Wiiは成功したのか?それとも……

 任天堂が2012年にWiiの後継機を発売するそうです。詳細は、今年のE3にて判明するとのこと。
 Wiiが発売されたのが2006年だったので、そう考えると、随分と長い間、頑張ったものだと思います。しかし、振り返ってみて思うことも多々あるわけです。

 Wiiは、Wiiリモコンを使った直感的な操作が魅力的なハードでして、他社のハードに比べると性能は劣りますが、別の方向で勝負するというコンセプトが見事に成功し、爆発的なヒットを記録しました。その時の勢いから、次世代ハードは、PS2からWiiへと移行するのでは、と思ったものです。しかし、数字的には、確かに順調で問題ないと言えるのですが、Wiiには不安材料があったわけです。

 Wiiは、カジュアルゲームが強く、ゲームの売り上げが低迷する中、ミリオンヒットをバンバン叩き出していることなどから、新規ユーザーやライトユーザーの獲得に成功していると言えます。一方、コアユーザー向けのゲームも発売されてはいるものの、売り上げは今ひとつ伸びません。また、任天堂以外のメーカーからのソフトが少ない点も問題点の一つとして挙げられるかもしれません。そのため、コアユーザーの多くは、WiiよりもPS3、もしくは、Xbox360を選んだのではないかと思われます。

 カジュアルゲームで立場を維持している任天堂ですが、PS3からはPS Moveなるものが発売されました。これは、実質Wiiリモコンの上位互換のようなものでして、より細かで正確な操作を実現することが出来ます。ハードの性能は劣っていても、Wiiリモコンのお陰で何とか他ハードとの差別化を図れたWiiでしたが、PS Moveの発売によってその立場が危うくなってきました。
 更に、Xbox360からはキネクトなるものが発売。これは、コントローラーを一切使わずにゲームをプレイ出来てしまうという更に画期的なものだったりします。日本での売り上げもそこそこ伸びてきていますが、海外では1000万台突破し、iPhoneやiPadを超える勢いで普及しているとのことです。キネクトは、Wiiリモコンの上位互換と呼べるわけではありませんが、インパクトならWiiリモコンやPS Moveすら凌いでいると言えます。
 ただでさえハードの性能で劣っているWiiにとっては、これらの登場は痛手です。次世代機であるにもかかわらず、下位互換と呼ばれても仕方がありません。唯一の強みは、手頃な値段くらいでしょうか。

 多くのユーザーは、ハードの性能よりも面白いソフトがあるかどうかが重要だと言いますし、もちろん、それはその通りだと思います。なので、仮にWiiが下位互換であったとしても、面白いソフトさえあればいいわけです。
 しかし、製作者側からしてみれば、自分達の作品を最大限に表現するためには、やはり性能の良いハードを選ぶのではないかと思います。更に、Wiiでは、Wiiリモコンという独特なコントローラーを使いますので、開発も困難かと思われます。Wiiにコアユーザー向けのタイトル、もしくは他社製のタイトルが少ないのは、そんなところなのではないかと思います。

 ちなみに、PSやPS2に王座を奪われた64やGCの時代であっても、任天堂から発売されたソフトの売り上げは、ダントツの一位だったという事実もあります。ハードの売り上げで劣っていても、ソフトは相変わらず強い任天堂ですので、こういった多くの不安材料を抱えていたとしても、マリオやゼルダが消えてしまう、といったことはないと思います。
 そう考えると、もう一層のこと、Wiiや次世代機についても任天堂タイトルの専用機として存在するのがいいのでは?とも思ってしまいます。ただ、コアユーザーは、任天堂のソフトだけでなく、他社のソフトもやりたいと思いますし、そう考えると、専用機で存在するわけにもいかないでしょう。もちろん、任天堂の代表的なタイトルの中には、ゼルダやメトロイドなどのコアユーザー向けのタイトルがありますし、ファンのことを考えると、思い切ってカジュアルユーザーやライトユーザー向けのハードにするわけにもいかないでしょう。

 では、任天堂がコアユーザーを取り込むためにはどうすればいいのか?
 PS3やXbox360と同等か、それ以上の性能を持つマシンを作ればいいのですが、近々、他社のメーカーからも最新ハードが発表されるのではないかと考えると、その次世代機のことを意識したハードを製作しなくてはなりません。この場合、他社のハードが発売されてから、後で一番性能の良いハードを作って出せばいいわけですが、逆に任天堂は、一番乗りで出すことを決めたようです。恐らく、ソニーやマイクロソフトは、任天堂が出すハードよりも性能の良いハードを出すことでしょう。そう考えると、またWiiの二の舞になってしまうのではと懸念しておりますが、常に衝撃的なアイディアを世の中に発表してきた任天堂なら、マシンの性能を向上させるという答え以外に、何か良い案を思いついたのかもしれません。
 いずれにせよ、任天堂がどのようなハードを発表するのか、気になるところです。
プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FEH (3)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる