GODZILLA is come back !

 GODZILLAを観てきましたので、その感想です。
 ネタバレは避けるようにしますが、うっかり漏らすかもしれませんのであしからず(ぁ

 今年の夏は、マレフィセントを始めとして注目の映画が多数揃っているわけですが、やはり本命はGODZILLAでしょうか。映画館で流れるCMを見て、あのゴジラの咆哮を耳にした時、「まさにゴジラだ!」と興奮し、それ以降、上映される日をずっと楽しみにしていました。
 一方、ハリウッド×ゴジラと言えば、前科があるわけでして、不安があったことも否めませんw とにかく、あれは酷かった。ゴジラというよりは、ただのTレックスですし、それをアメリカが御自慢の武力で叩きのめす、そんな怪獣愛もヘッタクレもないクソみたいな映画でしたね。あと、アナウンサーかレポーターか忘れましたが、彼女の身勝手な行動にも腹が立った。いや、本当に酷い映画だった……
 しかし、あの頃に比べると、海外における日本文化への理解も大分深まってきていますし、それらは、ゲームやコミック、そして映画などでも日本文化へのリスペクトが見られるようになりました。最近では、パシフィック・リムなんかが良く出来ていたと思います。シナリオはともかく、日本の特撮映画のような魅力を持った作品だったと言えました。
 また、GODZILLAは、海外でも既に成功していると知り、もしかすると、今度こそ、僕が子供の頃に見たあの興奮を与えてくれたゴジラが帰って来るんじゃないか? と期待も高まっていきました。

 さて、そんな期待と不安が入り混じった今回のGODZILLAなのですが、内容としては、ハリウッド級のスケールで蘇ったゴジラ、といった所でしょうか。もう、ゴジラが海から出現し、咆哮を放つシーンを観ただけで感極まって泣きそうになったくらいですw 何故なら、紛れも無く、僕が知っているあのゴジラだったからです。
 とにかく、本作はゴジラへの愛がひしひしと伝わるものでして、高層ビル程もあるゴジラの巨体やダイナミックな動きは迫力満点! また、どちらかと言えば、ドラマ寄りの内容になっていてゴジラよりも主人公を含めた人類の方が出番が多かったわけですが、むしろ、人類の視点でゴジラを観ることで、ゴジラの怖さってのがよく演出できていたんじゃないかと思います。
 ゴジラと言えば、町を破壊する様子も一つの見どころなわけですが、今回もとにかく大暴れで破壊しまくります! ゴジラが去った後の町の様はとても衝撃的なものだったと言えます。

 ここからは、少し真面目な話になります。

 ゴジラは反核をテーマとしており、町を破壊していく様は、まさに大災害そのものだと言えます。日本で生まれた怪獣だからこそ、このような存在になったのだと言えますね。つまり、この点を踏まえていなければ、いくら優れた怪獣映画であったとしても、それはゴジラではないのです。
 GODZILLAにおいても、作中で反核を訴えるメッセージが何度も発せられていました。それは、核兵器だけでなく、原子力発電に対してもです。アメリカではスリーマイル島において、そして、日本では、東北大震災の際に、福島の原子力発電所にて悲惨な事故が起きてしまいました。本作を観た人たちが、少しでも核の恐ろしさについて理解してくれれば、そんな思いが伝わるようですし、日本人である以上、僕も真剣に向き合う必要があるのだと感じさせられました。

 少し気になる点もあります。ゴジラは、そういった核の恐ろしさが怪獣と化したものであるのですが、GODZILLAにおいても反核のメッセージが込められているものの、そのメッセンジャーとなるのが、ゴジラ自身ではなく、別のモノ、といった点は賛否が分かれるところかもしれません。

 ゴジラは災害の化身でもあるわけですが、作中においても、人類があれこれと抵抗をこころみるものの、大した成果を挙げることが出来ない場面が多々見られます。自然の力の前では、人類は無力だというのでしょうか。渡辺謙さんが演じる芹沢猪四郎博士の台詞が何とも印象深かったです。
 また、東北における津波についても触れており、海から押し寄せてくる津波が、人々を飲み込んでいくシーンもありました。映画の内容とは言え、目の前で起きていることが現実のように思えて、とても恐ろしいものに感じました。このシーンについては、日本ではカットした方が良かったのでは? と思いましたが、逆に、日本で上映するからこそ必要なシーンだといった意見も聞かれます。いずれにせよ、津波を含め、地震や台風といった日本に住んでいる以上、起こり得る大災害として認識し、向き合わなければならないと思いました。

 GODZILLAについては、日本で生まれたゴジラとハリウッドの共演であり、その結果、ゴジラ史に残るような傑作が誕生したのではないか? まあ、そう言うと大袈裟に聞こえてしまうかもしれませんが、とにかく、良かったと思います。特に、クライマックスのシーンは、大興奮間違い無しでしょう。ゴジラ好きなら是非、観に行くべきです!
 しかし、これ一作だけで終わり、ってのは勿体ないので、続編なんかも是非制作して頂きたいと思いますねw 次は、メカゴジラ辺りでしょうかw ただ、メカゴジラを出してしまうと、ちょっと浮いてしまう気がしますけどw

『ダークナイト ライジング』を観に行きましたb

 『ダークナイト ライジング』を観てきましたb

 まずは、率直な感想から述べさせて頂きますが、面白かった!
 クリストファー・ノーラン監督の作品ならではのシリアスな世界観、そして登場人物の人間臭さはもちろん魅力的でしたし、大迫力の映像の数々や、クライマックスシーンの盛り上がりもあって大興奮な作品でした。そして、やっぱりと言うか、どんでん返しも存在するため、最後まで気が抜けませんw間違いなくお勧めですよb

 本作については、楽しみであった一方、正直な所、観るのが怖いというのもありました。おかげで映画公開の前日は寝不足……というか、寝れませんでしたw

 理由は二つありまして、まず一つ目は、本作がクリストファー・ノーラン監督が手掛けてきたバットマンサーガの最終章であり、「伝説が壮絶に終わる」というキャッチフレーズから、バットマンどうなってしまうんだ?と不安が過ったわけです。
 そして二つ目は、前作『ダークナイト』の完成度があまりにも高すぎて、本作が色褪せてしまうのではないか?と思ってしまうわけです。恐らく、多くの方がこの点を気にしておられるのではないでしょうか。

 そもそも、ヴィランがベインというのがw
 ベインは、人並み外れた怪力と強靭な肉体を持つ男ですが、ただの脳筋キャラではなく、頭脳明晰であり、また、彼自身の最大の武器は、なんと言ってもその精神力にあると思います。確かに強力なヴィランでして、原作でもバットマンの背骨を圧し折る等の活躍もしているわけですが、一方、それ以降は噛ませ犬みたいな役回りになることが多く、仕舞には、バットマンと共闘し始めたりw
 一方、ダークナイトで世界中を震撼させたジョーカーは、法や道徳等に一切縛られず、誰も彼の行動を予測することが出来ないなど、超越した存在として描かれており、数多くいるヴィランの中でも圧倒的な存在だと言えます。彼に並ぶのは、ラーズ・アル・グールくらいだと思いますw

 本作におけるベインは、バットマン史上、最強の敵とも呼べる恐るべき存在として登場しますが、力押しする一方で知略にも長けており、ただ破壊活動を繰り返すのではなく、大いなる目的のために暗躍するヴィランとして描かれています。
 ベインが強力な存在であることは間違いないですし、バットマンにとっても、ゴッサムにとってもかつてない危機が訪れます。ただ、やっぱりジョーカーのインパクトには敵わないかなぁ、と。
 しかし、結果的には、今回のヴィランはベインで良かったのだと思います。何故ならバットマンVSベインという単純な図式ではないからです。まあ、あんまり詳しく話すとネタバレになり兼ねませんので、そうとだけ言っておきますw

 キャットウーマンの存在も忘れてはいけません。ベインの味方かと思いきや、バットマンに協力したり、裏切ったり……まさに猫の如く気まぐれな彼女ですが、果たして彼女の目的とは?クライマックスシーンにおける彼女の決断に注目です。
 また、『インセプション』でお馴染みの俳優&女優さんも出演しており、しかも重要な人物として登場しますので、彼らの活躍にもご期待ください。
 もちろん、ジム・ゴードン、アルフレッド、ルーシャス・フォックス等、バットマンビギンズからお馴染みの登場人物も相変わらず魅力的ですし、さりげなく皆勤賞であるクレイン博士にもご期待くださいw

 本作における最大の見所は、やはりクライマックスシーンだと思います。ネタバレを避けるため、内容については言及しませんが、シリーズで最も盛り上がりを見せていたと思います。もう大興奮でしたw
 そして、ベインに立ち向かうのは、何もバットマンだけではないというのもポイントだったと思います。もちろん、バットマンが主人公であるため、一番活躍するのは彼なわけですがwリアルなタッチで描かれた世界ではありますが、ヒーローもののお約束はしっかりと守られておりますb

 物語のテーマや哲学等の深い所については、僕自身、十分な考察を行っていないため、この点については言及しません……まあ、するにしてもネタバレを含んでしまいそうですしw

 ちなみに、本作は、『ダークナイト』の続編ではありますが、『バットマン ビギンズ』との繋がりが深い作品であるため、まずはこちらをご覧になられることを強く勧めます。

 さて、今回も魅力的な内容であっただけに、最低でもあと一回は観に行きたい所ですb二回目に観ることで新たな発見もありそうですし、途中でお手洗いに行ったことで見逃したシーンもありますしw

ミッション:8ミニッツ



 この映画は非常に面白かった!今月上映されている映画の中で間違いなく一押しでしょう。

 上映時間は、一時間半程度のものなのですが、中身が詰まっており、奥の深いものでした。また、テンポの良さもあるため、最初から最後まで退屈することなく観れたのも良い点ですね。

 本作は、物語の冒頭から「え?」と思わさせられるシーンから始まります。頭は混乱したままですが、物語が進むにつれ、置かれている状況や真実が明かされ、「あー、そういうことか」と冷静に納得出来るはずもなく、「な、なんだってー!」と驚かされる方が多かったかもしれませんwまあ、僕は頭の回転が遅いので、「へ?」と思うシーンもありましたがw
 なかなか難解なので人によっては訳が分からんまま終わってしまうかもしれませんが、理解すればするほど面白い映画であることは間違いないでしょう。そして、細かい点にも伏線が隠されているので、注意深く見ることをお勧めします。
 また、ラストはとても感動しました。この作品が伝えようとしているメッセージは、心打たれるものでしたね。良い映画というものは、こういうものを言うのだと。まあ、終わってからは、お話の考察で頭いっぱいだったてのが本音でしたが、整理がついた時に思い返してみると、って所ですね。ドラマとしても魅力的だと思います。

 他には、哲学的な(?)問題についても取り扱っている点にも注目したい所。その殆どが何気ないセリフやシーンだったりするわけですが、深い意味を持っているのでは、と思いました。
 例えば、爆弾を仕掛けた犯人を捜す際、主人公は、イスラム系の男を疑うのですが、現にアメリカでは、テロ事件の後、アメリカに住むイスラム系の人々が差別を受けたり、彼らの人権を無視した政策が施行されようとしました。(国家の安全保障の名の元に)
 他には、何十万人の人命を救うためであれば、たった一人の人権を無視しても構わないものなのか?ということについても取り扱っています。
 どちらの問題もとても考えさせられるものだと思います。

 決して大作映画というわけではないのですが、内容の深さと面白さが凝縮された作品ですので、観る価値は十分にあると思います。

サンクタム



 今月、気になる映画と言えば、やはりサンクタムとロサンゼルス決戦でしょう。まずは、先にサンクタムを観に行きました。
 内容的には、洞窟探検のお話なのですが、ホラー映画とは違った怖さも含まれています。スリラー系って奴ですね。なので気軽に観に行ける内容ではないかもしれませんが、スリルを求める方にはおススメですb

 本作は、3Dでの上映となるわけですが、美しい自然の描写や臨場感が魅力的でしたね。特に、サンクタムの入り口となる巨大な穴は圧倒されるものがありました。3D映像で感動したのは、アバター以来かもしれませんねw

 しかし、そんな映像を楽しんでいられるのも序盤の方だけ。サンクタムには悪魔が潜んでおり、それは次第に牙を剥くようになります。(比喩ですwエイリアン的なのが出てくるのは、ロサンゼルスの方ですw)

 サンクタムの探検は、冒険心をくすぐらされるものですが、同時に悪魔も潜んでいるのです。まずは、酸素。当然ながら、人は酸素がなければ生きていけません。潜水中、酸素ボンベにトラブルが発生する。これほど人に恐怖を与える要素は他にあるでしょうか?これがサンクタムに潜む悪魔の正体です。
 そして、嵐による増水、それによるトラブルの連続、そして、次々と失われる命。圧倒的な自然の前では、人はなす術がない、それを嫌ほど思い知らされる作品であり、自然に対する畏敬の念すら覚えました。
 また、悪魔は人の内にも潜んでいます。悪魔は人に恐怖心を与え、パニック状態に陥れ、死へと導くのです。中には狂ってしまう者まで現れます。圧倒的な力を持つ自然の前では、人が如何に脆いものなのか、それを思い知らされました。
 この辺りの描写はホラーにも匹敵するのではないでしょうか。なかなか怖いですb

 シナリオとしては、親子ドラマに注目して欲しいところ。生存の見込みがないと判断すれば、すぐに切り捨てる等、非情に徹する父親ですが、冒険家達の間で彼は何故慕われているのか?物語を見終えた時、あなたはそれを理解することが出来るはずです。感動の物語でした。

 本作における問題点を挙げるとすれば、明らかな死亡フラグが立つので誰が死ぬのか分かってしまうということでしょうかwどんな死に方をするのか、どこで死ぬのか等の展開までは読めませんが、結果だけは分かってしまう感じですね。その辺、お粗末な感じがしました。

 そんなこともあって、人によってはつまらなく感じるかもしれませんが、僕自身は最後までドキドキしながら観ることが出来ました、楽しかったです。
 それから、洞窟探検は絶対にしないと心に誓いました(ぁ

ダークナイトの続編、決定!





 知らない間にダークナイトの続編が決定していたみたいです。
 続編については様々な噂があり、次のタイトルは「ゴッサム」で、ヴィランはペンギンとリドラーで、リドラー役はジョニー・デップがやるとか、いやいや、エディ・マーフィがやるんだとか、キャットウーマンが出るとか、ロビンも出るとか、そんな奴いらんとか、まあそんな類のお話ですw
 結局のところ、ペンギンは、世界観に合わないということで採用されず、リドラーやMrフリーズ、それからロビンも出ないとのこと。まあ、確かに、正直なところ、ロビンはいらんわなw

 Youtubeを観ていたら、ダークナイトの続編、ダークナイトライジズ(ライジング?)のPVを見つけましたので、今日はこれについての話題です。

 ヴィランについては、様々な噂がありましたが、現段階では、ベインとキャットウーマンは決まったようです。PVを観ている限り、ベインがメインになりそうですね。ただ、こいつは、割と噛ませ犬的な役割だったりすることが多いので、果たして、どうなることやらwしかし、相変わらずの筋肉の塊というわけでもなく、ちゃんとダークナイトの世界観にあった姿になっており、威圧感があります。今までのベインのイメージを覆してくれると信じていますよb
 それから、キャットウーマンは、女スパイみたいで格好良いですねbキャットは、基本的にバットマンに好意を寄せており、気まぐれながら味方であることが多いのですが、果たして、今作のキャットはどちら側なのでしょうか?
 ヴィランに関しては、この二人だけではないとの話もあります。あまり詳しくは知りませんが、ヒューゴ・ストレンジ教授も出るとの噂。この人物は、バットマンの正体を知る者なので、確かに、物語を構成する上で必要な要因かもしれません。
 他には、ラーズ・アル・グールの三十年前の回想シーンがあるらしく、ラーズの再登場、もしくは娘のタリアが登場するのでは?との噂です。タリアも原作ではバットマンに好意を寄せている人物なので、もし出るならキャットとのバットマン争奪戦になりそう……そうなったら雰囲気ぶち壊しそうですねw
 他にも、忍者の姿をした怪しい人物に加え、アイアンマンみたいなマスクを付けた奴の姿も確認できます。こいつらは、一体何者なのでしょうか?
 更に、密かに皆勤賞のスケアクロウことクレイン博士も登場する模様。一作目はスタンガンで、二作目は冒頭であっさりとやられてしまった彼ですが、果たして、今作は活躍できるのでしょうか?密かに応援していますw
 本作では過去最大数のヴィランが登場するということになりますが、まあ、確かにヒースが演じるジョーカーの後では、こう言っては申し訳ないのですが、どんな役者が演じるヴィランも霞んでしまうでしょうwなので、発想を転換したのかもしれません。ですが、本作がダークナイトの完結編らしいので、締め括りにはこれくらいがいいのかもしれません。

 バットマンの乗り物は、ビギンズが戦車のような形をしたバットモービルで、ダークナイトがこれまらゴツイバイクのバットポッドと、とにかくインパクトのあるものばかりでしたが、今回はようやくバットウィングが登場するようです。果たして、どんな活躍を見せてくれるのでしょうか、楽しみですねb

 ダークナイトを超える傑作にはならないかもしれませんが、いずれにせよ、楽しみであることには変わりありません。ダークナイトシリーズの最終章では、どんな物語が展開され、最後にどんな結論が待ち受けているのか、今から楽しみにしていますb
プロフィール

桜の灯籠

Author:桜の灯籠
ジャンルでは、RPGやFPSが好物。
シリーズだと『ゼルダの伝説』『ポケモン』『The Elder Scrolls』『Halo』かな。
でも、面白ければ何でもやるぜb

最新記事
カテゴリ
FE (8)
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる