嵐の祭祀場は人気スポットか?

 一つ一つのダンジョンを攻略するごとに日記を書くよりもまとめて書いた方が良いと思い、まとめてみることにしましたb

 ・ストーンファング坑道
 ファランクスを倒したことで生身の体に戻ることが出来ました。これにより、HPは最大値に戻り、ファントム、つまり他のプレイヤーを召喚することが可能となりましたb
 意気揚々と次のダンジョンに挑んだのですが、いきなり黒いファントムの侵入を受けましたwいくらなんでも早すぎるわっw
 ちなみに、装備は無強化のバスターソードとそれなりのシールド。防具は、ヘルメット以外一切付けていませんwそれでも相手は確実に殺しに掛かってきますが、逆に隙だらけと言えましたので、盾で防ぎつつ攻撃を仕掛けていきます。しかし、思うようなダメージが通らないw相手は、二刀流に切り替えて怒涛の攻撃を仕掛けてきましたが、炎属性付だったので受け切れるはずもなく、そのまま殺されました。こっちは素っ裸なのに炎属性とかあり得んwまあ、こっちは装備が貧弱だっただけだから悔しくないもんね……チクショーッ!
 折角、体を手に入れたのにまたしてもソウル体生活のようですorz

 ここの敵はなかなか手強く、そしてタフでした。犬の大群に襲われて悲惨な目に遭ったり、道中の魔法使いが強くてすぐ殺されてしまいましたし、現段階で挑むのはちょっと厳しいと判断。幸い、他にも行ける場所がありますのでそちらから先に挑むことにしました。

 ・ボーレタリア王城2
 ファランクスを倒した先にも道がありまして、どの程度の難易度なのかを確かめようと先へ進んでみることにしました。まず最初にお出迎えしてくれたのは、ファランクスに纏わりついていたスライム共。強さも程よい感じでしたので、ここを進んでいくことに決めました。
 スライム共を蹴散らすと、万里の長城的な場所を移動する必要があるようです。そこを渡っていると、何やら悲鳴のような声が……と、次の瞬間!なんと、ドラゴンがやって来て低空飛行しながら炎を吐きかけてきたのです。ま、またお前か……この辺りは、「飛竜再び」ってタイトルを付けた方がいいね(ぁ

 ボーレタリア王城2は、どうも飛竜の襲撃をかわしつつ先へと進むタイプのダンジョンのようです。ダンジョンごとにコンセプトが違うとなると、これからのダンジョンではどのような仕掛けが待ち受けているのかと楽しみになってきますねb

 飛竜が襲って来るタイミングを見計らって先へと進んだり、迂回路を通ることで回避したりと道は何も一つだけではないようでしたが、最後の難所だけは、飛竜の襲撃を避けつつ先へと進む必要がありました。飛竜が飛び去った後、一気にダッシュ!しかし、ゴール地点に待ち受けていたアーチャー軍団の放った矢に射抜かれそのまま死亡……マジかwこれどんな無理ゲーやねんw敵は二重の構えだったようで。油断しました。
 しかし、決して無理なことはなく、その証拠に二度目の挑戦では、飛んでくる矢を避けてその先へと進むことが出来ました。が、その先には青目が待ち構えており、切り殺されてしまいましたorzまさか、二重だけではなく、三重の準備があったとはw

 飛竜から上手く逃れ、飛んでくる矢の雨を掻い潜り、青目も倒した先には、白い霧がありました。次のエリアに進めるのかと思いきや、いきなりボス戦wまさかの四重ですかw
 しかも最終防衛ラインは伊達じゃなかった。ボス、塔の騎士に加え、周囲にはアーチャーが配置されているというwボスと戦っている間に矢で射殺すつもりなのでしょうが、そうはいきません。まずは、囲いに登ってアーチャー達を始末していき、その後、ボスをゆっくりと料理……されました(何
 まあ、明らかに頑丈そうで強そうな見た目だったのでもしかしたらと思ったんですが、まさか本当に強いなんてw塔の騎士の一撃は非常に重く、特に突き攻撃は一撃必殺に等しい破壊力w鈍重ではありますが、盾を叩き付けることで巻き起こる衝撃波のせいで上手く近づけません。遠距離攻撃も可能なようですし、やはり手強い相手だと言えます。
 しかし、心折られた最大の理由は、騎士の攻撃力よりも恐ろしいまでの頑強さw攻撃してもメーターが全然減りませんし、こんなん倒せんわっwって感じでしたねw塔の騎士に挑むのも後の方が良いのでしょうか?そう思いつつ何度も挑戦してみたのですが、実は、この塔の騎士にはちゃんと弱点が存在したのです。
 騎士の足元を攻撃していると、緑の煙みたいなものが噴出します。そして、両足からそれが噴き出す状態になると、盛大に転倒するようです。あとは、頭をボコボコ殴れば結構大きなダメージを与えられましたb
 騎士の攻撃は、相変わらず恐ろしいまでの威力ですが、盾で防ぐのではなく、一気にダッシュして懐に潜り込むことで避けるのが一番良さげ。後は、足踏みと盾を叩き付ける攻撃にだけ警戒していれば問題ありませんでした。
 一見、勝つのが無理そうな相手でもしっかりとした攻略法が存在する。この絶妙なバランスは大変良く出来ていると思いますねb

 ・腐れ谷
 ダークソウルで例えるなら病み村に近い雰囲気を持ったダンジョンと言えるでしょう。もちろん、足場が狭いため落下に注意する必要があります。つまり、敵と戦う場合は、広い場所に誘き寄せて戦うのが理想だと言えます。
 このダンジョンの嫌らしい所は、落下死が多い……なんてことは意外となく、最も厄介に感じたのは、腐れ谷の住人達(?)の奇襲攻撃でしょうか。鳥みたいな面しているので、鳥人間と呼ぶことにします(ぁ
 例えば、あるアイテムを拾うと、突然、鳥人間がガバッと姿を現し、襲い掛かってくるのです。集団で襲って来る事もあるため、常に警戒しながら進む必要があるわけですね。鳥人間は、ダガーを持った奴が毒持ちで、松明を持った奴は長いリーチと炎属性が厄介。油断はなりません。

 また、毒持ちネズミもここで登場。ダークソウルの時は犬くらいのサイズでしたが、こっちは小さくて可愛いwしかし、大振りの剣だと攻撃を当て難く、おまけにワラワラと群がってくるためあっという間に毒状態にされますwなので、ボウガンで一体ずつ処理することに。ボルトが勿体ない気もしましたが、侮ってはいけない相手なので、惜しみなく使います。
 他には、大きな毒袋を背負ったムカデも初見だと面倒な相手だと言えます。何も知らずに攻撃してしまうと、エライ目にwこいつもやはりボウガンでの処理が一番だと思いますw

 何度かやられつつもお宝を回収し、先へと進むことが出来たのですが、道を阻むデカいサイズの鳥人間を倒すことが出来ず、結局ここも諦めることに。

 ・塔のラトリア
 開始地点は牢屋の中からというダンジョン。まずは、牢獄エリアを攻略する必要がありました。
 ここで厄介なのは、間違いなくタコ頭でしょうwタコ頭というのは、タコのような面をしているという意味ではなく、文字通りタコの頭をした魔術師のことですwタコ頭は、プレイヤーを見つけると金縛りの魔法を放って来ます。そして、これが命中すると金縛りに遭い、後はタコ頭にチュッチュされて大ダメージを受けてしまうのです。あとは、周囲にある物を吹き飛ばす魔法も厄介。出来れば避けたい敵だと言えますし、倒す必要があったとしても、真正面から挑むのは避けた方が良いかもしれません。
 タコ頭のせいで現段階の攻略は不可能と思われたのですが、何とか攻略法を見出し、先へと進むことが可能になりましたbオマケにソウルも大量に手に入ったのでレベルも上げまくりましたb

 ここのダンジョンは、四階層くらいに分かれており、所々道が途切れていたり、扉が閉まっていたりと回り道をしていく必要があります。また、鍵の入手によって先へと進む道が開けたりするので、鍵を探すことが攻略のポイントだと言えるでしょう。道に迷いやすい一方、貴重なアイテムを入手したりも出来るため、探索のし甲斐があると言えます。個人的には、今の段階で気に入っているダンジョンの一つですね。

 途中、死体の塊みたいな強敵が待ち受けていたり、結晶トカゲを追いかけたら落下したり、機械仕掛けの女神とでも言うべき兵器から大量の矢が放たれ、それで射殺されたり、中々手強い赤いファントムに襲われたり……それでも攻略法さえ分かればこれらの問題もクリアすることが出来ますb
 まあ、ボーレタリア王城をマラソンして三日月草を大量に手に入れ、ボウガンのボルトを大量に購入したことで攻略が楽になったというのが大きいわけですがw

 塔のラトリアのボス、愚か者の偶像は、一風変わったボスだと言えます。まず、教会内に信仰者がいますが、別に襲って来る様子もなく、ここに配置されているのは単なる世界観を演出するためだと思われますが……
 また、愚か者の偶像は、分身してソウルの矢を放つだけでなく、地面にトラップの魔方陣を仕掛けてきます。その魔方陣に足を踏み入れると金縛りに遭い、次にソウルの矢で射ぬかれると言うわけです。
 攻撃の手段も独特なのですが、最大の特徴は、このボスは倒してもまた蘇る点でしょうかwそう、この謎を解くまで愚か者の偶像を絶対に倒すことが出来ないのです。
 デモンズソウルのボスは、それぞれに個性があると思いますし、何よりもアイディアが素晴らしいと思いますね。ダークソウルのボスは、結構似たり寄ったりでしたからねwこれからどんなボスが出てくるのか楽しみですb

 ・腐れ谷
 レベルも随分と上がったので、今ならあのデカい鳥人間も楽勝だろう。そう思って再挑戦しましたb実際、楽に倒すことが出来たのですが、このダンジョン、ショートカットらしきものがあまりないと思いきや、意外にも短かったらしく、いきなりボス戦に突入!

 ボス、ヒル溜りは、とにかく気持ち悪いwなんと言ってもヒルがウジャウジャ纏わりついているわけですから、想像するだけで気持ち悪いでしょ?(ぁ
 まずは、道を進みながらヒル溜りのいる最下層を目指すのですが、相手は、ヒルの塊を投げつけてきて攻撃してきます。ボス部屋の前に止まるなとのメッセージがありましたので、そのアドバイスを参考に一気に駆け下りますb
 ヒル溜りは、これもまた独特な敵でした。攻撃パターンは、荒ぶる攻撃、ヒルの塊を飛ばす、叩き付けといった所ですが、攻撃を受けるとヒルが纏わりついて気持ち悪いことにw幸い、鎧を装備していたので肌がヌメヌメするような不快な思いをしないで済んだとTorさんは言っていました(何
 攻撃を受けても大量に持ってきた回復アイテムを使えば問題なかったですし、そもそも距離を置いていれば攻撃も当たらない。これは楽勝だぜっbそう思っていたのですが、甘かったwヒル溜りは、沼地に住まうヒルを吸い上げて纏わりつかせ、なんとHPを回復してしまうのですwつまり、のんびりと攻撃していてはいつまで経っても倒せないわけです。
 積極的に攻める必要がありましたが、一方、そうすると攻撃を受けるリスクが出てくるわけです。なるほど、それで苦戦させようってわけかw
 しかし、それでも強敵と呼ぶにはまだ遠いボスでしたので、苦戦することなく倒せましたbこれは、塔の騎士が強かっただけなんかなw

 ・嵐の祭祀場
 なかなか順調に進んでいるんじゃないんでしょうか。この勢いのままこのダンジョンもクリアしてしまいたいところでしたが……
 嵐の祭祀場は、崩壊した城塞といった感じの場所でして、各地には手強いスケルトン兵、そして、トラップもあるためこれに警戒する必要があるようです。
 
 まず、このダンジョンに入って驚かされたのが、召喚サインがやたらと大量にあったことw少なくとも腐れ谷ではあまり見かけませんでしたし、ここは人気スポットなんでしょうかw
 そして、やはり侵入されましたw黒いファントムさん登場です。一回目は何とか退けることが出来ました。こちらのレベルが高すぎたのか、敵の攻撃を受けてもそんなに大ダメージにはなりませんでしたし。まあ、こっちの攻撃もそこまで大ダメージを与えられたわけでもないんですがw勝負は、互角……というか、若干泥仕合でしたが、こちらが積極的に攻めることで勝利しましたbダークソウルから通算すると、侵入者を撃退できたのはこれで一回目……経験浅すぎるw

 ダンジョンを攻略していると、またしても侵入者がw結構短い間隔で入ってきた辺り、この辺に人が集まっていると推測w今度の相手は、装備、技量共にこちらを上回る強敵でした。上手く隙を突いて攻撃を仕掛けますが、二撃目を繰り出すと必ずパリィを決めてくる辺り、相当な手練れです。しかし、パリィが決まってもダメージはそこまで無かったというwやっぱりレベルを上げ過ぎたんかな?wおかげで何とか食いつくことが出来たのですが、敵の使ってきた腐食の魔法的な奴で武器も防具もボロボロにされてしまいましたwそれでも何とか戦おうとしたのですが、相手は何を思ったのか、その場にアイテムを残しては逃げるといった謎の行動に出ました。意味が分かりませんw戦意の無い敵と戦ってもちっとも面白くないですし、相手も帰っていく様子がないため、その辺の崖に身投げしました。なんか舐められたような気がして結局アイテムは拾いませんでした。実は貴重なアイテムをプレゼントしてくれたんじゃないかと若干後悔はしていますが(何
 
 この後、壊された武具の修理をしようと思ったのですが、必要となるソウルの数があまりにも多くて驚きましたw一つの武具につき約3000ほど。剣に盾、それから防具一式ですから合計18000ソウル以上は必要だったとw恐るべし腐食の魔法wアレ禁止にしてくださいw少なくとも初心者に対して使うのはやめてw

 嵐の祭祀場は、生身で攻略する場合、ファントムを呼んで皆でワイワイプレイするのが良いんでしょうかwそうすれば、黒いファントムの侵入も鬱陶しいと感じることなく、逆に良いアクセントとなって面白くなりそうですし。しかし、今はソウル体なので、逆に呼ばれる立場で頑張ってみたいと思いますb

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる