ダークソウル レビュー

 

 ダークソウルをクリアしましたのでそのレビューです。
 まずは、ダークソウルの魅力について書こうと思いますが、その後は、主に問題点について触れたいと思います。

 ダークソウルは、心の折れそうな難易度で有名なゲームではありますが、基本的なシステムはシンプルなものであり、高いアクション技術を求められる場面は少ないと言えます。つまり、経験を積み重ねることで攻略できる程よい手応えが特徴となっています。難しいとは言え、実際には誰でもクリアできるようになっているため、もし本作が気になったのであれば、臆することなく挑戦してみるべきでしょう。もちろん、最近のゲームはクリアするのが簡単で手応えがない。そんな昔ながらの手応えのあるゲームを求めるプレイヤーにもオススメの一本だと言えます。

 敵との戦いにおいては武器で攻撃、盾で防御、魔法で攻撃、アイテムで回復、といった大変シンプルなものですが、ただ敵を攻撃して倒すだけでなく、敵を高所から落とす、弓矢で射ることによって遠くにいる敵を誘き寄せるといった様々な攻略法が存在するため、実際には奥の深さも兼ね備えています。
 ダンジョン探索も魅力の詰まったものとなっています。敵を倒したり、危険な罠を掻い潜る魅力といったものはもちろんのことですが、やはりお宝の存在は欠かせません。お宝は、通常のルートから外れた危険地帯に置かれていることが多いのですが、ガッカリさせられる内容であることは稀で、その殆どは危険に似合った品だと思います。そのため、ダンジョン探索のし甲斐があることは言うまでもありません。
 ダークソウルは、各地のダンジョンに自由に挑戦できることも魅力の一つだと言えます。それでも序盤は、実質一本のルートに縛られるとは言え、そこから多岐に分岐していき、プレイヤーの意志によって自由に探索することが出来ます。もちろん、隠しダンジョンのようなものも用意されていまして、思いがけない所から誰も訪れたことの無いような土地に足を踏み入れることもあるかもしれません。
 また、本作では独特のオンラインシステムを採用していまして、他のプレイヤーが残したメッセージを読むことでヒントを得たり、逆に欺かれたりといった間接的な干渉が可能なのも本作の魅力だと言えます。他には、他のプレイヤーの世界に侵入したり、召喚サインを出すことで協力プレイを可能にしたりといった遊びも出来ます。しかし、一期一会をコンセプトとしているため、フレンドとの対戦、もしくは共闘は基本的に不可能なシステムになっています。

 本作における魅力は、最初に挑むことになる北の不死院に集約されていると言えますし、ここでダークソウルがどのようなゲームであるのか知ることが出来ると思います。なので、北の不死院における一連の流れを説明したいと思います。

 ゲームがスタートすると、まずは基本的な操作方法から学ぶことになりますが、一通り覚えたところでいきなりボスが登場すると言うかつてな急展開を迎えます。ボスは初心者を威圧するのに十分な迫力を備えていますし、恐らく多くのプレイヤーが「こんなのに勝てるのか?」と思うはず。もちろん、最初から勝つのは困難なので、床に書かれたアドバイスに従って逃げるのがいいでしょう。

 ボスから上手く逃げ切った後は、篝火で回復薬を詰められるエスト瓶、それから武器と盾を入手することになり、北の不死院の本格的な探索を開始することが出来るようになります。北の不死院は確かにチュートリアルダンジョンですが、決して侮れない内容になっています。例えば、階段を上っていたら鉄球が転がってその下敷きになることもありますし、最初の雑魚、亡者ですら油断なりません。亡者は、簡単に倒すことが出来るのですが、一方、こちらが攻撃を受けると、そのまま立て続けに攻撃されて思わぬ大ダメージを受けてしまいます。ここでは、たかが雑魚一匹でも危険となり得るのがダークソウルというゲームだと思い知らされることでしょう。このゲームでは、慎重に攻めることが重要だと言うわけです。

 亡者一体を倒したら、今度は三体の亡者と戦うことになります。手前二体は剣を持っていますが、奥では弓を持った亡者が構えています。さて、どう攻略するか?確かに亡者は雑魚ですが、無暗に突っ込むとまず間違いなく返り討ちに遭います。ダークソウルでは、亡者が三体いたら単純に三倍の脅威となるのではなく、十倍、二十倍もの脅威となる可能性があるからです。ここでは、一度に大勢の亡者を相手にすることが難しいと分かる筈です。つまり、一体ずつ誘き寄せて、各個撃破していく……このような戦い方がダークソウルの基本となります。敵陣に飛び込んで華麗に撃破してく爽快感はなく、地味に思えるところはありますが、一方で程よい緊張感があると言えます。また、工夫して敵を倒すことに魅力を感じられる方もいらっしゃると思います。

 亡者達を退けると、今度はいよいよボス戦です。相手はもちろん、先程紹介したあのボス、不死院のデーモンです。初見ではとても勝てる相手じゃないと逃げましたが、先へ進むためにはどうしても倒す必要がある。しかし、あれから変わった点と言えば、武器と盾、それからエスト瓶を手に入れただけ。果たして、勝てるのだろうか?多くの初心者にとっては、不死院のデーモンが非常に大きな壁に見えることは間違いないでしょう。
 不死院のデーモンは、確かのチュートリアルのボスにしては強敵ですが、間違いなく勝てる相手です。さあ、知恵と勇気を振り絞ってこの強敵を打ち破りましょう。

 もし、見事に打ち勝つことが出来た場合、恐らく、大きな達成感が得られたことでしょう。そして、この頃には、ダークソウルというゲームが面白いものであることに気が付くはずです。

 北の不死院を出た後の行く先は、プレイヤーの判断に委ねられますが、恐らく多くのプレイヤーが城下不死街に向かうことになるでしょう。ここも序盤のダンジョンの割になかなか手強いところでして、もし、最初の篝火を見つけることが出来たとしても、その先に待ち受ける幾つもの障害によって道を阻まれ、心を折られたプレイヤーも多いかもしれません。
 しかし、ショートカットの開通、一部の強敵は倒せばリスポーンしない、といったことが可能でして、少しずつは前進することが出来るはずです。もちろん、ソウルを集めることでレベルアップしていくのもRPGの基本ではありますが、大変重要なことだと言えます。
 確かに心を折られそうな難易度ではありますが、それでも何度も何度も挑戦したくなる。ダークソウルは、そういうゲームだと言えます。

 ダークソウルは、海外でもゲームオブザイヤーの候補に挙げられたというだけあって、魅力的なゲームだと言えます。程よい手応えを感じつつゲームをプレイ出来るというのは、近年ではなかなか見かけなくなったと言えますが、ダークソウルにはそれがある。その点が評価されたのだと思います。
 他に挙げるべき良い点は、近年のゲームが演出面に拘るあまり、ゲーム性を疎かにしてしまっている傾向にありますが、ダークソウルは、逆に演出面は抑えており、一方でゲーム性を高めたまさにゲーム好きのためのゲームだと言えることです。時代に逆行したゲームではありますが、近年のゲームに対して、「ゲームとは何か?」と問いかける内容だと言えます。
 
 しかし、僕自身は、本作のことを決して完璧ではないと感じました。幾つかの問題点を抱えているのも事実ですし、本作が如何に魅力的であったとしても、それを無視してレビューとするわけにはいかないでしょう。

 まず、問題点と感じたのは、中盤以降のダンジョンがあまりにも面白みに欠けた点でしょうか。そして、ゲームにおける難易度の解釈を明らかに取り違えた仕掛けが多々存在する点も気になりました。
 もし、不死城下町のような挑み甲斐のあるダンジョンばかりなら、最後まで楽しく遊べるはずでした。隠しダンジョンではありますが、エレーミアスの絵画世界も車輪髑髏さえ除けば魅力的なダンジョンだと言えます。
 しかし、中盤以降、僕はクリアに急ぎました。実際、そこから先は数多くのダンジョンが存在し、どれも高難易度であったにもかかわらず、かなりの勢いでさっさとクリアしてしまった気がします。正直に言えば、面白くなくなってきたのです。

 何故面白いと感じなかったのか?様々な理由が挙げられますが、まずは、難易度の上げ方に疑問を感じたことでしょうか。
 ダークソウルのダンジョンは、比較的広いマップであるにもかかわらず、何故か段々と足場が狭くなっていきます。そして、その狭い足場に高い耐久力と攻撃力を持ち、しかも仰け反らない雑魚を配置し、プレイヤーを落としに掛かってきます。これはまだマシな方ですが、似たようなケースで最も酷いと感じたのは、狭い足場を渡っている最中に遠距離攻撃を仕掛けてくる雑魚でしょうか。もちろん、盾で弾くことも出来ますが、ノックバックしてそのまま落ちてしまうことが多々。
 足場が狭いだけでなく、真っ暗で殆ど何も見えない場合もありますし、時には床自体が見えない場合もあります。足場だと思って渡ってみたところ、いきなり滑り出して落ちた……そんな理不尽なこともありました。
 そもそも、これらの理不尽な要素を抜きにしても面白いダンジョンであったかと言えば疑わしい所があります。少なくとも不死城下町は、構造から敵の配置まで洗練されたマップだったと思います。しかし、終盤に訪れることになるダンジョンの殆どは、お世辞にも洗練されているとは言い難く、ただ強い敵を配置してみただけ……そう思われても仕方がない内容だったと思います。
 挑戦し甲斐のあるダンジョンではなく、実際には、ただ単に難易度を上げただけで、そこにクリアする楽しみはなく、雑魚を倒すことも、ダンジョンを探索をすることさえ面倒に感じるようになりました。

 ボス戦は、ダークソウルの魅力でもあると思うのですが、実際、手応えがあって挑戦し甲斐のある相手は、少なかったと思います。というのも戦っていて面白いと思えなかったからです。一部は序盤に登場するボスですが、これもやはり終盤にかけてその傾向が強くなります。
 非常に狭い部屋にボスとお供を配置したり、大量の雑魚と共に襲ってきてタコ殴りにしたり、急に床に穴が開いて落とされたり、一体でも手強いのに同時に四体と戦わなくてはならなかったり。死ぬ時は大抵理不尽なやられ方をするので面白いはずもありません。
 また、殆どのボスがゴリ押しでどうにかなってしまい、そもそも、それが最も有効な手段であることが多々。敵の攻撃を避けつつ隙を見て攻撃するといったスリルある攻防戦が楽しめたボスは、本当に少なかったと思います。

 実際にこうした難易度の上げ方については、僕だけでなく多くの方が批判していることです。開発は、前作を上回る難易度をプレイヤーに提供しようとしたのかもしれませんが、プレイヤーが求めているのは、単にクリアするのが困難なゲームではなく、程よい手応えと挑戦し甲斐のあるゲームです。ダークソウルの序盤から中盤辺りまでは少なくともその傾向にありましたが、後半はただ難しいだけで面白くもありませんでした。やはり、ゲームである以上、そこに面白さがなければ駄目なんだと思います。

 オンラインのシステムに関しても独特なものでアイディアとしては面白いと思います。ですが、実際、理想が現実に追いついていないためか、僕自身、話に聞いた段階では興味を持っていたのですが、実際にプレイしてみると、あまり魅力的に感じられませんでした。

 まず、闇霊の侵入に関してですが、これはダンジョン探索をある程度進めると殆どの人が経験することかと思われます。基本、侵入してきた闇霊は、自身よりもレベルが低く、エスト瓶による回復が出来ないなどの不利な状態で挑んできます。しかし、敵に襲われることはないため、敵に混じって襲う、といったことも可能です。
 一見するとどちらが有利とも言えないのですが、実際には、侵入側の方が強い場合が多く、初心者狩りのような状態になってしまっています。何故なら、例えレベルが低くても装備が強いからです。特に、炎属性、雷属性を持った武器は、プレイヤーの筋力、技量の補正を受けない代わりに元が高火力なため、低レベルでも非常に攻撃力が高いわけです。しかも、序盤の段階でそれらへの耐性を持った防具はまず持っていません。侵入側も意図的にレベルを下げ、一方で装備品を充実させている印象もあり、対等の勝負どころか、一方的に狩られるのが現状です。

 侵入されるのが鬱陶しく感じるのであれば、亡者状態でプレイすることも選択肢としてはあります。亡者状態であれば、白霊を召喚出来ないなどのデメリットもありますが、少なくとも闇霊に侵入されることはなくなります。しかし、亡者状態で何が問題となるかと言えば、主に見た目でしょうか。折角キャラメイクで顔を頑張って作っても、亡者状態だとゾンビ顔なので意味がありません。
 また、篝火を強化する際には、必ず生者状態である必要があります。つまり、この隙に侵入されることが多いため、もしそれも嫌なのであればわざと死んだりするしかありません。

 中には、協力プレイを望んでおられる方もいらっしゃると思いますが、召喚サインを見つけても、他のプレイヤーを呼び出すのに時間が掛かったり、最悪、失敗することもあります。僕の場合、一度も成功したことありません。
 その一方、アップデートにより闇霊の侵入頻度が高くなり、召喚を待っている間に狩られた……そんな話も良く聞きます。そもそも、終盤辺りになると、明らかに協力プレイに不向きな狭い道が続くのも問題です。よって、ダークソウルにおいては、気軽に協力プレイを楽しむことは難しそうです。

 ちなみに、生者状態になるためには、人間性というアイテムが必要なのですが、これが手に入る場所はかなり限られており、所謂稼ぎをする必要があります。この辺のバランスもあまり良いとは言えません。
 そもそも、協力プレイを快適に楽しむことが出来ない以上、生者に戻るメリットがあまりないのが現状だと言えます。他のプレイヤー、つまり白霊を召喚できるメリットがあるからこそ、闇霊に侵入されるデメリットというがあるのだと思いますが、現状では、白霊の召喚が困難で、一方で闇霊には侵入されまくるので、とてもバランスが良いとは言えません。
 そんな状況で果たして、闇霊の侵入を受けることを歓迎するプレイヤーはどれ程いるのでしょうか?恐らく、多くのプレイヤーは鬱陶しく感じるはず。ましてや、侵入する側のプレイヤーは、狩り用にキャラを作っている場合が殆どでしょうし、そう考えると楽しいと思うのは侵入側のみ。される側は明らかな迷惑。このような一方的な仕組みに魅力を感じるはずもありません。
 しかも貴重なアイテムである人間性を使ってまで生者に戻ることにメリットが感じられません。結局、僕は篝火を強化する時以外は、始終亡者でプレイしましたが、亡者の見た目でプレイすることは、何だか負け犬の扱いを受けているようでちょっと腹も立ちました。

 少なくとも序盤から中盤にかけてまでは凄く楽しかったですし、二週目も考えていました。しかし、終盤の理不尽かつ手抜きとも思えるダンジョン。そして、様々な問題を抱えたオンラインシステムに嫌気が差し、さすがに二週目という気力は起きなくなりました。これからプレイするかどうかは分かりません。
 しかし、本作が全くの駄作であったとは思いませんし、確かに不満こそありましたが、十分に楽しませて貰ったのも事実です。そして、本作はこれからもシリーズ化していくべきだと思っております。

 もし、シナリオ重視を謳ったRPGやムービーとQTEに彩られた演出面ばかり気にしたゲームに嫌気が差したのであれば、是非とも本作をプレイしてみるべきでしょう。ダークソウルは、かつての懐かしい時代と共に、ゲームをプレイすることの楽しさを思い起こさせる内容だと思いますので。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる