ゴッド・オブ・ウォー コレクション レビュー

 ちまちまと進めていたゴッド・オブ・ウォー、そして、続編となるゴッド・オブ・ウォー2をようやくクリアしました。これで、GOWの三部作を全てプレイしたことになりますが、今回は、そのレビューをしたいと思います。

 GOWの一作目と二作目は、元々PS2で発売されていたタイトルなのですが、現在PS3向けにHDリマスターされていまして、それが二本収録されたお買い得な内容がダウンロード販売されています。
 HDリマスターされたことで見た目が綺麗になっただけでなく、フレームレートも60に設定されており、クレイトスが大変滑らかに動くのが特徴です。そのため、アクションゲームでよくあることですが、画面がチラついて目が痛い……なんてこともありません。
 しかし、不満点もあります。ゲーム画面は綺麗になっているのに、イベントシーン、ムービーシーンが当時のまんまというw特に1は、あまりにもショボ過ぎて気分が萎えてきてしまいますw
 一方、2に関しては、イベントシーン、ムービーシーン共、PS2の映像とは思えないほどにクオリティが高く、逆に感心させられました。

 まずは、GOWの記念すべき第一作についてですが、個人的には、そんなに良いとは思えませんでした。まあ、3やった後というのが最大の理由だとは思いますがw

 アクション面に関しては、後のシリーズに比べると調整不足と言わざるを得ず、敵を倒す快感が得られるどころか、鬱陶しいというイメージが強かったです。
 前半の敵はそうでもないのですが、中盤以降になるとガードの堅い奴らばかりが出てくるので、気持ちよくコンボを決めさせてくれないという。
 そして、QTEの難易度が高い点も気になりました。指定されたボタンを素早く押す必要があり、ボタンの受付け時間は短めで割とシビアw結構ミスしました。そして、ミノタウロスのQTEがこれまた疲れるw比較的長時間に渡るボタン連打を強いられるだけでなく、終盤に出てくる奴は、全力でボタン連打する必要があるため大変です。本当に疲れましたw
 一方で、良かったと思ったのが魔法の存在でしょうか。種類は全部で4つあり、魔法メーターを消費するリスクに似合った強さを持っています。それ故に窮地を脱する時や、重要な局面で活躍するなど、使い勝手も抜群だと言えました。

 ボスもあまり登場しないため、盛り上がりに欠ける点も否めません。とは言え、その数少ないボス戦のどれもが魅力的と言えるものでして、強大な敵を打ち倒す快感が十分に得られるのではないかと。

 トラップに関しても、一撃死の物が多く用意されているので、結構シビアですwただ、これを問題点と捉えるかは人によると思います。僕自身は、クリアした時の達成感があって良かったと思います。
 謎解きに関しては、実はこっちがメインなんじゃないか?と思うくらい多く用意されています。特に終盤の謎解きは、ゼルダの伝説にあるような挑戦し甲斐があるものでした。
 ステージも一本道ではなく、あちこち歩き回れるのも特徴ですが、とにかく迷いまくりますw一方で、隠しエリア的なものもあり、その先にレアなアイテムが隠されている……なんてこともあるので、探索好きには良いんじゃないでしょうか。

 グラフィックは、HDリマスターされてもショボイですwポリゴンの表面を綺麗にしました!程度のもので、逆にショボさが際立っている気がしますwそれに、敵は滑るように移動するため不自然極まりないです。
 ムービーは、まあ当時としては良く出来ている方ですが、イベントシーンは最悪w特に、クロノスに乗り込むシーンは、ショボ過ぎて笑いが出るほどw
 1に関しては、HDリマスターと言っても過度な期待は厳禁ですw

 次は、2のレビューです。1がアレだったのでそれほど期待していなかったのですが、2になってからあらゆる点で飛躍的に進化を遂げており、逆に驚かされたくらいです。

 HDリマスターされたグラフィックは、3と殆ど変らないんじゃないか?と思えるほど綺麗でして、前述した通り、イベントシーン、ムービーシーン共々、PS2のものとは思えないほどハイクオリティなものでした。前作から一体、何があったんだwと突っ込みたくなるほど大幅に進化していますよ。
 また、冒険の舞台も実に多種多様でして、荘厳な神殿内だけでなく、陰湿な雰囲気を持つ沼地や溶岩が煮えたぎる洞窟を冒険することもあります。また、時の軍馬のような圧倒的なスケールを持つ建造物が存在するのも本作の魅力なのではないでしょうか。
 時の軍馬は、最初、神殿から遠くの方に見えるだけなのですが、あまりの大きさに畏怖の念すら覚えました。そして、実際、そこへと向かっていることを知った時、テンションがMAXになったのを覚えていますw

 もう一つ驚かされたのが、強化された演出面でしょうか。とにかく序盤から凄いんですw
 序盤は、コロッサスと呼ばれる巨大な像が街で暴れまわっているのですが、クレイトスの進行に合わせて壁が破壊されたり、通路が阻まれたり、といった演出があります。コロッサスも一度目の対峙で決着を付けるわけではなく、幾度も挑むことになります。もちろん、その度にシチュエーションは変わってきます。
 説明するのが難しいのですが、コロッサス自体がステージといった感じでしょうか。コロッサスは、ボスでもあり、背景でもあり、演出でもあり……そんな感じですねw
 当時、この冒頭の場面をプレイした人達は、度肝を抜かれたんじゃないかと思います。そして、ゲームの新たな時代の到来を感じたはずです。そんな本作がPS3ではなく、PS2だったというのだから驚きです。

 アクション面でも改善が行われており、ミノタウロスのQTEも前作ほど必死にボタン連打する必要がなくなりました。また、前作では使い勝手が今一つだった技も調整されており、全体的に良くなった印象がありました。
 ガードが堅い敵は相変わらず存在しますし、嫌らしい敵もやはりいます。しかし、前作に比べると戦いやすくなり、それ故に爽快感が増した感じはありました。
 戦闘面だけでなく、移動面に関するアクションも改善されており、壁移動やロープを渡る際、素早く移動出来るようになったり、扉を開ける際も○ボタン連打に変更されたのでやり易くなりました。

 魔法は今作でも4種類用意されていますが、前作では、明らかに強すぎる魔法があったため、その辺のバランスも調整もされている印象を受けました。まあ、2に登場する魔法も強力であることに変わりありませんがw
 また、前作では、武器は2種類しかなかったのですが、今作では、新たにもう一つ加わり、全部で3種類となります。(クリア特典を含めれば4種類)特別使わなくても問題はありませんが、戦闘スタイルが大幅に変わるため、気分転換には最適かもしれません。

 前作に比べてボスも多めに用意されていたのも個人的に嬉しかったです。序盤からタイタン並みの巨体を持つボスと戦うことになったり、空中で激しい戦闘が繰り広げられることもあります。
 また、人型のボスが多かったのも良かったですね。個人的には、巨大なドラゴンを相手にするのも好きなんですが、どちらかと言えば人型の敵との戦いの方が好きだったりします。
 ボスは、それぞれが個性的な攻撃を仕掛けてきますが、どれも手強いですし、何よりも白熱しますねb

 謎解きは、1と同じく多めに用意されており、行ったり来たりが基本となります。もちろん、隠されたお宝を探す要素もありますよ。
 2では、特定の場所のみとなりますが、時を止める力を使うことが出来ます。これを使った謎解きが中心となりますが、今回も挑戦し甲斐のある内容だったと言えます。
 トラップに関しては、1ほど理不尽なものは用意されていませんが、逆にそのことで物足りない……と思ってしまう人もいるかもしれません。

 2になってから飛躍的に進化を遂げ、まさに究極のアクションゲームと呼ぶにふさわしい内容になったと言えます。もちろん、3になってからこれよりも更に進化するのですが、全体的なバランスを考えた場合、2が最も完成度が高いのではないでしょうか。

 1、2を終えた今、当然ながら3に対する見方も変わったと言えます。
 個人的に3は大変面白いと思っていますが、もしかすると、2の流れを受け継いだまま進化させた方が良かったのでは?と思うようになりました。

 3になってからグラフィックは当然として、演出面が大幅に強化され、アクションもより洗練されたものとなりました。敵との戦闘は、3が一番爽快だと思っています。
 しかし、1、2と比べると残念に思える点があるのも否めません。

 謎解きの要素は前作に比べると大幅に減らされ、道も殆ど一本です。そのため、敵を倒して先に進むタイプのアクションゲームとしての色が強くなってしまいました。
 謎解き要素や探索要素は、GOWの魅力だと思いますし、それがなければGOWじゃないと言う人もいると思います。そういった方にとって、3の仕様は少々ガッカリだったかもしれません。
 
 ボス戦に関しても最初はポセイドンやハデス等の強力なボスと戦えて盛り上がるのですが、中盤辺りは、殆どイベント戦に近いものばかりですし、超巨大なタイタン、クロノスとの戦闘も最初はインパクトがあって良かったのですが、二週目以降はそうでもない気がします。

 また、3になってからは、武器ごとに魔法が一つずつ設定され、従来の魔法は道具に代わってしまいました。道具は、かつての魔法ほど強力なものじゃないので使い勝手は最悪。実質、謎解き専用のものと言えるでしょう。何で変わったんだろう……そう思えてなりません。

 武器に関しても種類が増えたとは言え、一種類を除けば似たり寄ったりな感じは否めません。厳密に言えば性能は違うのですが、こういうのは見た目の問題ってのもありますしw

 まあ、何だかんだ言っても3は傑作だとは思っています。
 しかし、もし次回作を作るのであれば、演出面の強化以前にやるべきことがあると思います。それは、原点回帰です。
 特にシリーズものでよくあることですが、演出面の強化ばかりに気を取られ過ぎて、ゲームの部分を疎かにし、本来その作品が持っているはずの魅力を損ねてしまっている場合があります。
 演出面に凝ったゲームは、確かに多くのユーザーに受け入れられやすいですが、一方で、熱心なファンやコアなゲーマーを満足させる内容に至らない場合が殆どです。
 GOWが好きな方は、優れたアクションや凝った謎解き、そして、危険なトラップを潜り抜けるスリルを求めているのだと思います。僕もそんなGOWに期待したいと思います。

 GOWはトリロジー作品だけで十分だ……そう思っていたのですが、PSPで発売されている二作も購入しようと思っておりますw
 しかし、うちのPSPは初期型なのでとても重たいw新しくPSPを買うのもなんか勿体ないですし、HDリマスター版の購入を検討しております。
 しかし、ゴロゴロしながらゴッド・オブ・ウォーをプレイ出来るってのも捨てがたいなぁ……w

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる