カブトムシを餌に夢を釣る!

 本日の話題は、ポケットモンスターYです。
 予想以上にハマっておりますw

 最近は、孵化作業の合間にGTSを利用し、世界中の様々なトレーナーとのポケモン交換を楽しんでおります。
 もちろん、狙いは、珍しい特性、所謂『夢特性』を持ったポケモンです。
 今作では、フレンドサファリや群れバトルで出現するポケモンがこの夢特性を持っている場合があるそうですが、群れバトルで手に入るポケモンは限られていますし、独り立ちしたトレーナーである僕にとっては、フレンドサファリの拡張に希望を託すことは出来ません。なので、GTSを利用することにしたのです。

 GTSとは、自分が欲しいポケモンを世界中のトレーナーにリクエスト出来る素敵なシステムなのですが、自分の手持ち、もしくはボックス内のポケモンから一匹選んで預ける必要があります。
 また、自分が欲しいポケモンを探し、相手の提示した条件を満たすポケモンと交換することも出来ます。
 ちなみに、GTSの仕様上、相手のポケモンの細かい能力などは確認することが出来ません。

 GTSの問題点として、殆どのトレーナーが伝説のポケモンを要求してくる上、かつ、自分の預けているポケモンは、その辺の草むらで捕まえたポケモン等という、不釣り合いな交換条件で大半が占められていました。まあ、この辺のトレーナーに対するお説教は、今更するまでも無いでしょうw

 今回のXYでは、そういった問題を受けてか、オプションにて、伝説のポケモンを要求してくるトレーナーを排除するかどうかを選ぶことが出来るようになりました。まあ、排除すると、交換してくれるトレーナーがゴッソリ減ってしまうのですが、対等な条件を提示しているトレーナーを探しやすくなるので助かります。将来的には、これで不釣り合いな要求をしてくるトレーナーが減ってくれるといいのですがw
 他には、リクエストに応えられるトレーナーだけ表示したり、地域を絞ったりといったことも出来るみたいです。まあ、絞れば絞るほど検索に引っ掛かり辛くなるわけですがw

 XYのGTSで便利だと感じたのは、コメントも添えることが出来るようになった点でしょうか。それを参考に、相手がどんなポケモンを交換に出してくれるのか、分かるようになりましたし、また、自分から「僕が出すポケモンはミラーコートを覚えていますよ」とか「素早さの高い個体をください」といったアピールすることも出来るようになりました。
 ちなみに、当たり前と言えば当たり前ですが、言語は翻訳されませんので、英語ならまだしも、フランス語やハングルなんかで書かれていると、何を言っているのかサッパリ分かりませんw

 コメントが添えられるようになったのはいいのですが、一方、問題もあります。中には、「6V ゆめもち」とか書いておきながら、いざ交換してみると偽りがあったりと詐欺行為も横行しているようです。
 なので、GTSで交換する際には、相手がどんなに魅力的な提案をしてきたとしても、伝説のポケモンなどの作中に一匹しか出ないようなポケモンを絶対に、出すべきではありません。

 夢特性持ちのポケモンを手に入れようと検索してみたのですが、やはり皆さん条件が厳しいですねwイベルタルやゼルネアスを要求してくる輩もいますが、今作の仕様上、そこまで価値があるとは思えませんし、ちゃんと対等な条件で交換してくれる人もいますので、無視するべきでしょうwとはいえ、それらを排除してしまうと、一件もヒットしないという有様……なかなか厳しいようです。

 なので、僕の場合は、厳選で余ったヘラクロスを流し、それで夢特性ポケモンを狙ってみることにしました。
 ヘラクロスには、ロックブラストを遺伝させており、性格はいじっぱり、個体値は4Vとなっております。どこがVかは鑑定してのお楽しみに(ぁ ちなみに、性別、特性にはバラつきがありました。
 ちょっと前なら廃人レベルの個体ですが、今作では、4Vなんてすぐ手に入ってしまう辺り、なんて凄いことになっているなと思いますねwまあ、4Vがスゲーと思われている今が旬ですし、しばらく経ったら「最低でも5Vじゃないと交換しないぜ」ってな風潮になりそうですがw

 夢特性のポケモンを狙う際、どうしてもコメントに「ゆめください」とかちょっと勘違いされそうな一言を添えたくなりますが、僕自身の感覚としては、何々くださいってのはあんまり印象が良くないですね。それよりも、自分が出すポケモンが如何に魅力的かをアピールした方がいいんじゃないかと。そうすれば、相手も「ああ、それなら俺もこれくらい出してやるよ」という気になってくれる……かもしれません。要は、焦ってはいけないってことです。欲望丸出しだと、相手も引いちゃいますからねw

 コメントについては、「4V ロックブラスト おやように」としておきました。無難な感じだと思います。まずは、「はやてのつばさ」ヤヤコマを狙ってみましょう。
 条件については、どうしてもフレンドサファリ産が欲しくてヒノヤコマにしてしまいそうですが、大半の人は、ヒノヤコマを捕まえた後は、量産体制に入ると思いますので、そうなると、ボックス内に夢特性持ちのヒノヤコマが余っているって状況は考え難いんですよね。
 なので、ヤヤコマを指定することに。もちろん、こうするとその辺の草むらさんを交換に出される可能性も大いにありますがw

 最初は、ヒノヤコマで指定してましたが、ふとそう考えたのでヤヤコマに変えてみたところ、運よく「はやてのつばさ」持ちのヤヤコマが手に入りました。
 最近、「はやてのつばさ」ファイアローが流行っているみたいですし、そういうこともあって、結構な数が流れているのかもしれませんね。

 その後に「ぼうだん」ハリマロン、「ぬめぬめ」ヌメラ、「へんげんじざい」ケロマツと順調にゲット!
 なんか意外とくれるモンだなと思いましたが、運が良かったのはそこまででした。

 その後、フカマル、ケーシィ、フォッコ、フシデと試してみましたが、なかなか夢特性が流れて来ません。
 大半がその辺の草むら産ですし、やはりこの辺りのフレンドサファリ産のポケモンはあんまり流れていないのかなと思ったりもしました。
 また、午前中等は、主に海外の方が交換に応じてくれるわけですが、彼らからしてみれば、4Vの意味はもしかしたら分かってくれるかもしれませんが、その後に続く文字列は意味不明でしょうしw英語でアピールする術も身につけておく必要があるかもしれませんねw
 あとは、レベルについては、厳選余りを狙うために、1~10と低めに設定しておくといいかもしれません。まあ、ケーシィやフシデの場合、その辺の草むらでもレベル10以下だったりするみたいなんで、思うようにいかないところがありましたがw

 さて、ヘラクロスを大放出した結果としては……

 「はやてのつばさ」ヤヤコマ
 「ぼうだん」ハリマロン
 「ぬめぬめ」ヌメラ
 「へんげんじざい」ケロマツ
 「さめはだ」フカマル
 「マジックガード」ケーシィ
 「かそく」フシデ

 これだけ手に入れば十分ですかねw
 フォッコに関しては、半ば諦めましたし、そもそも特性「マジシャン」じゃなくても活躍出来るポケモンなんで、まあ、またの機会でもいいかな、と。
 次の狙い目は、ウリムー、ミニリュウ、キバニア、イーブイ辺りでしょうか。

 最後に、GTSで夢特性を狙う際のポイントですが、僕を含めた大きなお友達がプレイし出す夜の時間帯が狙い目だと思われます。夜の9時以降がオススメ。深夜帯が我々の活動時間です(ぁ
 朝から昼までは、アメリカやヨーロッパ等、基本的に海外の方ばかりです。彼ら相手にかなり粘ってみましたが、なかなか手に入らなかったことを踏まえると、この時間帯は絶望的かもしれません。ちなみに、外国人がケチというワケではなく、フランスの方から一匹貰えましたので、他に原因があるのではないかとwやはり言語の壁でしょうかw
 ただし、土日祝日だと状況が違ってくるかもしれません。
プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (4)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる