やはりバットマンビギンズは傑作ですb

 PCでブルーレイが観れるようになった、ということで、個人的に好きな作品「バットマンビギンズ」とその続編「ダークナイト」の二作を購入しました。
 今回は、バットマンビギンズについてのお話です。

 映画のバットマンは、子供の頃から観ていまして、現段階では、初代バットマン以外は全て視聴済みです。また、二作目となるバットマンリターンズや三作目のバットマンフォーエバーなんかは、何回も観た記憶がありますね。(まあ、単にロードショーでやっているのを観たとか、他に観るものがなかった程度の理由ですがw)初代は、リターンズと同じくティムバートン監督が手掛けているそうですが、個人的にティムバートン監督のファンなんで、いずれは観ておきたいと思っています。
 バットマンビギンズに関しては、新聞の宣伝か何かで上映していることを知り、ああ、新作やってるんなら観に行こうかな、程度だったのですが、いざ上映が開始されると、その内容に衝撃を受けたものでした。
 バットマンのイメージとしては、例えるなら不思議の国のアリスのワンダーランド的なちょっと奇妙な世界というのがピッタリだと思います。実際、バットマンのヴィランとして登場する人物の中には、明らかにアリスを意識した奴もいますので、少なからず影響はあったのではないでしょうか。そのため、バットマンとティムバートン監督という組み合わせはマッチングとしては絶妙だったのではないか、と思うわけです。
 バットマンビギンズは、クリストファー・ノーランという名の人で、当初、僕は全く知らない人だったのですが、この人は徹底的にリアリティを求めるタイプの監督だと思います。そういう点では、ノーラン監督は、ティムバートン監督とは逆のタイプだと言えそうです。ノーラン監督が手掛けたバットマンは、これまでのバットマンのイメージとは明らかに違う異質なものではありましたが、これがバットマンの本来あるべき姿なんだ、と思わせるような説得力があったのです。

 以下、作中のネタバレも含むため、ご注意ください。

続きを読む

プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる