新・光神話 パルテナの鏡 レビュー



 ※動画の内容は、桜井さんのプレゼンテーションです。主に対戦について実況付きで紹介されていますが、本作の魅力が十分に伝わるかと思われます。

 密かにプレイしていた、「新・光神話 パルテナの鏡」をようやくクリアしましたので、今回はそのレビューです。

 結論から先に言わさせて頂きますと、もし、既に3DSを持っているのであれば、本作は買いだということでしょうか。もちろん、3DS本体と同時購入する価値も十分にあると言えます。

 シングルプレイは、一つのステージの作り込みが半端じゃない上、思った以上のボリュームを持っており、十分に満足出来る内容だと言えます。また、オマケ程度に考えていたマルチプレイですが、これが意外と熱中度が高く、しかも奥深いものでして、人によっては、このモードだけで遊び倒せるんじゃないかと思われます。
 やり込み要素も充実しているのですが、作業的なものではなく、自分だけの神器を手に入れたり、それを生み出したりすることが出来る等、モチベーションを維持しやすい点も評価することが出来ます。
 この一本のソフトに一体どれだけ詰め込んでいるんだ?と思ってしまうほどの超豪華パッケージ。本作は、3DSのキラータイトルとして挙げることが出来ます。

 まずはシングルプレイのレビューから。
 基本的には、空中戦→地上戦→ボス戦という流れで進行するのですが、特に空中戦と地上戦では、操作が大きく異なります。

 空中戦は、例えるならスターフォックスや罪と罰のようなフライト系シューティングであり、弾幕を避けつつ、敵を撃破していくという内容です。
 まるでジェットコースターに乗ったかのようなスピード感を味わうことが出来、一見、回避不能と思われるような弾幕の嵐を掻い潜っていくスリルもありまして、とても爽快感があります。何気にスコアにも対応していますので、ハイスコアを目指してみたり、難易度を上げてプレイしたりする等の楽しみ方もあります。
 また、ステージによっては、分岐点が存在するなど飽きさせな工夫が見られたりもしました。

 地上戦は、アクション+シューティングといった感じなのですが、このアクションとシューティングを同時にこなすというのは、仮にアクションやTPSの経験者であったとしても難しいと感じられるかもしれません。そして、操作性もやり辛いと感じられるかもしれませんが、慣れてくれば、特にそういった感じはなくなると思います。むしろ、スムーズにキャラを動かせるようになっているはずですし、腕前を上げた自分に惚れ込んでいることでしょう(ぁ
 よって、地上戦は、慣れてきた頃にその面白さと爽快感に気が付くはずです。つまり、自分の腕前を上げていくことに喜びが感じられるゲームだとも言えるでしょう。
 ちなみに、地上戦は一本道というわけではなく、寄り道や隠し部屋が用意されていることもあり、その先にはもちろんレアなお宝が置いてあるわけです、多分(ぁ 中には、高難易度でないと入れない部屋とかもあるので、挑戦する際のモチベーション維持に繋がるかもしれませんよ。

 ボス戦は、基本的に地上戦の操作で行うことになります。ボスの攻撃は結構容赦ないので、慣れない内は敵の攻撃を全く回避出来ずにイライラするかもしれませんし、敵の体力もそこまで高く設定されていないっぽいので、なんか苦戦した割にアッサリ撃破出来たぞ?と拍子抜けに感じる場合もw
 しかし、地上戦の操作に慣れてくると、敵の攻撃をサッと回避出来たり、重い一撃やコンボを決めてみたりとボス戦が爽快なものへと変わっているはず。

 ちなみに、本作には神器と呼ばれる武器があります。これには数多くの種類がありまして、性能も異なっています。装備した神器によって空中戦、地上戦のゲーム性が大きく異なってきますので、自分に適した神器を見つけるのも本作の醍醐味だと言えます。
 斬剣は、最も基本的な神器で、狙撃、接近戦共に可もなく不可もなくこなせます。一方、狙杖は、ライフル的な位置の神器でして、遠距離射撃を得意とし、爆筒は、爆風によって多くの敵を巻き込めます。スピードを求める方には、射爪がオススメ。空中戦、地上戦共に移動速度が向上し、射撃に頼らずにヒット&アウェイで戦うスタイルもなかなか爽快ですよb巨塔は、非常に個性的な武器で、空中戦では、なんと敵の弾を撃ち返すことが出来まして、地上戦では、溜め射撃以外では弾丸を飛ばせませんが、一方、その一撃は相当重たいです。
 同じカテゴリーの神器でも種類によって性能は異なってきますし、中には見た目が明らかにネタなものもwもちろん、神器を集めてコレクションするのも楽しみ方の一つだと言えます。

 シングルプレイで特徴的なのは、主人公ピット君とパルテナ様の軽妙なやり取りでしょうかwまさに漫才そのものですし、FC時代のネタを引っ張って来たり、明らかなメタ発言があったりとやりたい放題w緊張感の欠片もない彼らの会話に戸惑うプレイヤーも多かったことでしょうw彼ら以外の登場人物も妙に個性的な連中ばかりでして、シリアスな雰囲気を保っているのは、メデューサくらいじゃないかとw
 しかし、本作が全く緊張感のないゲームである、というわけではなく、シナリオに関しては、実は結構シリアスタッチ。むしろ、軽妙なやり取りでその重苦しい雰囲気を軽くしているのではないかとさえ思えてきます。
 もちろん、展開的に盛り上がるシチュエーションも用意されていますし、先が気になる展開になることもあります。
 シナリオは結構なボリュームなのですが、最後までダレることなくプレイすることが出来ました。逆にクリアするのが勿体なくてしばらく放置していた時期もありましたがw

 マルチプレイは、スマブラのように皆でワイワイプレイするのに適したモードと言えますが、一方で奥の深さも兼ね備えているため、熱中度は高いです。
 射爪で戦場を縦横無尽に駆け抜けたり、巨塔を振り回して敵を圧倒したり、狙杖で遠距離からチマチマ削ったり……プレイスタイルは多彩です。
 奇跡には、目の前に大爆発を巻き起こす、接近したら爆発する地雷を配置する、攻撃した敵を毒や麻痺状態にする、一定時間スタミナ切れが無くなる、等の効果があります。奇跡は、戦いをサポートしたり、戦略の一部として使用できますので、どの奇跡を持っていくのかを考えることも重要だと言えるでしょう。
 また、戦場にはアイテムも配置されていますので、これらを使いこなすのも勝利への近道だと言えます。
 ところで、強力な神器や奇跡が無いと到底太刀打ちできないのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ちゃんと初心者への配慮もありますのでご安心を。チーム戦では、お互いのチーム力を削り合うわけですが、強力な神器を持っているプレイヤーを倒せば、相手のチーム力を大幅に削ることが出来ます。逆に、そんなに強くない神器を持っていてヤラレチャッタ場合、チーム力はそこまで減りませんので気にすることなくガンガン攻めていきましょうb
 神器と奇跡は、シングルプレイ等で手に入れたものをそのまま使用することが出来ますし、マルチプレイの景品として手に入れた神器や奇跡もシングルプレイで使えるのも魅力的だと言えます。
 初心者から上級者まで楽しくプレイ出来るモードですので臆することなく遊んでみましょうb

 3DSのソフトであるからにして3D映像についても評価しておきますが、本作においては、3D効果が大きく表れるため基本ONを推奨します。特に地上戦では、3DS版の時のオカリナのように、その場にいる臨場感が味わえます。
 グラフィックも意外と綺麗で細部まで作り込まれていますし、サウンドは原作のアレンジから本作のオリジナルまで大変魅力的だと言えます。その点からしても本作への情熱が半端ないことが伝わってきますねw

 爽快感のあるアクション+シューティングが楽しめるだけでなく、ピット君とパルテナ様の軽妙なやり取りで楽しい気分になれたり、やり込み要素も充実していて、おまけにマルチプレイでワイワイ楽しく遊べてしまうという。こんなに豪華で楽しいソフトが今までにあっただろうか?w間違いなくおすすめの一本ですb

 
新・光神話 パルテナの鏡新・光神話 パルテナの鏡
(2012/03/22)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる