ダークソウル クリア!

 ・最下層
 人間性が足りなくなって来たので、最下層でネズミ狩りをしていました。すると、足元に謎のサインが出現。しかも纏わりつくようにあちこちに現れるため不気味で仕方がありません。どうも、呪いを掛けられたらしく、ニトの眷属とやらの世界に入り込み、呪いを掛けた奴を倒す必要があるようで。面白そうだったので挑戦を受けてみることにしましたb
 オンラインで他のプレイヤーの世界に入り込んだのはこれが初めて。緊張しますが、敵はすぐ近くにいました。鎌使いだったのですが、手堅く攻撃してくるわけではなく、結構積極的に攻撃してきたこともあって隙だらけ。僕も隙だらけだけど関係ないb男なら殴りあって決着を付けるものだ……まあ、女かもしれませんけど(何
 相手は、背後を取ろうと前転してきましたが、逆に隙を見せたのでそこを攻撃!すると、相手は態勢を整えるために距離を置き始めました。チャンス!集めに集めた人間性で回復だ(蹴
 その後、決着は付きましたが、今回は勝利を勝ち取りましたb世界の平和は守られた!考えてみれば初勝利ですし、なんか嬉しかったです。
 ダークソウルのオンライン要素に関しては、正直、闇霊として侵入されるのは鬱陶しいだけなんで、最近は篝火に人間性捧げたら即亡者になるってことをしてましたけど、他人の世界を呪うことで妨害するシステムは面白いと思います。これに関しては、呪いを掛けた側、つまり、侵入される側も覚悟の上でしょうし、侵入する側も悪い奴を倒しに行くみたいなシチュエーションがあって盛り上がると思います。やっぱり一方的じゃ駄目だと思うんですよね。

 ・デーモン遺跡
 以前、爛れ続ける者に心を圧し折られましたが、リベンジする時がやって来ました。相変わらずの破壊力と鈍い割に回避のし難い攻撃が厄介でしたが、奥の方へと進むと、明らかに攻撃が届かなさそうなポイントを発見!まともにやりあって厳しい相手ならチキン戦法を使うのみ!(何
 まずはそこに陣取り、爛れ続ける者が押し潰そうと手を振り上げた時に一気に横に向かってダッシュ。攻撃を回避後、急いで戻って手をガスガスと攻撃!たったこれだけのことで倒せる相手でしたwあの時の苦労は何だったのでしょうかw

 爛れ続ける者が倒れると、溶岩が引いていき道が姿を現しました。ここはデーモン遺跡と呼ばれるだけあって各地にデーモンが登場します。牛もいますし羊もいます。羊は今となってはただの雑魚なのですが、一方、牛は侮れない相手となりました。攻撃力が凄まじく、盾でガードしてもノックバック距離が長いというwそれでも一体だけならまだ倒せるのですが、一度に二体以上を相手にするとなるとさすがに厳しいw
 ちなみに、貴重なお宝を守るように牛の群れがあるのですが、合計六体くらいでしょうかw一体ずつ誘き寄せて……と思ったら二体同時にやって来て泣きそうになりましたwもちろん死にましたとも(ぁ 幸いリスポーンしないようなのでリベンジする時は、矢を当てて一体ずつ誘き寄せました。

 デーモン遺跡で最も厄介な敵は、牛でもなく羊でもなく、ムカデか芋虫か知りませんが、とにかくあのデカい虫だと思いますw近寄らなければ問題なく処理できるのですが、生憎、ヘビーボルトが尽きかけていたというwよって、接近して倒す羽目になったのですが、武器の耐久度を下げる酸を吐きかけてくるわ、いきなり食われて体力をゴリゴリ減らされるわで散々ですwしかも、お宝をゲットしようとそこへと向かうと、突然、四体の虫に囲まれてなす術もなく殺されたりwしかも武器もボロボロwヘビーボルトを買い込んでおくべきだったと後悔した瞬間でした(何

 先へと進むとデーモンの炎司祭なるボスと対決!攻撃パターンは、不死院のデーモン、もしくは、はぐれデーモンと一緒なのですが、はぐれデーモンのように槌を振るった時に爆風を巻き起こすためちょっと厄介な相手となっています。しかし、はぐれデーモンに比べても大分弱いと思いますし、これは楽勝だぜっ!と調子に乗っていたら一回殺されました(ぁ まあ、さすがに何度もやられるような相手じゃないんで、二回目でしっかり片付けましたb

 更に先に進むと百足のデーモンなるボスが待ち受けていました。デーモンというか、虫ですね(ぁ
 こいつは、一体何がしたいのかよう分からんボスでして、最初、溶岩地帯から攻撃してくるのですが、この時、攻撃のチャンスが見つからず苦戦していた所、何故か接近してきまして後は殴り放題というwもちろん、攻撃もしてくるのですが、特別厄介な攻撃もなく、まあ一言に弱いですねw
 百足デーモンを倒すと溶岩地帯を歩けるようになる指輪が手に入り、更に先へ進むと混沌の廃都イザリスに辿り着きました。

 ・混沌の廃都イザリス
 辺り一面に広がる灼熱地帯は太陽のように眩しく、また、あちこちにドラゴンゾンビの下半身が巣食っています。あまりにもたくさん生息しているので一瞬背景かと思いましたが、そうではないようですwそれにしても、こいつら溶岩地帯にいても平気ってことは、少なくとも火葬は無理そうですね(ぁ
 ドラゴンゾンビは、下半身だけだとそれほど厄介な相手でもありませんし、ましてや達磨みたいな石像に苦戦するはずもなく、この溶岩地帯は容易に抜けることが出来ました。

 しかし、問題は廃都に辿り着いてからでした。突然の落とし穴に嵌り、その先でジークマイヤーの姿を発見。とりあえず、彼の近くの穴に飛び込んでみたら、実は毒沼で足元を奪われている間に奇妙な火星人みたいな奴に囲まれ、なす術もなく武器もボロボロにされて死亡。次は、橋を塞ぐように陣取っている楔のデーモンに挑んでみることに。しかし、思った以上に強化されいたようであり、錫杖の先端で挟まれて叩き付けられてそのまま死亡。
 廃都の探索は困難を極める。よって、まずはボスを倒し、拠点となる篝火を解禁する必要があると判断し、ボスへと挑戦することに。ところが、こいつもまた厄介な相手でした。どうやって倒すのか分からないでいると、右の方にコア的なものを発見!これを破壊すると第二段階へと移行しましたが、次は左のコアを破壊すれば本体にダメージを与えられるようになるんだろうと予想。それでそこへと向かったのですが、突然、床が抜け落ちて死亡!こんな理不尽な死に方あるかーっ!ww廃都恐るべしですwそもそも、ボス部屋から廃都へ戻ることは無理っぽいので、ボスは後回しにすることにしました。

 デーモン遺跡の出口にある篝火から廃都に向かうのは面倒だなぁ……と思いつつ溶岩地帯を歩いていると、近くに幻の壁があるとのメッセージが。早速、探してみると幻の壁を見つけることが出来ましたが、その先には篝火が!うおっ、こんなところにあったんかwとりあえず、探索が楽になりそうで助かりましたb
 この後、ジークマイヤーからお礼のアイテムも頂きましたし、楔のデーモンも何とか倒せました。そして、橋の先には……なんと、ソラールさんが襲ってきたのです!彼は、狂人と化しており、太陽を見つけたと口にしています。どうも太陽虫に寄生されたようですが、楽にしてやるしかありません。最期に彼は太陽を失い、暗闇の中へと落ちていくのでした……何とも可哀想な最期です。

 廃都の探索を一通り終えたのでいよいよボスに挑むことに!今度は、穴に落ちないようにと思っていたのですが、どうも右のコアを破壊したところからスタートのようですw親切設計で良かったw敵の攻撃を避けつつ左のコアへと向かい、何とか破壊に成功!帰り道も穴に落ちないようにと注意していたのですが、薙ぎ払い攻撃を盾で防いだものの、そのまま払われて穴に落下……理不尽過ぎるww
 第三戦目、今度は右と左のコアが破壊された状態ですので、正面から挑みますb一気に接近を試みたところ、突然穴が開きました。しかし、よく見ると心臓部へと続く道があることに気が付きます。そこで穴に向かって一気にジャンプし、そのまま心臓部へ突入。そして、本体と思われるものを攻撃……一発で片付きましたwHPバーあんなに長くなくていいじゃんww
 こういう変わったボス戦も面白いと言えば面白いのですが、あまりにも理不尽な面とあまりにもあっけない面の両方を兼ね備えているため、強いという感じもなく、当然ながら達成感というのもなくwそんなボスでした。

 ・小ロンド遺跡
 王のソウル探しもいよいよ最後となりました。小ロンド遺跡は、不死院から出て火継ぎの祭祀場に辿り着いた時に真っ先に向かった場所でしたが、敵があまりにも強くて先に進めませんでしたwしかも、一時の呪いを無駄遣いしてしまったというw
 海苔を売ってくれる商人から一時の呪いを購入し、いざ小ロンド遺跡へ。今のレベルなら亡霊共も楽勝だぜっb
 確かに、亡霊は苦もなく倒すことが出来ます。しかし、奴らが手強い理由は、呪い状態でしかダメージが通らないからではありません。厄介なのは、群れで襲って来る点、突然現れる点、そして、壁を含めた地形を無視して移動出来る点です。奇襲はもちろん、部屋に足を踏み入れると、亡霊たちに囲まれていたなんてこともザラ。そして、倒しておかなかった亡霊が何処からともなく襲って来るというwもう一つ気を付けておかないといけないのは、一時の呪いの効果が切れてしまった時。特に囲まれている時に切れると最悪ですw相手の攻撃をガードすることすら出来ないのでそのまま殺されてしまうことが多かったですw
 亡霊達を退けつつ何とか先へと進み、老魔導師から鍵を受け取り、水門をオープン。それから各所のショートカットも利用できるようになりましたbちなみに、以前、飛竜の谷で開かない扉に対してぼやいていましたが、ちゃんと開きましたw小ロンド遺跡の水門を開けた時にオープンするようですw

 水が引いた後は、亡霊に変わって闇騎士がメインの敵となります。騎士系の敵ではあるのですが、突然姿を現す上、壁を作って攻撃を弾いたり、掴み掛って体力を吸い取る、悪魔城のソウルスティールみたいな技も使ってきますので油断は出来ません。
 それから気持ち悪い敵も登場しますが、まあ、こいつは基本殴り放題ですし、リスポーンもしないのでこれと要った脅威ではないのかもしれないwソウルはたくさん落としてくれますけどねb
 小ロンド遺跡は、亡霊の奇襲が厄介で篝火もないため一見、鬼畜ダンジョンではありますが、規模はそれほど長くないのが救いでした。ボスまで一気に行けますb

 ボスは、四人の公王。真っ暗で何もない部屋で戦わさせられるのですが、ボスが見えないとか、足場が悪いとかそんな仕掛けはありませんでしたw
 公王は、剣を振り回す攻撃に加え、追尾する魔法と防御不能のソウルスティールも使いこなします。さらに、周囲に放たれる爆発魔法も厄介と中々の強敵です。そして、何よりも厄介なのがいつの間にか増えたりすることw最初は一体しかいませんが、いつの間にか二体になっており、一体倒したと思ったら今度は三体になったり四体になったり……明らかに四人以上いるよね?w
 最初は、エスト瓶が9本しかなかったり、初見ということもあって敗れてしまいましたが、リベンジ戦では、魔法耐性の高い盾を装備して挑むことに。これによって公王の攻撃は、盾で大幅にダメージカットすることが出来るようになり、戦いが大分楽に。あとは、ゴリ押しだぁっ!(何
 それでもソウルスティールは受けてしまいますが、エスト瓶は有り余るほど持っているわけですし、ピンチになったら離れて回復するだけb数が増えようともそれほど積極的に横槍入れてくるわけでもないのが救いか。若干の苦戦はしましたが、何とか勝利することが出来ましたb次は、いよいよラスダンですね。

 ・最初の火の炉
 ラストダンジョンの構成は至ってシンプル。道中の黒騎士を一体ずつ倒していき、ラスボスと対峙するだけ。今更黒騎士に苦戦することはないため、ボスに至るまでの道は、まあなんとかなるわけですが、果たして、ラスボスはどうなのでしょうか?

 白い霧の中に入ってみると、薪の王グウィンがいましたが、これまでの厳つく巨大なボス達のことを考えると、大分小さい方に部類される気がしますwしかし、実力はさすがにラスボスというだけあって別格でした。
 グウィンは、炎の剣を振り回して攻撃してくるだけでなく、掴んでから爆発魔法で吹き飛ばすという防御不能の技、更に距離が開いていた場合、大ジャンプして斬り込んできます。各々の攻撃の対処法は、今までの経験通りにやって行けばいいのですが、問題なのは、グウィンは本気で殺しに掛かってくるということwプレイヤーに一切の隙を与えず、エスト瓶で回復しようものなら回復してんじゃねぇ!と言わんばかりに飛んできて攻撃してきますwこれまでのボスは、いくら強力でもエスト瓶で回復する隙がありました。しかし、グウィン戦ではそれがありません。障害物に引っ掛からせることでエスト瓶を使うまでの時間を稼ごうと考えましたが、奴のAIはかなり賢く、ちゃんと障害物を避けて襲ってきますwしかもグウィンの一撃はかなり重く、防御不能の掴み技もあります。さて、どうしろとw何度も死にましたし、エンディングを前にして積むかと思いました。

 グウィンを倒すには、パリィしかない!パリィは高度なテクニックですが、これしか攻略法が無いようなものですから使うしかないのです。やれと言うのなら、やってやるぜb
 グウィンの攻撃の中には、剣を左右に振り回すものがあります。狙い目はココ。初撃からパリィを狙うのは困難なので、これは盾で防ぎます。この後、殆どの確率で二撃目が飛んできますので、ここでパリィ!グウィンの攻撃は大振りですし、剣を振るタイミングも一緒なので狙うのは意外と簡単。パリィを決めた後はブスッとやって、体力が減っていたらエスト瓶で回復。これの繰り返しでバッチリですbまた、掴み攻撃は予備動作が大きいので、急いで後転して回避。その他は、炎属性の耐性が高い盾でしっかり防げますb
 これまではグウィンの圧倒的な力に押され、翻弄されてきましたが、今度はこっちの番ですb貴様の攻撃は全て見切った!貴様の技では、もはや俺を倒すことは出来ないぜっ!そして、遂に撃破に至りましたb

 ここからエンディングというわけですが、何故か闇の王になってしまったwうぉっ、そういうオチかwと思っていたら、実はマルチエンディングだったらしく、篝火を灯すことで別のエンディングが見れるそうで。
 グウィンを倒した後、奴に挑戦する他のプレイヤーへのアドバイスとして、パリィが有効というメッセージを入り口付近に残そうと思ってそこへ向かったのがアレだったようですw
 しかし、どちらのエンディングを迎えたとしても世界がどうなるとか分かるわけでもなく、そもそもマルチにした意味あるのか?と首を傾げるばかり。まあ、フロムのゲームはシナリオは二の次だし別にいいか(何

 これでダークソウルはクリアです。
 まとまった感想は、後々書きたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる