「世界樹の迷宮4 伝承の巨神」を始めました

 テリーのワンダーランドも落ち着いてきたので、折角買った「世界樹の迷宮4 伝承の巨神」をプレイすることにしました。

 まず、本シリーズの概要を

 世界樹の迷宮は、ウィザードリィのような3DダンジョンRPGなのですが、歯応えのある難易度、戦闘はコマンド式、更にマップは自らの手で描かなくてはならないという時代を逆行したレトロなスタイルが特徴のゲームだと言えます。シナリオも多くは語らず、その殆どがプレイヤーの想像に任されるという点も昔の作品ならではの特徴ではないでしょうか。
 また、ラノベやアニメを意識したキャラクター達と相まって人を選ぶ作品であることは否めませんw
 しかし、本作はコマンド式RPGの最高峰と評しても言い過ぎではないほど絶妙なバランスを持ち、完成度の高いシリーズだと言えます。また、ダンジョンを冒険することはもちろん、キャラクターを育てる楽しさなどもあって大変熱中出来る内容だと言えます。
 確かに本作は時代遅れのRPGであるわけですが、そうであるにも関わらず、シリーズを経る度に売り上げを伸ばし、新たなファンを獲得してきているのも事実です。今の時代でも、いや、今の時代だからこそ、こういったRPGもあってもいいんじゃないのか?と思わさせられますね。

 で、そんなシリーズの待望の続編が3DSで発売されたわけですが、果たして、本作はどうなんでしょうか?w

 根本的なシステムに関しては、大幅な変更はないと言っていいでしょう。いつものように、マップを手作業で描いたり、オートマップだったら楽だったのにとか思いつつ色を塗り分けるなどして凝り始めたり、見た目で選んだら女の子ばかりのパーティーになっていたり、強敵に追い掛け回され、追い込まれてボコボコにされたり、雑魚だと思って油断していたら手痛い一撃を受けて全滅させられたり……いつも通りだと思いますw

 大きな違いは、今回は、気球に乗って移動出来る点でしょうか。前作の航海に似たシステムではありますが、航海はダンジョン探索とは独立したものであり、言ってしまえばオマケ要素みたいなものでした。しかし、空の旅は、他のRPGで言うフィールドマップの移動みたいなものでして、空の探索をしてダンジョンを見つけ、いつものように潜っていく、といった感じです。
 また、食料を調達して課金することが出来たり、フィールド上には強敵が徘徊しているので知恵を使って上手く避けたり、小迷宮と呼ばれる規模の小さいダンジョンを探し出すといった要素もあります。もちろん、マップを描くことも出来ますよ。

 それからキャラクターに関しては、大分マイルドになった気がしますw前作は、選べるキャラクターの見た目も狙った感のあるクセの強い奴らばかりでしたが、今回は割と無難なデザインになったような気がしますwコンセプト的には、学生を武装させた感じでしょうかw馴染みやすくなったと思いますb
 また、登場するキャラクターに関しても、前作は、宿屋の看板娘……と思いきや、実は男の子だったり、たまに暴言も吐く片言の巨乳ママさん、それから商人がツンデレの守銭奴だったりと、良くも悪くも個性的な連中ばかりでした。今作は、そういった個性の強いキャラはおらず、結構無難な路線だと思いますw
 前作で妙なキャラクター達に囲まれてしかめ面をしっぱなしだった方も、今作の仕様なら問題なく遊べるかもしれませんw

 ハードが3DSになったことでグラフィックも大幅にアップしましたが、モンスターがポリゴン化したのが最大の特徴でしょうか。もちろん、動きますし、体力が減ってくるとへばりますw個人的には、へばるカエルが可愛いですね(ぁ
 それから立体視に関しては、任天堂のソフト以外では珍しく、結構深いですwなので、最初、3Dマックスでやると目が痛いwですが、3Dダンジョンとの相性は抜群でしょうし、是非慣れたい所ですw
 サウンド面については、こちらも大幅にクオリティアップしており、大変美しいBGMを楽しむことが出来ます。今後どのようなBGMが流れるのか楽しみですね。

 さて、今作ではどんな冒険が待ち構えているのでしょうか?
 前作は、シナリオが微妙でした。何故なら、未開のダンジョンを探索し、真実を求める冒険のはずが、意外にも身近な人が殆ど全てを知っていたというオチだったのでw

 ちなみに、パーティーは、ソードマン、フォートレス、メディック、スナイパー、ルーンマスターで組んでみました。殆ど見た目で決めました(蹴
 前作に比べると最初に選べるジョブの数が明らかに減りましたwビーストキングやパイレーツのような個性の強いジョブはなくなり、あと、ファーマーのような戦闘以外でしか活躍できないというちょっと特殊なジョブってのもなくなってしまいました。
 しかし、ソードマンは攻撃、フォートレスは防御、メディックは回復、スナイパーは封じ、ナイトシーカーは状態異常、ルーンマスターは術、ダンサーは補助、といった具合に役割が明確なものが揃っているため、この方が分かり易いとも言えますね。恐らく、追加ジョブが個性的なんでしょうw
 また、習得できるスキルの内容が変わっており、そのため、こなせる役割も異なってきそうです。
 それにしても、結局メディックって必須なのじゃないでしょうかwこの手の回復役を絶対外せないのは、コマンド式RPGの宿命なんですかねw

 前作は、クリア後の裏ボスを撃破する途中で終わってしまったのですが、今回は最後までやり切りたいと思いますbまあ、終盤のレベル上げが面倒だと言ってやめてるかもしれませんが(蹴

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる