地道なソウル稼ぎが勝利への近道だb

 しばらくソウル稼ぎに時間を費やしていました。アノール・ロンドでは、全体的に手に入るソウルの数が多く、銀騎士からは1000、巨人兵的な奴からは1500、そして、巨人兵の上位版からは、なんと3000も貰えるようで。
 また、ここで登場する巨人の鍛冶屋からは、念願の光の楔石を8000ソウルで購入することが出来まして、更に雷武器に進化させることも出来ます。雷武器への強化に必要な楔石の塊は、巨人兵の上位版から入手可能のようですので、ソウル稼ぎのついでにこいつも稼ぎます。
 これらを使って銀騎士から手に入れた盾と東国装備一式を+5まで鍛え、打刀も雷+5まで鍛えましたb貴重な原盤を使ってしまいましたが、後悔はしていない(ぁ

 ・アノール・ロンド
 エレーミアスの絵画世界から脱出したところからスタートします。仕掛けを動かして橋を架け、いよいよ城内に突入ですb
 城門前では、巨人兵が二体待ち構えていますが、一体ずつ誘き寄せて対処すれば問題なしbなんですが、たまに二体同時に動くんで厄介なんですよねwまあ、そんな時は、後ろに退くと片方が持ち場に戻っていくことがあるんで、その間に一人ぶちのめす感じでしょうか。
 巨人兵撃破後は、いざ城の中に突入!と意気込んだものの、扉は固く閉ざされているようだ……まあ、お約束だな(ぁ どうも城の外回りから攻める必要があるようです。
 道中には、ガーゴイルのチビ版みたいな奴がいまして、小癪にも雷属性の槍を持っているので、盾でガードしても防ぎきれないという。しかし、こいつは相当間抜けな奴でして、蹴落としてやるとそのまま落下死するというwテメェの背中にあるその翼は飾りかw

 チビガーゴイル共を始末したら、恐らくこのダンジョンの最難所が待ち構えています。そこでは、銀騎士の飛ばしてくる巨大な矢を避けながら、狭ーい通路を渡らなくてはならないのですが、これが超理不尽なんですよねwダッシュで駆け上がれば矢は全部避けられるのですが、問題はこの後の銀騎士。銀騎士が立っているのもこれまた狭い通路なんですよね。しかも、こいつの放つ矢は盾で防いでもノックバックが大きいですし、立て続けに放ってくるので、そのまま落下することが多々。回避出来るスペースもないですし、接近する際は、矢が当たらないことを祈りつつダッシュするしかありませんw
 そして、いざ接近戦に持ち込んだとしても、相手は手練れなので速攻で片付けるのは難しいでしょう。しかも通路が狭いので戦い難いことこの上ないwちなみに、銀騎士は、距離を取ると弓に持ち替えるので戻って誘き寄せることも出来ません。つまり、この狭い通路で銀騎士を倒す必要があるのです。この狭いスペースでガチで勝つのは難しく、銀騎士が勝手に落下ししていくことを祈るのが一番の攻略法でしょうか。これを理不尽と言わずして何と言う?w
 正直、こういうのは手応えのある難易度というより、ただ単にストレスが溜まるだけだと思いますね。今作、ダークソウルでは、狭い通路関連の不満が多々聞かれますので、開発はこういった難易度の上げ方を自重するべき。難しければいいというわけではない。そこに挑戦のし甲斐が無くてはならないと思うのです。

 まあ、文句言ってる割りには、落とされたの一回だけなんですけどねbあ、やめて、蹴落とさないで(

 城内に入り込むとそこには篝火があり、その近くでソラールさんが休憩していました。そう言えば気になったのですが、主人公以外の冒険者タイプのNPCって何が目的でダンジョン探索しているんでしょう?(ぁ
 篝火の強化を行うために生者に戻り、城内を探索していたらお約束の侵入ターイム!最近は、侵入が鬱陶しくなってきましたね(ぁ
 例の如く、背後を取られない位置で待機していたのですが、相手は一向に姿を現しません。向こうも待ち伏せしているのでしょうか?でしたら下手に動かないのが得策。そう、こういうのは忍耐の勝負なんです。待つ、シセロは待つ~!
 それでも相手はやって来ません。こちらから行くべきでしょうか?それでも待つと決めましたが、ふと近くに現れたメッセージを読んでみると、この部屋に隠し通路があることが判明!そこから先へと進むことにしました。
 中は真っ暗でしたが、仮に闇霊が襲ってきてもアイツら光ってるから逆に目立つだろうと言うことで探索開始。お宝に混じってミミックがいて焦りましたがこれを撃破。そして、お宝を回収していると、闇霊が接近していましたwそんなに簡単に背後を取られてたまるか、ということで攻撃開始!実力的には拮抗していましたが、相手は炎に対する耐性を高めているらしく、思うようなダメージを与えられませんw逆にこっちは大ダメージを受けてしまうという。これはピンチ!と思いきや、相手はそのまま去っていき、元の世界に戻っていきましたとさ……ええっ!?
 果て奴は何をしに来たんでしょうかwあのまま戦っていれば勝てたのは明らかに向こうの方。つまり、戦況が悪くなって逃げたわけではなく、他に理由があると考えられます。急にトイレに行きたくなったとか(違
 テメェじゃ相手にならないぜと去って行ったのかもしれませんし、ラグが酷くてとてもプレイ出来ないと判断したのかもしれません。確かにラグはあったと思います。向こうが背後から接近して来た時、こちらがその場から離れた後もしばらくはゆっくり歩いていた所を見ると可能性は大いにあります。
 しかし、城内を探索していたら別の理由が浮上してきました。そう、各地にある宝箱が全部開けられていたのですw(中身は残ったまま)しかも、城内のショートカットまで全て開通してくれているというw闇霊ってそこまで干渉出来たんですねwなんにせよ、親切な闇霊もいるんだなと感心させられましたw

 アノール・ロンドの城内は、各地に銀騎士が配置されているため中々手応えのあるダンジョンとなっています。それらを何とか蹴散らして奥へと進むと、黒い瞳のオーブが反応しました。どうやら火防女を殺したロートレクは、この辺に身を潜めているようです。いざ侵入して敵討ち!……返り討ちにされました(ぁ
 相手は三人!しかも侵入先の世界ではエスト瓶が使えません。正攻法で勝つのは難しそうです。そこで、弓矢を買ってそれで遠くからチマチマ攻める戦法を採用することにしました。どうも毒矢がいいらしい、ということでそれを使って攻撃!すると、一気に二人襲ってきましたwいやいや、待て、待てってばw
 しかし、ロートレク自体は取るに足らない相手だったようでして、例え二人掛りでも軽く捻り潰すことが出来ました。問題は、ロートレク。ここは男らしく一騎打ちだ!そう思ったのですが、相手は、盾越しに攻撃出来るショーテルの使い手。なかなか手強かったです。しかし、こちらも回復用に人間性を30個くらい集めていましたので何とか倒せましたbまあ、使ったのは1個だけで30個も要らなかったけどねw
 この後、火防女たんを復活させに行きましたb実は、喋れないんじゃなくて、ただの恥ずかしがり屋だったというオチwそれだけかっwま、まあ良しとしよう。

 この後は、しばらくソウル集めに集中していましたが、途中、寄り道をしたりもしました。そう、あの梯子を上っている時にブレスで叩き落としてくれたあの憎きヒュドラにリベンジですb

 ・狭間の森
 以前、ここを訪れた時は、ゴーレム強そうだったのと奥の方から飛んできた訳の分からない攻撃にビビッて逃げてしまいましたが、あの頃に比べるとレベルも装備もかなり鍛えられましたので何とかなる筈だb
 実際、ゴーレムは思った以上に弱かったですwってか、あの頃の段階でも十分倒せる相手な気がしてきましたwそして、遠くから飛んでくる訳の分からない攻撃は、ヒュドラのブレスだったことが判明!敵だけでなく味方のゴーレムすら葬り去る恐ろしい破壊力。何よりも森に足を踏みれた途端攻撃してくる奴の索敵能力に驚かされますw
 いざヒュドラに勝負を挑んでみるものの、ブレスの破壊力は半端なく、盾でも防ぎきることが出来ません。吹っ飛ばされつつも接近すると、今度は、複数の首で叩き付け攻撃を仕掛けてきました。これは盾でしっかりガードすることが出来、この後首をスパスパ斬ってちょん切って行きます。よっしゃ、こうなったら根元から叩き斬ってやるぜ!そう思って接近したのですが、ヒュドラのいる湖は深かったらしく落下してしまいましたw落ちたのは、僕だけじゃないと思う(ぁ
 リベンジ戦では、順調に首を切断していき、最後はボウガンの矢を撃ちこんで撃破!これで安全に梯子を上ることが出来るようになりましたねb
 狭間の森からは、黒い森の庭の他に飛竜の谷へも行けるようです。飛竜の谷からもさらにいろんな場所に行けるみたいなんでいずれ探索したいと思います。

 ・アノール・ロンド
 装備も十分に整ったのでいざボス戦へ!噂によれば、ここのボスは、不死達の心を折るどころか粉砕してしまうほどの強さだとか。果たしてどんなボスなのかw
 中に入ってみると、ツボみたいな形をしたお相撲さんが餅つき用の鎚を持って出迎えてきましたが、バルコニーから竜騎士が出現!そう、ここのボスは、二体同時に相手にしなくてはならないようですwちなみに、処刑者スモウと竜狩りオーンスタインという名前だそうです。
 スモウは言うまでもなくパワータイプですが、オーンスタインはスピード重視のボスらしく、高速移動を交えて攻撃して来たり、遠距離から雷の槍を投げてくるようです。とりあえず、スモウから距離をとりつつ接近してきたオーンスタインを攻撃する戦法が賢明でしょうか。オーンスタインとの戦いに集中してしまうと後からやって来たスモウにブッ飛ばされるので、オーンスタインへの攻撃も一、二発に止め、すぐにスモウから逃げます。二体のボスの間には速度の差が見られるので、これで結構上手く行きましたb

 オーンスタインを撃破すると、残るはスモウだけ。これなら余裕だぜbそう思ったのですが、甘かったw
 スモウは、「この役立たずめ」と言わんばかりにオーンスタインを鎚で潰すと、なんと雷のエネルギーを吸収したのです。今度は、雷を纏った鎚で攻撃してくるようです。そして、これが非常に厄介!雷属性は、盾で防ぎきれないため、突進攻撃で思わぬ大ダメージを。ならば回避するまで、そう思ったのですが、この突進攻撃は、軌道修正しながら突っ込んでくるらしく、回避も困難だと判明。では、どうするか?この突進攻撃は、離れている時にしか使ってこないようなので、思い切って接近!スモウのその他の攻撃は回避が容易なのが救い。まあ、飛び上がって押し潰してくる攻撃は急いで離れないと当たりますけど(ぁ
 雷を纏ったので雷に対して耐性が付いたものと思いきや、十分なダメージを与えられたので一気に押し切って撃破!貴様らの敗因は、組む相棒を間違えたことと、下半身のダイエットを怠ったことだ(何

 このスモウ&オーンスタインなんですが、まあ、強いと言われればその通りなのかもしれませんが、結局一回も死なずに倒してしまいましたし、ギリギリだったかと言われれば、特にそうでもなかったと思いますし……これは、鍛えすぎたな(何 
 というわけで、もし苦戦されておられる場合は、ソウルを集めに集めまくってレベルを上げたり、武具を鍛えたりすることをオススメします。武器や防具はもちろん、盾も重要ですbそう、ダークソウルはRPGなんです。アクション面で上達することも大切ですが、武具を鍛えることで戦闘や心理的に余裕がもたらされ、勝率がグッと上がる、そんなゲームなんだと思いますb

 ボス撃破後は……そもそも何の目的でここに来たんだ?と思いつつ先へ進むと、色んな意味でビッグサイズのお姫様がいました。太陽の穏やかな光に照らされ、優しく微笑みかけるその姿は、エr……じゃなくて女神様のようです。
 とりあえず王の器なるものを授かり、篝火のワープも利用できるようになりましたbこれは便利!しかし、こういうのって最初から使えるようにするもんだよな(ぁ

 この後は、各地を巡ることになるっぽいのですが、まあ、とりあえず小ロンド遺跡は最後ですねw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる