃撃戦もそれほど本格的では無いですし、敵AIも決して賢くは無いのですが、それぞれのクラスが持つアビリティや、やられる前にやり返せば復活出来るセカンドウィンドウといったシステムのおかげで他とは十分に差別化出来ていると言えます。
 それに、ボーダーランズにはRPGとしての要素もあるわけですから、他のゲームに劣るといったことは決してないわけです。むしろ、ボーダーランズならではの魅力が確かに存在していますし、ロールプレイングシューターという新しいジャンルが誕生したわけです。

 ゲーム以外の部分でも強い個性を持っているのも本作の特徴だと言えます。
 トゥーンレンダリングによって描かれた世界は見た目も印象的ですし、本作に登場する人物はどれも強烈な個性を放っていますwまた、洋ゲーらしいブラックユーモア満載な内容であり、台詞も良い意味で下品ですw他社ゲームのパロディも多く存在し、日本ではお馴染みのあの男のネタもありますw

 パッケージからして明らかに日本人受けしなさそうなタイトルではありますが、もし、それさえ問題なければ、かつRPGにおいてキャラクターの育成に魅力を感じる方は、是非、遊んでみてくださいb

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる