炎を纏った打刀にはロマンがあるb

 プレイ時間も30時間を超えてしまいましたが、まだまだ中盤辺りでしょうか。とりあえず、目指せ100時間といった所でしょうか。

 ・地下墓地
 ふと炎属性の武器が欲しくなったため、鍛冶屋のバモスに会いに行くことにしましたbいよいよ、有り余るほど所持している緑楔の大欠片を使う時がやって来たのですb
 地下墓地は、現段階で挑戦するには、なかなか手強いダンジョンだと言えます。以前、訪れた時は、浮遊しているスケルトンの魂みたいな奴の大爆発で思わぬダメージを受け、逃げ帰って来たものですwしかし、今回は勇気を振り絞って奥へと進むことに。
 魂の大爆発は、十分に距離を取っていれば回避出来ますし、また、大爆発後は消滅することを知ってちょっとだけ希望が持てましたbしかし、問題はスケルトン。さすがにもう倒せるようになったのですが、近くに魔術師がいると、倒しても蘇ってしまうのが厄介。しかも結構速いペースで復活するのでキリがない。このまま奥へと進むのは非常に困難なのは言うまでもありません。
 そこで、神聖武器を用意することにしましたbこれでスケルトンを倒せば、蘇らないそうです。神聖武器は、信仰を高めることで威力が上昇する武器なのですが、うちのBaldrは信仰心が全くありませんwよって威力の上昇は望めませんが、素の状態でもある程度の攻撃力は見込めましたので何とか役立ちそうです。神聖武器を装備していざ洞窟探検へ!さて、どんなお宝や罠が待ち受けているのでしょうか?

 スケルトンの数は思った以上に多く、神聖武器が無ければ突破は困難だと思い知らされましたw篝火は思ったよりも入り口付近にあったのが幸いでしたが、奥へ進むほどスケルトンの抵抗が厳しくなります。一方、魔術師は一度倒せばリスポーンしないようなので、仮に死んだとしても次に挑むときは若干楽になりました。
 目的の鍛冶屋は、螺旋階段から飛び降りた先にいるそうです。穴の底は暗く、足場があることに気が付きにくいようになっています。しかし、ノーヒントかと言えばそうでもなく、下を覗いてみると、亡者の亡骸とソウルが見えるわけです。もし、これを取り行こうとすれば、帰りは必然的に下に落ちるしかないわけで……この段階で気が付くわけですね。僕はWikiでチェックしちゃいましたけどね(何
 一回目はどこに降りていいのか分からず見事に落下ししましたが、二度目は順調に下りて行って遂にバモスさんとご対面。炎武器もちゃんと作って貰えて目的達成ですbしかし、ここに辿り着く前に結構骨が折れるんで、出来れば用事はまとめて済ませたい所ですねw

 問題は帰り道でした。バモスが壁に穴をあけて用意してくれたのですが、ここ何処?って感じでしたね(ぁ
 しかも、その先には車輪持ちのスケルトンが。このスケルトン、車輪で転がって攻撃するという何とも滑稽な連中なのですが、攻撃が連続ヒットする上、盾を構えていてもスタミナがゴリゴリ削られ、結局弾かれてしまいます。しかも、四方八方から襲って来るので非常に厄介ですwええ、もちろん死にましたとも(何

 死んだおかげで篝火まで戻ることが出来たのですが、やはり置いてきた大量のソウルが気になり、再び最深部へと向かって回収することにしましたb
 またしても車輪スケルトンに殺されかけましたが何とか退け、突如出現した黒騎士も撃破!後は、上に登って帰るだけ……のはずだったのですが、道が分からなかったというw仕方がなく白い光の中に入ってみると、まさかのボス戦wま、待て!まだ心の準備が!(ぁ
 ボスの三人羽織は、これまでのボスと雰囲気が全く違います。魔法主体で攻めてくるようでして光弾がなかなか痛い。しかもワープや分身までしてきます。明らかにケツが弱点じゃなさそうです(ぁ 手強そうな相手ですが、各個撃破していくことが勝利につながると確信し、一体を集中狙いすることに……ってアッサリ死んだwしかも、残りもまとめて消滅するというwこのボス、実は超弱いんじゃ?w

 この後も相変わらず道が分からず、更に真っ暗なエリアに足を踏み入れてしまいました。明らかにこっちじゃないwそう思って引き換えし、更に道を探ってみると、ちゃんと登れるところがありましたwこのエリア、何処に梯子があるのかとか分かり辛いですねw
 しかし、最悪なことに、レバーを操作していなかったため、帰り道が完全に断たれていましたw戻るには、死ぬ以外に選択肢がなく、泣く泣く大量のソウルをその場に置いていくことに。
 後々、上から順に攻略していって何とか置いてきたソウルを回収することが出来ましたb
 地下墓地には、まだまだ探索出来る箇所が残されていますが、その辺りは次回訪れた時にでも。

 ・クラーグの住処
 武器も揃ってきましたし、そろそろこっちの方も攻略しよう思って病み村に戻ってみました。そして、病み村からクラーグの住処へと突入です。
 クラーグの住処には、卵を背負った気味の悪い亡者がウヨウヨと。しかし、こいつらには戦意が感じられず、襲ってくる気配もありません。ってことでスルー。僕は平和主義なんだ(何
 前方に白い光が見えてきましたが、メッセージを見ている限り、ボスが待ち受けているそうで。で、その中に「絶景に注意」とのメッセージがあり、多くの+評価が集まっていました。一体何のことだろう?wそう思って中に入ってみると……クラーグは、蜘蛛みたいな奴で、さすがに病み村に巣をつくって住んでいるだけあって気持ち悪いモンスター……と思いきや、本体は絶世の美女!おっぱいと口元が非常にエロい!確かに絶景だwと納得しました(ぁ
 クラーグは、呪術の使い手のようでして、炎の槍的なものを振り回して攻撃したり、蜘蛛の口から溶岩を吐き出したりと炎主体の攻撃を仕掛けてきます。当然ながら炎にも耐性があるらしく、折角用意した炎属性を纏った打刀が役立たなかったというorz
 吐き出された溶岩は一定時間その場に残り続けるため、戦闘エリアが狭くなってきます。が、元々部屋が広いんでそこまで脅威じゃないというw問題は、炎の槍の方でしょうか。炎耐性の高い盾じゃないとガードしてもいくらかはダメージを受けてしまいますし、回避もなかなか難しい。クラーグに密着した時に攻撃がヒットしないことがあったので、一気に接近するか、もしくは炎の槍での攻撃時は距離を取って空振りを狙ったりしました。攻撃を仕掛ける最大のチャンスは、やっぱり溶岩を吐き出している間。ここで一気にバシバシと。
 エスト瓶は大量に消費してしまいましたが、まあ何とか死なずに撃破出来ましたbそれにしても、良いおっぱいだった。倒すの勿体なかったなぁ(蹴

 ・デーモン遺跡
 二つ目の鐘を鳴らすとゴーレム的な奴が起き上がり、鍛冶屋の近くにあった砦のゲートが開かれました。次はここに向かえというわけですね。しかし、クラーグの住処から先へと進めるようですので様子見で行ってみましたb
 デーモン遺跡は、灼熱の地獄とも呼ぶべき場所でして、そのあまりにも巨大な空間には圧倒されるものがありました。絶対ヤバい奴が出て来ますよ、ここw
 卵を背負った亡者がいっぱいいましたが、中には襲って来る奴が。攻撃してみたところ、えらいアッサリ倒れた……と思いきや、卵からカブトムシの幼虫的な奴がうじゃうじゃ出て来ました。きめぇwなんか、ダークソウルって気色の悪いモンスターが結構多くないですかねw
 先へと進むと白い光が見えましたので勇気を振り絞って中に突入することに。すると、超巨大で明らかに強そうな奴が待ち構えていたのですが、全く襲ってくる気配がありません。あれ、どうしたんだろう?そう思いつつ素通りし、その先にあるアイテムを回収すると、ボスのBGMと共に襲ってきましたw何を怒っているんだ(ぁ
 ボスの火力は圧倒的でして、回避も困難……ってか無理でしょうwそして、盾でガードすることでダメージを防げてもそのまま吹っ飛ばされるというw何度か挑戦してみたのですが、あまりの強さに心を折られてしまいましたorzいずれ戦わなくてはならないのでしょうけど、果たして、しっかりと勝利を掴めるときは来るのでしょうか?全くそのビジョンが思い浮かばない、それくらい圧倒的な強さを持ったボスでした。

 ・センの古城
 デーモン遺跡で心をへし折られましたが、あそこに挑むのは、まだまだ先の話だと言い聞かせ、とりあえずセンの古城へ挑むことに。
 入ってからいきなり矢が飛んでくるし、リザードマンなのかスネークマンなのかよう分からん敵に襲われるわで手荒い歓迎を受けましたが、これくらいは障害にもなりません。先へと進むと今度は、左右に揺れるギロチンが。ハッ、こんなの余裕だぜっ!とタイミングを見計らって先へと進むと、何処からともなくいきなり雷魔法が飛んできて、その時のノックバックでギロチンにヒット!そのまま落下ししましたorz
 二度目は、明らかな不注意でギロチンにヒットして下に落ちてしまいましたが奇跡の生還!しかし、楔のデーモンが待ち構えていました。一度倒したことある相手なのでそう苦戦もしないだろう……確かに苦戦はしませんでしたが、それは一体だけの場合。さすがに二体相手にするとなると苦戦を強いられ、頑張って片方を倒し、これからもう片方って所で殺されました。うーん。

 次は、ギロチンにもヒットせず、飛んできた雷魔法は盾で弾きつつ先へと進みます。途中で玉ねぎ戦士にも会えました。それにしてもこの格好、明らかに冒険者向けじゃないと思うんですがwそれから、蹴飛ばして落としてくださいと言わんばかりの位置に座っていたので、もし腹立たしいこと言ったらそうするつもりです(蹴
 センの古城は、トラップだらけのダンジョンのようです。左右に揺れるギロチンの他には、転がる大玉がありましたし、ミミック的な奴もいましたし、明らかに罠っぽいエレベーターも。足場に血が付いてるってことは、行く先は剣山といった所かな?w
 奥へ進んでも篝火は見つからず、道があると思って進んだ先が思いっきり穴だったという不運に見舞われ、またしても最初からスタートする羽目にorz最初の篝火を見つけるまでが大変そうです。

 今日は、この辺で心が折れたので次回挑戦しますb

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる