リズム天国 ザ・ベスト+を買ったよ

 本日の話題は、リズム天国 ザ・ベスト+です。

 リズム天国とは、つんく♂氏プロデュースのリズムゲームです。この手のジャンルは、音楽に合わせてボタンを押すのが主流ではありますが、本シリーズは、リズムに合わせてミニゲームをクリアするという独自のスタイルを採用しています。操作がシンプルであり、採点もやりなおし、平凡、ハイレベルの三段階評価のみということもあって、とても気軽に遊べますし、それ故に幅広い層に受け入れられやすいリズムゲームだと言えます。
 また、メイドインワリオスタッフが手掛けたということもあり、かなりシュールなネタが散りばめられていまして、ミニゲームの中には、多くのプレイヤーの腹筋を崩壊させ、プレイどころじゃなくなってしまった、なんて強者もw あと、何故かサルがよく出て来ます……どうでもいいですねw

 リズム天国は、前述したとおり、リズムに合わせてミニゲームをクリアしていくゲームなのですが、『音楽』ではなく、『リズム』に主体を置いているのが特徴だと言えます。
 カラテ家を始めとし、殆どのミニゲームは、リズムに合わせてタイミングよくボタンを押すタイプのものですが、パチパチ三人衆では、前の二人に合わせて等間隔でボタンを押す必要がありますし、ウサギとびでは、ドラムを叩くようにリズムを刻み続けなくてはなりません。中には、間を読む必要があったり、リズムの間隔が変わったりするもの等もあります。
 このように、各ミニゲームごとにお題が違っているわけですが、人によって得意なものと苦手なものがあるかもしれません。ちなみに、僕は、リズムを刻み続けるのとワルツとかあんまり馴染みのないリズムがかなり苦手ですねw
 本作で遊んでいれば、自分の苦手なリズムを知れたりするかもしれませんし、何度もチャレンジしていれば、それも克服出来ちゃう……かもしれませんw
 いずれにせよ、リズム天国で重要なのは、リズム感、いわゆる『ノリ』というわけですね。

 また、画面が急にドアップになったり、音そのものがなくなったりと、あの手この手でプレイヤーのミスを誘ってきますw 最初の方は、どうしても視覚に頼ってしまうため、画面に変化が起きるとミスしやすいのですが、もし、体の中にリズムが刻まれていれば、これらのアクシデントも乗り切れるはずです。まさに、リズム感が鍛えられているわけですね。
 ただし、メイドインワリオのスタッフが作ったこともあって、シュールなミニゲームが大半ですし、突然の不意打ちに腹筋が崩壊し、ミスしてしまった、なんてこともw まあ、これはどうしようもないですねw

 本作、ザ・ベスト+は、GBA、DS、Wiiの三作に出たミニゲームを収録しているのですが、今回で新たに追加されたミニゲームもあるため、ベスト盤であり、最新作でもあるというわけです。また、お馴染みのミニゲームであっても、曲が変わっていたり、グラフィックが一新されていたりするなどの変更もあります。もちろん、原曲も収録されているようです。
 ちなみに、操作に関しては、今作では、全てのミニゲームが十字キーとA&Bボタンのシンプルなものに統一されているようです。そのため、DS版のミニゲームもタッチ操作ではなく、ボタン操作に変更されているというわけですね。
 また、本作には、一応、物語があるのですが……まあ、無くて良かったんじゃないかなw 内容的には、子供向けだとは思うんですが、その子供にすら受けるとは思えませんしw 全体的に滑ってる感が否めませんw とりあえず、ノリの大切さについて語っているんだと思いますw 

 ちなみに僕自身、リズム天国は、GBAのしかやったことがなかったのですが、何か気軽に遊べるゲームが欲しかったのと、久々にやってみたいという気持ちが重なって、本作の購入に至りました。
 当時は、メイドインワリオ的なものを期待していて、実際にプレイしてみたら、ちょっと違う……とガッカリしたものでしたが、それでも、何だかんだで結構遊んだ記憶があります。リズムに合わせてボタンを押し、ミニゲームをクリアする、というのが思いのほか快感だったんでしょう。また、上手くいった時はもちろんですが、失敗続きだったミニゲームも、何度もプレイするうちにだんだんと上達していき、スラスラとクリア出来るようになれば、最高に気持ちがいいんですよね。まあ、ゲームとしての面白さは、認めていたということなんでしょうねw
 そして、ザ・ベスト+にてリズム天国を久々にプレイしてみると、やっぱりこのゲームいいなって思えたんですよね。ミニゲーム一つ一つはそこまでのボリュームが無いにも関わらず、気に入ったのがあれば、繰り返し何度も遊んでしまう、そんな魅力があるんですよね。ハイスコアを取れば、ハイおしまい、じゃなくて、そのミニゲームで遊んでいる時が凄く楽しいというか、そんな感じですねw

 さて、最後は、愛すべきミニゲームの中でもお気に入りの奴をピックアップしたいと思います。まあ、まだ全部やったわけじゃないんですがね(((

 ・階段キャッチ
 今作で新しく追加されたミニゲーム。階段から転がり落ちてくるフルーツをキャッチするというものなのですが、右と左のキャラを同時に操作しないといけないため、難易度が上がるとこんがらがってしまうこともw
 あと、同時キャッチに成功した際、お互いの顔を見合わせる所が可愛いw

 ・パチパチ三人衆
 GBAでお馴染みの三人衆。サルなのかそれとも違う動物なのか、未だによく分かりませんw 失敗した時、仲間から白い目で見られますが、そこがちょっと可愛かったりする。
 ちなみに、かえってきたverでは、原曲が使用されることになるのですが、懐かしさもあって気に入ってますねw

 ・通訳者
 通訳にもリズムが大切なようですw 宇宙飛行士が火星人の通訳をするのですが、通訳の内容もシュールですし、その様子を見ているスタッフの反応がとても笑えますw また、かえってきたverでは、火星人が地球人の通訳をするのですが、シュールさが更に増していまして、腹筋崩壊必須ですw

 ・カメレオン
 カメレオンが舌を伸ばして虫(?)を食べるというミニゲームなのですが、曲がヤバいくらいに格好いいですし、しかも、絵と凄くマッチしているんですよねw まあ、相変わらずのシュールさはあるのですが、何故か格好良く感じてしまうというのだから不思議なものですw とりあえず、本作で追加された中では、一番のおすすめですかねw

 ・コロコロたんけん隊
 アザラシがコロコロ転がるとってもキュートなミニゲーム。ただ転がっているだけでも可愛いわけですが、失敗しても可愛いというw で、オッサンの掛け声でツボるというw しかも、凄いマッチしてるんですよね、このオッサンw

 ・マキネコ
 CMで具志堅さんが遊んでいたミニゲーム。猫の動きがとてもシュールw しかもいっぱい出てくるしw
 曲はカントリーチックなものなのですが、かえってきたverでは、戦隊物みたいな格好良い奴になってますw しかも妙にマッチしているのだから不思議ですw

 ・リズムお習字
 お習字に必要なのは、リズムと気合! そんなことを感じさせられるようなミニゲームですw 失敗した時の脱力感MAXな声も笑えますw

 ・レスラー会見
 Wii版から登場したものの、あまりのインパクトのためか、ファンが続出し、遂には、ニコニコ大百科やピクシブ百科事典などにも個別のページが設けられてしまいましたw
 レポーターの質問に応じて覆面レスラーが頷いたりポーズを決めたりするのですが、レスラーの声やポーズがシュールすぎて笑えますw しかも、失敗した時のポーズが新聞記事になった時は、腹筋崩壊必至ww
 また、レポーターも可愛いということで定評があり、特に、失敗した時のジト目がいいですねw
 ちなみに、3DSにてリズム天国のテーマも配信されているのですが、その第一弾がまさかのレスラー会見ww このミニゲーム、一体どれだけ愛されているんだww
 もちろん、テーマはDLして設定してますw
プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる