タイタン延期orz

 Xbox360版タイタンフォールの発売が延期となりました、おぅ……
 まあ延期と言っても二週間伸びただけですし、その間は積みゲーの消化にでも集中することにしましょう。

 タイタンフォールと言えば、巨大なロボットに乗れたり、立体的な移動が可能だったりと色んな魅力が詰まったFPSだと言えますが、その中でもAIで制御された兵士の存在がこのゲームをもっと面白くする仕掛けのようです。

 本作では、6vs6、計12人のプレイヤーによる対戦ゲームとなるわけですが、そこに12人のBOT兵士(開発側はあまりBOTと呼んで欲しくはないそうですが、特に呼び名が思い付かないのでこのままで)が追加され、合計24人での大規模な戦闘が行われるそうです。
 ちなみに、BOT兵士の挙動は、クラウドを通じて処理されているらしいのですが、だからと言ってバリバリの働きを見せてくれるわけではなく、むしろ、”弱い”そうですw ですが、この弱いことが重要なのです。

 近年のFPSにおけるマルチプレイヤーの傾向として、初心者というのは、上級者に狩られるために差し出された生贄のようなものだと言えます。
 初心者と上級者の間には、テクニックや知識の差もありますが、近年における殆どのFPSで、キル数を重ねることでチーム全体が有利になる恩恵を受けることが出来るシステムがあるため、どうしても上級者の方が有利となってしまい、試合は一方的なものとなりがちです。
 つまり、上級者はキルストリークを続ける爽快感を味わえますが、残念ながら、初心者は、ただ狩られ続けるだけでイライラが募るばかりです。

 タイタンフォールは、この辺りの事情に配慮しており、それがBOT兵士の存在であるというわけです。彼らは、飛んだりすることはありませんし、基本、地上しか移動しませんので、慣れないプレイヤーでも十分に対抗出来る相手であると言えます。つまり、初心者は、まず、彼らから倒していくことが良いわけです。
 敵チームの12人の内、その半分がBOT兵士であるため、一方的にキルされ続けて惨めな思いをする、なんてことはなくなりますし、むしろ、彼らを倒していくことでモチベーションを維持し続けることが出来るわけですね。

 まあ、僕自身もFPSはそれなりにやっているつもりではありますが、あくまでもつもりであって、実際の所、キルレシオ1にも満たないくらい下手クソなんで、こういった配慮はとてもありがたいと感じていますw
 もちろん、最終的には、BOT兵士だけじゃなく、プレイヤーが操作する兵士と対等に渡り合えるような腕前までには鍛えたいかなw

 BOT兵士以外にもゲームを面白く要素がありまして、勝ち負けが決定した後にもミッションがある点でしょうか。
 今までのFPSでは、当然ながら勝ち負けが決定した地点で試合終了ですが、タイタンフォールの場合、勝ち負けが決定すると、敗北した側は、脱出するために離脱地点に向かい、一方、勝利側は脱出を阻止することになります。
 勝利した側は、逃走する兵士を追って倒していくのもいいですし、先に脱出艇を破壊してしまうのもいいでしょう。一方、敗者側はあらゆる手を尽くして追っ手から逃れ、脱出艇に駆け込む必要がありますが、船を守るために一人だけ残って戦い続ける、なんて役割を引き受けるのも格好良いんじゃないでしょうか。
 勝ち負けは既に決まっているとは言え、脱出に成功すれば、それはそれで別の達成感があるのではないでしょうか。

 他には、戦場にドラゴン(?)らしきものが飛び交っていたりとかステージによって様々なギミックが用意されているみたいですw
 とにかく、初心者から上級者まで、さまざまなタイプのプレイヤーを満足させるべく、色んな工夫が散りばめられている、という印象を受けましたね。
 また、実際にプレイした人の感想を聞いてみても概ね好評のようですので、早く遊びたいというのが本音でしょうかw
プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる