ぱふぱふ娘はどこに行ったのだ?(何

 テリーのワンダーランドを買おうと思い至った時には既に遅かった。どこの店も絶賛売り切れ中で手に入りませんでした。なので、通販で注文していたのですが、品薄のためか、一週間、いや、二週間以上経った気がしますが、それでも届きませんでした。もしかして、放置された?w
 今すぐにでもプレイしたいのに手元にないというこのもどかしさ。もう店で買ってしまうか?そんな勿体ない考えが芽生え始めた、その時であった!

 P6200921.jpg

 キターッ!!

 いやー、待ってましたよ!
 所詮はリメイク作品であるはずなのに、結構楽しみにしていたというwこれからは、テリーのワンダーランドをやり込みまくるぜっ!積ゲーなんて知らん

 テリーのワンダーランドは、中学生くらいの時に熱中していた記憶があります。お気に入りのモンスターを育て、彼らと一緒に不思議なダンジョンを冒険したり、お馴染みのボスモンスターや他国のマスター達と死闘を繰り広げたり……あのゲームボーイの小さな画面の向こうには、非常に魅力的な世界が広がっており、僕はその魅力の虜となっていました。グラフィックは、所詮、白黒のドッド絵なので大して良くないわけですが、そこは想像で補ったりして楽しんでいたものですw
 当時、我が家ではテスト期間中はゲーム禁止令的なものが出ていたのですが、親の目を何とか盗んでプレイしていましたw

 そんな昔懐かしい作品が3DSにてリメイクされたわけですが、ドッドから立体的なグラフィックへと進化したことによって、等身大の世界へと進化を遂げました。冒険の拠点となるタイジュの国はもちろん、潜る度に景色が変化する不思議なダンジョンも全てドラクエ8のような立体的な世界になっています。これは、ワクワクしますねb
 一方、世界観はそのままでして、例えば、ゴーレムに言葉を教えようとするマスター、恋人と離ればなれになってしまった悪魔の騎士、一体何が釣れるのか、木の上から釣り竿を垂らしているおじさん……とにかく全てが懐かしいw
 バニーおばばなんかは、ドッドの方が良かった気がしますが、一方で、王様に突っ込みを入れる道化師が魅力的になっていました。くるくると移動してパシッと「それ、いいすぎ」と突っ込む。華麗過ぎますw
 それから、原作には、ジャンケンマドハンド君がいたわけですが、リメイク版ではパワーアップしていて驚きましたw色んな意味で強そうになりましたw
 懐かしく感じる一方で、見た目が一新されたので新鮮な気持ちでプレイすることが出来ますねb

 不思議なダンジョンに関しては、原作と同様に自動生成ダンジョンが採用されていますが、ただの平原が続くものと思いきや、起伏に富んだ地形が用意されていたり、時には洞窟のようなダンジョンに入ったりと、期待以上の内容だと言えました。
 また、昼夜の概念もあるらしく、ダンジョンを冒険していると日が暮れてきて登場するモンスターが変化するようになっていました。モンスターもただ適当に徘徊しているだけでなく、コドラの群れが軍隊アリの群れを追いかける光景も見られました。
 今作においてもダンジョン探索は魅力的なものとなりそうですね。今の所お店や闘技場といったイベントフロアに足を踏み入れたことはありませんが、そういったものにも期待ですねb

 モンスターに関しては、原作とは異なり、ジョーカー2のものを採用しているため、ここだけは大きく違っているようですが、キラーマシン2やナイトリッチなども登場するそうなので楽しみですねb
 8や9に登場したモンスターも出ているようですし、そちらにも期待しております。ついでに6以降の作品の旅の扉があったりしたら嬉しいですねw

 テリーのワンダーランドのBGMは、オリジナルの曲も魅力的なのですが、一方で各シリーズのフィールド曲も収録されていたりしました。今回、これらの曲もリメイクされていましたが、最早、神掛かってますねw特にフィールド曲はオーケストラを採用しているっぽいので壮大な感じになりましたb

 リメイク作品と言っても原作の雰囲気を残しつつも、新作として遊べてしまうという大変魅力的なタイトルになっていると思います。しばらく夢中になることが出来そうですねb

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる