男よ、これがメスだ! 重量級の女帝『ゲネル・セルタス』

 モンハン4では、新たなモンスターが続々と登場しましたが、それぞれが繰り出す個性的な攻撃は見ていて楽しいですし、手応えもあって戦っていて楽しいですb
 一方、その殆どの登場が序盤、つまり、フルフルやゲリョスクラスのモンスターばかりだったりします。強敵との戦いを望む自分(ただし下手糞)としては、リオレウスやティガレックスクラスのモンスターが欲しい所。今回、ゴア・マガラくらいなんだろうか? そう思った矢先、あるモンスターの登場により、そんな杞憂は吹き飛ばしました。

 その名も

 ゲネル・セルタス

 すっかり忘れてたわ

 アルセルタス、ケチャワチャ、テルカブラ、ネルスキュラ、ザボアザギル、ガララアジャラ、そして、ゴア・マガラと新モンスターが続々登場したにも関わらず、コイツだけ中盤を過ぎても出て来ませんでした。ところが、終盤に差し掛かったところでようやく登場したのです。

 しかも

 空の王者『リオレウス』 (ドーン!)
 無双の狩人『ジンオウガ』 (ドドーン!)
 重量級の女帝『ゲネル・セルタス』 (ドドドーン!)

 と、パッケージモンスターであり、かつ多くのハンターを苦しめたあの強敵達と肩を並べて紹介されました!
 しかも、二つ名まで添えられています!
 このような紹介をされれば、否応にもテンションが上がります! なぜなら、ゲネル・セルタスは、、三獣将の一角を担っているからです!(バーン!)

 なんだ、三獣将とは、君は厨二病発動中かね?

 まあ、とりあえず、こんな終盤に差し掛かってようやく登場、しかも、リオレウス、ジンオウガ等中堅クラスのモンスターと一緒にとなれば、こいつは相当手強いに違いない! 対峙することの恐れもあり、並びに強敵と戦えるワクワク感もありました。気分は地球育ちの戦闘民族ですね(ぁ

 ゲネル・セルタスは、甲虫種のモンスターに分類されることから言わずとも『虫』なわけですが、実際に対峙してみると、全然虫に見えず、むしろ、四足の要塞に見えますし、見様によっては、メタ〇ロスに見えなくもないですw
 しかも、重装甲かつ歩行がいちいち重々しく、プシューとかスチームまで出しますし、更に大砲発射しちゃうとか、もうロマン詰まりまくりですwってか、こいつ本当に虫なんか? って思ってしまうw 
 戦車をイメージして作られたモンスターだと思われますが、脚のついた戦車となれば、コイツは新たなメタ〇ギアなのかもしれません。これはもう、コラボクエスト作らんとな(何

 しかも、こいつ、合体するんです!

 合体とか男のロマンじゃないですか。もちろん、ロボットの合体のことです。あのジェットとタンクが接続して一体のロボになる、あの合体です。

 合体のお相手は、オスのアルセルタス。なんかこの言い方エロい
 合体と言っても、方法は実に生々しく、アルセルタスを捕食するかの如く尻尾で捕まえ、エキスを注入して洗脳するやり方です。
 そして、ゲネル・セルタスの体力が減ると、アルセルタスを何度も地面に叩き付け、弱りきったところでおいしく頂くという、まさに鬼畜レベルの行為に及びます。
 しかも、一定時間後、フェロモンを撒き散らしてまら新しいアルセルタスを呼び寄せるという尻の軽さw
 ゲネル・セルタスに良いように利用され、最後はゴミみたいに捨てられるアルセルタスに同情するハンター(♂)は多そうですw

 昆虫&ロボ要素で男子のハートを鷲掴みにしたかと思いきや、一方、アルセルタスに対するあんまりな仕打ちを平然とやってのけるヴィッチぶりを見せつけるなど、何かと男の心理を揺さぶるモンスターだと言えますw
 話題性の高いモンスターだと言えますし、今後、人気が高まっていくのではないかと密かに期待しておりますw

 強烈なインパクトで僕のハートを掴んで離さなかったゲネル・セルタスですが、モンスターとしての強さは、果たして、あのリオレウスやジンオウガと肩を並べる程のものだったのでしょうか?

 ゲネル・セルタスは、重量級の女帝に恥じぬ装甲とパワーがウリのモンスターでして、重量感溢れる突進や体液を大砲の弾の如く勢いよく発射する技などでハンターを苦しめます。一方、足元に張り付くハンターへの対策も備えている等、なかなか手堅い印象を受けました。

 しかし、遅いw

 やはり、その巨体と重量が仇となったのか、全ての動作が遅いんですwそれ故に行動を見切るのはそう難しくは無いはず。よって、単体ではそれほど強くは無いはず。

 もっとも、これは、ゲネル・セルタス単体の場合であって、アルセルタスと合体した場合は、機動力がグーンとアップし、隙もグッと減るため、途端に強敵へと変貌します。

 アルセルタスは、戦車に取り付けられた機関銃の如く体液を飛ばしてきますし、時には、超重量であるはずのゲネル・セルタスを持ち上げて移動したりします。ワオ、あなたって力持ちなのね! まあ、カブトムシっぽい見た目してますし、それなりに力はあるんでしょうw
 そして、厄介なのが、アルセルタスの角を突き出しての連続突進! これは、あの執拗な突進で多くのハンターをキャンプ送りにしたティガレックスのものと似通っており、それだけで厄介な行動だと理解して頂けるかと。まあ、4に登場するティガレックスは、段差すら易々と乗り越えて突進するようになったので、あっちはあっちでもっと厄介になりましたがw

 分離時に関しても、ゲネル・セルタスの周りをアルセルタスがブンブン飛びまわりながら邪魔してくるので結構ウザいw
 なんにせよ、ゲネル・セルタスの真価は、アルセルタスがいてこそなんだと思いますし、逆に、アルセルタスさえどうにかすれば、勝機が訪れるというわけです。

 まあ、そのアルセルタスは、鬼畜なメスによって殺されてしまうわけですがw

 村クエストの段階では、それほど脅威には感じませんでしたが、体力が増加することにより、ゲネル・セルタスとアルセルタスを同時に相手にする時間が長くなる集会所クエストなどでは、脅威度が増す可能性もあります。むしろ、そうなってくれた方が遣り甲斐があっていいわけですがw

 結論としては、まだ強いかどうかは分からない、といったところでしょうか。ただ、強いかどうか以前に何度も戦いたいと思わさせられる魅力は持っている気がしました。これもゲネル・セルタスのフェロモンの効果でしょうかw
プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる