最下層は、不死街下水と呼ぶべきだ(ぁ

 最近は、ダークソウルに熱が入っておりますb難しいものの中毒性の高いこのゲームは、例えるなら担担麺なり暴君ハバネロみたいな感じですね。旨辛って奴です。

 ・北の不死院
 不死街の最下層へと向かう前にちょっと寄り道したくなったので北の不死院に戻ってみようと思いました。確か、まだ開けていない扉があったはずなので。しかし、戻り方がさっぱり分からず。でっかいカラスは見つけたものの、近づいても特に反応なし。さて、どういうことだ……その後、Wikiと動画を参照にしました(ぁ それにしても、これを自力で発見した人って凄いなw

 北の不死院には、あったかふわふわという謎の生物(?)と物々交換が出来たり、貴重な武具やアイテムが手に入ったりするので寄り道した甲斐がありました。また、はぐれデーモンなるボスとの戦いもあります。
 はぐれデーモンは、見た目は、不死院のデーモンのビッグサイズって感じで攻撃パターンも似ているのですが、問題は、薙ぎ払いと棍棒で押し潰す攻撃をした時に広範囲に渡る熱風を巻き起こすこと。その威力は半端なく、一撃で瀕死状態まで追い込まれます。当然、最初は瞬殺されましたw
 とは言え、基本は不死院のデーモンと同じなんで、要は、背後を取り続ければいいのですb空中に浮かび上がった時は巻き込まれないように少し離れ、着地と同時に一気に走って背後を取る!あとは、おケツをグサグサと。ダークソウルに登場する敵は、皆バックに弱いようでw
 シミター+5程度の威力では、戦いがかなり長引きましたが、何度か挑戦することでコツを掴み、何とか撃破出来ましたb大量のソウルが手に入ってウハウハですb

 不死院内で他に変わった場所はないかと探索していると、いきなり騎士が襲って来ました。この騎士は、エスト瓶をくれた恩人なわけですが、遂に正気を失ってしまったようです。楽にしてやると、物理攻撃を100%カットし、魔法攻撃も80%カットする優秀な盾が手に入りました。大事に使うことにします。
 他には、相変わらず余裕かましまくりの黒騎士が二体いたり、スタート地点に奇妙なアイテムが落ちていたりと色々と変化がありました。そして、開始時には開けられなかった扉を開くと、その先には、錆びた鉄輪なる何とも地味な指輪がwこの指輪は、沼や水溜りに足を奪われることなく通常通り移動出来るというものらしく、名前の割になかなか使えそうなものでした。

 得る物が多く、充実した寄り道でしたb

 ・最下層
 最下層というより、むしろ不死街下水と呼んだ方が適切な気がするダンジョンでした。ネズミもたくさんいますし、ゲロもあちこちに撒き散らされていますしwまあ、ゲロじゃなくて、グロテスクなスライムですけどw
 下水は、あちこち水浸しだったのですが、早速、北の不死院で手に入れた錆びた鉄輪が役立つ時が来たようですbおかげで攻略が楽になった……気がします。実際、そんなに変わらなかったのかもしれませんが(ぁ
 ここは迷路のように入り組んでおり、全てを踏破するには骨が折れそうです。とりあえずある道を進んでいくと、なんと、ジャイアントサイズのネズミがwなんだアレはwと思いつつ挑んでみたところ、まあ、そんなに強くなくあっさり倒せてしまったというwなんだ、ビビッて損したよ(ぁ

 あちこち探索していると篝火を発見!今回は、えらく容易に見つかったなぁと思いつつ休憩を取り、ついでに人間性を捧げて生者に戻り、篝火を強化しておきました。その後、再び篝火を利用しようとした所、妙なことに、反応が無かったのです。あれ、妙だな?そう思っていると、闇霊が侵入してきたとのメッセージが!遂に来たかwまさか、この隙を狙われるとは(ぁ
 敵はどこから襲って来るのか?それは分かる筈もありませんが、背後を取られない場所に陣取り、向こうから来るのを待つことにしました(ぁ
 間もなくして真っ赤に光る闇霊がやって来て、いざ勝負!しかし、お互いに盾を構えた状態だったため、戦いに殆ど進展がなかったというwとりあえず背後を取ろうとグルグル回ってみたものの、なかなか取らせてもらえません。ていうか、相手側もロックオンしてたら自然とそうなるというかw闇雲に剣を振るってもダメージを与えられるわけでもなく、逆に手痛い反撃を受けました。相手は、炎属性付の武器。こっちは、シミター+5。性能の差が歴然としているw
 ロックオンが天井にいるスライムに移ったりするなど、ちょっと戦い辛い環境だったので、篝火のところまで引換し、ついでに余裕のエスト瓶を(ぁ
 すると、相手は、炎の魔法で遠距離攻撃を仕掛けてきました。こっちは、左右に移動することで物陰から出たり入ったりを繰り返し、当ててみやがれと言わんばかりにスイスイ避けましたb
 その後、相手は盾も構えずに突撃してきたので、今がチャンスと言わんばかりに滅多切り!あと一発お見舞いすればこっちの勝ちだったんですが、運悪く(?)スタミナ切れwそして、またしても手痛い一撃を受けて撃沈させられましたorz相手は、丁寧にお辞儀して帰って行きましたとさ。
 今回の闇霊との戦いで分かったことは、とりあえず今のスタイルだと攻め方が殆ど一本なんで勝利するのは厳しいってことでしょうかw色んな手を考えておく必要がありそうですね。

 ここ最下層での脅威と言えば、やっぱりあのメダマガエル(命名)でしょうかw石化ブレス的な煙を吐き出すのですが、しばらく煙の中にいるとそのまま石化して死んでしまうという。しかも、篝火から復活した際も呪いの効果が持続しており、その影響でHPが半分になってしまうという。何とも恐ろしいカエルです。呪いを解くには、小ロンド遺跡を訪れるか、解呪石を使うしかないようです。幸い、解呪石を持っていましたので、小ロンド遺跡を探索する羽目にならずに済みましたb
 ちなみに、メダマガエルは、うっかり穴に落ちてしまった先に待ち構えていたのですが、数が非常に多いw割とアッサリ倒せるのが救いですが、それでも容赦ないよなぁと思いますねw

 最下層の探索も一通り終え、いよいよボスに挑戦ですbどんな奴が出てくるのかと思いきや、貧食のドラゴンというめちゃくちゃヤバそうなのが出てきましたw見た目も恐ろしいですし、何よりもサイズがデカいw果たして、こんな奴に勝てるのでしょうか?w
 攻撃パターンもそれまでのボスとはちょっと異なり、また、背後に回り込んでも手痛い尻尾攻撃が飛んでくるので、珍しくおケツが弱点ではありませんでした。後ろ足辺りを陣取れば安全みたいなんで、そこをバシバシと。飛び上がっての押し潰し攻撃を離れることで回避しつつ、着地時に接近、再び後ろ足辺りを陣取る、そんな流れで攻めていきました。
 敵の体力を順調に削れていったのですが、横を移動している時に掴まれて、そのままグロテスクな口の中に放り込まれた時はさすがに焦りましたw一撃死、最悪、大ダメージを受けることを覚悟していましたが、解放された時は何故か無傷……アレ?レバガチャを素早く行えば無傷で済むんでしょうかねw
 見た目の割にそんなに苦戦することなく倒せた……はずだったのですが、あと一撃与えたら倒せたところで後ろ足と体の間に挟まってしまい、そのまま死亡orzその後、再挑戦したわけですが、ゲロから逃げる際に崖に落ちてしまったり、そもそもうまく戦えなかったりと初戦の健闘ぶりは何だったんだとwまあ、最終的には、何とか倒せましたけどb

 貧食のドラゴンを倒したことで多くのソウルを手に入れましたので、鍛冶屋からアルトリウスの紋章をゲット。この後は、病み村を探索するか、アルトリウスの紋章で開けられる扉の先を進むか、もしくは、狭間の森に再挑戦するか、新天地に向かうために地下墓地へと向かうか……選択肢は多くなってきましたねw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる