初レーティング!

 パーティーが完成しましたので、早速、レーティングバトルに挑戦してみることにしましたb

 僕自身、プレッシャーにものすごーく弱い性質でして、バトル中、心臓バックンバックンですし、ずっと腕が振るえておりましたw び、ビビってるわけじゃないぜ、こいつは武者震いって奴だ(ぁ

 初めてということでまずは気軽に五戦ほどしてみましたが、全試合のバトルビデオを公開しておきます。

 NPXW-WWWW-WWW5-2DNK
 vsポッキーさん
 レーティングバトルにおける記念すべき初試合。
 相手のパーティーにボルトロスが居たので対策として育てていたヒートロトムを先発で投入。しかし、相手もまさかのロトムでしたwそして、相手が使ったトリックがこの試合の明暗を分けることになろうとは……
 相手のスイクンに対しては、ラティオスで突っ張っても良かったのかもしれませんが、多分、10まんボルトでは落ちないでしょうし、僕の中では、「絶対にメガルカリオを活躍させるんだ!」という思いが強かったため、おきみやげで起点を作って頂き、あとは、つるぎのまいを積んでインファイトで突破! やけどなんて怖くないb
 しかし、まさかボルトロスに耐えられるとは思いませんでしたwルカリオの場合、てきおうりょくがあるので、仮にインファイトが「効果は今一つ」であっても威力120はあるはずなんですがw耐久調整していたんですかね。
 最後は、スカーフがこちらの手に渡っていたこともあり、何とか突破出来ましたbちなみに、このヒートロトム、最速だったりしますw

 D3MG-WWWW-WWW5-2DNV
 vs(※NNがちょっとアレなんで伏せておきますw)
 まさかサザンドラが出てくるとは思いませんでしたwおまけにバンギラスまでwうちのパーティーには、ルカリオ、ドクロッグと二匹も格闘ポケがいるので、その辺は絶対に出さないだろうと決め込んでいましたがw
 恐らく、サザンドラは、こだわりメガネ持ちだったと思うのですが、いやはや凄まじい威力ですねw考えてみれば、うちのパーティーでドラゴン技受けれる奴ってルカリオくらいじゃないかなwドラゴンは、ラティオスで上から叩いて潰す予定だったのですが、なんか、ドラゴン受けの必要性に迫られた試合だった気がしますw
 ブラッキーもロトムもあっさりと落されてしまいましたが、意外にもドクロッグ先生が大活躍でしたwじしんは、ギルガルドに一矢報いるために用意した技でしたが、意外とドククラゲに刺さりますねwかんそうはだのおかげで水に強いってのもありますし、新しい役割が見つかった気がします。
 バンギラスもじしんで強引に突破しましたが、格闘技が欲しかった場面でもあります。実は覚えさせていないんですよねwまあ、持っててもサザンドラは無理だったと思いますがw

 HYRW-WWWW-WWW5-2DZ3
 vsカノンさん
 この方は、どちらかと言えばマイナー寄りのパーティーを使っておられていましたが、それだけに何を出していいのか分からなかったと言うw~対策って感じでパーティー組むと、こういう時に困りますねw
 とりあえず、セオリー通りに、カバにステロ撒かせてメガルカリオで全抜きを狙う方針で選出してみましたb
 対面は、最悪でしたwエーフィってくさむすび覚えた気がしますし、覚えてなくても特防に一切振ってないカバさんが耐えられるはずもないので、即、ブラッキーに交代!そうなると、相手も引くしかないので、まあ、仕切り直しって奴ですね。
 次はブラッキーvsヌメルゴン。ヌメルゴンは、種族値的に物理型、特殊型どちらもいけるのですが、こっちのブラッキーは防御特化してますので、物理型ならイカサマ+ゴツゴツメットで対抗できます。また、特殊型でもバークアウトで落とせるところまで落とせたら勝つことが出来るはず。つまり、この勝負、有利なはずだったのですが、ここで痛恨のミスをしてしまいましたw本来、つきのひかりを使うべき場面でサイコキネシスなんかを撃ってしまったのですwまあ、そもそも天候がすなあらしだったので、効果ダウンしたつきのひかりでは持ち直せなかったか(ぁ
 ブラッキーが突破されてしまっては、後がありません。あとは、エーフィに2タテされて負けてしまいました。二連敗すると、さすがに落ち込みますねw

 ZG4W-WWWW-WWW5-2DZ6
 vsレインさん
 対面は、ラティオスvsローブシンでこっちが有利だったので退いてくるだろう、と思ったのですが、突っ込んできましたw耐久調整か、あるいは、チョッキでも持たせていたのでしょうかwというわけで、ラティオスがアッサリ落とされてしまいます。
 続いては、ブラッキーを投入。もしかしたら、メガシンカしたルカリオのしんそくで落とせたのかもしれませんがwまあ、自信がなかったのでブラッキーにちょっと削ってもらうことにしましたwしかし、逆にドレインパンチの養分にされるわ、サイコキネシスが雀の涙程度のダメージしか通らないわで逆効果w
 しかし、相手は何故か退いてくれました。まあ、ローブシンの火力を持ってしてもギリギリ半分まで削れ切れてませんでしたし、つきのひかり連打とか、その他諸々のことをやられると厄介だと思ったんですかね。少なくとも、ローブシンの前にブラッキー出す時点で何か企んでいるんじゃないかと考えたんだと思いますが、実はそんなに深い意味は無かったと言うwハッタリかますのも駆け引きとしては面白いかもしれませんねw
 その後は、ボルトロスとクレセリア二体を相手に何とか凌いでいきましたが、なんというか、こっちはほぼ打つ手なしですし、泥仕合になりそうな予感がwしかし、途中でボルトロスが突っ張ってくれたおかげで勝ち筋が少しだけ見えてきました。まず、このボルトロスをイカサマで削り、続いてルカリオを出してメガシンカ+しんそくで落とせばいいわけです。
 次に出すのはローブシンかと思いきや、まさかのクレセリア。これはチャンスじゃね?と言わんばかりにつるぎのまいを調子に乗って二回も積みましたが、ここでみかづきのまいwああ、負けた……そう思った瞬間でした。ローブシンだった場合、もしかするとしんそくで落とせる圏内だったのかもしれませんし、そうなると相手の負けです。つまり、万全を期して来たというわけですねw
 ローブシンは、間違いなくマッパ持ちでしょうし、そう考えたらしんそくを撃つしか選択肢はありません。ですが、いくら剣舞二回積んだメガルカリオとは言え、新品のローブシンをしんそくで落とすことは出来ませんwまあ、最後くらいは一矢報いて散ってやろうじゃないかと思って突撃したら、まさかの急所wwなんか、凄く運が良かったと言わざるを得ませんが、この不利な試合に勝てて嬉しかったですw

 GFDG-WWWW-WWW5-2DZ7
 vsJobさん
 世界の裏側の方と対戦です。かなり距離があるためか、若干延滞とかがありましたが、まあコマンド式のRPGなんでそんなに気にすることじゃないかなw
 今回の方は、マイナー寄りのポケモンが多く、やはり選出に困りましたwそれにしても、マイナーポケモンって何をやって来るのか分からない怖さがありますよねw
 リザードンを見かけたらとりあえずヒートロトムを入れることにしてますので、コイツを選出。ただ、相手が何をしてくるのか分からないので、素早さの高いラティオスに様子見をして貰うことにしました。
 結果的に、このラティオスでラフレシア、リザードンXと突破出来てしまいましたがwりゅうせいぐんを撃った後なので、一旦ヒートロトムをクッションに。ラティオスを再び繰り出すつもりだったのですが、こっちのヒートロトムの方が早く動けたので、最後はドクロッグ先生に締めて頂きました。

 ちなみに、今回使ったパーティーは、フレ戦とかでは使わない予定です。フレ戦には専用のパーティーを用意していますのでw

 対戦してみて、とりあえず、メガルカリオは思った以上に活躍出来るポケモンだったので安心しましたw
 メガシンカターンの隙が気になっていましたが、素早さの遅い相手に出したり、メガシンカ前のルカリオの素早さを上回っている相手に対しては、しんそくで落とせるところまで削っておけば問題ありませんでした。あと、スイクンやクレセリアなんかは、つるぎのまいを積むための起点に出来るみたいですし、そう考えると、受けで止まるポケモンではないと言えますね。まあ、フェアリー、飛行、ゴーストは厳しいかもしれませんがw

 ラティオスも素早さ、火力、範囲共に申し分ないですし、おきみやげを使って起点作りも出来たりと本当に優秀ですねw役割的には、ドラゴンと格闘を狩ることなんですが、それ以外でも存分に力を発揮してくれる頼もしさがありますね。一方、サイコキネシス?orサイコショック?といった悩みもありますし、今回出会ったローブシンのようにチョッキ持ち相手の場合は、逆に返り討ちにされてしまう点は気になりましたね。耐久調整も検討するべきなのかもしれません。

 ブラッキーは、技を見直す必要がありますねwちょうはつで機能停止することはないと思いますが、格闘ポケモンをだされるとさすがに厳しく、交代読みでサイコキネシスを当てるつもりでいたのですが、使うタイミングが分からず、そもそも威力が低いwこれはサッサと他の技にしますwとりあえず、ちょうはつかあくびかな?w
 とは言え、相手が超火力であったり、格闘技使ってこなければ大体受け切れるみたいですし、受けとしては相変わらず頼りになる存在だと言えますね。

 ヒートロトムは、今回おくびょうを採用しましたが、その場合、やはりスカーフを持たせるべきかなぁwスカーフなら先制でおにびやでんじは何かも撃てますし、受けはスカトリで機能停止にしてやれますし。
 ちなみに、受けポケモンは何匹も要らんだろう、との判断でおくびょうにしたわけですが、なんか中途半端な感じが否めませんでした。
 まあ、コイツに関しては、あと何戦かこなしてみないことには結論が出ないと思いますw

 ドクロッグは、フェアリー対策、特にマリルリピンポ気味だったのですが、今回のバトルでドククラゲ相手にも有利であることが分かりました。あとは、意外と耐性に恵まれているということもw
 格闘技に関しては、メガルカリオがいるので要らんかなと思っていたのですが、やはりあった方がいいのかもしれないwその一方で、がんせきふうじとか覚えるみたいですし、これを採用してもいいのかもしれません。交代読みで当てることが出来れば、ドクロッグの微妙な素早さもカバーできますしね。

 カバルドンは、対ギルガルド&ステルスロック要員として採用してみましたが、正直、ブラッキーと役割被ってしまってますし、すなおこしのせいでドクロッグにタスキ持たせることが出来なくなりますし、おまけにブラッキーのつきのひかりの回復量を削いでしまいますし、なんか本当にこのパーティーに必要なのか?と思ってしまいました。
 逆にドラゴン受けのポケモンが居た方が安定する気がしましたので、こいつを別のポケモンに変えてみることも検討してみたいと思います。
プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (4)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる