少年テリー、他国マスターのモンスターを奪う(何

 モンスターズをやっていると、配合難易度が最も高いモンスターを生み出したくなるものです。初代のダークドレアムも結構大変でしたが、ジョーカーの竜神王はまさに鬼門でした。奴を生み出すのに何十時間と掛かりましたねw
 しかし、今作の魔戦神ゼメルギアスの難易度は、それすら軽く上回っている気がしますねw配合ルートを調べてみても絶望しか見えてこないというwしかも、こいつが強いとは限りません。もしかすると、魔戦神ゼメルギアス(笑)である可能性もあり得るわけですね。竜神王もそんな感じでしたしw
 対戦で活躍してくれるかどうかは知りませんが、魔戦神ゼメルギアスまで辿り着くことが出来れば、確かな達成感があるのでしょう。まあ、殆ど自己満足で終わりそうですけどw

 本作は、ギガントモンスターや他国のマスター等、容赦なく殺しに掛かってくる要素が盛り沢山なわけですが、パーティーのメンバーも強くなってきたこともあって、逆にボコボコに出来るようになりましたb実に爽快!……まあ、未だにスライダークロボには勝てませんけどwあいつの強さは反則級じゃないか?w
 また、パーティーが強くなった他、しもふりにくも手に入り易くなってきたため、強力なモンスターのスカウトにも挑戦出来る段階に入ったと言えます。というわけで、レッツスカウト!

 今回の他国マスターの手持ちはあまりにもゴージャス過ぎますwジョーカーの時は、メタルキングをスカウト出来るだけでも狂喜していましたが、今作は、キラーマシン2やはくりゅうおう等のSランクどころか、グレイナル、エグドラシル等のSSランクまで出て来ますし、更に魔王クラスのモンスターまでスカウト出来てしまうというwいくら何でもサービスしすぎじゃないか?wとは言え、こうもゴージャスだとスカウトに遣り甲斐が出て来ますし、何よりも楽しくなりますねb
 もちろん、スカウト出来ると言っても一筋縄では行きません。しもふりにくを与え続けてもスカウト率は20~30%が限度だと言えます。場合によっては10%以下の可能性だってあり得ます。なので、他国マスターと戦う前にはセーブし、もし失敗したらやり直すってのが良さそうですね。10%は一見低い数値に見えますが、確率的にはそんなに理不尽でもないですし、粘っていればいずれはスカウト出来るわけです。

 これまでに、アトラス、ドルマゲス、魔王ラプソーン、りゅうおう、キラーマシン2、キングモーモン、ドラゴンマシン等をスカウトすることに成功しましたbいずれは、グレイナル、スライダークロボ、キラーマジンガなんかもスカウトしたいですねb

 現在、エンディング後のシナリオもクリアし、新たなモンスターをスカウトしたり、配合したりしつつ、残った旅の扉を冒険しているわけですが、ある旅の扉の最深部で思わぬ強敵に遭遇!結果、圧倒的な力によって全滅させられてしまいましたorz
 強敵は、ゲーム本編だけではありません。Wi-Fiランキングバトルに挑戦してみたのですが、最後の五戦目、わたぼう&エグドラシルの組み合わせに手も足も出ませんでしたwわたぼうには、殆どダメージが通りませんし、エグドラシルの破壊力が凄まじくて耐え切れませんでしたw
 パーティーの能力値もほぼ限界に近いはずなのですが、それでも勝てないどころか、一方的にやられるってどういうことだ?wスライダークロボにも未だに勝ってませんし、Sサイズのモンスターだけでは限界なのでしょうか?
 いやいや、そんなことはないはずだ。そう、まだ究極配合が残っている!(バーン
 というわけで、究極配合をしてみることにしましたb

 究極配合とは、同じモンスターを二体揃え、そのモンスターを配合した時、プラス値が99(100かも)を超えた時、ランクがSSに上がり、大幅にパワーアップするという、まさに究極の配合のことです。
 具体的にどこまで強くなるのか調べてみたところ、全パラメーターに+20%のボーナスが入り、更に新たな特性を習得させることが出来るそうです。
 新たな特性の内訳は、こうどうはやい、メタルボディ、行動回数アップ、耐性アップ、ブレイクアップの5つ。この中から一つ選ぶことが出来ますが、こうどうはやいを選ぶと耐性が下がり、メタルボディの場合、HPが半減、MP消費倍のリスクも付加されてしまい、行動回数アップだとパラメーターアップの恩恵が受けられない、等のデメリットも存在するようです。無難に行くなら、耐性アップかブレイクアップがいいのではないでしょうか。

 究極配合すれば今のパーティーも更に強くなるのは間違いありません。そして、世界中の猛者とも対等に渡り合うことが出来るようになる……はず(ぁ

 究極配合をする場合、わざわざ同じモンスターを配合するよりもめぐりあいの扉でスカウトした方が断然早いと思うのですが、まだ解禁されてないので仕方がなく地道に頑張るしかありませんw
 にじくじゃくは楽勝ですね。実は、あくまの書を使えばひくいどり、ホークブリザードの二匹だけでも十分なことが判明。まあ、持っているスキルが少ないせいであくまの書は生まれず、結局、計四匹揃えたわけですが。
 キラーマシン2は、キラーマシンがスカウト出来る環境になったので楽になったと言えますが、その前に、キラーマシン2を持った他国マスターが現れたのでコイツをスカウト!
 ギュメイ将軍は、プレゼントで手に入るクシャラミと配合して魔剣士レパルドになりましたbまあ、ギュメイ将軍自体、そこまで配合に苦労しませんし、クシャラミも一日一回の制約はありますが、基本、何度でも手に入るみたいですし、こいつも何とかなるわけです。

 問題は、やはりダークドレアムw
 ダークドレアムを配合する過程で、ブオーン、おにこんぼう、メタルキング等スカウト難易度の高いモンスターを手に入れる必要がある点で厄介です。特にメタルキングは苦労することが目に見えてますwただでさえスカウトし難い上、肉を与えても逃げてしまう可能性は十分にあり得ますし、そもそも、メタルキングが出現するエリアはセーブが出来ない仕様なので、根気よくチャレンジしていく必要がありそうです。
 まあ、それでもダークドレアムの配合は、まだ楽な部類に入るのかもしれませんがw

 究極配合によって強化されたモンスターで組んだパーティーなら、スライダークロボなんて一撃だぜっ!だったら良いのですが、相変わらずボコボコにされた場合、真剣に二枠、三枠モンスターの採用を検討した方が良いのかもしれませんね(ぁ
プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる