MH3G G級最後の緊急クエストに挑む!

 相変わらずモンハン3gで遊びまくっておりますが、ブログの更新を忘れておりました(ぁ

 とりあえず、G級港は、ハンターランクが解禁された辺りまで進めましたが、その後は、やられっぱなしですwなので、防具を見直してみたり、淡々と風化したお守りを掘り続けたり……そんなんで時間を費やしておりました。

 とりあえず、いつものように狩猟日記的なものです。主に★7のクエストです。

 ・ナルガクルガ亜種
 こいつについては、今回が初見というわけではなく、実は、ソロで挑む以前にフレさんやその他諸々の方と御一緒して狩っておりました。
 個人的に、ナルガクルガ戦は好きな部類に入ります。アクションゲームでは、素早い敵との戦いに燃える方ですし、あまり嫌らしい攻撃は仕掛けて来ないのもいいですね。また、ナルガクルガの動きについていけても、油断したら立て続けに攻撃を受け、キャンプ送りにされるなど、油断出来ないという点でも手応えがあります。そして、BGMが神曲過ぎるbこれが一番好きかもしれないw
 亜種については、尻尾振り回しや尻尾叩き付け(通称ビターン)を二回連続で仕掛けてくる場合があり、飛ばしてくる棘に当たるとピヨるなど原種に比べるとちょっと手強くなっておりました。しかし、それ故に手応えも増してますし、もっと戦い甲斐のあるモンスターに仕上がっているんじゃないかと感じました。
 まあ、こちらの都合により、迅竜の延髄が大量に必要なんで、これからもお世話になる気がしますw

 ・ラギアクルス
 なんか今更なモンスターのはずなんですが、G級に入ってからビックリするくらい強化されており、二乙した挙句、支給品も含め、回復薬が底尽きるなど、かなりの極限状態まで追い詰められてしまいましたw
 やはり、電気を纏った体当たりの威力が半端なく、それだけで半分も減らされますし、水中戦では攻撃が避けにくい事もあってよくピヨりますし、そこを攻められたらキャンプ送り……コイツ、こんなに強かったっけ?w
 まあ、振り返ってみれば、今までは、ほぼゴリ押しで倒してきたようなもんですし、そう考えると、それが通用しないG級クエストで苦戦するのも当たり前なのかもしれません。
 上手い立ち回りを見つけるために何度か挑戦してコツをつかむか、それとも比較的相性が良いとされるランスやガンランスを担ぐことも視野に入れるか……やられっぱなしじゃあ気分悪いですし、いずれにせよ、どうにかしたいところです。

 ちなみに、亜種についてはそう苦戦しないですね。というのも、殆どが陸上戦ですしwこっちの方が気楽でいいですねw

 ・ジンオウガ亜種
 ジンオウガなんて大した敵じゃないゼヨ!そう思って挑んでみたら、見事に鼻をへし折られましたw
 基本的にはジンオウガと同じ動きをするのですが、雷属性から龍属性へと変化しており、更に、龍属性エネルギーを溜めている間やウロウロしている時などは、周りに雷(?)を落とすようになっていました。つまり、原種だと攻撃のチャンスだった場面が無くなっているのです。また、龍属性の弾を宙に浮かべる技は、誘導弾として放たれるだけでなく、本体の周りに並べられると接近時に当たってしまう等、厄介な技に変わってしまいました。
 前脚を使った三連続攻撃に関しても、三回目をキャンセルし、タイミングをずらしてボディプレスを仕掛けてくるため、テンポよく避けたつもりでいると、ボディプレスを受けてしまう場合も。
 かなり隙が減っている上、攻撃も躱しにくくなっているなど、全体的に手強くなっておりました。

 しかし、ジンオウガ亜種が手強い最大の理由は、雷属性→龍属性への変更だと思っております。龍属性やられ状態になると、なんと、属性値が無効になってしまうため、例え、強力な爆破属性の武器だったとしても、その長所が全く生かされなくなり、結果、火力不足に陥ってしまうのです。しかも、ジンオウガ亜種の殆どの攻撃を受ければ龍属性やられになるため、よほどうまく戦わない限りは、ウチケシの実×10でも足りないかもしれません。

 僕は、爆破属性の大剣で挑んだのですが、この龍属性やられのせいで火力不足に陥り、まさかの時間切れにwMH3Gでは、爆破属性が最強と言われていますが、ジンオウガ亜種に対しては、一概にそうとは言えないかもしれません。

 まあ、結局は、爆破属性の大剣で叩き潰したわけですが、時間は結構ギリギリでしたw次回挑む時には、属性ナシの攻撃力の高い大剣で挑みたい所ですねw

 ・イビルジョー
 イビルジョーは、G級でなくとも相当強いモンスターですし、苦戦することは目に見えていました。実際、三乙したり、時間切れになったりしましたw
 ただ、幸運なことに、尻尾から滅鱗が二つも手に入ったりしたんで、まあ負けたことは気にしない方向で(ぁ

 イビルジョーの攻撃は、回避性能さえつけていればガノトトスタックルだろうが、龍属性ブレスだろうが大半避けれるんですが、よだれ垂らしている間の急に振り返って噛みついてくる攻撃だけは咄嗟に避けれるもんじゃないですwなので、疲労時は、チャンスであるとは言え、あんまり深追いしないのがいいのかなとは思います。

 イビルジョーは、体力も多いので、攻撃を上手く避けられても、積極的に攻撃を仕掛けていかなければタイムアップしてしまいます。しかし、僕は、大剣を使い始めて日が浅いので、溜め斬りが入らなかったり、上手く弱点を狙えなかったりと苦戦させられますw特に、イビルジョーは、巨体の割に足が細かったり、くねくね動くこともあって攻撃を当て辛いですwこれは、数をこなしてタイミングを見極めるしかないですねw

 ただ、下手なりにも戦い方ってものはありますし、幸い、イビルジョーにも弱点はあります。それは、奴は相当な食い意地を張っているため、とりあえす罠生肉を置いておけば喰ってくれるわけですw喰っている間は隙が出来ますし、シビレ罠肉なら結構な時間が稼げますし、眠り罠肉なら溜め斬りを当てるチャンスが生まれます。また、疲れている時に落とし穴にはめれば長時間拘束することも出来ます。とにかく、道具も使って総力戦で挑み、なんとか勝利を収めましたb

 そして、最強の大剣候補の一つ、ネロ・アングイッシュもようやく完成ですbこれでモンスターをより効率よく狩れたらいいですね。

 ・グラン・ミラオス
 こいつも今回が初見ではなく、フレさんとその他諸々の人と一緒に狩っていました。その時は、瞬殺してしまったので、実は、どんな動きをするモンスターなのかあんまり把握していなかったというw
 今回は、ソロでの挑戦です。

 動きについては、ミラボレアス系のモンスターに似ているのですが、何せ滅茶苦茶デカいwよって、別モンスターみたいになっていますw
 グラン・ミラオスは、陸上と水中の両方で戦うことになる等、まさにMH3Gのラストを締めくくるに相応しいモンスターとなっております。また、両翼の火口(?)から、常に火山を射出しているため、落下物に気を付ける必要があり、弱ってくると体の一部が硬化して刃が通らなくなる厄介な性質も持ち合わせています。
 動きはかなり遅いのですが、当たればかなりのダメージを受けますし、特にブレスは一撃必殺級&回避困難という超強力なものw一方的にボコボコ叩けるモンスターではありませんでしたw

 降ってくる火炎弾に加え、グラン・ミラオスが動けばそれに巻き込まれて大ダメージを受けるといった特徴のおかげで受けたダメージも半端なく、最初の挑戦では三乙してしまいましたorz
 今度は、武器を大剣からスラッシュアックスに変えて挑んでみましたが、倒せたとは言え、かなりギリギリでしたw回復薬も底尽き、諦めかけていたいた所、グラン・ミラオスが勝手に倒れたという結果にwまあ、オトモの仕業だとは思いますが、結構ビックリしたw

 勝てたのはまぐれみたいなもんなので、次回挑む時には、もっとスマートな勝ち方が出来るようになりたいと思います。

 これでようやくハンターランクが解禁され、★8の難関クエストにも挑めるように。
 今度は、四体の希少種モンスター、イビルジョー飢餓、ジエン・モーラン亜種、そして、アルバトリオン等、規格外の強さを持ったモンスターとの戦いになります。
 これまでは、べリオXシリーズで頑張ってきましたが、ソロで挑むにはちょっと厳しく感じられてきたので、ここからは、スキル重視の装備で行きたいと思います。
 というわけで、次回からは、装備の紹介なども交えたより本格的な記事になるかと思います。ただし、お守りは、有り合わせのものしか用意できませんので、あんまり参考にならんかもしれませんがw
プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる